専属契約が決まった理由 / エール 第35回

2020年5月15日(金)第7週「夢の新婚生活」

あらすじ

自分のコロンブスレコードとの専属契約が小山田耕三の推薦によるものという事実を裕一は知りました。そんな中、裕一はサロンで遭遇した小山田に声をかけるものの、小山田は裕一が一曲も採用されていないことを暗になじりました。

自分を推薦してくれた小山田の顔をつぶさないようにと裕一は作曲に没頭しはじめました。しかし焦るばかりで作曲は思うように進みません。同じころ、音は音楽学校の記念公演のオペラ『椿姫』のプリマドンナ役に挑戦することにしました。

『椿姫』のプリマドンナ選考会当日。音が家を出ようとしたそのとき、根を詰めて作曲を続けていた裕一が倒れてしまいました。裕一が倒れたのは心労によるものでした。床に伏せる裕一は、音に選考会に行くように言いました。

そして始まった『椿姫』のプリマドンナを選ぶ選考会。一次審査の合格者に音は選ばれました。しかし音の気持ちは晴れませんでした。裕一のことが心配だったのです。その数日後、学生服に身を包んだ男子学生の集団が古山家に乗り込んでくるのでした。

<<前回34回 | 次回36回>>

第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

予習レビュー

主役の裕一くんと、志村けんさん演じる重鎮作曲家・小山田耕三が対面する記念すべき場面がついに登場します。

裕一くんは、自分の専属契約が小山田先生の推薦によることを知りました。

そんな中で裕一くんは小山田先生に遭遇。本人に話しかける機会を得ます。そんな体験をしたら、恩人のためにもいい仕事をしなければと必死になるのは自然の感情です。

しかし裕一くんは必死になりすぎました。

そして必死になりすぎた挙句のはてに過労で倒れてしまうのだとか。しかも、裕一くんが過労で倒れたのはよりによって音ちゃんがオペラの主役選考会に挑む日です。

そんなトラブルが発生したところで今週は終了です。

自分の専属契約の秘密を知ったことで曲が採用されないことにますます焦りを募らせる裕一くん。

一方、学校の記念公演とはいえオペラの主役の座に挑むそのときにトラブルに見舞われてしまった音ちゃん。

回収は次週以降です。

感想

小山田先生のこれまで以上の威圧感

今回もまた志村けんさん演じる小山田先生の威圧感が強烈です。今回はしっかりとセリフがあったので、これまで以上の威圧感を醸し出していました。

そして、小山田先生が裕一くんのことをコロンブスレコードに推薦した理由が見えてきたような気がします。

小山田先生は裕一くんの才能を理解していることだけは確かなようです。

しかし、裕一くんの才能を買ってコロンブスレコードに推薦したのではなく、裕一くんの才能を消耗させるためにコロンブスレコードに推薦したのでしょう。

小山田先生は言いました。

君は赤レーベルで良い曲をつくらなければいけない、と。

この言葉は言い換えると次のようになるのでしょう。君は西洋音楽にたずさわってはいけない。流行歌にだけ専念していればいいのだと。

小山田先生は自分のジャンルから裕一くんを排除するつもりであることを、はじめてほのめかしました。

そして裕一くんはさらに追い詰められることに…

さて、追い詰められた裕一くんのことを聞いた久志くんが、裕一くんのために行動を起こしてくれました。

その直後に学生服の集団が捜査中の官憲みたいんば勢いで小山家に乗り込んで来る。ちょっと怖いけれどちょっと笑える場面で一週間が終了。

今週も当ブログにお付き合いいただきありがとうございました。

ようやく多くの県で緊急事態宣言が解除されました。ブログ主の住んでいるエリアはまだですが。

新緑が美しい季節。十分に気をつけながら、良い週末をお過ごしください。

コメントへの返信 by 朝蔵

久志「僕の目は正しかった・・・・・・・。」(よるは去ったさん:34回)
リトル久志くんの目はたしかに正しかったですね。その正しい目が今もなお健在であるのなら、裕一くんは希望がありますね。

久志くん、裕一くんは間違いなく売れるみたいなことを言ってましたから。

と同時に、久志くんの正しい目は、音ちゃんの才能をどれくらい評価しているのかも気になります。

台詞無しで「偉大なる存在感」を見せる。志村けんさんの貴重な映像の一つ(よるは去ったさん:回)
音ちゃんが小山田先生と対面した直後。そして裕一くんが小山田先生の姿を初めて目撃した場面。

