鶴亀寅吉が演奏会の提案 / エール 第22回

2020年4月28日(火)第5週「愛の狂騒曲」

あらすじ

裕一がこつぜんと姿を消したことで、福島では家族たちが裕一の行方を探しまわりました。そんな中、川俣の裕一の下宿に足を運んだ三郎は、部屋で見つけた音からの手紙を見て、裕一は音に会うために豊橋に行ったのではないかと考えました。

そのころ、豊橋の関内家では、裕一が滞在していることを聞きつけた鶴亀寅吉と名乗る人物がやって来ました。鶴亀は、裕一と音の二人で演奏会をやってみないかと話を持ちかけるものの、光子は鶴亀のことを終始、あやしんでいました。

一方の裕一と音は、日に日に二人の距離を縮めていました。しかし、音は苦悩していました。裕一への気持ちを募らせるものの、光子からは裕一に深入りしてはならない。身を引くようにと忠告されていたからです。

そんな中で、裕一と音は神社の夏祭りに足を運びました。光子の忠告にもかかわらず、裕一と音は親しくなる一方でした。そして、夜になって関内家に戻った裕一を、思いがけない人物が待ち構えていました。三郎が関内家にやって来ていたのです。

<<前回21回 | 次回23回>>

第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

復習レビュー:コメントへの返信 by 朝蔵

長州力と藤波辰爾は滑舌の悪さや歌の下手さでバラエティにて芸人に弄られている(知らんけどさん:22回)
こんなネタにされている現実。今でも信じがたいです。(笑)

結局売り上げを持ち逃げされたり(魁光さん:22回)
持ち逃げは想定外だったんでしょうね。一方の光子さんの直感力はさすがです。

安隆さんが何故川俣や大阪に行ったのか。軍需品から手を広げて競走馬用馬具を手掛けようとしたのかもしれません。(たいとうみほさん:22回)
安隆さんが経営されていた頃は職人さんが何人もいたので、彼らの食い扶持を稼ぐためにも日本国中を奔走していたことは十分に考えられますね。

「父さんには欲がない」(魁光さん:22回)
銀行を売却後に茶の湯に夢中になる茂兵衛さんも、もしかするとまささんに近い感性の持ち主なのかもしれないと、まささんの言葉を久しぶりに聞いて思いました。

ラストボス感が半端ないわねぇ(魁光さん:22回)
三日天下ならぬ三秒天下ですね。ラスボス三郎さん。(笑)

寅吉、寅田、このドラマ,名前に寅がつくとロクな奴がいません(還暦のたつおさん:22回)
話がそれますが『マッサン』を思い出しました。

寅吉の苗字は鶴亀。鶴と亀といえば『マッサン』の亀山。鴨居の大将はマッサンのことをいつも鶴山くんと呼ぶ。

寅田の下の名前は熊次郎。熊といえば『マッサン』の森の熊さん。

ミューズとファムファタルは紙一重だぞ(たいとうみほさん:22回)
すでに一度「ミューズ」と信じた女性が実は「ファムファタル」で、ヤケドをしているわけですからもう少し警戒しても良さそうですね。

「だますよりだまされる方が良い」というまささんの言葉がフラグ(丹善人さん:22回)
「だまされる」資質を三郎さんから受け継いでしまった裕一くん。まささんは三郎さんを守る力量がありませんでしたが、音ちゃんなら安心です。

この後の演奏会と音ちゃんの夢を預かったフラグはどうやら戦後にしっかり回収されるようです(魁光さん:22回)
ご教示くださりありがとうございます。

『エール』の前半を二度も鑑賞できることになって登場人物たちへの感情移入は十分すぎるレベルに。後半の感動はひとしおですね。

だから東京制作のドラマはいい加減だ!(知らんけどさん:22回)
いい加減ではないパーフェクトな仕事のお手本を見せて欲しいものですね。自粛警察ならぬ粗探し警察の方々には。(笑)

