曲が採用されず焦る裕一 / エール 第32回

2020年5月12日(火)第7週「夢の新婚生活」

あらすじ

いくら作曲しても廿日市から曲を採用されず焦りを募らせる裕一は、同期の木枯から聞かされた話でさらに焦ることになりました。裕一がコロンブスレコードから受け取っていた契約金は印税の前払い。つまり借金であることを裕一は知らされたのです。

同じ頃、音の帝国音楽大学での学生生活が始まりました。音は、音楽大学で見聞きしたことを裕一に報告するものの、お金のことが心配な裕一は上の空でした。音は契約書の内容を裕一に説明し、裕一はようやく安心することができました。

一方の音は、音楽学校の上級生でプリンスと呼ばれている久志と、新入生の中で実力ナンバーワンと言われる千鶴子の存在を知りました。久志と千鶴子は授業の中で歌声を披露。二人の歌声に音は圧倒されました。

そんな中、裕一は木枯を自宅に招きました。そして裕一と木枯は、音楽の道に進んだこれまでの歩みをお互いに語って聞かせました。裕一と木枯がお互いの理解を深めたその数日後、裕一を驚かせる事態が発生。木枯がレコードデビューすることになったのです。

<<前回31回 | 次回33回>>

第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

予習レビュー

裕一くんと音ちゃんの東京での新婚生活2回目。

裕一くんがピンチです。曲を書けども書けども採用されません。

採用されなければ曲は売れることはありません。そして曲が売れなければ専属契約が危うくなり、受け取った契約金も返さなければならなくなります。

音ちゃんはまだ学生です。

だから、裕一くんの収入が途絶えてしまえば東京での新婚生活は立ち行かなくなってしまいます。

一方の音ちゃんもピンチです。

音ちゃんは大勢の人が集まる東京では上には上がいることを実感するのでしょうか。

同級生の千鶴子ちゃんの歌声に圧倒され、自分の実力は彼女に遠く及ばないことを実感。

そんな中で登場する、帝国音楽大学のプリンス。彼の正体が今回のドラマの中で明かされるかはわかりませんが、彼はなんと裕一くんの幼なじみ・久志くんです。

感想

音ちゃんの存在の大きさ

裕一くんと音ちゃん、それぞれのライバルが描かれることで、裕一くんと音ちゃんの音楽家としてのポジションの違いがよ〜く見えた回でした。

裕一くんと、彼のライバルの木枯くん。二人は今のところ同じくらい残念な状況なので、さえない二人の若者にしか見えません。

しかし、二人揃って将来は同レベルの人気作曲家になるはずです。

一方で音ちゃんのライバルにあたる千鶴子ちゃんは、今のところ音ちゃんから見たら雲の上の存在です。

そして千鶴子ちゃんと一緒に歌声を披露したプリンスもまた雲の上の存在。

ところで、裕一くんはヨーロッパの音楽学校で学んでいるはずの人です。もし実家が経済的に傾いていなければ留学は断念しても国内の音楽学校に進めていたはず。

仮に音ちゃんと同じ大学に入っていたら、プリンスと並ぶかプリンスを超えるくらいの注目の存在です。

音ちゃんの視線から見たら雲の上のさらにその上くらいです。

しかし、音ちゃんはそんな裕一くんと夫婦です。しかも、音ちゃんがいなければ裕一くんは作曲ができない。仕事も進められない。

今回のライバル関係の描写を通して、音ちゃんの存在の大きさを認識することができました。

コメントへの返信 by 朝蔵

パビプペパビプペパビプペポ~♪を後年作曲する方(名乗る程のものではございませんさん:31回)
裕一くんにとっては意味不明の「ちょいちょい~、ちょいちょい~♪」には、そういった背景があったのですか!?

