裕一と音の結婚を認める / エール 第24回

2020年4月30日(木)第5週「愛の狂騒曲」

あらすじ

光子が裕一と音の結婚を認めました。ついに三郎も二人の結婚を受け入れました。三郎は、福島の家族、そして茂兵衛の説得を引き受けることを面々に約束すると、福島に帰り、まさと浩二の説得に当たりました。

しかし浩二は、裕一が音と結婚することに猛反対しました。まさも、裕一と音の結婚には反対でした。浩二とまさに反対された三郎でしたが、三郎もまた二人の反対に屈するつもりはありませんでした。

一方、裕一と音は、豊橋での演奏会に準備を始めました。音は梅に作詞を頼むものの、梅はある悩みを抱えていました。梅は小説家を目指しているものの、創作にゆきづまり何を書いたらよいのか分からなくなっていたのです。

そんな中、三郎からの電報が関内家に届きました。その電報には次のように記されていました。すべてがうまく行った。すぐに福島に帰れ、と。裕一と音の結婚が認められたことを知り、光子は安堵するのでした・・・

<<前回23回 | 次回25回>>

第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

復習レビュー:コメントへの返信 by 朝蔵

三郎さんはひよっこの宗男さんとの共通点が多い(魁光さん:24回)
三郎さんの兄上が存命でお子さんがいたとしたら。その子供から見て三郎さんは間違いなく「変なおじさん」でしょう。(笑)

裕一は絶対音感と相対音感の持ち主(魁光さん:24回)
天才であることは間違いなさそうです。今回の副音声でミュージックティーチャーがご自分のことをジーニアス御手洗と言ってましたが。

梅ちゃんとの会話で改めて裕一は天才型(魁光さん:24回)
一瞬で全曲が降りてくるって、これはもう凡人には理解できない領域ですね。

歌姫スーザン・ボイルが誕生したイギリスのオーディション番組の動画(知らんけどさん:24回)
この動画大好きです。何回見ても泣けます。

再開後は君の出番だ(丹善人さん:24回)
梅ちゃんの人生が動き出す直前で放送が中断されてしまいましたからね。再開後が楽しみです。

一般ウケを優先し頭固いマニアをイラつかせる制作の姿勢(知らんけどさん:24回)
コロンブスレコードでヒット曲を出せずに苦しんだ裕一くんが、まさにこのギャップで苦しみ抜きましたね。

寝ている時に口を開けたままというのは、現代では深刻な慢性病の予兆だったりするよ(たいとうみほさん:24回)
睡眠が浅く基礎代謝が低下していることが考えられますね。実はブログ主もそれに似た問題を抱えています。

家族以外がいるのも野暮(たいとうみほさん:24回)
母と娘、二人きりの残された貴重な時間を大切にしてくれましたね、岩城さん。本当にいい男です。

浩二君にとって何より大切なのが父親の愛情と承認を得る事だったら、養子に行って実家を離れるのは実家に捨てられるに等しいでしょう。(たいとうみほさん:24回)
三郎さんが亡くなった後、浩二くんは「何より大切なのが父親の愛情と承認を得る事」だった自分自身のあり方に気がつくことになるのかどうか。注目のポイントですね。

音の家族が音楽好きで家族で演奏するような話は記憶にない。(boxster981さん:24回)
いつだったか光子さんが、夢を追い求めることができるのは一部の人、みたいな言葉を発したと記憶しています。

その夢が何かは語られませんでしたが、光子さんももしかしたら音楽の夢を追い続けた経験があるのかもしれません。

商売人、経営者としての力量が、三郎さんよりも遥かに優れた光子さん(還暦のたつおさん:24回)
この視点がブログ主にはありませんでした。関内家の家業を窮地から救い、今もその家業をしっかりと続けている光子さんの経営者としての才覚。三郎さんを超えていることは間違いないですね。

豊橋ではなく福島でした(還暦のたつおさん:24回)
修正しました。

一回目の放送の時に、朝ドラへの親子出演が話題(文月さん:24回)
1日も早く放送が再開し、新キャスト発表などでこうした話題を楽しみたいですね。

メガネだけでスーパーマンの正体がクラーク・ケントだとバレないのは無理がありすぎだろう(知らんけどさん:24回)
『あさが来た』でヒロインの娘の学友を演じた吉岡里帆さんもメガネ女子となってクラーク・ケント並みに変身してましたね。

予習レビュー

裕一くんと音ちゃんの結婚が認められることになりました。

前回までは、三郎さんも光子さんも、二人の交際をやめさせることで思惑が一致していたのに、光子さんが考えを一転。

それにひきづられる格好で、三郎さんも二人の結婚を受け入れることになりました。

これで残る難題は茂兵衛さんです。三郎さんは説得を引き受けて福島に帰るものの、はたして三郎さんが茂兵衛さんを説得できるのか。

いざというときに、まったく頼りにならない三郎さんです。

そんな残念なお父さんでありながらも、かわいらしさしか感じないのは、これは三郎さんの人徳というものなのでしょうか。(笑)

一方で、出会って早々に結婚が決まった裕一くんと音ちゃんは演奏会の準備を開始。

二人の結婚の決定と演奏会によって、この週のサブタイトルである「愛の協奏曲」どおりの展開となった『エール』第24回でした。

感想

三郎さんの安定した「不安定さ」

前回「俺に任せとけ」と啖呵を切った三郎さんは浴衣のまま出かけようとしていたことがアバンタイトルの中で判明。

三郎さんの「俺に任せとけ」は、一瞬にして頼れない言葉に。

このアバンタイトルの中で描かれた、三郎さんの残念な姿は、その後の三郎さんの「説得の失敗」のフラグなのでしょうか。

三郎さんのの安定した「不安定さ」を描いた後に登場したのは、裕一くんの結婚を認めたい三郎さんが、そのことをまささんにまで異を唱えられる場面。

浩二くんが反対するのは三郎さんにとっても想定内だったはず。

しかし、まささんまでもが反対するのは三郎さんにとっては意外だったかと思います。

三郎さんの想定外の苦戦がチラッと描かれ、三郎さんの安定した「不安定さ」が強調されたところで、三郎さんからの電報が到着。

その文面を光子さんは言葉通りに受け止めていましたが・・・

ミュージックティーチャー

男まさりの性格の音ちゃんが、御手洗ミュージックティーチャーと良好な関係を築いていることがずっと不思議でした。

かつて、音ちゃんがキッパリと断った縁談の相手とどこか通じるものがあったからです。

しかし今回のドラマの中で描かれた、御手洗ミュージックティーチャーの過去の話を聞かされやっと納得できました。

西洋では結果を出せば認められる。だから結果を出すために死に物狂いで努力した。

こういうことができる人だから、音ちゃんがミュージックティーチャーと良好な関係を築けるわけですね。

さすが音ちゃん。人を見る目がある。

でも、音ちゃんが岩城さんの価値をなかなか認めようとはしないことが不思議です。子供の頃から身近にいて当たり前の存在なので、その価値に気がつかないのかな?

コメントへの返信 by 朝蔵

先週分の次週予告で志村さん映ってたと思います(Herr Katzeさん:25回)
この回に出てきそうですね。志村けんさん。

志村けんさんが演じる作曲家が登場する場面は、あといくつかあるはずなのですが、それら場面の収録がはたして終わっているのかどうか。気がかりです。

いくつかある場面の中でも、音ちゃんが憧れているオペラ歌手と対峙する場面があるのですが、その場面がブログ主は楽しみなのです。

そのあたりまで収録が終わっていますように。

今後は古山家、権藤家でどんな「狂騒曲」が奏でられるか(よるは去ったさん:23回)
権藤家の茂兵衛さんがどのような反応を示すかは、これはもうかなりはっきりしていますが、まささんと浩二くんの反応がひどく気になります。

浩二くんも反応は想像つきますが、まささんがどう出てくるか。

また、茂兵衛さんのお母上もなかなか腹黒い方なので、こちらも心配です。

唐沢さんが茂兵衛さんを説得できるかしら?(オペラ座の怪人さん:23回)
ただでさえ「俺にまかせとけ!」があやしすぎる三郎さん。よりよって相手は茂兵衛さんですからね。

三郎さんの「俺にまかせとけ!」という言葉を聞かされても、三郎さんの実態をよ〜く知っているはずの裕一くんはさぞかし心配ではないでしょうか。

光子さん三郎さんが頼りになるんだと思っているようだけどちょっと違うよ(笑)(ゆきこさん:23回)
三郎さんがこれから説得にかかる一族のうちでもラスボスに当たる茂兵衛さん。三郎さんは茂兵衛さんにまったく歯が立たないという事実を光子さんは知りませんからね。

逆に裕一くんはよく知っているはずなのですが、三郎さんの「俺にまかせとけ!」に対して特段の反応を見せませんでしたね。

盗み聞きしていた音の姉の「先越された」発言(アーモンドさん:23回)
吟ちゃん。相当ショック受けてましたね。妹の音ちゃんに結婚を先に越されてしまって。ショックのあまり腰を抜かすなんて。

それでも、婿さがしに東京に行くなんて、なかなかたくましいですね。

音ちゃんもそうですが、吟ちゃんもちょっとやそっとのことでは折れなさそうですね。末っ子の梅ちゃんもそんな気質を受け継いでいるのでしょうか。

三郎さんの安請け合いに視聴者はみんな、これはだめだと思っているのですが(丹善人さん:23回)
三郎さんの「俺にまかせとけ!」がどれほどあてにならないかという真実を光子さんと音ちゃんが知ってしまったら。

とりわけ音ちゃんは夜も眠れないほど不安なはず。

一方、三郎さんの「俺にまかせとけ!」が信頼できないことを知り抜いている裕一くんは、どんな気持ちでいるのでしょうか。

朝ドラに親子が出演(丹善人さん:22回)
現在、早朝に再放送中の『はね駒』に出演した渡辺謙さんと『ごちそうさん』でヒロインを演じた杏さんがいます。

ブログ主が思い出せるのは、この親子くらいです。

『とと姉ちゃん』で敏腕編集長花山伊佐次を演じた方と同一人物とは信じられない(名のる程の者ではございませんさん:23回)
ブログ主の中では『とと姉ちゃん』の花山伊佐次の印象が強烈に残っているので、そのギャップにただただ驚いています。

役者って本当にすごいですね。ここまで変身できてしまうなんて。

<<前回23回 | 次回25回>>

第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 知らんけど より:

    メガネだけでスーパーマンの正体がクラーク・ケントだとバレないのは無理がありすぎだろうと昔は思っていたが、最近までオロナミンCのCMに出ている女の子と梅ちゃんが同一人物と気づかなかった自分はもうアメリカ人を笑えない

  2. 魁光 より:

    丹善人さんへ
    やっぱりでしたか!
    現役の名人に質問できて、尚且つ名前が書籍に残ることは本当に凄いですね!

  3. 還暦のたつお より:

     朝蔵さま、申し訳ありません。地名を間違えました。豊橋ではなく福島でした。

  4. 還暦のたつお より:

    「あの人はあてにならないと思ってた。」商売人、経営者としての力量が、三郎さんよりも遥かに優れた光子さん。僅かな時間で、三郎さんの欠点を見抜いていました。ただ三郎さんの駄目さ加減は光子さんの想像を超えてました。ここは、三郎さんをあてにしないで、光子さん自身が福島へ行くべきでした。どちらにしても話はこじれたと思いますが、三郎さんよりも意思が強く弁も立つ光子さんが、古山家、権藤家との交渉にあたっていたらまた違う展開になっていたかと思います。

  5. boxster981 より:

    御手洗の解説の声、なんか美輪明宏を思い出す。ユニークで面白かった。
    ところで今週は初見で神週だと評したストーリーが週末をまたいで来週と分断されてしまっている。三郎と光子の掛け合いは流石だが山場は来週、困ったと思っていたら、初見では気付かなかった風物に深く感じ入ることになった。

    手筒花火は裕一が訪問した初日の冒頭から玄関軒下にある。あの「鯵フライ取ったり!」のシーンの直前だ。豊橋に伝わる伝統的な手筒花火。吉田神社の神事でもある。岩城が手筒花火を手入れしている場面も登場するが、当然生前の保隆も携わっていたことが考えられる。2回目だと描かれていないことにも想像力の翼が伸びる。

    豊橋を案内した日、音は父との思い出の場所々々を成長の記憶をなぞるように歩いて行った。音が裕一を連れ出した祭りは「豊橋祇園祭」だと思われるが、描写は無いものの幼い音が父に連れられて行ったことがあると想像できた。花火が火を噴き燃えさかるときに裕一が音の手を握り二人の心にも火が付く。二人の肩越しに二本の火柱が宙に向けて噴出する。音は父を身近に感じたことだろう。エールに美しい映像は多々あるがあのお祭りのシーン以上の盛り上がりを描くのは今後も難しい、と思う。ところで手筒花火は2本もあるが3本噴射もよく見られる。2本噴射を撮影したのは計算された演出だろう。であれば週タイトルは愛の狂騒曲よりも「恋の狂騒曲」が相応しいと思ったが。裕一と音だけでなく三郎と光子の子らを思う気持ちも深く描かれているので「愛の」にしたのだろうか?岩城の音と裕一に寄せる愛と洞察も忘れてはならない。

    話は変わるが裕一が泊まった物置部屋に琴、琵琶、鼓など色々な和楽器があった。さらにマンドリンやタンバリン、マリンバまで見受けられた。音が幼少時琴を習い琴を弾くシーンも今週あった。父母がダンスを踊るシーンも以前あった。しかし音の家族が音楽好きで家族で演奏するような話は記憶にない。この不思議な数々の楽器の謎、誰か解ける人いませんか?

  6. たいとうみほ より:

    兄の身勝手を責め立てる浩二君の、自分でも気づいていない心底の本音は「自分が養子に行かされたくない」かな、と思いました。本当に権藤家の支援が欲しいのであれば、自分が権藤家に行くから、喜多一は権藤家の直営になっても承知してくれ、位は考えるはずです。裕一君の養子入りが決まった時に浩二君が少し兄に気を使ったのも「行かされるのが自分じゃなくてよかった」と安心したからかもしれず。浩二君にとって何より大切なのが父親の愛情と承認を得る事だったら、養子に行って実家を離れるのは実家に捨てられるに等しいでしょう。だから何が何でも、兄には川俣に行ってもらわないと困るのです。そして、親に認められる手段としての家業継承にしがみ付く以上、例え栄転であっても今更自分が川俣に行くとは言えないと思うのです。

  7. たいとうみほ より:

    さりげない場面ですが、岩城さんが墓参に同行しなかったのが、粋な男だなあ、とキュンと来ました。前日岩城さんと光子さんが語らった通り、光子さんも子の巣立ちに寂しさを感じている、関内家から娘が1人嫁いでいこうとする場面ですから、そこに家族以外がいるのも野暮だと思ったんでしょうね。安隆さんも含めて親子3人水入らずに。それを言葉で敢えて言わない。不器用だけど温かい心遣いです。

  8. たいとうみほ より:

    解説のティーチャーにまで「変わったいびき」と言われてしまった三郎さんですが…当時そんな認識はないだろうしドラマの作り手にも全くそんな意図はなかろうと思いつつ。いびきの音がうるさい、寝ている時に口を開けたままというのは、現代では深刻な慢性病の予兆だったりするよ、と心配になってしまいました。これもまた、数年後に三郎さんが他界すると知っているからこそ感じる事です。初見の時は私も「ひどいいびきだなあ」としか思いませんでした。

  9. 丹善人 より:

    魁光さんへ

    「将棋の渡辺君」。はい本人です。
    最新刊以外質問欄に名前載ってます。

  10. 知らんけど より:

    ジーニアス御手洗もトレンド入りしていましたね、たくさんの視聴者にウケた証明であり副音声活用というビジネススタイルの確立ですね
    面白ければそれでいいと思います、テリー伊藤さんの言葉を借りれば「流行る=勝ち」なんですからね、過去の朝ドラと比較して悪口三昧の輩どもなんて厄介以外の何者でもないんですね
    厄介が語る理想の朝ドラとはって読んでいたらマニアのコメントでしかないと思います、古臭い理想論ばかり目立った
    「全てのジャンルはマニアが潰す」、マニアウケ要素を除外して全盛期に近い観客動員数を取り返した新日本プロレスの経営スローガンです、一般ウケを優先し頭固いマニアをイラつかせる制作の姿勢を私は支持します

  11. 丹善人 より:

    今日の回に続けて再開後の新しい週を放送できれば
    話がつながったのに、惜しかったね。
    同じ創作をする立場として、梅ちゃんと裕一君が
    話が通じて、家族の中で孤立しがちだった梅ちゃんが
    唯一頼りになる存在を見つけた回でした。
    吟も音も結婚し、音には子どもも生まれたのに、
    まだ実家でくすぶっている梅ちゃん。
    再開後は君の出番だ。外界に飛び出して頑張れ!

  12. 知らんけど より:

    御手洗さんが過去を語るシーン、個人的にはこのドラマで好きなシーンのひとつです
    西洋では結果を出したら受け入れてくれる
    会場の失笑を一瞬で絶賛に変わった歌姫スーザン・ボイルが誕生したイギリスのオーディション番組の動画を見ていたから分かります、「日本よ、これが世界基準だ!」と言われたような動画でした

  13. 魁光 より:

    梅ちゃんとの会話で改めて裕一は天才型だなと。

    この前に渡辺明二冠の日常が描かれた「将棋の渡辺くん」を買って読みましたが、まさに渡辺二冠は裕一みたいに才能を将棋や趣味に全振りした方でした。
    例えば十二支がわからない。殺虫剤スプレーを逆に吹き掛けて自分に向かって噴射する。図形が全く理解できないなど抜けている部分を微笑ましく描いていました。

    全員が全員ではないでしょうが、天才型は俗に言う「宇宙人」が多い印象です。

    PS:「将棋の渡辺くん」単行本の渡辺二冠への質問コーナーにて「◯◯在住の焼きそばが好きな、丹善人さん」の質問が採用されていましたが、まさかご本人ですか…?

  14. 魁光 より:

    裕一は絶対音感と相対音感の持ち主ですかね?
    華ちゃんの泣き声を「高いラ」。
    三郎さんのいびきを曲にしたりと…。

  15. 魁光 より:

    三郎さんはひよっこの宗男さんとの共通点が多いですね。
    普段は陽気でトンチキのように見えますが、要所で物語の核心にフッと迫る発言をする。
    何も見えていないようでしっかりと見えている。
    でも堅くなり過ぎず、尾を引かない。
    そういうキャラクターは愛されますね。

  16. アーモンド より:

    三郎も裕一&音も、契約相手にとんずらされれて、お金の絡む「詐欺」にあってしまうのですが、「任せとけ」と安請け合いした三郎自身もお金の絡まない「詐欺師」ですね。裕一の結婚の許しを得ていないのに、許しを得たかのような電報を寄越して、安心させ、裕一を呼び戻すんですからね。

  17. 丹善人 より:

    姉妹を入れたらマナカナははずせない。

  18. 名のる程の者ではございません より:

    追加です、西川一家抜けていました。
    『マッサン』西川きよしさん『よーい、ドン』西川ヘレンさん『ごちそうさん』西川忠司さん『純ちゃんの応援歌』西川弘志さん『まんぷく』西川かなこさん、因みに『まんぷく』には忠司さんも出演されていますので兄妹共演されています。

  19. 名のる程の者ではございません より:

    朝ドラに出演歴のある親子は、あと『てっぱん』富司純子さんと『あさが来た』寺島しのぶさん、『純情キラリ』三浦友和さんと『エール』第8週に登場する三浦貴大さんが思いつきます。家族で出演歴があるのは、『やんちゃくれ』柄本明さん『花子とアン』角替和枝さん『おひさま』柄本時生さん『あさが来た』柄本佑さんの柄本一家が最多ですかね?ここに『まんぷく』の安藤サクラさんと奥田瑛士さんも加わりますし。続くのが、『はね駒』渡辺謙さん一族も『ごちそうさん』杏さんと『なつぞら』渡辺大さんが出演歴ありますね、あっ、東出さんも現時点では一族ですね(笑)

  20. 1013 より:

    親子じゃないけどリリコ師匠(広瀬アリスさん)となっちゃん(広瀬すずさん)も入れてあげて下さい
    m(__)m

  21. 丹善人 より:

    音ちゃんは岩城さんの価値を認めていますよ。
    最初の登場では「天敵」と表現していたけれど、いつの間にか
    馬具作りの手伝いを行い、「どうして結婚しないの?」と
    プライベートのことまで尋ね、お母さんとのことも勧めようとまで
    思っているくらい親しくなって、「頼もしい父親像」を
    岩城さんの中に見いだしているような感じがします。

    梅ちゃんのキャラは番組オリジナル設定のようです。
    裕一と音が終始ぶれずにひたすら支え合って添い遂げる実話に
    変化を持たせるためのキャラなんでしょう。創作者として
    天才肌の裕一君とは違った世界で葛藤する姿を見せるのでしょう。

    眼鏡っ娘にしたのは仕方がないかも。素顔が美人だから、裕一君が
    目移りして、朝ドラならぬ昼ドラになってしまいかねない。
    朝ドラで主人公の不倫はタブーだとはっきりしましたし。

    ミュージック・ティーチャーはあのお見合い相手と大違いの
    本物です。外見ではなく中身を大事にする音ちゃんなら
    その違いがはっきりわかったことでしょう。あの先生・・
    じゃなかった、ミュージック・ティーチャーは人を見分ける
    力も一流。「いびき」の曲を聴いたときは、これは「のだめ」かと
    思いましたが。

  22. よるは去った より:

    光子「あの男・・・・・口だけだと思っていたけど・・・・・。」

     薬師丸ひろ子ちゃんというと「野性の証明」「セーラー服と機関銃」がすぐ思い浮かぶ私(今更年齢は隠しません)にとって、唐沢寿明君とのガチンコは思いもよりませんでした。

     唐沢寿明君も未だに私的には「純ちゃんの応援歌」や民放の「愛という名のもとに」のイメージだし。

  23. オペラ座の怪人 より:

    今日は、やっとこさ、
    music tea
    じゃなくて、
    music teacherのお話が聞けて、
    良かったでふ

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    妹の梅ちゃん(?)のお話も聞けて、
    良かったです。

    (⌒▽⌒)(^◇^)(⌒▽⌒)

    それにしても、メガネは似合わん。
    もっと可愛いのに。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  24. よるは去った より:

    清太郎「力を与える曲を作ってほしいの・・・・・・・。」

     これは数十年後へのフラグというより、指標?