スカーレット 第19週「春は出会いの季節」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』
2020年2月10日 〜 2月15日放送

あらすじ

マツが亡くなる

昭和54年(1979年)4月。京都にある美術大学に進学することになった武志が、住み慣れた信楽を離れ京都へと旅立ちました。

それからしばらくして、天国の常治に会いにゆくという言葉を残してマツが亡くなりました。苦痛もなく眠るような最期でした。

昭和58年(1983年)2月。喜美子は離婚した八郎と十年ぶりの再会をはたしました。八郎はマツの仏前に手を合わせにきたのです。

京都の大学を卒業した武志が信楽に戻る

喜美子と八郎が再会した年の春。大学を卒業した武志が信楽に帰ってきました。武志は4月から信楽窯業研究所で一年間の修行をすることが決まっていました。

信楽窯業研究所には、武志の大学時代の恩師・掛井武蔵丸という人物がその春から勤務。照子の長男・竜也も、武志と一緒に修行することになりました。

丸熊陶業の後継ぎとして期待されていたものの高校中退し荒れた生活を送っていた竜也は、武志と親しくつき合うようになって以来、陶芸に興味を持ち始めていました。

女優・小池アンリ

ある日、小池アンリという名の女優がかわはら工房を訪ねてきました。アンリは喜美子の作品に惚れ込んでいました。そして穴窯での最初の作品を売って欲しいと願い出ました。

アンリがどれほど懇願しても喜美子は首をタテに振りませんでした。八百万円という値段を提示しても喜美子に断れたアンリはついに断念。

しかし、それを機に喜美子とアンリは親しい友人に。一方で武志の成長を喜ぶ喜美子でしたが、その後に大きな試練を経験することになるとは、喜美子は夢にも思わないのでした。

<<前週 第18週 | 次週 第20週>>

Sponsored Link

予習レビュー

離婚した喜美子ちゃんと八郎くんの関係

前週・第18週のことですが、喜美子ちゃんと八郎くんが離婚しました。ついにこの日を迎えてしまいました。

しかし、離婚届は喜美子ちゃんが八郎くんに一方的に送っただけの状態です。八郎くんがその離婚届に捺印したかどうかまではまだわかりません。

そして今週。

マツさんが亡くなります。第18週からマツさんのボケがはじまるのだそうですが、常治お父ちゃんのように病気になったりはせず、静かに亡くなるようです。

天国のお父ちゃんに会いに行くと言って・・・

さて、マツさんが亡くなってしばらくしてから、八郎くんがマツさんの仏前に手を合わせに信楽の川原家にやって来ます。

八郎くんの来訪を喜美子ちゃんが迎えます。

このとき、喜美子ちゃんと八郎くんは十年ぶりの再会です。喜美子ちゃんと八郎くん。離婚はしてしまいましたが、再会できる関係なのが救いです。

二度と顔を合わせたくない!とお互いに思うような泥沼の関係にはならないようです。

復縁まではゆかなくても、せめてお互いに陶芸家として尊敬し合える関係くらいまでには、人間関係が修復されてほしいものです。

武志くんの悲劇?

一方、京都の美術大学に進学した武志くんが、大学を卒業後、信楽に戻って来ました。窯業研究所で一年間だけ陶芸の修行をするのだそうです。

武志くんは大学でも陶芸を専攻していました。

卒業後も引き続き陶芸の修行をすると決めた武志くん。本格的に陶芸家を目指すことになるようです。

ただし、喜美子ちゃんの穴窯は継がないとの由。

武志くんは武志くんで、独自の道を切り開いてゆくことになるようです。

さて、その武志くんの気になる将来ですが、どうやら重い病気にかかってしまうことは避けて通れなくなりそうです。

理由は二つあります。

一つ目は、武志くんの主治医として稲垣吾郎さんがキャスティングされていること。主治医を必要とするほどの病気ということなのでしょう。

二つ目は、20週以降で喜美子ちゃんが大きな試練を体験することが正式にアナウンスされていること。

具体的にどのような試練なのかは定かではありませんが、史実から考えてもこれから体験する試練と言えばただ一つ。

武志くんの病気しかないのではないかとブログ主は考えています。

<<前週 第18週 | 次週 第20週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たつお より:

    業買うの発表がミステリアスで楽しみです。

  2. 海ブドウ より:

    貴美子ちゃんと八郎さん、離婚してしまうのですね。でも、八郎さんは再婚してしまうのでしょうか?勝手なおもいですが、して欲しくないなぁ。

  3. アーモンド より:

    武志病気でも生き長らえてほしいですね。

  4. すいか より:

    照子が4人産んだ後に5人目がなかったことから、4人目は男の子だろうなと思ったら予想通りでしたね。
    姉3人のあとに生まれた男の子だから、丸熊の跡継ぎとして期待されたのが重すぎたのでしょうか。姉たちは「女の子だから」で自由に育てられるのに反して彼は将来の進路選択が親から押し付けられてしまうのにかなり反発したのでしょうね。世間は男女平等だ自由だという風潮になってきているけど親世代の意識は違うというところでのジェネレーションギャップですね。
    ここにも「自由は、不自由やで。」の問題が転がっていましたね。

  5. たぬき煎餅 より:

    貴美子はまわりの人に恵まれてますね。本気で叱ってくれる友達や優しく見守ってくれる家族。八郎さんとはどうなってしまうのでしょう。離婚だけは避けてほしいのですが。無理かなぁ。

  6. 丹善人 より:

    照子さんの4人目の子ども、ここまでまったく情報が無かったので
    気になっていました。4人目も女の子だったら跡継ぎ問題で
    もめそうだったけれど、もしそうなら武志を病気にしないで
    婿養子に行くとかもできたのに、男の子と言うことで
    それもなくなりましたか。

  7. ひるたま より:

    照子ちゃんの4人目の子供は男の子なのですね。(^^)
    娘3人+4人目を妊娠中の照子ちゃんの姿までは記憶にあるのですが、いつの間にかお腹の大きさが元に戻っていたので、4人目はどちらだったのか?…複数の視聴者が気に掛かっていたかと思われます。(かくいう私もその一人、という事で(^^;)