裕一は商業学校の四年生 / エール 第11回

2020年4月13日(月)第3週「いばらの道」

あらすじ

大正15年(1926年)。17歳になった裕一は福島にある福島商業学校の四年生になっていました。その頃の裕一は、ハーモニカクラブでの活動に没頭。こよなく愛する音楽に夢中になるあまり留年してしまい、四年生は二度目でした。

一方、そんな裕一をこころよく思わない人物が家族の中にいました。弟の浩二です。浩二は裕一に対して不満を抱いていました。長男でありながら家業のことには関心を一切示さず、自由に好きなことばかりする裕一のことが不満だったのです。

そのころ三郎は、京都の呉服を福島の百貨店に卸す問屋業を営んでいました。そんな中、京都の業者が、三郎に儲け話を持ちかけてきました。同じころ、ハーモニカクラブの会長・館林がクラブを辞めることを裕一に告げました。そのことが裕一にはショックでした。

そんな中、茂兵衛が三郎に頼み込んできました。裕一か浩二を養子によこせ。養子をよこさなければ権藤家は古山家と絶縁するとまで茂兵衛は言いました。しかし三郎は、裕一の音楽の夢を応援する覚悟を固めていました。

<<前回10回 | 次回12回>>

第3週 | 第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

予習レビュー

子役ちゃん時代が終わり、窪田正孝さん演じる裕一くんが登場です。

裕一くんは商業学校の四年生。しかし、その四年生は二度目です。留年したのだそうです。学業をそっちのけにするほど音楽に没頭する日々を送っているためです。

この留年という事実を通して、裕一くんが音楽にどれほど夢中になっているか。そして、そんな裕一くんに対して弟の浩二くんが反発心を抱いている様が描かれます。

自由に過ごしている裕一くんは浩二くんに対して特段の感情は抱いていいませんが、浩二くんの裕一くんに対する感情は複雑です。

そして、裕一くんと浩二くんの兄弟間のすれ違いはこれからますます大きくなるようです。

この「兄弟間のすれ違い」。子役ちゃん時代に、将来のすれ違いを暗示するかのような描写がありました。

裕一くんがいじめられっ子にやっつけられて帰ってきたとき、裕一くんの心の傷に気づかないお母さんは、浩二くんと遊ぶことに夢中になっていました。

一方で裕一くんがお父さんから譜面か何かを買ってもらい喜んでいる姿を見て、スノーボールを買ってもらいながらも浩二くんは微妙な表情を浮かべていたと記憶しています。

兄弟間のすれ違いは、しっかりと回収されることまではわかっていますが、それでもやっぱり心配です。

一方で、三郎さんにも暗い影が・・・

家業の傾いた登場人物が儲け話を持ちかけられるエピソードは『わろてんか』でも描かれましたが、甘い話に乗ったその後は散々なものでした。

『わろてんか』と同じことが繰り返されてしまうのでしょうか。

感想

今後の展開へのフラグが満載

月曜日から情報量が多い回でした。情報量が多いとは、今後の展開を暗示するフラグらしきものがたくさんあったということです。

一週間の始まりにあた理、フラグらしきものを整理してみます。

兄弟の確執のフラグ
弟の浩二くんが両親に対して、兄への不満をはっきりと口にしました。しかし両親は真剣には取り合ってはくれない。

さらに浩二くんは、進路を変更することを裕一くんに告げ、裕一くんへの不満を間接的に伝えるものの、裕一くんはそれに対してまったく反応を示さない。

三郎さんの商売の失敗のフラグ
喜多一は、呉服の小売から呉服の卸しに商売の軸足を移したことで、商売は比較的安定してきているのでしょうか。

そんな中で持ち込まれた儲け話。三郎さんんはすっかり乗り気でしたが、そんな三郎さんの様子を見て、番頭さんがかなり不安な顔を浮かべていました。

ハーモニカクラブの館林会長の挑発
ハーモニカクラブの会長・館林さんが、裕一くんを挑発するような言動を繰り返す。そして裕一くんを挑発にうまく乗せることに成功したようです。

挑発に乗せられた裕一くん作曲にますます没頭するその一方で退学の危機が迫りました。

茂兵衛さんが三郎さんに頭を下げる
あの茂兵衛さんが三郎さんに頭を下げました。これには驚きました。しかし、頭を下げながらも三郎さんを恫喝することを忘れはしませんでした。

もし養子をよこさなければ、権藤家は古山家と絶縁すると。

しかし、その一方で三郎さんは裕一くんの音楽の夢を応援する気持ちを固めています。このギャップも、この先で始まることが予想される悲劇のフラグなのでしょう。

コメントへの返信 by 朝蔵

日露戦争でのつらい体験(よるは去ったさん:10回)
音ちゃんのお父さんの戦争体験を聞いて、前作『スカーレット』の常治お父ちゃんのことを思い出しました。

大野のおじさんを戦場で救えたことは、常治お父ちゃんにとっても救いになったのかもしれませんね。

良子の厳しい母親が良子がかぐや姫でないのを見て、どんな態度をとるか気になってましたが(アーモンドさん:10回)
良子ちゃんのお母上の反応。ブログ主も心配でした。でも、今どきのモンペと異なり、自分の娘が主役から外れていてもそれに異を唱えることなく、よその家の子に歌声に素直に感激し、とても立派な態度でした。

二人のガチンコ(よるは去ったさん:10回)
音ちゃん、子供ながらに職人の岩城さんをまるで従業員扱い。さすが社長令嬢。音ちゃんが成長したら、さらに態度がデカくなるのでしょうか(笑)

今週で子役が終わりというのは寂しいですね(丹善人さん:10回)
同感です。とりわけ、朝ドラでは極めて珍しい少年たちの友情の物語には心が震えました。もっともっと少年たちの友情を観ていたかったです。

