音楽の夢を断念する裕一 / エール 第13回

2020年4月15日(水)
2020年7月13日(月)第3週「いばらの道」

あらすじ

裕一が所属するハーモニカクラブの演奏会当日を迎えました。演奏会が始まる直前、史郎は裕一の様子がいつもと異なることに気がつきました。一方の裕一は、複雑な表情を浮かべながら舞台の上で演奏をはじめました。

そして、裕一が作曲した曲が披露される段。裕一は自分が作曲した曲を自ら指揮することになりました。裕一が披露した曲は聴衆の喝采を浴びました。舞台に立つ裕一の姿を見て、ただ一人号泣する者がいました。三郎でした。

その数日前、三郎は裕一に打ち明けました。自分が連帯保証人となった業者が雲がくれしてしまったこと。そして喜多一を救うために、裕一を茂兵衛の家に養子に出すことが決まったことを。裕一は、三郎の言葉を受け入れ、音楽をあきらめました。

演奏会の終了後。裕一はハーモニカクラブをやめました。一方で茂兵衛からの借金によって喜多一は窮地を脱すことができました。その翌年の春。裕一が旅立つ日を迎えました。その年の春から、裕一は川俣銀行で住み込みで働くことになったのです。

<<前回12回 | 次回14回>>

第3週 | 第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

復習レビュー:コメントへの返信 by 朝蔵

1回目の時は三郎さんにTwitter等では非難轟々のレビューでした(魁光さん:13回)
そんなことがあったんですか。三郎さんの気持ちがわからないのかな?人の気持ちの痛みへの想像力が足りなすぎる人が大勢いるんですね。

藤堂先生「何だこの人たちは⁉︎」(魁光さん:13回)
川俣銀行の愉快な面々がこれから度々出てきますが、とりわけ昌子さんに対して藤堂先生がどんなコメントを入れるのか。見ものですね。

三郎さん「また新しい可能性も見えてくる」(魁光さん:13回)
三郎さんはどちらかと言えば信念を貫き通す生き方とは正反対の成り行きに左右される生き方をしてきました。それ故に「人間万事塞翁が馬」ということを深く理解しているのかもしれませんね。

とにかく明るい銀行員4人組(丹善人さん:13回)
川俣銀行の愉快な面々が大好きでした。再会できて感激しています。

底抜けに明るくて、良かったねえ。(オペラ座の怪人さん:13回)
これからしばらく川俣銀行の人たちに会えることができて嬉しいです。とりわけブログ主は昌子さんファンなので。

浩二くんは彼なりに歩み寄ろうとしていたのかな(偽君子さん:13回)
今のところ浩二くんはお兄ちゃんのことが大好き。確執というほどではなさそうですね。

次週の副音声はスター御手洗(魁光さん:13回)
裕一くんが再び音楽の道に入った頃の語りがミュージックティーチャーですか!

兄貴の結婚宣言が「最後の一本のワラ」(偽君子さん:13回)
裕一くんの結婚宣言によって茂兵衛さんから貸し剥がしを迫らられたことも想像もできます。浩二くんはその頃に修羅場を見たのでしょう、きっと。

何故かのこ件を見ていると小椋佳さんを思いだします。彼も銀行員でした(還暦のたつおさん:13回)
本作『エール』の主題歌を歌っている方も歯医者さんとのことですからね。

日本が狭くなった現代でも続いているものは少なからずあります(知らんけどさん:13回)
ドラマの中でも描かれた「味噌」の対立は今でも目撃することがあります。

当時の一般的な人生観よりも子供自身の選択を優先させる点は、光子さんや安隆さんと同じ(たいとうみほさん:13回)
茂兵衛さんも、ご両親からのプレッシャーさえなければ当時としては珍しい人生観の持ち主になっていたもしれませんね。

「意外な形で再登場する」(ひるたまさん:13回)
ミュージックティーチャーの古川さん。もう花束を贈られてしまったんですか!?

