裕一が交響曲作曲に挑む / エール 第17回

2020年4月21日(火)第4週「君はるか」

あらすじ

豊橋では17歳になった音が、姉の吟に頼み込まれて見合いすることになりました。音の見合い相手の兄・春彦に近づこうと算段したのです。しかし、見合いは破断。さらに春彦は、音に一目惚れしてしまいました。

一方で裕一は、「国際作曲コンクール」に挑むことにしました。しかし、音楽から離れていた2年間という時間は短くはありませんでした。裕一はコンクールに応募するための交響曲の作曲に挑むものの、曲を書く手は進まずにいました。

作曲に行き詰まる裕一のために、川俣銀行の同僚たちは鉄男を招いて、曲のアイデアを練るための会議を開くことにしました。会議が終わった夜。満月を眺めた裕一は竹取物語に着想を得ました。その1ヶ月後、裕一にとっての始めての交響曲『竹取物語』を完成します。

そのころ豊橋では、春彦が音にプロポーズしていました。しかし音は、結婚する気はありませんでした。音は結婚よりも歌手になることを選んだのです。同じころ、福島の裕一のもとに「国際作曲コンクール」入賞の知らせが届くのでした。

<<前回16回 | 次回18回>>

第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

予習レビュー

裕一くんが、一度はあきらめた音楽の道に戻ってきました。

音楽の道に裕一くんを連れ戻したのは幼なじみの鉄男くんです。裕一くんと鉄男くんの少年時代の友情が回収されました。

ちょっとネタバレになりますが、ここから、今判明している第14週までは裕一くんは音楽の道一筋です。

ただし、その音楽の道に本格的に戻るまでにはいくつもの困難が用意されているみたいですが。

手始めの困難が2年間のブランクなのでしょうか。裕一くん、作曲できずに苦悩します。

一方、音ちゃんのエピソードも描かれます。

第1週は裕一くん。第2週は音ちゃん。

それぞれのエピソードが最初の2週では別々に語られましたが、ひとつの回の中で二人のエピソードが同時に語られるのは、二人の出会いが近いことのフラグでしょうか。

感想

裕一くんと音ちゃんの将来のフラグ回

今回は、お話全体が、裕一くんと音ちゃんが一緒に並んで音楽の道を歩むことになる将来へのフラグのような回でした。

裕一くんと音ちゃんが(すでに出会っていますが)出会うきっかけは、裕一くんの「国際作曲コンクール」の入賞です。

その入賞が最後の最後に描かれました。

一方で、音ちゃんは、普通の結婚よりも音楽の夢を選びたいと宣言。また、見合いの席では男の後を歩くつもりはない。男と並んで歩くとも宣言。

そしてプロポーズを一蹴。

裕一くんとともに歩む人生を暗示するかのようなエピソードがこれでもかというくらいに詰め込まれていました。

裕一くんと音ちゃん。二人の出会いが刻一刻と近づいて来ました。

コメントへの返信 by 朝蔵

Music teacherは、変な人ですなあ。(オペラ座の怪人さん:16回)
おかしなキャラが出てきましたね。オネエっぽいしゃべりかたは『半分、青い。』のボクテを思い出します。

一方で、こんなおかしな人と縁のある音ちゃんは、これからどんな人生を歩むことになるのか。二人の主人公が大人になって楽しくなってきました。

裕一君のノリの良さときたら(笑)(よるは去ったさん:16回)
あれだけ深く落ち込んでいたのに、唄を聞かせたらいきなり踊り出す。「自動的」みたいなノリで踊り出す様子はまるでからくり人形みたいです(笑)

作曲コンクールへの応募をきっかけに久しぶりに音楽と向き合った裕一くん。音楽が彼の元気を取り戻すというフラグなのかもしれません。

彼が踊り出す姿は。

あんなキャラの男性とご縁が深いのかしら?(よるは去ったさん:16回)
音楽の先生も、見合い相手も、揃いも揃って『半分、青い。』のボクテと同系列の方のようですね。

裕一くんも肉食系か草食系かといわれたら、どちらかと言えば草食系です。

音ちゃんとご縁のある男性たちが、いかにも男性的なキャラばかりだと裕一くんが埋もれてしまいかねないので、音ちゃんの周囲をボクテ系で固めたのかなと思いました。

この一件で、裕一くん女嫌いになってしまうとか?(偽君子さん:16回)
それはありそうですね。

または、この一件でポッカリ開いてしまった心の穴を、音ちゃんからの手紙が埋めることになるのかもしれません。

心にポッカリ穴が開いていなければ、手紙だけで恋におちるというのは史実とはいえ、ドラマで再現するのはやや苦しいところがありますので。

音楽にひたっていた人が音楽のない生活をする気持ち(偽君子さん:16回)
ブログ主は手先が不器用すぎて、楽器が何ひとつ演奏できなかったので音楽にひたった時間というものを経験したことがありません。

なので、乾ききった裕一くんの心が音楽によって元気を取り戻すその気持ち。半分も理解できていないのかもしれません。

それが残念です。今からハーモニカの練習しようかな(笑)