明日土曜日の、今週の「エール」の最後に次週予告があるのかしら?(オペラ座の怪人さん:10回)
次週の予告は、土曜日の最後です。土曜日に放送される一週間のダイジェストが、その週の最後という扱いみたいです。

久々に「したたかな」薬師丸さんの演技見たなあ(名乗るほどの者ではございませんさん:10回)
『あまちゃん』の鈴鹿ひろ美以来ですね。決してブラックになり過ぎない、ほどよい腹黒い演技は。

演じる吉原光夫さんですが、「劇団四季」で数々のミュージカル出演のキャリアがある実力派(名乗るほどの者ではございませんさん:10回)
それほどの方だったんですか!?第2週では出番は少なかったですが、いずれ見せ場をつくって欲しいですね。

根っからの性悪ではないようで(つい しょうこさん:10回)
良子ちゃんのお母上。なかなか立派な女性でしたね。娘が演じるはずだった主役が、よそのうちの子に入れ替わっていたにもかかわらず、素直に感激して涙まで流すとは。

今どきの残念な母親たちとえらい違いです。

akによくある勢い任せ(偽君子さん:9回)
前作『スカーレット』がヨーロッパで製作されたミニシアター系映画に近いテイストなのに対して、本作『エール』のシンプルなタッチはハリウッド映画的かもしれませんね。

これも伏線なんでしょうね(丹善人さん:10回)
三姉妹がラブレターを見つける場面。それが、この先で音ちゃんがとる行動のフラグだとは、ブログ主はまったく気がつきませんでした。

本来のかぐや姫役、演技お上手ですね。(boxster981さん:10回)
厳しい母親のプレッシャーを感じながらも、それを同級生たちには知られまいとする複雑な演技をみごとに演じきっていたかと思います。

あれだけ魂のこもった帝(boxster981さん:10回)
帝の演技に熱がこもっていたからこそ、良子ちゃんのお母上は突然の主役交代も受け入れることができたのかも。そんな気がしてきました。

映画「野性の証明」で薬師丸ひろ子が高倉健に向かって「お父さ~ん」叫ぶシーン(mokoさん:10回)
そんな場面がありましたね!

『野生の証明』なつかしいです。テレビコマーシャルで見た『野生の証明』の予告編の薬師丸ひろ子さんの可愛らしさに胸を撃ち抜かれ、映画館まで観に行きました。

菊池桃子は、大学教授もされているんですね(アーモンドさん:11回)
そうなんです。大学の先生なんです。単なる「元アイドル」とは一線を画した女優さんです。

<<前回10回 | 次回12回>>

第3週 | 第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あさのあさみ より:

    今、放送で確認!
    史郎くん同級生っぽいですね
    同じく留年⁉(笑)

  2. アーモンド より:

    音の学校の学芸会の帰りの海辺で、父親の散骨をしてましたね。
    「お父さん観てくれたかな?」
    「もちろんよ。
    お父さん狭いところに入るの嫌と言ってたから。」
    お母さんがお父さんの遺灰を学芸会に持っていっただろうから、きっときちんと天国から、見守ってくれたでしょう。

  3. アーモンド より:

    成長した良子は、今後は出ないんですかね?厳しかった母親(今の時代だと場合によってはDV、なんとかハラスメントにつながる?)の元で育った姿を見たかったんですが。

  4. つい しょうこ より:

    卓上ピアノは「楽器」?「玩具」だと思っていました。

    ところで大正デモクラシー華やかなあの時代でも「嫁して三年、子なきは去れ」は根強く残っていたんでしょうか。姿は見せないけど、茂兵衛さんの奥様は病弱みたいだし。権藤家での奥様の立場を守らねば、と思えば、茂兵衛も「頭をさげつつも、絶縁をちらつかせて恫喝する」しかない。彼も崖っぷちなんでしょうね。

  5. あさのあさみ より:

    ハーモニカ倶楽部で一緒の元いじめっ子史郎くん、学校も一緒なんでしょうか?
    てか、裕一くんと同じく、2回目の4年生なのかしら?でなければ、社会人?

    それにしても、バケツを持って廊下に立たされるの図、久しぶりに見ました!
    アニメのカツオくん以外、めったにお目にかかりませんよね?
    明治〜昭和前半時代で、かつ、情けない男の子が登場するドラマでないと出番がありません(笑)

  6. 丹善人 より:

    子役から引き継いでの初日。でも男バージョンは一週間ぶりなので、つながりが
    わかりづらい。思い出すので必死なのでは。
    女性バージョンはさらに先になりそうだから、完全に忘れてしまいそうです。

  7. よるは去った より:

     史郎「バスパートだけでは・・・・・・・。」
     以前この人は「『音楽』なんて『女(オナゴ)』のやるもの・・・・・・。」だったのになあ。
     いつどこで宗旨変えしたのでしょう(笑)

  8. オペラ座の怪人」 より:

    今日は、新型コロナの影響で、在宅勤務なので
    いつもの地上波ではなくて、BSで見ました。

    商業高校ですが!?
    私は高校ではありませんが、
    大学で商学部を積極的に選んだので、
    少し親近感を感じます、
    って、おいおい、落第かよ!?

    ハーモニカクラブの会長さん、
    音楽大学(学校?)出身で、
    尊敬されていたのに、
    あんなこと言うんだ。

    そこいくと、お父さん(唐沢さん)、
    知らぬこととはいえ、それでも、
    ゆういち君の夢を応援してくれて、
    ありがとう!

    おしまい

  9. アーモンド より:

    菊池桃子は、大学教授もされているんですね。今日有田のおもてなすで経済理論のような難しいこと言っていたんで、調べてみました。才女なんですね。