予習レビュー

3月に放送された『もうすぐ「エール」』をご覧になった方は覚えておいでかと思います。

裕一くんが演奏会で指揮をする場面。そして、その裕一くんの姿を三郎さんとまささんが観客席から見守る場面。その撮影風景が紹介されたことを。

今回、その場面が登場します。

『もうすぐ「エール」』の中では、裕一くんはある気持ちを胸に秘めながら演奏会に挑む、としか解説されていませんでした。

その「ある気持ち」とは、音楽の夢をあきらめることだったようです。

また裕一くんの演奏を観客席から見守る三郎さんが号泣する場面も紹介されましたが、三郎さんの号泣の理由も、今回のドラマの中で描かれます。

内気で気弱で不器用で、何の取り柄もなかった裕一くんの人生が大きく変わったきっかけは音楽でした。

藤堂先生から、裕一くんの中に眠る音楽の才能に気付かされてから、裕一くんは自分に自信を持つことができるようになりました。

裕一くんの将来を誰よりも案じていた三郎さんにとっても、裕一くんが音楽と出会ったことはこの上ない喜びだったはずです。

そして裕一くんの音楽の夢を誰よりも応援していたのも、三郎さんでした。

その三郎さんが自分の失態により、裕一くんの音楽の夢をあきらめさせなければならない事態となってしまいました。

なんという皮肉。

裕一くんにとっても人生そのものとも言っていいくらいの音楽。その音楽の別れる日を迎えます。

感想

今回の救いは・・・

週の半ばだというのに、あまりにもつらい回でした。まるで一週間の最後のようなストーリー展開をした回でした。

裕一くんが音楽と決別することになった最後の演奏会。

そして、裕一くんが茂兵衛さんの養子に入ることになったと三郎さんが告げる場面。時間を前後させながらの描写が、夢をあきらめた裕一くんの切なさを強調していました。

実はブログ主も、裕一くんと同じ年齢の頃に、似たような状況に立たされたことがあります。

だから、なおさらのこと裕一くんの気持ちがわかりました。

裕一くんは夢をあきらめることになりました。でも、裕一くんは三郎さんを恨んだりは決してしなかったのが救いです。

そして、もう一つの救い。

それは、裕一くんが就職することになった川俣銀行の面々がムダに明るいこと。

明日から、この愉快そうな人たちとのお話が始まるのでしょうか。

鉄男くん一家の夜逃げ。音ちゃんのお父上の死。そして喜多一の窮地と裕一くんの挫折。

あまりにもつらいことが続いたので、明日からの川俣銀行の面々と過ごす日々が楽しみでなりません。

コメントへの返信 by 朝蔵

史郎くん同級生っぽいですね(あさのあさみさん:11回)
同級生みたいですね。学帽についている校章が裕一くんと同じデザインだったのを確認したとき、もしやと思います。

裕一くんと史郎くんが同級生であることが判明。

残る謎は、史郎くんは留年したのか。留年したとしたら、留年の理由は何なのか?ってことですね。

裕一くんは音楽に没頭するあまりの学業不振。一方の史郎くんは、単なる学業不振?史郎くんにいったい全体なにが起こったのか。

気になって仕方ありません。

次男ちゃんを養子に出して、長男ちゃんには呉服屋を継がせて(オペラ座の怪人さん:12回)
三郎お父ちゃん、次男に浩二くんに対して喜多一を継がせる!と宣言してしまった以上、その宣言をいまさら撤回できないのかもしれませんね。

喜多一を継がせると言われた浩二くんがそれに反発していたら、さっきの宣言はやっぱりヤメ!ということもありかもしれませんが。

家業を継がせてもらえることを浩二くんは心から感激してました。

心優しい三郎お父ちゃんの性格からして、そんな浩二くんを失望させることはできないのでしょう。

結果として、裕一くんを失望させることになってしまうわけですが。

あまりにもつらすぎる状況ですね。雲がくれした京都の業者。いつかリベンジされる場面があってほしいものです。

夢を打ち砕くような言葉で馬鹿にしたのも、それに反発してくれることを期待しての発言だったのでしょうか(丹善人さん:12回)
会長の館林さん、会長のポジションを裕一くんに譲ると宣言しましたが、会長を引き受けるだけの気概が裕一くんにあるかどうかを確かめたのかもしれませんね。

プロになれるとでも思っていたのか?と挑発された裕一くんが、もし「おっしゃることはもっともです。プロを目指すような甘い考えは捨てます」みたいなことを言っていたら。

きっと館林さんは、裕一くんの会長就任は無理と判断して、他の人にその座を譲っていたのかもしれません。

館林さんの暴言ともとれる言葉の動機はともかく、素敵な人物でした。

裕一くんは素敵な出会いに恵まれた人生を送りそうですね。藤堂先生との出会いといい、幸運の星に生まれた人のようです。

田口浩正君は過去の作品の「ふたりっ子」では妻子を抱えながら棋士として生き残るべくヒロイン(岩崎ひろみ)に対抗するライバルの役(よるは去ったさん:12回)
田口浩正さんといえばブログ主の中では、周防正行監督の初期作品『ファンシィダンス』『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』。

