作曲が進まずあせる裕一 / エール 第12回

2020年4月14日(火)第3週「いばらの道」

あらすじ

ハーモニカ倶楽部の演奏会で披露する曲をメンバーが作曲し、投票で選ばれることになりました。裕一はその作曲に挑むことになり、ハーモニカ倶楽部の会長・館林と競うことに。しかし、意気込んではじめたものの裕一はなかなか作曲できずにいました。

苦悩する裕一に対して史郎は言いました。館林への反発心で曲を書こうとしている今の裕一ではないと。史郎のその言葉に裕一はひらめきを得ました。そして、ようやく曲を完成。演奏会で披露する曲は裕一の作品が選ばれました。

その日の夕方。三郎は裕一と浩二に告げました。喜多一は浩二に継がせると。父親に認められたことを浩二は心から喜びました。そして三郎は茂兵衛に告げました。裕一も浩二も養子には出さないと。

しかしその直後に、三郎が連帯保証人を引き受けた京都の仕入れ先が雲隠れしたのです。窮地に陥った三郎とまさは、助けて欲しいと茂兵衛に頭を下げることになりました。そんな中で裕一は、ハーモニカクラブの次期会長に指名されるのでした。

<<前回11回 | 次回13回>>

第3週 | 第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

復習レビュー:コメントへの返信 by 朝蔵

さらっと重要なことを史郎くんが言ってますよね(魁光さん:12回)
2回目を見て思いました。史郎くん、なんて心優しい青年に育ったんだろうって。いじめていた対象の裕一くんと友達になれたことを感謝する言葉にグッときました。

会長なりのエール(魁光さん:12回)
裕一くんの覚悟と本気を試したんでしょうね。そして、それに応える形で裕一くんが素晴らしい曲を書くことも信じていたのでしょう。

プレッシャーがかかると曲が書けなくなる裕一の悪い癖(還暦のたつおさん:12回)
東京オリンピックの開会式であれだけ動揺した裕一くんです。きっと作曲にあたって大変な状態になることが考えられますね。

悪魔のような田口さんの登場の後で、天使のような松尾さん(丹善人さん:12回)
田口さんと松尾さん。このお二人と体型がそっくりなリトル太郎くんは大人になって悪魔になったのか天使になったのか。気になるところです。

「才能ある身近な人への葛藤」がいくつも登場しましたが、その第一号は舘林会長(たいとうみほさん:12回)
葛藤を乗り越え才能ある身近な人への敬意を払う姿。2度目でより心にしみました。

「人気お天気キャスターの気象予報士」は、防災士の立場からの発言ができる人、1)30ぐらいまでの若めの女性・男性、2)言葉に重みあるおじさん(文月さん:12回)
「言葉に重みあるおじさん」がヒロインを導く展開はよくあるので、これかなっていう気がします。付け加えるなら「言葉に重みある変なおじさん」といったところでしょうか(笑)

竹取物語って過去に2度邦画化されていますね(知らんけどさん:12回)
たまたま両作品とも公開時にリアルタイムで観ることができました。

沢口靖子さん主演『竹取物語』はクライマックスシーンが『未知との遭遇』のパクリと散々叩かれていたことを思い出します。

裕一くんは1年留年して4年生、史郎君は5年生(ずんこさん:12回)
情報提供ありがとうございます!史郎くんが留年した裕一くんと同じ制服を着ている理由がはっきりしました。

活発で父からも年の離れた兄からも特別に可愛がられていた(boxster981さん:12回)
リトル音ちゃんと安隆さんのツーショット場面が三姉妹の中で際立って多い理由がちょうだいしたコメントで納得できました。ありがとうございます。

冒頭でいきなり、嬉しそうに納豆混ぜる裕一君(たいとうみほさん:12回)
夫婦喧嘩のフラグはしっかりと仕込まれていたんですね。2度見ると発見が色々とあって楽しめますね。

史郎くん役の大津尋葵さん(知らんけどさん:12回)
『エール』では強く印象に残る役だったので、これから朝ドラ出演の機会が増えるかもしれませんね。

舘林会長の実家が料亭という事で、それなら後日、校歌お披露目を行った料亭がそうだったのかも(たいとうみほさん:12回)
館林会長なら、かつての後輩の凱旋の催しをご実家で料亭に喜んで招いてくれるでしょうね。