「まんぷく」の敏ちゃんが出ていましたっけ(偽君子さん:16回)
ついに登場しましたね。

『まんぷく』のときの安定感のあるキャラとは異なり、音ちゃんのお姉ちゃん・吟ちゃんはちょっとばかり面倒くさいキャラみたいです。

そういうキャラはとっても好きなので楽しみでなりません。周囲を振り回す迷惑キャラを炸裂させて欲しいです。(笑)

あの詐欺師が、銀行に転職したのかと、何と言う因縁(アーモンドさん:16回)
田口浩正さんと松尾諭さん。このお二人の登場する順番がもし逆だったら。銀行の先輩が先で、詐欺師が後だったなら。

あの心優しい銀行の先輩が、詐欺師に転落してしまったのか!?一体、彼の人生に何があったのか!?と、道場を集めていたかもしれません。

昭和初期って、ファンキーな時代なんでしょうか(さやさん:16回)
昭和の初期がファンキーな時代だったのか。それとも、裕一くんと音ちゃんが、二人揃ってファンキーな人とのご縁があったのか。

そして、ファンキーな人とのご縁がある裕一くんと音ちゃんなので、二人は出会うことができたのかもしれません。

広瀬アリス演じるりり子さんとの歌謡漫才(つい しょうこさん:16回)
松尾諭さんのお仕事。これがありましたね!笑わせてくれた上に、しっかりと泣かせてもくれました。

まるで美女と野獣みたいなあのカップルも素敵でした。

早稲田大学応援団長を演じるのは三浦貴大さん(名のる程の者ではございませんさん:8週)
ブログ主は、三浦貴大さんの映画デビュー作『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』を含めて、三浦貴大さんが出演している映画を不思議とたくさん観ているので、関心を持っていました。

<<前回16回 | 次回18回>>

第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アーモンド より:

    音の見合い相手の兄が訪ねて来たとき、「お父さんいらっしやいますか?」と聞こえ、お父さんに直談判しにきたかと。お父さん亡くなっているのに、と思いました。ー

  2. アーモンド より:

    音の見合いの場面、爆笑でしたね。

  3. 名のる程の者ではございません より:

    スゲーとカッケーが見れた。
    スゲーは心理学者ユングがシンクロニシティを発表するかなり前にその根幹を芥川龍之介が小説にて書いていたこと。
    カッケーは絶妙なタイミングで光石さんがコメントした「貰い手いるよ」。

  4. はまま より:

    リトル音ちゃんの頃に食卓にあがっていたこともあって、
    “関内家のみなさん、ちくわが好きなんだな~” などと今日もなんとなく観ていましたが、
    ちょっと気になってググってみたところ、
    「主人公のモデル、古関夫婦が愛したヤマサのちくわ」なるものがヒットしました。
    そういえば、銭湯帰りに寄る団子屋の近くに、”ちくわ”と書いた のぼり旗 が出ていた
    ように思い出しました。

  5. リキちゃんママ より:

    音ちゃんのお母さんが「夢を叶えられるのは、一握りの人だけ」って言ったとき「スカーレット」の常治お父ちゃんを思い出しました。

  6. アーモンド より:

    音が少女時代に演じたのが竹取物語のかぐや姫、裕一が作曲したのが竹取物語、ここで二人の接点がありますね。 

  7. さや より:

    昨日、「鶴瓶の家族に乾杯」が放送されました。ゲストは菊池桃子さんで旅の舞台は福島県の川俣町。町の人々からは「エール」に対する愛が伝わってきました。史実だと、茂兵衛伯父さんに当たる方には弟さんと息子さんがいたみたいですね(^^)

  8. 丹善人 より:

    見合いの相手の男、このての男は時代を変えても現代でもいますね。
    で、自分の何が悪いのかまったく気がついていない。案外仕事では
    できる男だったりして。
    関係ないけれど、さだまさしの「関白宣言」もこんな男のような
    気もして。あの歌の主人公、定年と同時に離婚届突きつけられて
    いるだろうなと思っていますが。

  9. オペラ座の怪人 より:

    今日は、裕一も音も、
    なんだか、ドタバタでしたが、
    まあ、入選できて、良かったね。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい

  10. ゆきこ より:

    自分で動かずに妹をダシにした吟ちゃんが悪い!これは仕方ないと思います…女が男の1歩下がれっていつの時代の話ですか…聞いて呆れるわ音ちゃんの性格はお母さん似だったんですねお母さんが見合いの席で大人しくしてなかったから今のお父さんと一緒になれたんですね深いです( *¯ ꒳¯*)

  11. よるは去った より:

    光子「私も若い頃同じこと言ってた・・・・・・。」
     
     亡き夫の事業をしっかり継いで、三人の娘をしっかり育て上げた強さはここから来ているわけですね。

  12. ゆきこ より:

    音ちゃん多分女の癖にとか言われたんじゃないでしょうか…そういう言われ方嫌いですもんね(´・×・`)女の子が音楽学校に通ってるのが生意気に写ったんでしょうかそれとも見合いの席での音ちゃんの言い方が気に食わなかったんでしょうかどっちにしろ価値観が合わない相手と一緒になるのも苦痛らしいからそれでいいと思う