裕一くんだけでなくブログ主にとっても「ちょいちょい~、ちょいちょい~♪」は意味不明だったのでこれでスッキリしました。助かりました。

それを乗り越えたからこそ昭和の大物になった(よるは去ったさん:31回)
いきなりヒットして一発屋で終わる人はたくさんいますからね。いきなりヒットしなかったのでヒットの法則を理解できたのでしょう。

ヒットが出るまでは大変な思いをされたはずですが、その大変な思いがヒットの法則のルールでもあるのでしょう。

あっという間に半年たっちゃって、で、2人とも苦労していますなあ。(オペラ座の怪人さん:31回)
一緒に苦労に次ぐ苦労の日々を乗り越える仲間がいるのは、裕一くんにとっても木枯くんにとっても救いでしたね。

たった一人で半年もの間、ダメ出しを出し続けられていたとしたら、かなり苦しかったのではないでしょうか。

文通だけのわずか三ヶ月での結婚では食の違いまではわからないでしょうね(丹善人さん:31回)
ある程度の期間、恋愛関係が続いた末の結婚であっても家庭の味の違いは乗り越え難いものがありますからね。

まして白い味噌と赤い味噌のギャップを乗り越えるのは大変かと思います。味噌汁はもっとも身近な食べ物でありながら、白い味噌と赤い味噌では味がまったく異なりますからね。

小山田先生が本当に悪い奴だとしたら…自分の仕事が手一杯になった時に裕一にゴーストライターをさせる(たいとうみほさん:31回)
小山田先生が腹黒い悪役だとしたら・・・

もし裕一くんが流行歌の作曲で消耗して才能が枯渇したら狙い通り。流行歌のジャンルで人気作曲家になったら自分の驚異にならない上に自分の功績としてアピールできる。

そして、もし裕一くんがそこそこ売れる作曲家で終わったら、ゴーストライターをさせる。そんな3パターンの展開を想像してみました。

甘い新婚気分がぶっ飛んでしまいましたね(アーモンドさん:31回)
二人が一緒に暮らしはじめて半年が経過。印税の前借りというまさかの真実を知ってしまい「もはや戦後ではない」ならぬ「もはや新婚ではない」といったところですね。

今週の半ばあたりには、結婚生活のリアルが描かれそうな気がします。結婚生活のリアルのエピソードがはじまるきっかけは、八丁味噌か納豆か。(笑)

タイトルバックの写真が子役バージョンから大人バージョンに(丹善人さん:31回)
そこはまったく気がつきませんでした。裕一くんと音ちゃんが結婚したことで、物語のフェーズが変わったということなのでしょう。

次にタイトルバックの写真が変わるとき、一体全体二人はどんなことになっているのでしょうか。

浩二くんのことが気がかりで素直に乗りずらかったんですよねぇ(偽君子さん:31回)
浩二くん、今ごろどんな気持ちで日々を過ごしているのでしょうね。

裕一くんが権藤家を出てしまったことで、喜多一は融資を引き上げられてしまったかと思います。

次の当主としてかなりの苦境に立たされているのではないでしょうか。

オールインドネシア語で呪文のような歌詞に曲をつける仕事(名乗る程のものではございませんさん:31回)
おっしゃる通り『モスラ』のあの歌は「ちょいちょい」どころではありませんからね。

ちなみにブログ主は、『モスラ』のあの歌がインドネシア語であることをはじめて知りました。ずっと、意味のない造語だと思い込んでました。

ひとつの内閣を変えるより、ひとつの家の味噌汁を変える方が難しい(偽君子さん:31回)
花山伊佐次さん、そんなことを言ってましたね!たしか、結婚式の祝辞を頼まれたか何かだと記憶しています。

結婚の本質をシンプルに表現したするどい言葉でした。

裕一・音夫妻のエッセンス(たいとうみほさん:31回)
これまで朝ドラでは「内助の功」が何度か描かれてきましたが、音ちゃんの活躍は内助の功を超えた働きですね。

これまでの内助の功エピソードでは妻の支えで夫の仕事がより発展しましたが、裕一くんは音ちゃんがいなければ仕事にならない。

裕一くんのプロポーズの言葉「僕の音楽にあなたが必要だ」は、口説き文句ではなく心からの切実な叫びだったんですね。

<<前回31回 | 次回33回>>

第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アーモンド より:

    裕一が木枯にカフェに連れていかれたが、これは銀行で、先輩にダンスホールに連れていかれたのとそっくりですね。どちらも世間知らずの裕一に社会勉強をさせるいう人生の先輩たちの親心ですかね?

  2. よるは去った より:

     関屋節子さん→関屋敏子さんですね。
     声楽家としてだけでなく作曲家としても、歌舞伎舞踊作品の「お夏狂乱」のオペラ化も行っているようです。
     声楽家としては現在の東京芸術大学で学ぶ以前に、ドラマ中では音ちゃんの憧れの人の双浦環先生のモデルの三浦環先生に師事してるんですね。
     それだけでも音ちゃんにとっては「羨ましい人」ですね。
     親類には明治・大正・昭和にかけて活躍した伝説の二枚目歌舞伎俳優の十五代目・市村羽左衛門丈がいるそうです。
     魁光さんの記された通り、悲劇的な最期を遂げたそうですね。
     昭和16年という戦局の高まった時代に。
     
     

  3. ポンポン山 より:

    ちょいちょいって本当に面白かった!思わず爆笑してしまいました!