いずれも内気で不器用でさえない男の子。

竹中直人さんが上記の3作品の中で演じた「青木さん」とならんで忘れられない存在です。

妻想いの当時としては珍しい男だと思います(文月さん:12回)
この先の展開の中で、茂兵衛さんが妻想いの男性であることがはっきりと描かれる場面が用意されているようです。

そういえば、『マッサン』で風間杜夫さんが演じた森の熊さんも、一見すると粗野な男に見えながら、亡き妻のことをいつまでも想いつづけていましたね。

奥様が生きていたころに家族で撮影した映画フィルムを上映して、それを見ながら森の熊さんが涙を流す場面があったと記憶していますが。あの場面には泣かされました。

森の熊さんの息子が出征するときの家族写真の撮影場面も、どういうわけだかはっきりと記憶しています。

放送中の朝ドラの肝心な場面すらちょくちょく忘れるというのに・・・(苦笑)

<<前回12回 | 次回14回>>

第3週 | 第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たいとうみほ より:

    詐欺師のカモにされる三郎さんと、息子に涙ながらに詫びる三郎さん。この両者は同じ人柄の表と裏という感じがします。いいカッコしたがりだけど、人を喜ばせるのが何よりうれしいという、心底からの人の好さがにじみ出ています。戦前なら父親、家長のいう事は絶対で、長男に対して、家業より自分の好きな事をやらせようと考える父親など、稀にみる存在だったと考えられます。権藤家の人達の態度の方がこの時代のスタンダードでしょう。当時の一般的な人生観よりも子供自身の選択を優先させる点は、光子さんや安隆さんと同じ。ぜひ生きているうちに、安隆さんと三郎さんを対面させたかったです。家父長権を振りかざさない温厚な2人は、絶対意気投合すると思います。

  2. 知らんけど より:

    土曜日にたいとうみほさんがコメントされていた通り流通未発達で日本が広かったこの時代では食材が地元産は当然、納豆や八丁味噌が双方にとって未知の食材なのは当たり前のこと
    納豆がコンビニで、八丁味噌がそこそこ大きなスーパーで、薄皮饅頭が百貨店で買える現代の基準で「食い物をディスるな」というのはお門違い
    それに、食い物に関する伝統は中々根深く保守的なもので、日本が狭くなった現代でも続いているものは少なからずあります
    一例が久志くんが好きなはんぺん、関ヶ原より東の関東ではおでんに欠かせない具材ですが、西の関西ではおでんに入れられません(代わりに関東では馴染みの薄い牛すじが欠かせない具材です)
    ドラマに出てくる唯一の関西人の木枯さんが鉄男くんのおでん屋で何を注文したか忘れましたが、はんぺんではなかったと思います(大根頼んでいたことは覚えていますが)

  3. 還暦のたつお より:

    「あきらめんなよ.。」三郎さんの台詞は、苦し紛れの励ましのようにも聞こえますが、裕一がこれまで音楽を習得してきた経緯を考え合わせると、銀行の仕事をしながらでも作曲は、できるんじゃないのかとアドバイスしているようにも聞こえます。実際そうなります。何故かのこ件を見ていると小椋佳さんを思いだします。彼も銀行員でした。

  4. 偽君子 より:

    むむむ。そうなると、やはり兄貴の結婚宣言が「最後の一本のワラ」となったんでしょうかね。そのときはもう喜多一もガタガタになっていて、その分プレッシャーもだいぶ増しているでしょうから。

  5. 魁光 より:

    次週の副音声はスター御手洗でした。
    https://www.nhk.or.jp/yell/information/news/kaisetsu.html

    早速予想を外してしまいましたが、あの癖のあるキャラが解説でどう生かされるか楽しみです。

    ということは、今後の出番もありとみた方がいいですね!