予習レビュー

三郎さんが喜多一を窮地から救い出すために乗っかったもうけ話の取引先が倒産。

最後の頼みの綱だったはずのもうけ話が、逆に喜田一に致命的なダメージを与えることになってしまいました。

三郎さんはそのもうけ話によってピンチを乗り切り、茂兵衛さんから再三頼まれている裕一くんが浩二くんの養子縁組を完全に断るつもりでいました。

三郎さんのその目論見も失敗に終わりました。

そして、商業学校を留年するほどに音楽活動に没頭していた裕一くんが、音楽の夢をあきらめざるを得なくなる状況になってしまいました。

作曲が進まずに苦悩する裕一くんですが、その苦悩も、ぜいたくな苦悩になってしまうのでしょうか。

一方で、窮地に立つ三郎さんの気持ちを思うと胸が張り裂けそうです。

感想

残された時間のカウントダウン

三郎さんが喜多一の未来を浩二くんに託し、裕一くんの夢を応援すると心に決めた直後に一転した喜多一の経営環境。

二人の息子は養子に出さないと三郎さんが茂兵衛さんに言い切った直後の、三郎さんと茂兵衛さんの立場の逆転。

心をかなり激しく揺さぶられる回でした。

取引先の雲隠れによって、三郎さんと喜多一は完全に詰んでしまいました。

しかし、そのことをまだ裕一くんは知らない。

裕一くんのメトロノームの音は、裕一くんの夢が詰んでしまうまでの残された時間のカウントダウンをしているかのよう。

一方、喜多一を継がせてもらうことを心から喜んでいた浩二くんが心配です。

多額の借金を背負った状態の喜多一を承継するわけですから。

コメントへの返信 by 朝蔵

ゆういち君の夢を応援してくれて、ありがとう!(オペラ座の怪人さん:11回)
裕一くんはすでに一留もして、さらにこの一年の成績も悪いに違いありません。にもかかわらずそのことを一切とがめず好きにしていいと言ってくれるお父さん。

本当に素敵です。でも、その一方で弟の浩二くんが心配です。

商業学校に進学しないと言い出したのはご両親への反抗かな?と思いました。両親に認めてもらおうと必死になって勉強してきたのに、両親は好き勝手に生きるお兄ちゃんを甘やかしてばかり。

だったら、自分もちょっとくらい好きに生きてみよう。そんな意思表示なのかなと思いました。商業学校に行くのをやめると言い出したのは。

以前この人は「『音楽』なんて『女(オナゴ)』のやるもの(よるは去ったさん:11回)
たしかに!裕一くんを見下しながら言ってましたね。史郎くんは。それがいつの間にか、自分も音楽をやっていて、しかもかつて自分がイジメた相手が相談相手になっている。

裕一くんと史郎くんの立場が逆転する瞬間。見てみたかったです。そして、裕一くんと史郎くんの立場が逆転したそのとき、太郎くんはどうなってしまったのか。

彼の消息も気になります。

男バージョンは一週間ぶりなので、つながりがわかりづらい(丹善人さん:11回)
裕一くんと音ちゃんの二人の人生が一つに合流するまでは、裕一くんと音ちゃん、それぞれのストーリーを追いかけるのが大変ですね。

裕一くんと音ちゃんが結婚したあとは、今よりはわかりやすくなっていて欲しいです。

ただ一方で、ブログ主は三郎お父さんが大好きなので、裕一くんと音ちゃんの結婚後に出番が少なくなりそうなのが寂しいです。

裕一くんと音ちゃんの新婚生活が描かれるころには、ブログ主は三郎ロスに悩まされているかもしれません。

元いじめっ子史郎くん、学校も一緒なんでしょうか?(あさのあさみさん:11回)
ブログ主もそこがよくわかりません。史郎くんは、音楽または学業以外のことに没頭するあまり留年するタイプには見えません。