両方とも志村けんさんのセリフはまったくありませんでしたが、志村けんさんがただそこにいるだけで、他の役者さんが目に入ってこなくなるほどの存在感。

日本は大切な宝を失ったのだと改めて思いました。

マッサンと同じ落とし穴に嵌ったんですね裕一君(たいとうみほさん:34回)
おっしゃる通り『マッサン』のときと同じパターンですね。なまじ「本場」を知っているばかりに「本場」にこだわって目の前の人の気持ちが見えなくなっているあたり。

ただし、裕一くんは留学しなかったので海外の経験がないところが救いになるのかもしれません。

小山田先生ってのはほんと、どういう積もりで裕一を推薦したのかしら?(オペラ座の怪人さん:34回)
小山田先生は、裕一くんの曲を聴いたこともなければ、裕一くんのことを応援しているように見えない。

それどころか、裕一くんを罠にかけようとすら見えます。見るからに腹黒そうな小山田先生の狙いが明かされる日が怖いです。

赤レーベルは居酒屋のおじさんに聴かせる曲なんです(よるは去ったさん:34回)
廿日市さん、赤レーベルのポジションについて実にわかりやすい説明をしてくれましたね。

これまで裕一くんの曲を却下しつづけてきた廿日市さん。裕一くんの曲のどこが問題なのかを裕一くん本人に告げる場面はありませんでした。

廿日市さんが音ちゃんに言った言葉。あれをそのまま裕一くんに伝えれば、裕一くんも自分の行き詰まりの原因がわかるのでは?と思いました。

頭の回転を活かして契約金をキープ(魁光さん:34回)
音ちゃんは凄腕マネージャですね。音ちゃんがいれば裕一くんは作曲に専念できます。

『まれ』のヒロインのシェフが、誰か店の経営をやってくれ。自分はお菓子作りに専念したいと嘆く場面がありましたが、シェフにも音ちゃんみたいな存在がいたら、シェフはどれだけ助かったかと、ふとそんなことを考えました。

吟ちゃんは軍人の鏑木さんと交際していますが、今後戦争という波に翻弄される展開は避けられそうにありません(魁光さん:9週)
吟ちゃんの婚約者が軍人さんなのは、関内家が陸軍と取引をしているのでそのルートから縁談が来た、くらいにしか想像していませんでした。

吟ちゃんの婚約者を軍人にした作劇上の深い理由があるかもしれませんね。

さすがに似たような曲を作るのは難しいかも(丹善人さん:34回)
音楽をドラマ用に「創作」しても、まったく異なる印象を与えかねないですからね。

「今のお金で、さ・三十万円」って驚いた様子のナレーション(丹善人さん:34回)
ハイスペックなパソコンなら、今でも60万円くらいするものがありますからね。お金持ちの殿方の趣味の一つの一眼レフカメラも40〜50万円するものがザラにあります。

裕一と同級生久志、幼なじみ鉄男、そして木枯(アーモンドさん:33回)
才能を天から与えられた人というのは、若い頃から一箇所に集まるもののようですね。『なつぞら』のときもそうでした。

そしてブログ主には残念ながらそのようなことはまったくありませんでした。(苦笑)

音ちゃんがカフェで働くの?(ゆきこさん:9週)
音ちゃんが道を誤らないよう、裕一くんは鉄男くんをカフェーに潜入させて監視してもらうのだそうです。

裕一くん、脇が甘いように見えて実は抜け目ないですね。(笑)

バンブーのマスターと恵(tomさん:12週)
マスターと恵は、裕一くんたちの子供時代のことをまったく知りません。

なので、裕一くんと久志くんが再会を喜び合う姿を見ても、それが何を意味するのかさっぱり???だったと思いますよ。

チビ久志君がチビ裕一君に「調子に乗ると人の反感を買うから気をつけろ」(たいとうみほさん:34回)
今にして思えば、気配を感じさせずに姿を現し気配を感じさせずに姿を消すチビ久志くんは、裕一くんの将来を予言する妖精のようですね。

裕一は、小山田にとっては出る杭なので、打って潰そうとするんですかね(アーモンドさん:34回)
出る杭は打たれるが出過ぎた杭は打たれない、とも言う人もいますので、打たれる前に裕一くんには出過ぎて欲しいですね。

<<前回34回 | 次回36回>>

第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名乗る程のものではございません より:

    『スカーレット』の泥沼離婚劇や『マッサン』の養女の件等、朝ドラは「朝から見たくない」史実を脚色し回避していることが多いからこそ、小山田さんを史実にない悪役としてなぜ描いているのかという疑問がありますね。確かにリアル小山田さんはリアル裕一くんをレコード会社に推薦していますがレーベル指定までは指図しておらず、赤レーベルに行かれたのはリアル裕一くんの「経済的理由」があったからです。リアル小山田さん自身、お金に執着が強いや女性関係にだらしなかったというのは間違いないようですが、リアル裕一くんに何らかの邪魔をした史実が見当たらないのです。『おしん』佐賀の義母、『あまちゃん』荒巻さん、『ごちそうさん』和江さんのように「根っからの悪人ではない」という落としどころがこの先あるのでしょうか?ただ、志村さんの出演シーンのストックはかなり少ないのでは・・・。

  2. 魁光 より:

    半分、青いの清ちゃん役で出演していた古畑星夏さんの公式Twitterでエールの公式Twitterアカウントをフォローしていました。
    出演の可能性ありかなと。
    出るとしたら裕一くんと音ちゃんの娘、華ちゃんの大人になった役として出演もあり得ます。
    もしそうなったら二階堂さんと1歳しか違いませんが(笑)

  3. boxster981 より:

    週間サマリー今週のテーマは新キャラとの出会い(再会)。
    調理で例えれば仕込みと下ごしらえの週。
    袋小路で曲が作れない裕一、21曲連続不採用に。契約金は前払い金で売れないと返済の不安。
    入学した音はプリンスと千鶴子の模範授業。小南満由子の押出しと鷹ノ塚創立記念公演の頭出し。
    木枯は先に初レコード。2人でカフェーで社会勉強、名曲「影を慕いて」弾き語り。
    女給の口紅で夫婦げんか、再会したプリンスに仲介され仲直り。
    裕一はさらに半年経っても曲不採用。音の機転で来期減額を切り抜けるものの続く産みの苦しみ。
    一方音は裕一の急病で選考会遅刻。千鶴子とプリンスが助け船出して一次10人に残る。
    来週はいよいよ早稲田応援歌、「紺碧の空」。袋小路抜け碧空に解き放たれるか。
    今週の圧巻は小南満由子(千鶴子)の歌唱。でも音も本編で艶のある歌声だった。

  4. boxster981 より:

    今回も一気見。随所に今後のための伏線が張られる週か?要素がやたらに多い。
    そしていよいよこの音楽ドラマの本領発揮か?ライバルの登場や旧友との再会あり。
    バックに流れる音楽の振れ幅大、オペラから「影を慕いて」まで楽しめる。
    新生活の出始めは八丁味噌攻撃。音の学校までまだ半年ある。
    そして主人公に試練が…。
    半年間、没、没、没…21曲。連続不採用。契約金は印税前払い、没収?。これも伏線か?
    音、初登校。ライバル&プリンス登場のオペラ実習授業。千鶴子の歌唱力に圧倒される。
    役、小南満由子、東京音大卒業の在学中にコゼット役を射止めたミュージカルの超新星。凄いですね。
    でも千鶴子には闇がありそう。リアル千鶴子さんもドラマのような波瀾の人生なんですね。

    裕一はライバル古賀らしぃに先を越される。
    古賀らしぃ初レコード成るも自信曲がB面に、そのバックに低く流れる「影を慕いて」。実話。
    カフェーで取材する裕一と古賀らしぃ、ここにも伏線潜む。
    女給の香水と口紅に怒る音。音ってこんなにキャラの振れ幅大きいんだ、なかなか他の女優さんでは難しい。ネットでこの演技に批判もあったけれどこれは演出ですね。
    裕一バンブーで久志ぃぶりにプリンス佐藤と再会。その前の音とプリンスのアテレコ風演出が面白い。
    それから半年間裕一の道は閉ざされ来期の契約料は半減の宣告。家で待ってた蓄音機も伏線か?
    音は早速直談判の実力行使、小山田を引合いに契約金維持に成功。でも返還の念押しあり。
    裕一も後日小山田に会う。在りし日の志村さんの新境地だが裕一の濃厚接触も気になった。

    一方の音椿姫のプリマドンナに応募、千鶴子に宣戦布告。
    選考会当日裕一倒れ、遅刻して登場するも千鶴子とプリンスが助ける。で無事一次10人に合格。
    袋小路の裕一には早稲田応援団が集団で来訪、プリンスの助け舟か?(来週中に続く)
    要素を削り取るのに疲れました。(笑)

  5. まーちゃん より:

    「志村けんさん代役、沢田研二さん」という朝刊記事に「エール」では代役は立てないという事ではなかったのか?と驚いたのですが、山田洋次監督で撮入する映画「キネマの神様」の話でした^^;それにしても沢田さんも長らく映像の世界からは遠ざかっていたのに突然のカムバックですね(ビックリ!)