  4. アーモンド より:

    出た!音の契約書チェック。どこにも契約金返せとは書いていない。安心する裕一。
    そして夫婦ともライバルが!
    木枯と優等生千鶴子!千鶴子は上から目線で友人もいない。作ろうとしない。
    裕一は、木枯に先越され、音は千鶴子に歯が立たない。

  5. 偽君子 より:

    >意味のない造語

    「花アン」担当の梶浦由記さんがしょっちゅうやってますね。しかし、他日この人も朝ドラで取り上げられるんでしょうか・・・。

  6. 丹善人 より:

    世間知らずの裕一君に対して、契約にはかなり厳しい目を持つ
    音ちゃんの存在は得がたい物です。裕一君だけならあっさりと
    いくつもの詐欺に出会って借金まみれになっていそうですが。

    裕一君にとって、自分には音さんがいなければやっていけないという
    自覚があり、音ちゃんには自分がしっかりと後方支援をしていかないと、
    この夫はつぶれてしまうという認識があって、この関係が一生
    続いたのでしょうね。

  7. たいとうみほ より:

    我ら山形人にとって「ちょいちょい」は花笠音頭の掛け声です。神輿担ぎの「ソイヤ」みたいなもんで。意味のない音声の羅列、というのは阿久悠氏が得意とした手法と聞きました。

  8. 丹善人 より:

    木枯くんの出身地福岡県大川市では、唯一の出身有名人だとか。
    「のだめカンタービレ」の主人公のだめの出身地と言うことに
    なっていて、そこで古賀政男先生以来だと言われていました。

    意味不明なかけ声が入っている歌は昔はけっこうありましたね。
    「じんじろげ」とか「ちょんこ節」とか。
    まあ現代の曲でも、一度聞いただけでは何を言ってるのか
    わからない歌も多いですが。

    裕一も木枯くんも、後にヒットしたから有名になったけれど、
    曲が採用されずに消えていった人たちも、けっこういたのでしょうね。

    プリンスさん、聞き惚れてしまいますね。さすがはです。
    相手の人も相当にお上手ですし。

  9. 魁光 より:

    そして初登場の千鶴子さんですが、ガラスの仮面の姫川亜弓タイプです。
    このタイプのキャラクター大好きです(笑)
    ツンツンしていますが、考え方は音ちゃんと変わらないので敵対関係には絶対ならないでしょう。
    恐らく理解者かつ良きライバルポジションになるでしょう。
    一つ大きな気掛かりなのは千鶴子さんのモデルが関屋節子さん。悲劇的な最期を迎えるようです。
    一体どうなるんでしょうか?

  10. つい しょうこ より:

    「返せとはどこにも書いとらんでしょ、だいじょうーぶ!」
    そう、契約書、約款を侮ってはいけません。
    さすがお父さん亡き後、3姉妹で家業の危機を救っただけのことはある。

    「木枯さんも頑張ってくださいね。」
    「本当にいるんだぁ・・・出来た嫁さん。」
    音のエールは裕一君より先に木枯君に響いてしまった?

  11. よるは去った より:

    正人「実在するんだな・・・・・・出来た嫁さん・・・・・。」

     数十年後かな?
     この人が「♪うちの女房にゃヒゲがある~。」なんて作曲するのは。

  12. 魁光 より:

    役名が謎の男→プリンス…。
    彼は一体どこの久志なんでしょうか(笑)
    この役名クレジットは音視点ですね。

  13. オペラ座の怪人 より:

    裕一と木枯君、
    音と「なんとか」ちゃん、
    それぞれ、ライバル登場ですなあ。

    木枯君に、レコーディングで先を越されて、
    焦る裕一、
    焦るな、裕一。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  14. よるは去った より:

    裕一「売れる前に・・・・・・返せて言われたらどうしよう・・・・・・。」
    音「返すなんて書いてないでしょう。大丈夫・・・・・・。」

     この夫婦のスタイルが出来上がってしまっているというか・・・・・・・・。