今週中に彼の今の立場が語られるといいのですが・・・

「スカーレット」の脇目もふらずたったか歩く女性を見た後に、男性のこういうのを見るとどうしてもイラッと(偽君子さん:16回)
喜美子ちゃんが八郎くんと別れたあと、喜美子ちゃんは寂しい気持ちを抱えながらも、懸命に前をむいて歩いていました。

そのころの八郎くん。もしかすると過去を引きずりながら傷心の中で苦しんでいたかもしれませんね。

さらに陶芸家まで止めることになってしまって、八郎くんはかなり苦しい時期を過ごしたことが考えられます。

目下本作も嫌いではありませんよ。念のため。(偽君子さん:回)
承知しました。

大正デモクラシー華やかなあの時代でも「嫁して三年、子なきは去れ」は根強く残っていたんでしょうか(つい しょうこさん:11回)
茂兵衛さんのお父上は、幕末生まれであることが考えられますので考え方が古く、新しい時代の考え方を拒絶しているのかもしれません。

そこへゆくと茂兵衛さんは、病弱な奥様を守ろうとしていて、見かけによらず優しい気持ちを持った方みたいですね。

儲け話って怪しいことが多い(アーモンドさん:12回)
『わろてんか』でも、藤吉くんが家業の窮地を救うために儲け話に乗り、結局、すべてを失ってしまいましたね。

成長した良子は、今後は出ないんですかね?(アーモンドさん:11回)
今のところ再登場の気配はなさそうです。音ちゃんの周囲でこれからも出続けるのは、お姉ちゃんと妹、そしてお母さん。

さらに音ちゃんがこれから歌を習う音楽の先生。あと、職人の岩城さん。これくらいでしょうか。

音の学校の学芸会の帰りの海辺で、父親の散骨をしてましたね(アーモンドさん:11回)
散骨したタイミングを見落としていました。学芸会の帰りだったので、お父さんの遺灰も学芸会の会場にあったわけですね。

<<前回11回 | 次回13回>>

第3週 | 第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たいとうみほ より:

    川俣の街の巷で「権藤家の跡取りが来る」と噂になってたら当然、社交場で働いている志津さんの耳に入る。幼少時に暮らしたのは狭い地域社会だから古山家と権藤家の関係は知ってるでしょう。同伴してきた鈴木さんが常連客で、川俣銀行の行員だと店内で知られていたら、そりゃ「ああ、あれか」とピンとくるというものです。一方裕一君から志津さんがわかるかというと。まず事前情報がないのだし、小学校卒業以来再会は多分6年ぶり。(商業学校5年プラス留年した1年)現代でも、小学校以来会ってない同級生に、大学入学で再会してわかるものなのか。特に女性は大きく化けますからね。

  2. たいとうみほ より:

    舘林会長の実家が料亭という事で、それなら後日、校歌お披露目を行った料亭がそうだったのかも。と勝手に考えています。会長は最初に裕一君に挨拶しただけで持ち場を離れられなかったとか。その後ハーモニカ倶楽部のメンバーも次々聞きつけて集まり、そこに史郎君もいたので、裕一君から「実家で宴会やる」と聞いて、史郎君も親しい倶楽部メンバーを集めて参加したと。ならばあの大人数になってもおかしくないでしょう。

  3. 魁光 より:

    文月さんへ

    「そんな百音に、ある日転機が訪れる。東京から、お天気キャスターとして人気の気象予報士がやって来たのだ。彼と一緒に山を歩く中で…」
    人気気象士役は男性で確定しています。

    文月さんの候補の1と2を当てはめると…。
    1だと千葉雄大さんですね。
    宮城出身であり、地元への気持ちは人以上。
    震災作品に対しての役への執着心は鬼気迫るものがありました。

    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/201909030000692.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAd2EhbC28Li9hAGwASA%253D

    2だと森田正光さん、木原実さん、石原良純さんですね。
    ともに気象予報士としての含みのある発言は百音ちゃんの気持ちを揺さぶることは確実。
    でも良純さんは説得力がないですし(笑)、前者2人は演技力はどうかですね。

  4. 知らんけど より:

    再放送で気づくこと
    史郎くん役の大津尋葵さん、同じ事務所の野間口徹さんと同じく非常に好印象を与える役者さんだなあと(非常に良い笑顔でしたね)
    調べたら「あまちゃん」「半分、青い」にも出演されていたみたいですね
    今回の放送ではセリフも多かったですし今後も朝ドラに出てくれたら嬉しいかな

