喜美子が穴窯をためらう / スカーレット 第95話

2020年1月24日(金)第16週「熱くなる瞬間」

あらすじ

電気釜が故障し使えなくなったことを機に穴窯を建設してはどうかと、八郎が喜美子に提案しました。しかし、穴窯の建設には莫大な費用がかかることがわかり、喜美子は穴窯のことをあきらめかけていました。

しかしマツは、長年貯めてきたヘソクリを喜美子に渡し応援しました。八郎も喜美子の背中を押しました。そして、喜美子と八郎は夫婦ノートに記しました。喜美子は穴窯を建設することを。そして八郎は喜美子を支えてゆくことを。

八郎の個展はまずまずの結果に終わりました。八郎は和食器の注文を大量に受け、稼ぎ出した資金で穴窯を建設することになりました。一方の喜美子は穴窯の研究をはじめ、庭の畑をつぶして穴窯を建設する決意を固め、家族に頭を下げました。

その翌朝から、畑をつぶして整地する作業がはじまりました。3ヶ月かけて整地は完成。整地された土地に穴窯の基礎も出来上がりました。穴窯の壁づくりもいよいよはじまり、穴窯の建設作業は順調にすすむのでした。

<<前回94話 | 次回96話>>

第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link

予習レビュー

電気釜が故障したのをきっかけに八郎くんは穴窯の建設を提案するものの、喜美子ちゃんは思わぬ障害に直面しました。

お金がかかり過ぎる。

穴窯を建設するだけでもお金がかかる。さらに穴窯で焼き物をつくるのは、電気釜で焼き物をつくるよりもお金がかかる。

事前にアナウンスされている穴窯についての問題はお金のことだけですが、もう一つ、穴窯で焼き物をつくるにはそれまで以上に手間もかかるはずです。

『スカーレット』第1回で、喜美子ちゃんが穴窯に薪を放り投げる場面が登場しましたが、あのような作業は電気釜では発生しません。

ちなみに次回は穴窯の完成が描かれます。喜美子ちゃんは問題をクリアできたようです。

数々の問題を喜美子ちゃんがどのようにクリアして、穴窯の建設に取り掛かる決断を下すことになるのでしょうか。

一方で信作くんも決断を下しました。ついに結婚の挨拶をすると。

でも、何やら事件が発生するようです。信作くんの身に何が起こるのかはまだ明らかにされてはいませんが、困難が多い人生ですね。信作くんは。

感想

喜美子ちゃんと八郎くんのポジションが完全に逆転

八郎くんは完全に吹っ切れたみたいです。

芸術作品ではなく食器という日用品に活路を見出すのが自分にとって最適であることを八郎くんは理解したのでしょう。

夫婦ノートに喜美子ちゃんを支えると記したことからも、八郎くんの決意がうかがえます。

喜美子ちゃんの才能を支えること。日用品を量産してお金を稼ぎ、喜美子ちゃんの才能を開花させること。もう八郎くんに迷いはなさそうです。

喜美子ちゃんへの嫉妬。妻の方が才能が豊かという同業者の嫉妬も八郎くんの中から消え去ったとブログ主は信じています。

それどころから、喜美子ちゃんという才能を支えることに喜びすら感じているのではないでしょうか。

かつて、八郎くんを支えることに喜美子ちゃんが喜びを感じていたように。

喜美子ちゃんと八郎くんのポジションは完全に逆転してしまいましたが、喜美子ちゃんはもちろん、八郎くんもその逆転を受け入れることができたようです。

もうこの夫婦は大丈夫。そう確信できました。

ただし、それは次回までかもしれません。

喜美子ちゃんの才能に八郎くんが嫉妬して夫婦の間に亀裂が入る事態は回避できたかと思います。

しかし、再来週あたりから別の事情による危機に喜美子ちゃんと八郎くんは見舞われるようです。別の危機は、ここでは伏せておきます。

別の危機はこちらです→→→第18週

コメントへの返信 by 朝蔵

きみ子!アニマルスピリッツを持っているか!?(オペラ座の怪人さん:94話)
喜美子ちゃんは常治お父ちゃんの血を色濃く受け継ぐ娘。しかも、もっとも可愛がられた娘なので、お父ちゃんの不合理が過ぎるアニマルスピリットを濃厚に持ってるでしょうね。

