エール 第7週「新生活」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『エール』
2020年5月11日 〜 5月15日放送

あらすじ

裕一と音の東京での新婚生活始まる

裕一と音の東京での新婚生活が「バンブー」という名の喫茶店の裏にある借家で始まりました。裕一はコロンブスレコードとの間で、月に2曲の流行歌を作曲する専属契約を獲得。しかし裕一の曲は廿日市に認められず半年の間に21曲が不採用となりました。

裕一と同じ時期にコロンブスレコードと専属契約を結んだ木枯もまた19曲連続で不採用となり落ち込んでいました。しかし、木枯の曲は裕一より一足先に採用されレコード化されることが決定。裕一は焦りを募らせます。

そんなある日。遅れをとって深く落ち込む裕一は、木枯からカフェーに誘われました。しかし裕一がカフェーに行ったことが音にバレてしまいました。シャツに香水の匂いが残っていたのです。そのことで裕一と音は初めての夫婦ゲンカを体験することになりました。

音は東京帝国音楽学校に通う

一方、音は東京帝国音楽学校に通う日々が始まっていました。音楽学校では、女性たちからプリンスと呼ばれる3年生の男子学生が注目の的でした。また、1年生の中で飛び抜けて才能がある夏目千鶴子の歌唱力は他の生徒たちを圧倒していました。

裕一と音が夫婦ゲンカをした翌日。音はプリンスからバンブーでアドバイスを受けることになりました。そこに忘れ物を取りにきた裕一が飛び込んできました。プリンスは裕一の顔を見るなり声をかけました。プリンスは裕一の小学校の同級生・佐藤久志だったのです。

その後も裕一の曲の不採用は続きました。そしてついに翌年の契約金は半額にすると廿日市から言い渡されてしまいました。焦る裕一に音は言いました。裕一の音楽の価値を守るのは自分の役目だ。自分が廿日市との交渉を行うと。

小山田の推薦

音は廿日市に契約金の交渉をするためにコロンブスレコードを訪問。廿日市との会話の中で裕一が専属契約を結べたのは作曲家・小山田の推薦があったことが判明しました。それを知った音は一計を案じました。

音は廿日市に言いました。契約金を半額にするということは小山田を軽んじることだ。裕一のことは小山田に直接相談すると。音の言葉に焦った廿日市は契約金の半減を撤回。裕一は小山田の顔を立てるためにも寝食を忘れる勢いで作曲に没頭しはじめます。

その頃、音が通う音楽学校の記念公演の出演者選考会が開かれました。音は迷った末に応募することを決意。そして迎えた選考会の当日。家を出発しようとしたその時、裕一が過労で倒れてしまうのでした。

<<前週 第6週 | 次週 第8週>>

Sponsored Link

予習レビュー

リアル裕一くんとリアル音ちゃんの新婚生活

リアル裕一くんとリアル音ちゃんの新婚生活の舞台は東京都杉並区阿佐谷。『なつぞら』のヒロイン・なっちゃんといっきゅうさんが新婚生活を送った西荻窪のすぐ近くです。

リアル音ちゃんの姉上。リアル吟ちゃんにあたる方の家の一室を借りての新婚生活だったようです。

ドラマの中では借家を借りることになるようですが、リアルの新婚生活はドラマの中で描かれるそれよりも慎ましいものであったようです。

ただし、リアル音ちゃんが帝国音楽大学に入学したのを機に、夫婦は世田谷区代田の借家住まいを開始。

ドラマの中での借家はこれに当たるものと思われます。

なお、世田谷区代田は『あまちゃん』のアキちゃん一家が暮らしていたマンションのすぐ近くです。

ところで、リアル裕一くんが専属契約を結んだのはコロンビアレコード。リアル裕一くんを推薦したという作曲家・小山田耕三は、山田耕作氏が実在モデルです。

さて、山田耕作氏をモデルにしたという小山田耕三という人物。この人物がなかなか面白そうなのです。

ブログ主はこの人物の登場を心から楽しみにしています。

裕一くんをコロンブスレコードに推薦した小山田という人物

作曲家・小山田耕三。裕一くんをコロンブスレコードに推薦する音楽界の重鎮を演じるのは、志村けんさん。

このページを投稿する直前、志村けんさんが新型コロナウイルスに感染し入院されたこと。映画初主演となる山田洋次監督の映画作品への出演辞退が報道されました。

この小山田耕三という人物。とてもクセのある人物のようで、志村けんさんがものすごい怪演を見せてくれるのではないかと期待していただけに心配です。

さて、小山田耕三はクセのある人物と書きましたが、どのようにクセがあるのか。

おそらく今週の段階では小山田耕三がどういう人物なのか、はっきりとは描かれないものと思われます。

裕一くんが尊敬している大作曲家。しかも、裕一くんがコロンブスレコードと契約できることになった恩人としか描かれないかと。

でも、小山田耕三が裕一くんをコロンブスレコードに推薦したのには、どうやら腹黒い意図があるようです。

詳しくはこのページでは伏せておきます。

ひとつだけヒントを。コロンブスレコードには流行歌を扱う赤レーベルとクラシックを扱う青レーベルの2つのレーベルが存在します。

裕一くんは本来ならクラシックを扱う青レーベルの専属作曲家になるべき存在です。

しかし、どういうわけか小山田耕三は、裕一くんを流行歌を扱う赤レーベルに推薦しました。この動機がかなり腹黒いのです。

その腹黒さが少しだけ見えてくるのは第10週です。腹黒さが見え隠れすると思われる場面があり、ブログ主はその場面が楽しみでなりません。

<<前週 第6週 | 次週 第8週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする