裕一が失恋してから一年 / エール 第16回

2020年4月20日(月)第4週「君はるか」

あらすじ

志津に失恋し深く落ち込む裕一を、川俣銀行の同僚たちは静かに見守ることにしました。それから一年。裕一は失恋の痛手から立ち直ることができず、銀行の仕事に没頭することで破れた恋のことを忘れようとしていました。

そんな裕一のことが、職場の仲間たちは心配でした。そして、裕一を励まそうとあの手この手を尽くしました。その一方で茂兵衛は満足していました。裕一が心を入れ替えて銀行の仕事に専念するようになったと思っていたのです。

そのころ鉄男は、オペラ歌手・双浦環の取材のためにある雑誌を手に入れました。そして、その雑誌に掲載されているある広告に、鉄男の目がとまりました。それは「国際作曲コンクール」の参加者募集の広告でした。

鉄男は、コンクールに挑戦するよう裕一に強くすすめました。コンクールの存在を知った川俣銀行の同僚たちもコンクールへの参加を促しました。面々に背中を押された裕一は、作曲に挑む決意を固めました。同じころ豊橋の音は、声楽を学びはじめていました。

<<前回15回 | 次回17回>>

第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

復習レビュー:コメントへの返信 by 朝蔵

基本、裕一は一人で決断出来ない人間だということが改めてわかりましたね(魁光さん:16回)
裕一くんの足りない点を補ってくれる人が彼の周囲にはたくさんいますが、その最たる存在が音ちゃんのようですね。

銀行の4人が総がかりで、ミュージカル仕立てで、裕一の作曲を後押ししてくれていたんだあ!(さん:16回)
裕一くんが笑顔を取り戻すことができたことを昌子さんが泣くほど喜んでいたのをすっかり忘れていました。昌子さん、いい人です。

丸々1分間「先生」「ミュージックティーチャー」「御手洗さぁ」と呼び方の件(魁光さん:16回)
「ミュージックティーチャー」誕生の瞬間。ここまで丁寧に描き込んだのには深い理由が間違いなくありそうですね。後半でそれが回収されるのでしょう。

お酒作戦(魁光さん:16回)
裕一くんを元気にさせるカード。昌子さんは「恋」と「お酒」しか思い浮かばないと言ってました。鈴木さんも同じレベルだったのかもしれません。(笑)

登場シーンからインパクト爆発気味(丹善人さん:16回)
改めて見てもかなり強烈な初登場ですね。2回目なのに初登場時のインパクトは色褪せないなんてみごとな仕事です。

鉄男は,その分,必死に生き,その中で詩作もしててきたでしょうから(文月さん:16回)
「血の滲むような努力」という言葉がありますが大将はその言葉を絵に描いたような少年時代を送ってきたことが容易に想像できますね。

この音色が川俣銀行消滅の序曲になろうとは(還暦のたつおさん:16回)
松坂君みたいな何事も前のめりタイプが歴史を動かすのかもしれませんね。

裕一くんって、とにかく音楽いのちだから、それがないと「恵まれてる」実感がなくなってしまう(偽君子さん:15回)
大将は志津ちゃん以上に貧困に苦しんだはずですが、志津ちゃんのように心がゆがまなかったのはお腹を満たしたい以上の願望があったからなのかもしれませんね。

予習レビュー

前週が、裕一くんの商業学校での学園生活の描写に始まり、喜多一の経営の行き詰まり。そして裕一くんが夢をあきらめ、川俣銀行に就職。

そして、入行早々に踊り子に恋をして失恋するまでが描かれました。

今週は、失恋から一年がスキップ。しかし、裕一くんはいまだに失恋の痛手から立ち直りきれてはいない。

裕一くんは、失恋の痛手を忘れようとするかのように銀行の仕事に没頭。そんな裕一くんの姿を見て、茂兵衛さんは心を入れ替えたと思い込む。

そんなところからの一週間のスタートです。

さて、茂兵衛さんが裕一くんの姿に安堵したところに、裕一くんの夢の復活のフラグが立ってしまいました。

「国際作曲コンクール」のことです。

鉄男くんがこのタイミングで再登場したのも、このフラグのためのようです。

裕一くんが一度はあきらめた夢を、もう一度取り戻すまでの物語。そして、音ちゃんと出会うきっかけになる物語が、いよいよ始まります。

感想

失恋の痛手を音楽は癒してくれるのか?

本作『エール』は展開が早い!

裕一くんが音楽に夢中になるあまり商業学校を留年したことがアナウンスされたのは、ずいぶん前のような気がしますが実は一週間前の月曜日。

そして音楽の夢の断念。川俣銀行への就職。志津ちゃんへの恋と失恋。

そこまで一気につき進み、一年経てもなお失恋の痛手が立ち直れない裕一くんが描かれるところまで来てしまいました。

さて、裕一くんの失恋の痛手は、音楽の夢をあきらめたときよりもはるかに深い様子です。一年経っても立ち直ることができないとは・・・

そんな深すぎる心の傷を、再び向き合うことになった音楽はどのように癒してくれるのでしょうか。

また、裕一くんを失恋の痛手から立ち直らせるために周囲の面々が強く背中を押してくれた作曲コンクール。

このコンクールがきっかけとなって裕一くんは運命の人との出会いを果たすわけです。人生は面白いですね。

コメントへの返信 by 朝蔵

裕一さんは・・・・・どんな女の人が好み・・・・・?(よるは去ったさん:15回)
志津ちゃんの「どんな女の人が好み?」という、この一言が口に出たその瞬間から裕一くんは相手のことを警戒すべきでした。

でも、裕一くんにそんなことを求めるのは無理な話でもありますね。

裕一君が乗っていたバス(よるは去ったさん:15回)
ブログ主はバスの乗車料金が気になりました。最先端の乗り物なのでさぞかし高額だったのではないかと、そんな気がしています。

初恋も、消え去りましたか!?(オペラ座の怪人さん:15回)
朝ドラの中での初恋の終わりの描写は切ないものが定番でしたが、極めて珍しい残酷な初恋の終わりとなりました。

これも男性主人公ならではですね。

やっぱり裏があったか(さやさん:15回)
裕一くんの先輩たち。ウブな裕一くんを守るためにも、もう少し警戒してあげてほしかったですね。

昌子さんあたりに「ウラ」に勘づいてほしかったです。

子供時代との変化のあまりの違いの大きさに気付いていなかった(アーモンドさん:15回)
ただでさえ女性の場合は化粧によって変わってしまいますからね。さらに、実家の破産など苦労を重ねて志津ちゃんの人相は変わってしまったのかもしれません。

振られはしたもののこういう風に終わって安心しました(ちーぼーさん:15回)
裕一くんがウブ過ぎたのが幸いだったのかなとも思いました。裕一くんが志津ちゃんに対してさらに一歩踏み込んでいたら、志津ちゃんも相手を利用してやろうくらい考えていたかもしれません。

余程、裕一くん変わらないのでしょうね(笑)(あさのあさみさん:15回)
リアル裕一くんの幼少期の写真と銀行員時代の写真。2枚を見比べてみるとあまり変わっていないので、その「史実」に忠実にしたがったのかもしれません。(笑)

こういう世間知らずが陥る失敗を描きたかったのでしょうね(丹善人さん:15回)
主人公の若い頃の失敗の一つもエピソードとして必要ですからね。作劇上の理由はどうあれ裕一くん本人には手痛い失敗でした。

この回の回数表示(丹善人さん:20回)
ご指摘ありがとうございます。訂正しました。

私とあなたでは身分が違います。結ばれることはできません(とらまるさん:15回)
『エール』の中で、まさにこんな展開の悲恋が描かれるようです。まだ先の話ですが。その時は涙を誘いそうです。

松尾諭さんも出演されていました(HiyoccoFanさん:4週)
残念ながら『てっぱん』は観ていないのですが、松尾諭さんといえば『ひよっこ』の次郎さん。バスの車掌さんだったころがなつかしいです。

お父さんは寂しそうで可哀想です(tonkoさん:15回)
息子を手放すつもりなどまったくなかったのに、自分の失敗からこんな事態を招いてしまって、本当につらいところですね。

三谷幸喜さんから「憑依型女優」と言われる理由がわかった気がします(名のる程の者ではございませんさん:15回)
そんな風に言われてるんですか!?

ブログ主は、川俣銀行のエピソードがはじまってから堀内敬子さんに注目しているので、ちょうだいしたコメント。興味深く拝見させていただきました。

あまりの惨めさと恥ずかしさに店を辞めたくなると思うんですが、志津ちゃんはそうではないんですね(つい しょうこさん:51回)
志津ちゃんは、よっぽどメンタルがタフなのか。それとも居直っているのか。人生をあきらめているのか。これからも強く生きていきそうですね。(笑)

アシガールの再放送(アーモンドさん:15回)
黒島結菜さん演じる三津ちゃん。再登場を期待していたんですが、川原家を去ったっきりでしたね。再登場で『アシガール』の再会を期待していました。

お父さんを騙した人と、川俣銀行の先輩鈴木さん(何だか観るんだよねさん:14回)
そっくりなことが話題になっていたようです。どちらの役者さんか忘れましたが「一人二役」ですと発言しているとか(笑)

始めてコメントします(カメリアさん:20回)
初コメントありがとうございます。

予習しながら観てあとからコメントで復習すると、ドラマの楽しみが3倍になりますよ。

志津役の女優さん本当にわろてんかのてんの妹さんですか?(boxster981さん:15回)
はい。『わろてんか』で、ヒロインの妹・りんを演じた堀田真由さんです。『わろてんか』では清楚で上品な女性だったのに大変身ですね。

お父さんは送り出す時も変わらず音楽を応援していますね(boxster981さん:15回)
前作『スカーレット』の主人公のお父さんとは正反対ですね。ダメなお父さんというところだけ共通してますが(笑)

<<前回15回 | 次回17回>>

第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 還暦のたつお より:

    裕一に、音楽への興味を復活させ、長い失恋の痛手から立ち直らせようとした、川俣銀行の面々、まず松坂君が得意のハーモニカを吹きます。ところが、この音色が川俣銀行消滅の序曲になろうとは。とりわけ、行員の中で最も出世欲が強く、頼まれもしないのに、茂兵衛さんのスパイを買ってでた松坂君が何ということでしょう。まあ信用組合に再就職できたのだから、結果オーライか。

  2. 丹善人 より:

    今年コロナ関係が無ければ、「ミュージック・ティー・・・」は
    間違いなく流行語大賞にノミネートされてたでしょうね。
    登場シーンからインパクト爆発気味。

  3. 魁光 より:

    鈴木さん!お酒作戦って、ただ自分が飲みたかっただけでしょうよ(笑)

  4. 魁光 より:

    丸々1分間「先生」「ミュージックティーチャー」「御手洗さぁ」と呼び方の件を延々とやっていましたね。
    今思えばこれからミュージックティ(以下略)の幼少期の経験、熊次郎からの罵倒など深い内容に入っていくので、しっかり印象付ける為にここまで入念に掴みを入れないといけなかったでしょうね。
    ここをさらっとし過ぎていたら、内容に深みが出なかったと思っています。

  5. オペラ座の怪人 より:

    全然覚えていなかったけど、
    銀行の4人が総がかりで、
    ミュージカル仕立てで、
    裕一の作曲を後押ししてくれていたんだあ!

    うんうん、いい職場だ。

    ♪ヽ(´▽`)/ ♪♪(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪へ(*^▽^)/★*☆♪

    そして、音の方は、Music Teacher 初出場。
    こっちも、なかなか、いい感じ!

    (⌒▽⌒)(^◇^)(⌒▽⌒)

    おしまい

  6. 魁光 より:

    基本、裕一は一人で決断出来ない人間だということが改めてわかりましたね。
    後に自分の意思で上京したことが強いインパクトになりますが…。
    その分、裕一は行くべき道を示してくれる人間に恵まれていますね。
    今回だと鉄男くんと銀行のメンバー達です。
    特に昌子さんは泣き出すくらい喜んでくれましたね。
    1年間笑顔が無かったということなので、精神疾患を疑っていたかもしれませんね。
    そりゃ、周りも相当気を使うし、心配になってしまいますよね…。

  7. つい しょうこ より:

    松尾諭さんは、「てっぱん」よりも「ひよっこ」よりも「わろてんか」の四郎さん!
    あれは外せません。
    広瀬アリス演じるりり子さんとの歌謡漫才は圧巻でした。

    ところで、この16話なんですが、回想シーン以外で裕一君はなにかしゃべっていました?
    15分間主人公の台詞がほとんどなしって、結構凄くないですか?

  8. さや より:

    昌子さんがまさかのバツ3設定(^-^; しかし、周りの人は誰も気にしてないのが素敵です。音の声楽の先生もおねえキャラで、これまた現代的。そして、最後に出てきたお見合い写真の男性のポーズもかなりぶっ飛んでます(^^; 昭和初期って、ファンキーな時代なんでしょうか

  9. アーモンド より:

    田口浩正と松尾諭、瓜二つ。ドラマでは「詐欺師」と優しい先輩という正反対の役柄。
    初め、あの詐欺師が、銀行に転職したのかと、何と言う因縁、と思いました。

  10. 偽君子 より:

    そうそう、音さんの姉さんで「まんぷく」の敏ちゃんが出ていましたっけ。ファンとしては嬉しい話ですね。

  11. 丹善人 より:

    僕も小さい頃から音楽好きで、ハーモニカだったら一度聞いたことある
    曲ならいつでも吹けたけれど、一時期音楽から遠のいた時期があって、
    ちょっと黒歴史でした。中3でギター覚えて復活したけれど。
    音楽にひたっていた人が音楽のない生活をする気持ち、よくわかりますし、
    復活できるのもまた音楽の力だと思います。

  12. 偽君子 より:

    この一件で、裕一くん女嫌いになってしまうとか?で、それが彼を当時稀に見る愛妻家たらしめる、なんてね。

  13. よるは去った より:

    潔「あなたね・・・・・私の教室に通いなさい・・・・・・。」

    吟「お願い・・・・・見合いして・・・・・・。」 
    音「これと・・・・・?」

     音ちゃん自身、男勝りみたいなキャラな分、あんなキャラの男性とご縁が深いのかしら?(←ヤバい!!うつってしまった!!)

  14. よるは去った より:

    廉平「♪あ、よいしょ~あ、よいしょ~・・・・・・・。」

    裕一君のノリの良さときたら(笑)
    やはり、音楽家志望だけありますな。

  15. オペラ座の怪人 より:

    銀行の人たちは、みんな、
    いい人たちですなあ。
    (⌒▽⌒)(^◇^)(⌒▽⌒)

    Music teacherは、
    変な人ですなあ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  16. 偽君子 より:

    なんかやたら「スカーレット」と比較しちゃってますけど、目下本作も嫌いではありませんよ。念のため。

  17. 偽君子 より:

    以前も書きましたけど、やっぱり「スカーレット」の脇目もふらずたったか歩く女性を見た後に、男性のこういうのを見るとどうしてもイラッとしてしまいますねぇ。男性とはそういうものだとわかっているわけだから、本当は素直に裕一くんに同情するところなんでしょうけど。