エール 第10週「ふたりの夢」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『エール』
2020年6月1日 〜 6月5日放送

あらすじ

専属契約の終了と契約金の返金

鉄男が上京しました。そして鉄男は東京で暮らすつもりでした。社長令嬢との結婚を断ったところ左遷を言い渡され、鉄男は新聞社を辞めることにしたのです。上京して早々、鉄男は裕一に頭を下げました。コロンブスレコードに自分を紹介してもらえないかと。

裕一は鉄男の頼みを快諾。しかし、裕一の頼みに廿日市は取り合ってはくれませんでした。なぜなら『福島行進曲』がまったく売れなかったからです。そんな中、木枯のヒット曲『酒は涙か溜息か』の作詞家・高梨一太郎が、自身の詞への作曲を裕一に依頼してきました。

高梨が作詞し裕一が作曲した『船頭可愛や』のレコード化を廿日市は決定。しかし、このレコードも売れませんでした。激怒した廿日市は契約終了と契約金の返金を裕一に対して通達。古山家は窮地に立たされます。

双浦環の『船頭可愛や』

一方、音は『椿姫』の練習に励んでいました。音はやる気に満ちあふれていましたが、裕一が契約終了を言い渡されたことで家計のことが心配でした。そして、練習の合間に『船頭可愛や』が売れずに困り果てている状況を、音は環に打ち明けました。

裕一の才能に興味を持っていた環は『船頭可愛や』を聴くや否や、音に言いました。この曲を歌いたい。そして双浦環のレコードとしてこの名曲を世に出したいと。裕一はもちろんのこと廿日市も環からの申し出を喜びました。しかし異を唱える人物がいました。

コロンブスレコードに影響力を持つ小山田は、環が歌う『船頭可愛や』をレコードにすることに猛反対。小山田の反対に廿日市は屈してしまうものの環はあきらめませんでした。さらに環は見抜いていたのです。小山田は自分を脅かす才能に恐れを抱いていることを。

音が妊娠

環が歌う『船頭可愛や』はレコード化され大ヒットしました。そんな中、音が妊娠しました。音の妊娠を裕一は心から喜びました。妊娠の喜びは音も一緒でした。しかし、音と共演する出演者やスタッフたちは困惑するのを隠せませんでした。

音自身も息が続かなくなり十分な声を出せなくなっていることに気がつきはじめました。また環から、子供が死にそうになっても舞台に立ち続けるプロとしての覚悟があるのかと問われ、音は何も答えることができませんでした。

音と子供を案じる裕一は音を説得しました。音の夢を一旦自分に預けてくれないか。そしていつの日か自分の作曲した曲を音が歌う。その夢を叶えて欲しいと。音は裕一の言葉を受け入れ、主役を辞退し音楽学校も退学。その半年後、音は女の子を出産するのでした。

<<前週 第9週 | 次週 第11週>>

Sponsored Link

予習レビュー

小山田氏が裕一くんの作品のレコード化に反対する理由

裕一くんが尊敬していた作曲家・小山田耕三。氏が、裕一くんをコロンブスレコードに推薦したのには腹黒い動機があるのではないかというブログ主の推測を、これまで2度ほど書きました。

ブログ主が腹黒さを感じたエピソードが描かれます。

音ちゃんが歌手を目指すきっかけとなったオペラ歌手・双浦環は、裕一くんが作曲した『船頭可愛や』に感動しました。

そしてこの名曲をヒットさせたいと考えました。そして、無名の作曲家の曲をどのようにヒットさせたら良いのかも双浦環は良く知っていました。

自身も無名の歌手だった双浦環が世界的なオペラ歌手になれたのは、プッチーニの引立てによるものでした。

名の通った芸術家の影響力の後ろ盾があれば無名の歌手も一夜にして世界的な歌手になることができる。

そのことを知っていた双浦環は、自分がしてもらったのと同じことを裕一くんにしてあげたいと考えたようです。

ところが、双浦環の考えに猛反対する者が登場。裕一くんをコロンブスレコードに推薦した小山田氏でした。

裕一くんをレコード会社に推薦した当の本人が裕一くんのヒットを阻む。

ヨーロッパで活躍する中で、無名の新人の成功への嫉妬にさらされてきた双浦環には、小山田氏が考えていることが手にとるようにわかったようです。

ところで小山田氏が裕一くんを推薦したのは流行歌を扱う赤のレーベル。ところが、双浦環がレコードを出そうとしたのはクラシックを扱う青のレーベルです。

小山田氏は、裕一くんのフィールドではない流行歌の赤のレーベルの中で、裕一くんの才能をつぶそうと考えたのかもしれません。

だからこそ小山田氏は、自分の独壇場でもある青のレーベルの中で、裕一くんの曲がレコード化されることを拒んだのだと思います。

リアル裕一くんと『船頭可愛や』

ドラマの中の裕一くんは、作曲した作品が採用されずに2年近く苦しみ続けますが、リアル裕一くんは5年間も苦しんだのだそうです。

リアル裕一くんは、ドラマの中でも描かれたように英国の作曲コンクールで二等賞を受賞。その実績によって名門のコロンビアレコードに招聘。

華々しいスタートを切ったのも、作曲した曲は売れず時間が経つこと5年。ようやくヒットした『利根の舟唄』で、大衆に喜ばれる曲をつくるコツをつかみ、続いて作曲した『船頭可愛や』が大ヒットになったのだとか。

ドラマ以上のドラマが、リアルの物語には隠されていたようです。

<<前週 第9週 | 次週 第11週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アーモンド より:

    実際には古関氏は、5年も売れなかったということは、契約金はどうなったのでしょうか?

  2. アーモンド より:

    音は、妊娠のため、学校中退となりましたが、三郎の生存中に初孫を見せられてよかったですね。

  3. アーモンド より:

    裕一は、クビになりかけたが、船頭可愛やでようやくレコードが売れ、首の皮一枚つながりましたね。
    音も千鶴子に勝って、ここまではNHKで放送されている「逆転の人生」といったところでしょうか。
    でも音は妊娠によって、主役も学校もあきらめざるをえなくなりましたか。
    せめて卒業までは子作りはしないでおくことはできなかったのかな?

  4. アーモンド より:

    船頭可愛やや酒は涙かため息かなど、実在の曲名がでていますね。するとドラマの中の誰が実在の誰か、わかってきますね。