  5. たいとうみほ より:

    冒頭でいきなり、嬉しそうに納豆混ぜる裕一君。これは2回目だからこそクスッと笑って見てる事でした。まさかこれが後々効いてくるとは。しかし裕一君が東京に出るんじゃなく、音ちゃんが福島に嫁いでくる事になったなら、果たして福島の食生活に馴染めるのかどうか…流通未発達の時代は食材は基本的に地元産だし、「ごちそうさん」でカリカチュアされたようにお嫁さんが自分の作りたいようにはできない、お姑さんあるいは古参の女中さんの指図を受けて、その家の味を継承するのが一般的ですから。

  6. boxster981 より:

    吟の副音声に味がある。久志ほど上手とはいえないが家族の目線が良く出ていた。リアル音のかぐや姫はどうやら史実らしい。初回放送時はリアル裕一の受賞曲「竹取物語」から構想を得た創作だと思っていたが、小学生の時学芸会で役を演じあだ名が「かぐや姫」だったと息子さんのブログで拝見した。活発で父からも年の離れた兄からも特別に可愛がられていたそうで音だけ福島に帯同されていたという演出も決して無理ではない。リアル音が楽譜が欲しいとファンレターを出したのも史実だが、幼少時のあだ名から竹取物語に何かしらの縁を感じていたのかもしれない。史実の上でもかぐや姫・竹取物語に結ばれた夫婦だとしたらドラマの上でバンブーの役割は象徴的で震災でも戦災でも焼失するとは考えにくいし、焼失(挫折の象徴)しても必ず再建されると思う。いや福島応援という意味では何度も焼失して再建されるというのが案外と本筋なのかも知れない。

    父の死が辛く描かれないのは多くの震災死と関係があるかも知れない。東日本大震災で多くの人々が被災し消防団員を含め多くの人が防災救助に関連して犠牲になった。残された家族にとっては辛い出来事だが「自然に身体が動いた」父の行動は立派な行いだったと、そう伝えているのかも知れないと思った。初回と違い表面的な意味だけではなく深読みしてしまう。そうすると散骨時のあまりにも美しい映像はそれ自体災害多発時代を生きる同時代の我々全員への癒しであると同時にエールなのだろう。

    初回より良子がいつ役を交代するつもりになったか気になっていた。帝のセリフ練習も必要だし帝役の子との根回しも必要だ。ここまで大がかりだと当然先生にも知らせなければならない。音に告げたのは当日の朝だったが事前にほのめかしたか良子の言動でコンセンサスになっていたのではないか。第一に良子は帝に好感を持っており帝の申し出を蹴って月に帰るかぐやに共感しない。第二に自ら衣装を脱いで役を放棄するがこれは役を降りることの象徴に他ならない。そして音の「見に来てもらえるだけいいじゃん」という言葉で気付いた。自分ではなく音こそ相応しいと。結果は良子の母までも感動する出来栄えで、良子は自ら役を降りることで脇役として劇の完成度を高めた。

    岩城が辞めるはずが無いと思った音の直感は正しい。他のコメントにもあるように光子が諭して辞めてもらっていたに違いない。だからすぐに戻ってきたし、墓前報告の後での「女子どもにはわからん」は「子どもにはわからん」であるし岩城は後々まで保隆の分身として光子を尊敬している。それが「父、帰る」で描かれた置手紙の岩城とのやり取りを上質な物語にしている。図らずも父があの世で子どもたちのことを側で見ていないことはバレてしまったけれど。

    史郎の役割。裕一の作曲には必ず愛する人や親愛なる友が必要なのだ。彼らの心に響くエールが裕一の曲なのだと、後の紺碧の空に繋がるモチーフが既にここで現れている。初回にはそこまで気付いていなかったが、多分これは全編を貫くものと思う。これから軍歌や鎮魂歌が数多く出てくる中でその背骨がどのように演出されることになるのか興味は尽きない。

    ところで夫婦喧嘩のネタになった納豆、もうこの辺りでフラグが立っていたんですね。福島市は消費額日本一。水戸市ではないんです。ただドラマにあるような普通の食べ方だけではなく色んな食べ方があるようです。

  7. ずんこ より:

    裕一くんと史郎くんとのことについて。

    ちょっぴり調べてみたところ、当時の商業高校は5年制だったようです。
    なので、裕一くんは1年留年して4年生、史郎君は5年生。
    だから、同じ制服を着ている、ということなのではないでしょうか。

    私はざっくり調べただけなので、もっと詳しい方がおいででしたらお教えください。
    お願いします。

  8. 知らんけど より:

    竹取物語って過去に2度邦画化されていますね
    特撮作品で最後は円盤が迎えにくる沢口靖子さん主演「竹取物語」とジブリ作品でかぐや姫の罪と罰がテーマという比較的原作に忠実なアニメ「かぐや姫の物語」
    成層圏や宇宙放射線帯を突破するにはというリアルさを求めたのが前者で、アニメならファンタジー演出可能と考えたのが後者なんでしょうか?

    まあ、個人的には大友克洋さん作画で最後は巨大円盤が迎えにくるアニメ作品が理想かなと
    なんか本筋にあまり関連しないコメントで申し訳ございませんでした

  9. たいとうみほ より:

    物語の中に「才能ある身近な人への葛藤」がいくつも登場しましたが、その第一号は舘林会長だったんですね、再放送のお陰で気が付きました。そして、何人も登場した苦悩する人物の中で、一番バランスが取れているのが舘林会長のようです。自分の屈辱感を認めた上で、それと折り合いをつけ、客観的に裕一君の才能を素直にすごいと思い、倶楽部全体がいい方向に向かうやり方を取る。少なくとも小山田先生とは真逆です。最初やたらに挑発的でしたが、裕一君が会長を立てようとして遠慮・手加減しないように、と考えてのことかもしれません。小山田先生の裕一君への態度がそうだった可能性も否定できませんが、さすがに小山田先生が超一流過ぎて裕一君、反発どころかビビッてしまいました。

  10. 丹善人 より:

    悪魔のような田口さんの登場の後で、天使のような松尾さんを
    登場させる。二人の役者の使い分けを意識して配役したんでしょうかね。
    まあ裕一は詐欺師の田口さんとは会っていないのだから
    気がつかないでしょうが。

  11. 還暦のたつお より:

    この頃からプレッシャーがかかると曲が書けなくなる裕一の悪い癖が出てきます。特に他の誰かの顔が浮かぶとにっちもさっちもいきません。自分らしさを取り戻すと、頭を指さしながら「曲、この中にはいってんだ。」と「アマデウス」のモーツァルトみたいな事を言ってのけるのですが。ともあれ、今回は史郎君の機転に救われましたね。ハーモニカクラブの会長も敢えて裕一を突き放して、奮起を促したのでしょう。音楽学校で出会ったすごい奴らと裕一のレベルが,同等かあるいは、裕一の方が勝っていると理解した上で、裕一には、自分の果たせなかった夢を託したのですね。ただ、これから先、裕一の人生は長い回り道に入り込んでしまいます。ここで、苦しんだ経験が後の裕一の音楽人生にプラスなったと信じたいです。

  12. 魁光 より:

    館林会長は雰囲気は違いますが、スタンスは三郎さんと一緒ですね。

    同じ長男ではなく予期せぬ出来事で家業を継いで、裕一の夢は自分の夢という気持ちで接してくれました。

    恐らく大きな夢を会長も抱いていましたが予期せず家業を継ぐことになったこと、東京での自分の実力の無さに絶望した過去から裕一に辛く当たったのかもしれません…。

    後々いずれも裕一がこれでもかと痛感することになりますが…。

    そこも含めて音楽は厳しいぞ。乗り越える覚悟があるかのという会長なりのエールでしたね。

  13. 魁光 より:

    「今の君は君じゃない。だから曲が描けない」
    さらっと重要なことを史郎くんが言ってますよね。
    上京した後の裕一の一人よがり問題を言い当ててますよね。
    もしその言葉を思い出していたら、裕一のスランプは短く済んでいたかもしれません…。

  14. 丹善人 より:

    さすがにこれから先、和解するまでの浩二君とのやりとりを見るのは
    つらいです。

  15. アーモンド より:

    裕一と館林会長の決戦投票で、館林の「先輩からの票」のおかげで、裕一が逆転勝利したわけですが、館林の持ちこんだ票の束は、りわゆる組織票だったのではないでしょうか?裕一に自信をつけさせるための親心ですかね?
    後で裕一を会長に抜擢してますから。

  16. 文月 より:

    大正デモクラシーが話題になっていますが,ジェンダー問題に関しては,大きな進展がなかった時代と見てよいかとおもいます。
    大正デモクラシーの説明としては,多くの場合,護憲運動と普通選挙が引用されます。
    女性参政権は,第二次世界大戦後まで実現できません。
    あくまでも男の政治のなかでのデモクラシーであるのです。
    ただし,新婦人協会のように部分的に女性の政治活動を社会的に認める動きがあったのも確かですが,社会的認識は「おんなこども」という言葉で代表されるあつかいでしょう。
    当時の文化として,自由主義的はモボ・モガの文化も特徴的に取り上げられますが,こちらは,大正デモクラシーのおかげというより,第一次世界大戦後の好景気のおかげ,厳しい言い方をすれば,戦勝国の「バブル」とみることが妥当かと思います。

    「子なきは去れ」といわれる時代というより,子ができなければ外に子を作る時代ととらえるのがいいかと思います。
    茂兵衛にとっては,妻を立てて外に子を作りたがらない,妻想いの当時としては珍しい男だと思います。
    丁度,「花子とアン」の白蓮の時代です。

  17. よるは去った より:

    福之助「大丈夫ですよ・・・・・私を信頼しておくれやす・・・・・・。」

     田口浩正君は過去の作品の「ふたりっ子」では妻子を抱えながら棋士として生き残るべくヒロイン(岩崎ひろみ)に対抗するライバルの役でしたね。
     私も視ていて共感を覚えたのですけど。
     「とと姉ちゃん」ではヒロイン(高畑充希)の最初の勤め先の嫌な上司の役で、今回は詐欺の役ですからね。
     それでいて現在は民放で「警視庁捜査一課9係」の刑事役ですからね。

     「まれ」でヒロイン(土屋太鳳)の父親(大泉洋)を騙す詐欺の役を演じた六角精児さんも民放の「相棒」では主役(水谷豊)の良き相談役の鑑識係員の役だったし。
     「つばさ」ではヒロイン(多部未華子)の一家を騙す詐欺役に斎藤清六氏だったのにも驚きでした。
     
     朝ドラに登場する「詐欺」役には善人顔の多いことったら。

     そう言えば「君の名は」のヒロインだった鈴木京香ちゃんも民放の「素敵にダマして!」の女詐欺役で大ブレイクしているんですよね。

  18. 丹善人 より:

    昔のいじめっ子が今は背中を押してくれている。いろんな意味で
    主人公は誰もが関わりたくなる何かがあったんですね。
    後々大きくなった大将が後押ししてくることにつながるのでしょう。

    昨日の、音楽家を目指しているということを、夢を打ち砕くような
    言葉で馬鹿にしたのも、それに反発してくれることを期待しての
    発言だったのでしょうか。

  19. オペラ座の怪人 より:

    会長、いい人でした~

    ♪ヽ(´▽`)/ ♪♪(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪へ(*^▽^)/★*☆♪

    さて、養子に出す、出さない、ってのが、
    私には、あんまり、良く分からないなあ。

    次男ちゃんを養子に出して、
    長男ちゃんには呉服屋を継がせて、

    経営は大吉さんに任せて、
    長男ちゃんは音楽に専念、
    ってわけには、
    いかないのかしらね?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    前にも書いたかも、ですが、
    大吉さんは、ほんと、
    知的な役
    知的でない役
    官僚
    浮浪者

    なんでもできる、
    素ん晴らしい役者さんだと思いまふ

    !( ̄- ̄)ゞ (ロ_ロ)ゞ (`◇´)ゞ

    おしまい

  20. アーモンド より:

    儲け話って怪しいことが多い気がする。詐欺の可能性も。