エール 第8週「紺碧の空」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『エール』
2020年5月18日 〜 5月22日放送

あらすじ

早稲田大学の応援歌の依頼が舞い込む

裕一に思いがけない作曲依頼が舞い込んできました。久志の計らいで、早稲田大学応援部の団長・田中が新しい応援歌を裕一に頼むことになったのです。裕一は断るものの、早稲田の第一応援歌を小山田が作曲していることを知り、引き受けることにしました。

しかし裕一はすぐに行き詰まりました。苦悩する裕一に、音をはじめ周囲の面々はアドバイスしました。交響楽にこだわり過ぎているのではないか。自分の音楽にこだわるから書けないのではないかと。しかし裕一は自分の音楽を捨てることを拒みました。

頑なになった裕一は部屋にこもって作曲を開始。裕一は応援歌ではなく自分の才能を誇示するための交響曲を書いていたのです。裕一は完成させた曲を小山田に見てもらいました。しかし小山田はその譜面を一瞥しただけでした。裕一はさらに深く落ち込みます。

音が行動を開始する

締め切りの早慶戦まであと三日。不安になって駆けつけて来た応援団員たちに裕一は言いました。応援歌が勝ち負けに関係あるのか。早稲田大学が勝てないのは弱いからだ。そして、自分の曲がレコード会社から採用されないのもまた才能がないからなのだと。

そんな裕一の姿を見た音は、豊橋の実家に帰りました。家族に相談するためです。その頃、関内家では吟と鏑木の縁談が進んでいました。音の悩みを聞いた軍人の鏑木が言いました。軍人が命がけで戦えるのは祖国、両親、友人、戦友のためと思うからなのだと。

鏑木の言葉を聞いた音は東京に戻ると田中の元に駆けつけました。そして、田中に告げました。裕一の心を動かせるのはあなたしかいないと。口下手な田中は戸惑うものの、音の熱意に押された田中は、裕一を説得することを決意。裕一のもとに足を運びます。

早稲田大学が勝利を収める

田中は裕一に涙ながらに訴えました。自分が応援部に入ったのは、自分がケガをさせてしまった幼なじみを力づけるためなのだと。その言葉を聞いて裕一は思い出しました。小学生時代、徒競走で転倒した裕一をハーモニカの音色が励ましてくれたことを。

裕一は応援歌『紺碧の空』の曲を一気呵成に書きあげました。そして迎えた早慶戦。一勝一敗で迎えた3戦目の前に、裕一は自ら応援歌の歌唱指導を行い応援にも加わりました。そして早稲田大学は3戦目で悲願の勝利を収めることができました。

その数日後。田中と応援団員たちが裕一のもとに礼を述べにやってきました。早稲田大学を救ったのは裕一だという田中に対して、自分こそ田中たちに救われたと裕一は応えました。程なくして裕一が作曲した第六応援歌は第一応援歌に昇格するのでした。

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>

Sponsored Link

予習レビュー

『エール』というタイトルに通じるエピソード

この週はブログ主が大好きな週のひとつです。

裕一くんが作曲家としての行き詰まりを突破する様子。

それと並行して描かれる、早慶戦で連敗を喫していた早稲田大学がその行き詰まりを突破するエピソードが熱い!

朝ドラらしからぬ「熱血もの」の一週間です。

暑苦しい男ばかり(笑)で繰り広げられる熱血週間。『まんぷく』の塩軍団に近いものがあるかもしれません。

裕一くんは行き詰まっていました。

そんな裕一くんの行き詰まり突破のきっかけは応援団を応援することでした。

ところで第1週の運動会の場面。徒競走で転倒した裕一くんがくじけそうになるものの、藤堂先生がハーモニカの演奏で裕一くんのことを応援。

その音色に裕一くんが励まされるという場面がありました。あの場面が回収されるのが今週です。

本作のタイトルである『エール』という言葉に通じる今週のエピソードが、今後の裕一くんの作曲家としての方向性を決定づけるのでしょうか。

小山田氏が腹黒くなってしまう理由

前週の予習レビュー欄で、小山田という作曲家は腹黒いみたいなことを書きましたが、小山田氏が腹黒くなってしまう理由に、この週はちょっとだけ触れています。

それは、裕一くんが書いた曲が第六応援歌から第一応援歌へと昇格し、それまで第一応援歌のポジションにあった小山田氏の曲が、第二応援歌以下のポジションに連絡してしまったエピソードのことです。

応援歌のポジションの逆転は、その後の裕一くんと小山田氏、両者の作曲家としてのポジションの逆転を暗示しているのでしょうか。

そして、実際に小山田氏がその逆転を恐れているらしい描写が第10週に出てくるのです。

また、今週は裕一くんの作曲家としての行き詰まりが描かれましたが、裕一くんが行き詰まるように仕向けたのが、実は小山田氏です。

裕一くんが専属契約を結んでいるコロンブスレコードには、流行歌を扱う赤レーベルとクラシックを扱う青レーベルの2つのレーベルが存在すること。

そして本来であればクラシックを扱う青レーベルの専属になるはずの裕一くんを、小山田氏が流行歌を扱う赤レーベルに推薦したことも予習レビュー欄で書きました。

小山田氏が裕一くんのことを、流行歌を扱う赤レーベルに推薦したこと。それは、裕一くんが作曲家として行き詰まることを見越してのことなのかもしれません。

なぜなら、自分より才能が秀でた者を早い段階でつぶしておきたいから。

それとも、作曲家としての才能の幅をさらに広げさせるための小山田氏の「親心」だったのか。裕一くんの中に流行歌の作曲家として大成する才能を見出していたのか。

小山田氏が裕一くんを、あるべきところとは別の場所に推薦した動機がどのように回収されるのか。

ブログ主は気になってしかたありません。

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名のる程の者ではございません より:

    キャストが発表されてから楽しみになった週です。早稲田大学応援団長を演じるのは三浦貴大さん、母親は山口百恵さん。主演の窪田さんは父親の三浦友和さんとの共演は多いのですが、やはり印象深いのは某スポーツくじのCM。ドラマの中で「今なんじゃないか」という台詞があれば胸アツなんですがね。