そして、そのアニマルスピリッツが騒動を引き起こすかもしれません。

「ごちそうさん」が縁で結ばれたあの夫婦(キヨコさん:100話)
このブログは『ごちそうさん』から始まったこともあり、『ごちそうさん』という作品も、作品の中で描かれた夫婦も、そして作品の外にまで発展した夫婦にも特別な思い入れがあります。

良い方向に向かってほしいものですね。もちろん、喜美子ちゃんと八郎くんもです。

穴窯で1回当時のお金で40万円近く(丹善人さん:94話)
穴窯での窯焚きに必要な金額。これほどまでに多額だとは思いませんでした。想像をはるかに超えてました。

日本銀行のホームページに記載されている情報によれば、昭和40年の貨幣価値は平成30年には約4.2倍。4倍としても穴窯での窯焚き1回につき160万円近く。

ちょっとネタバレになりますが、喜美子ちゃんは窯焚きを3回も失敗するらしいので、約500万円を捨てた計算になります。

八郎くんが待ったをかけるのも無理はありませんね。

最後の行に大きく「あかん」(よるは去ったさん:94話)
慶乃川さんのノートに書いてあった穴窯での窯焚きに必要な費用を今どきの金額に換算してみたらとんでもない金額になりました。

慶乃川さんが「あかん」と書いた気持ちが痛いほどよくわかりました。

「川崎さん」と聞いて僕も真っ先に浮かんだのが川崎敬三さん(丹善人さん:94話)
川崎敬三さんと聞いてもその名前を思い出せずピンと来なかったのですが、ネットで画像検索して顔を見たらなるほど!と納得しました。

ドラマの中の時代、大人気だったので「カワサキ・ヒロシ」の「カワサキ」は、川崎敬三さんかもしれませんね。

医者を目指していた喜美子の初恋の君が、ゴロウちゃんの登場に一役絡んでいる事を望みます(キヨコさん:94話)
喜美子ちゃんの初恋のお相手の「い・が・く・せ・い」圭介くんが、喜美子ちゃんの息子さんの病気に関係してくるのかなと、ブログ主は大阪編のころに期待していました。

それはなくなりましたが、稲垣吾郎さん演じる医師が圭介くんとのなんらかの絡みの中で登場してほしいものですね。

『逢いたい』に朝からキュンキュン(リキちゃんママさん:94話)
喜美子ちゃんと八郎くんの恋バナは、残念ながらキュンキュン要素が少なかったので、百合子ちゃんと信作くんの恋バナでようやく恋バナらしさを満喫することができました。

結婚までの山あり谷ありという展開も、主人公夫婦に代わって、百合子ちゃんと信作くんが楽しませてくれてますね。

照子・敏春も大丈夫?(アーモンドさん:17週)
かわはら工房の電気窯が故障し、喜美子ちゃんが受注した小皿の焼成を引き受けた照子ちゃんが敏春さんと一緒に喜美子ちゃんのもとにやってくる場面。

照子ちゃんと敏春さんが一緒にいるところはかなり久しぶりに目にしましたが、先日のケンカはすでに完全に忘れてるみたいですね。

いつもの仲良し夫婦に戻ってました。

次に、二人の間に危機が訪れるのは一年後のことでしょう。(笑)

脚本家の水橋先生のインスタで大人武志との3人共演があるような投稿がありました(まるさん:17週)
3人共演の情報をありがとうございます!それを聞いて安心しました。

大人になった武志くんが重い病気になるのはほぼ確定みたいなので、一時的に離ればなれになった喜美子ちゃんと八郎くんが、武志くんの病気を機にふたたび・・・

そんな展開が用意されているのかもしれません。

なんで電気窯が故障して「穴窯建設」にいく?(つい しょうこさん:94話)
その通りですね!