予習レビュー

裕一くんの関内家滞在の2回目。

鶴亀寅吉といういかにも縁起の良さそうな名前を名乗る人物が関内家に姿をあらわします。

鶴亀寅吉は裕一くんと音ちゃんに、二人の演奏会を持ちかけるものの光子さんはこの人物が信頼できません。

そのころ福島では、裕一くんが姿を消したことで騒動が。

裕一くんが川俣銀行に就職して以来このかた、出番がなくなっていた三郎さんが久しぶりにその姿を見せてくれます。

裕一くん思いの三郎さんは、裕一くんの行方を探して川俣の下宿を訪問。

そこには音ちゃんからの手紙が置いてあったのだそうです。

前週、第19回では、音ちゃんからもらった手紙への感激を裕一くんが三郎さんに語って聞かせる場面があります。

この場面が、今回へのフラグになるのでしょうか。

三郎さんは裕一くんが豊橋に行ったに違いないと確信。次回、三郎さんはまさかの行動をとることが考えられます。

感想

何かを究める目をしている

職人の岩城さんの登場時間。今回が最長でしょうか。セリフの量も最大かと思います。そして何より、岩城さんの魅力が最大限に表現された回でした。

亡き安隆さんが一目置くほどの腕前の職人である岩城さん。

その岩城さんが裕一くんのポテンシャルをするどく見抜きました。裕一くんは「何かを究める目をしている」と。

日本国内では、藤堂先生に次いで裕一くんのポテンシャルを見抜いた岩城さん。今のところ裕一くんとの接点はありません。

しかし、岩城さんみたいな人も、裕一くんを導く一人になってほしい。そう願わずにはいられない。岩城さんの最長登場場面でした。

そして、今回は岩城さんにすべてを持って行かれた。ブログ主にとってはそれほどインパクトの強い岩城さんの登場場面でした。

コメントへの返信 by 朝蔵

アジフライ取ったり・・・・(よるは去ったさん:21回)
裕一くんは、音ちゃんのとんでもない姿を見てしまいましたが、それでも気持ちは一切揺らがない。これは本物ですね。

一方で、見せたくない姿を見られてしまった音ちゃん。裕一くんの前で、いつになくおとなしいと思ったのはブログ主だけでしょうか。

音「双浦たまきって、知ってる?裕一「うん、、いや、知らない。」(オペラ座の怪人さん:21回)
裕一くんの人生の転機にして、音ちゃんとの出会いのきっかけとなった作曲コンクール。募集の告知が出た雑誌に双浦環の記事が掲載されていましたが、読まなかったのかと思いました。

軍人さんの命守っているのも馬具ですよ(よるは去ったさん:21回)
裕一くんのこの言葉は、大好きだった亡きお父さんの仕事を高く評価する言葉でもあります。音ちゃんはどれほど嬉しかったことか。

裕一くん、いいこと言いますね。

音ちゃんのモデルの人が学芸会でかぐや姫を演じたのも実話(丹善人さん:20回)
リアルの二人は竹取物語つながりだったんですね。ドラマの中では、同年代の作曲家の快挙への音ちゃんの感激がクローズアップされていましたが。

本作『エール』の作者が女性脚本家だったとしたら、竹取物語の要素をふんだんに取り入れて物語をつくっていたかもしれませんね。

しばらく泊めて欲しいって、無神経というか鈍感というか(丹善人さん:21回)
いい意味で鈍感なんでしょうね。だから、いきなり泊まらせてほしいと言い出した上に、堂々と寝坊までできるんでしょう。

普通の神経なら、緊張して眠れず、朝も早くから起きてしまうところかと思います。

今日二人がデートした海岸のシーンは、オープニングのバックの海岸の場面と同じ海岸(アーモンドさん:21回)
『まんぷく』のオープニング映像も海岸。あのオープニン映像が大好きだったので、毎朝、思い出してしまいます。『まんぷく』のことを。

濱口優(丹善人さん:22回)
濱口優さんって、アジフライと何か関係があるんですか?すみません。こうしたことに疎いもので。

裕一の勤める銀行って何でもありですね(アーモンドさん:22回)
裕一くんが豊橋に行ったとき、明らかに無断欠勤。

ただし、裕一くんが文通相手のところに向かったらしいと同僚たちは察していたので、無理やり理由をつけて茂兵衛さんの目をごまかしてくれていたのかもしれません。

心優しい人たちに囲まれた裕一くんは幸運です。

普通は週末にまとめて見るのですが今日のエピソードが楽しみで珍しく生見(boxster981さん:21回)
裕一くんと音ちゃんの出会いの瞬間が描かれる、半年間にわたるドラマの中でも最も重要な場面の一つになるはずですからね。この回は。