  6. 偽君子 より:

    改めて見ると、浩二くんは彼なりに歩み寄ろうとしていたのかな。しかしやっぱりなんか噛み合ってないというか、素直じゃないというか・・・。兄貴が地雷踏まなかったのがせめてもですね。

  7. オペラ座の怪人 より:

    ハーモニカ倶楽部の後継会長に指名されたんだけど、
    丁重に断ったんでしょうなあ、
    養子に行きました。

    行った先の、銀行の皆さん、
    底抜けに明るくて、良かったねえ。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい

  8. 丹善人 より:

    暗い悲しい物語の、今日のラストでとにかく明るい銀行員4人組の
    登場。すごくほっとします。職場では誰一人悪人がいなくて、
    みんながみんな裕一君の背中を押してくれる。良い環境に
    入れた物です。

  9. 魁光 より:

    三郎さん「また新しい可能性も見えてくる。俺が言うのはなんだけど、諦めんなよ」

    新しい可能性。今思えばそれは鉄男くんの存在でしたね。

    一見すると遠回りに見えますが、川俣銀行入りがなければ鉄男くんとの再会は間違いなく無かったでしょう。

    鉄男くん一家は持ち逃げした上での夜逃げなので、裕一の実家近辺は間違いなく足を踏み入れられないはず。

    その鉄男くんから国際作曲コンクールの話を持ちかけられるわけですからね…。

    全てを辿ると三郎さんの言ったことは間違いではなかったですね。1回目放送時はあまりにも残酷で三郎さん株は私の中ではダダ下がりだったんですけど(笑)

  10. 魁光 より:

    藤堂先生「何だこの人たちは⁉︎」
    →うち1人はあなたの未来の嫁になるんですけどね(笑)

    再放送副音声はこういう心の中で合いの手やツッコミを入れながら見ています(笑)

  11. 魁光 より:

    「好きなことがあるって幸せだな」
    三郎さんの発言。55話の茂兵衛さんの発言とリンクしてますね…。
    ですが場面が前者は絶望の淵で、後者は全てから解放された後に出た発言で全くの両極端だったのは印象的でしたね…。
    1回目の時は三郎さんにTwitter等では非難轟々のレビューでしたが、そりゃ誰だってこの立場になったら何と言ったらいいか分からないですね。

  12. つい しょうこ より:

    客席に座る浩二君の表情と、裕一君が旅立つ前日の兄弟の会話を見て何というか…
    兄弟なのに相手を思いやる気持ちの、ズレの大きさに悲しくなりました。
    この兄弟、永遠に分かり合えないか、分かり合えるようになるまで、長い時を必要になりそうな気がします。

  13. 名のる程の者ではございません より:

    光石さん、菅原さんに続きプロバイプレイヤー相島一之さん登場。善人役であれ悪役であれ、陰のあるキャラであれ今作のような陽気なキャラであれ、この方の雰囲気を作り出す芝居力はいつもスゴいなあと思います。過去に幽霊役で登場されたドラマにて同じく幽霊になった娘役の生駒ちゃん(元乃木坂)と対峙する芝居でその作り出す雰囲気で自然に涙が流れてしまい驚いたと生駒ちゃんがコメントされていたのを思いだしました。陽気なキャラである今回も登場と同時に鬱な空気がカラッと明るくなりましたしね。

  14. さや より:

    古山家、苦渋の決断(>_<) 伯父さん夫婦に子どもがいてくれたら……。でも、こればかりは仕方がないですね。伯父さんが伯母さんを好きだったんですよね、きっと。モデルになった古関裕而先生も、銀行員だったことがあるそうなので、銀行員時代の裕一は、すんなり受け止められそうです(^^)

  15. 丹善人 より:

    スカーレットで、ほとんど信楽から出ることがなかった喜美子が、
    家のため泣く泣く大阪で過ごした数年が人生にとって重要な節目に
    なったように、裕一にとっても銀行での数年が有益な節目に
    なっていくんでしょうね。知らんけど。

  16. オペラ座の怪人 より:

    ついに養子に出ましたか!
    銀行の人たちが良さそうな人たちで良かった。

    入行15年の松尾さんと
    詐欺を働いた田口さんって、
    似てません?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  17. 丹善人 より:

    オープニングタイトルでの指揮をする場面がぎこちなく、下手だなと毎日
    思っていますが、今日の指揮の場面はしっかりしてましたね。
    (吹奏楽部の顧問をやっていたので、ちょっとこだわりがあります)

    江戸時代なら借金の肩代わりに娘を売り飛ばしたような、似たような
    心境をお父さんは感じたでしょうね。でも、明るそうな同僚ばかりで
    救われます。配役もそういう選考基準なんでしょうが。

  18. よるは去った より:

    まさ手紙「辛いとき支えてくれるのは音楽だと思うから・・・・・・。」
     母親なればこその励ましですかね。