穴窯を建設するとなるお金もかかるが時間もかかる。電気窯なら、お金は穴窯よりも安く上がって、納品されたらすぐにでも使える。使い方だって熟知しているはず。

それなのにいきなり穴窯に飛躍。

この八郎くんのとんでもない飛躍が、後々になって・・・これ以上は伏せておきます。

<<前回94話 | 次回96話>>

第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    庭の畑を潰して穴窯を建設…この場面を見ながら、前々作『まんぷく』を思い出しました。
    確か立花家でも、ヒロイン:福ちゃんが節約の為に野菜作りを始めた畑を夫:萬平さんが「福子、畑は諦めてくれ!」のひと声で畑を潰し、ラーメン研究所を建てたように記憶しています。

    昨年も今年も、ちょうどこの時期に放送されているターンは主人公(夫妻)の試行錯誤の日々ですね。『まんぷく』ではこの時点である程度先の粗筋まで公表されていたので結構安心して見られましたが、今作は現時点でも本当に先が見えない…!(^^;)

  2. まりまり より:

    水曜日の放送のことになるのですが、誰もコメントしなくて気になってることがあります。

    八郎作のおむすび!さわやかな笑顔の(笑)

    めちゃツボにハマりました。
    その可笑しさも、ですが、八郎の優しさに。
    きっと、離れで喜美子と夫婦ノートを見ていたとき、もう少し二人で話したかったのに、喜美子が工房での作業に行ってしまい、「そだ、夜食持っていって、二人の時間過ごそう」て思ったんだろうな。いつもは作ってもらう側で、形も顔もへんてこりんなおむすび、苦手でも喜美子のこと思いながら作ったんだろうな。そして、自分のこと話すふりしながら、ホントは喜美子の心の中に何かあることに気付いてて、「話してみ」と促す、、、
    なんて優しさに溢れてるんだろう!!と、このシーン、これまでの中で一番好きになり、もう何度も録画を見ています(^^;;

    少し前まで、お弟子さんに心変わりして駆け落ちしてしまうのか?!とヒヤヒヤしてましたが、三津が登場してからも、変わらずに誠実に喜美子を思っている様子で安心、そして、こちらのあらすじでも「泥沼回避」と出ていたので、喜んでいたのですが、、、、
    またまた別居のストーリーが現れ、えぇぇぇっ!( ̄◇ ̄;)です。しばらくして、また「回避」の事態となることを切に願います。

  3. つばさ より:

    穴窯は火加減が大事。これって子供の喜美ちゃんが風呂の温度を子供なのに自在に調節できるようになったことの回収?それとフカ先生の再登場はないんでしょうか?

  4. リキちゃんママ より:

    今日気がついたのですが、主題歌が流れてる時に何気なく出演者やスタッフのところを見てたら、喜美子ちゃんのモデルになった神山清子さんの名前がありました。

  5. 丹善人 より:

    言いたいことを言って、30秒でケロッと冷静になれる直子ちゃん、
    大人ですね。これだとストレスも不満も溜まらない。

    穴窯建設が始まりましたが、第1回で穴窯があったので、
    ひょっとしたら、この建設している場面、ドラマ収録の
    最初の部分で撮影していたのかな?

  6. よるは去った より:

    中條N「もうすぐ『穴窯』の完成です・・・・・・・。」

    「穴窯」の建造工程までドラマ化するとか、このドラマの為にあの「穴窯」をわざわざどこへ造ったのでしょうか。
     スタジオの中?野外ロケ地?
     ドラマ撮影終わったら、あの「穴窯」は取り壊されるのか?
     ドラマの記念に残されるのか?
     それとも、喜美ちゃんのように「穴窯」をやりたいという「陶芸家」の人にNHKから贈呈されるのか?
     私的には誰かに譲って活用してほしいなという気がします。

  7. オペラ座の怪人 より:

    穴熊、じゃなくて、
    穴窯、でしたっけ?
    結局、作るんだあ!

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    しかし、まあ、3姉妹、
    けんかもするけど、
    結局、仲がいいのね。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい

  8. コテツのママ より:

    信作くんの骨折姿いつになったらでてくるのかな?
    と思っていましたが、やっとでてくるのでしょうか?
    八郎くんがゲストでトーク番組に出ていた時に
    喜美ちゃんと照子ちゃんと信作くんと4人でライングループをやっているという話しがあって
    信作くんが「骨折してしまった」と言ったら
    八郎くんが本当に骨折したのかと思って大騒ぎしたと喜美ちゃんに暴露されていました。
    骨折の話しは常治さんに元気になってもらうために
    キノコ狩りをしに行って骨折するのかと思っていたので
    すっかり忘れていました。
    それにしても信作くんには早く幸せになってほしいものです。