また今週は志村けんさんの登場もあるので、これによってさらに注目が集まるのではないでしょうか。

音ちゃんのこととなると、とことんプラス思考(つい しょうこさん:21回)
音ちゃんのことはすべてがプラスに見えてしまう。それほど惚れて惚れて惚れ抜いているのかもしれませんね。

アジフライ騒動のことも、まったく気に留めていなさそうですし。

ラスボス倒すまで頑張れ!(ゆきこさん:21回)
次週あたりに、福島のおっかないラスボスとの最後の戦いが描かれるものと思われます。

なかなか手ごわい相手なので、なかなかの見せ場になりそうですね。人生を決めるラスボスとの戦いは。

<<前回21回 | 次回23回>>

第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 知らんけど より:

    「なぜキリスト教の家の物置に木魚?だから東京制作のドラマはいい加減だ!」
    ハイハイ、やっぱりこのドラマを叩く上記コメントがありましたね、キライな割に細かいところまでよく見ていることで(呆れ)

    木魚は立派なリズム楽器で歌舞伎等でも使われますよ、お経専用道具ではないよ

    「敬神愛人」、キリシタンだった安隆さんが飾ったであろう福音が関内家の応接室にあった、何もここまで謹めとは言わないけど、批判するならそれなりの下調べをしてからするべきかな
    朝っぱらから単なる悪口コメントしてるのって精神上よろしくないことかと、老婆心ながら

  2. 魁光 より:

    この後の演奏会と音ちゃんの夢を預かったフラグはどうやら戦後にしっかり回収されるようです。

    1949〜1950年に古関先生は金子さんの為にオペラを3作作り上げ、金子さんが出演。
    さらに共演に藤山一郎氏(山藤さん)、山口淑子氏も共演するというものになりました。

    戦後すぐに残念ながら三浦環氏(環先生)が亡くなります。
    恐らく環先生を失った失意の中、音ちゃんは環先生に椿姫降板時に「夫と幸せを掴みたい」と宣言したことを思い出し、若い頃の豊橋の演奏会を振り返り、その夢を掴む為に夫婦で一念発起するというストーリーになるのではないでしょうか?
    多分再開後のエール戦後編で大きく扱われるのは確実かと思われます。

  3. 丹善人 より:

    口から男詐欺師古館登場。でも、興行師としての能力は抜群。
    持ち逃げさえなければ立派な興行師なのにね。
    契約書をしっかり読み込む音ちゃん。これが契約には
    うとい三郎さんの血を引く裕一君ならいい加減だったのでしょうが。
    でもまあ、結局は詐欺に引っかかるのですが、「だますよりだまされる
    方が良い」というまささんの言葉がフラグにもなっていたり。

  4. たいとうみほ より:

    音ちゃんをひたすら「ミューズ」と呼んで憚らない裕一君。うぶで純朴なのはいいけれど、そのあまりののめりっぷりにはつい、「ミューズとファムファタルは紙一重だぞ」と、おでこをペシッとしてやりたくもなりました。音ちゃんは絶対にそうはならないから安心して見てられますが、まささんがそれを警戒するのは確かに当然かもと思います。実際にオペラの世界は「紙一重のミューズとファムファタル」だらけです。

  5. 還暦のたつお より:

     1 光子「裕一さん、あんたの事好いとるよ。」音、笑顔で「えへっ。」これって薬師丸さんの懐かしシャンプーのCM 「ちゃん りん しゃん」の前振りですか?恐るべき、さりげないCM返し。
     2 寅吉、寅田、このドラマ,名前に寅がつくとロクな奴がいません。フーテンの寅さんとは、えらい違いです。(それにしても「少年寅次郎」は良いドラマでした。)
     3 まさ「あの人は、何度も人に裏切られても、恨んだりすることはなかったの。」三郎さんいい人だ、だけど経営者、商売人の適性としては、失格だ。 

  6. 魁光 より:

    ミュージックティ(以下略)「ラストボス感が半端ないわねぇ…三郎さん…」

    ええ…。明日には呆気なく陥落しますよ(笑)
    ラスボスの茂兵衛さんと裏ボスの八重ばあがアップを既に始めております(笑)

  7. 魁光 より:

    間に差し込まれた古山家のシーンが今後の展開のフラグでしたね。
    優しいと思っていた祖母のドス黒い思惑、自分に自信が持てない浩二を励ますまささん、「父さんには欲がない」との比較になる後の強欲発言。
    あの場面、まささんは浩二に対してはっきりと「裕一への贔屓」について曖昧にせずはっきりと言うべきでした。
    浩二は浩二でいてくれたらいいがより説得力が増して、誤解やすれ違いがもっと早く解けていたはず。
    千載一遇のチャンスをみすみす逃してしまったのは痛かったです。

  8. たいとうみほ より:

    岩城さんに現場を任せて安隆さんは商売を広げた。今日の光子さんの台詞で、また仮説が湧きました。安隆さんが何故川俣や大阪に行ったのか。軍需品から手を広げて競走馬用馬具を手掛けようとしたのかもしれません。福島は今でも競馬場があり、関西だと今は阪神競馬場ですが、戦前は小規模の地方競馬が各地にもっとありました。そして競馬は原則、軍馬を供給する為に行われていました。それで軍人さんの紹介を受け、馬主や調教師に会いに行き、繁華街である川俣では接待等もあった。川俣には音ちゃんが、どうしてもついていきたいとせがんだので、優しい安隆パパは「仕事中は大人しく宿で待ってる」を条件に連れてきた。こんな光景を思い浮かべました。

  9. 魁光 より:

    意外と音ちゃんも穴だらけだったんだなぁと。
    契約書をしっかり見るも結局売り上げを持ち逃げされたり、光子さんの警鐘も「大丈夫なんじゃない?」とあっさりしたものでした。
    音ちゃん程の行動力があれば、信頼あるイベント会社に企画を持ち込むくらいしてもおかしくないはず。
    若さゆえの詰めの甘さでしたね(笑)

  10. 知らんけど より:

    金曜8時「ワールドプロレスリング」に熱狂しているガキの頃の自分にタイムスリップしたら言ってやりたい

    「実況している古舘アナウンサーはフリーになりF1実況したり紅白歌合戦の司会したり朝ドラにも2作出演したりする」
    「抗争している長州力と藤波辰爾は滑舌の悪さや歌の下手さでバラエティにて芸人に弄られている、しかもそれぞれに特化したモノマネ芸人がいる」
    「アニマル浜口の長女はオリンピックでメダル獲るよ、浜口さん自身は一時期テレビで毎日のように気合いだ~と叫びまくっていたよ」

    う~ん、どれも信じないかな
    取り敢えず、ノストラダムスの大予言が外れたことは素直に受け入れ喜ぶだろうね

  11. 還暦のたつお より:

     二人目の詐欺師登場、古館さん「下町ロケット」の時は最後に改心したけど、今回はサッサとラナウエィしかし、これだけ胡散臭さが板についた元ニュースキャスターって一体。

  12. あさのあさみ より:

    「おひさま」では、今は亡き角替和枝さんと柄本時生くんが親子役で共演、さらに、時生くんの奥さん役は、当時はまだ義姉でなかった安藤サクラさんでした!

  13. 丹善人 より:

    朝ドラに親子が出演するのは、本物の役者でも数が少ないですね。
    「まんぷく」での安藤サクラと奥田瑛二以外では高畑淳子と事件起こした
    彼女の息子くらいしか思いつかないけれど。他にいたかな?

  14. ずんこ より:

    よかった。
    朝蔵さんの仰ったとおり、お母さんはちゃんと浩二くんのことを見ていてくれましたね。
    裕一くんのことも浩二くんのことも、お母さんはちゃんと見ていてくれました。
    お母さんの気持ちが、浩二くんに伝わるといいですね。

  15. さや より:

    ラストの三郎父さんのお顔、怖いけど笑えました(笑) 唐沢寿明さんのアドリブでしょうか(^^;

  16. リキちゃんママ より:

    古館伊知郎さんを見て、ひよっこのヤスハル君を思い出しました。親子で朝ドラ出演すごいですね❗

  17. らら より:

    今更ではあるのですが…
    サブタイトル「愛の狂騒曲」では?

  18. つい しょうこ より:

     裕一君と音ちゃんの明るいシーンもですが、それよりも光子お母さんと岩城さん、そしてまさお母さんと浩二君の静かな会話が印象的でした。
     光子さんと岩城さんもいい関係が築けたらいいんですけど、なんか岩城さんって「無法松の一生」みたいな立ち位置のほうが、絵になりそうな気がします。
     浩二君に結婚を決めた理由を問われたまささんの答えに納得、でした。あぁそういうこと。
     ただあの時代、権藤家ほどの家なら「当主の娘の縁談」は「事業の一環」だったろうし、本人の意思は完全に黙殺されるのが実情だった気がします。
     ひょっとしてまささん、結構なムチャやってたとか?(笑)

  19. 丹善人 より:

    コメント欄の返信ですが、裕一君は無断欠勤ではありませんよ。
    昨日、手紙を届けに来てくれた支店長さんに、休暇を下さい、
    会いに行きます、とちゃんと言ってますよ。
    行き先も知っているのに、茂兵衛さんには黙っている銀行員
    みんなが応援してます。
    おとうさんが部屋を捜索していても、知っていながらニヤニヤ
    笑って見ている支店長さん。これが茂兵衛さんなら絶対に
    部屋には入れてませんね。

  20. 丹善人 より:

    双浦環、雑誌で見ていて知っていても、音の前では、他の女性の写真見て
    デレッとなったのをごまかすために、わざと知らないと言ったのでしょう。

    今日の一つ目、またしても「ミュージック。ティー・・・」で
    切られましたね。「輝きが違う!」で崩れ落ちる場面、いやいや本物を
    感じ取れるだけでも素晴らしい。

    本物と言えば岩城さん。さすがは本物の一流の職人だけあって、
    本物を見極める目は確か。あのうさんくさい興行師に会っていたなら
    どういっただろうか。岩城さんと安隆さん、本物同士が認め合って
    良い関係性を築いていたんですね。裕一と音も短い期間ながら
    出会うべくして出会った本物の出会いを意識してたりして。

    長らく謎だった、裕一のお母さんがなぜ、あのぼんくらと一緒に
    なったのか。それが語られました。実家の息苦しさに耐えきれず、
    人間としての本物を感じたんでしょうね。人をだまして生きるよりも
    だまされても恨み言一切言わない。そんなお父さんだから
    付いて来れたと。まあ、跡継ぎ次男坊には理解できないでしょうが。

  21. よるは去った より:

     光子「どちらか選ぶしかない今・・・・・彼にとって一番良い道は何・・・・・?」
    と言いつつ、
     光子「あの娘たちとも・・・・・あと少しだし・・・・・・どうしよう・・・・・・どうしたら良い・・・・・?」
    が本音か・・・・・・・・。
     自分に一番似てしまった音ちゃんが最初に嫁いで行ってしまうかも知れない寂しさもあるでしょうね。
     

  22. アーモンド より:

    古舘一郎登場!あのメガネから見える怪しいにやけた表情。音の音のお母さんも怪しいと思ったのでしょうか。契約書の署名捺印のとき、音が何回も契約書をながめていましたね。裕一のお父さんが詐欺にあった時、簡単に署名捺印していましたが。

  23. オペラ座の怪人 より:

    あの時代、大枚を払って
    (って、親が裕福だったんだろうけど)
    ドイツへ音楽留学して、
    でも、きっと、自分の限界も悟って、

    だからこそ、裕一の受賞を素直に喜んで、
    先輩でありながら、後輩の裕一を尊敬している、
    例のmusic teacherに、裕一と音が会いに行って、

    色々な話が(視聴者にも)聞ける、と思ったら、
    自己紹介「私は、music tea」で、
    ブチっと切られちゃって、
    ああ、大笑い。

    ♪ヽ(´▽`)/ ♪♪(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪へ(*^▽^)/★*☆♪

    薬師丸さんと職人さんの関係が、
    ヒューヒュー

    ( ̄。 ̄)(* ̄。 ̄*)

    おしまい

  24. よるは去った より:

    三郎「裕一・・・・・・お・か・え・り・・・・・・・。」

    「お・か・え」まで怖そうな顔で「り」で笑顔になった瞬間つられてこっちも笑ってしまった。
     BGMもなかなか。

  25. アーモンド より:

    裕一の勤める銀行って何でもありですね。
    こんなことしていたら、裕一を含め、皆クビになりそうですが、暇ですからね。
    それだったら潰れそうですが、経営者があの人だから、資金力があるんですかね。