    「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」とコメントを出されています(キッパリ!)
    もちろん志村けんさんの主演で観たかった(涙)…という気持ちはありますが、志村さんも先に旅立った樹木希林さんも天国から「エール」を送っていることでしょう!!『ジュリー~~』

  6. たいとうみほ より:

    結果だけが欲しい人はどんな手を使ってもライバルを土俵から締め出しますが、本当に自分の実力に自信のある人は、後になって「あの人がいたら勝ち目なかったかもね」と言われるのがものすごく嫌でしょう。競馬の世界の話ですが「あの馬が怪我しないでダービーに出てたら絶対勝ってたよね」という類の話はザラです。ちゃんと同じ土俵に立った上で自分の実力を知らしめたい。千鶴子さんの声楽家としてのプライドが見えました。同じ土俵に裕一君を立たせない?小山田先生とは正反対かも。

  7. アーモンド より:

    裕一は、どもっていますね。昔「オールスター家族対抗歌合戦」で、古関氏が審査員長で、少しどもりながら話していたと思います。

  8. アーモンド より:

    あっ、小山田は「こやまだ」ではなく、
    「おやまだ」と読むんでしたかね。

  9. アーモンド より:

    音は、裕一の看病のため、選考会に遅刻し、失格となりかけましたが、ライバルの千鶴子や久志の機転により、選考会に参加でき、合格しましたね。ライバルをピンチに陥れるどころか助けました。小山田が裕一を陥れようとするのとえらい違いですね。

  10. つい しょうこ より:

    いかにもオブザーバーっぽいプリンスとエントリーする側のはずの千鶴子さんが、審査員の先生方より発言力がある!
    J.B.ショーの「出来る奴はやる、出来ないやつは教える」という言葉を思い出しました。
    恐るべし、音楽学校の実力主義!

  11. おたかちゃん より:

    ついに6月末から朝ドラの放送中断が発表されてしまいましたね。終了を延ばして全編放送するのか、それとも短縮してしまうのか?1日2話放送では撮影が大変ですよね。いいドラマだけに、今後が心配です。

  12. ともあき より:

    ご無沙汰しております、いつも楽しく拝見しております。
    世間がテレワークの中、自分は毎朝自転車で通勤しております。
    しんどい世の中ですがエールにエールを毎日貰っております。
    そんな中、今夏の第102回全国高校野球選手権大会が中止になるかもしれないと聞きました。
    がっくりして、朝蔵さんや皆さんにこちらで真情を吐露せずにいられませんでした。。
    エールを見た後に聞く直後のサイレン、そして『栄冠は君に輝く』はどんな音色だったのでしょう。
    この歌は本当に素晴らしい名曲です。
    球児の為にその立場に立って作曲を出来るようになる裕一くんの過程を楽しみに、せめてエールだけは放送延期になりませんように。

  13. あさのあさみ より:

    プリンス久志くんの「まかせてくれ」は三郎パパの「まかせてくれ」とは違って有言実行、スピード感あり、適格性あり、さすがです。

    それにしても、ちび裕一くんは作曲して注目され、ちび鉄男くんはこっそり和歌などを読んでいたのに、ちび久志くんの歌っている場面はみたことがありません。
    これからでも、ちび久志くんの回想?シーンを作ってほしいです。

  14. ずんこ より:

    小山田先生の、凄まじい存在感に圧倒されました。
    決して強い言葉を使うわけでも荒ぶるわけでもなく、ただアイスクリームを美味しそうに食べているだけで周囲を威圧してしまう、志村さんってすごいですね。
    改めて惜しい役者さんを無くしたと思います。ご冥福をお祈りいたします。

    「何かを手に入れたいと思ったら、何かを捨てなければならない。」
    裕一くんは、西洋音楽と居酒屋のおじさんが好む音楽と、二つともに手に入れようとして、それで苦しんでいるのですね。
    コンクールで賞を取ったことが、かえって足かせになっているようです。
    ちょうど新人賞を取ったことがずっと足かせになっていた、八さんのように。
    八さんは、それを自覚した。
    裕一くんは、気づいていない。
    八さんの大皿を割った武志くんの役目を果たしてくれるのは、いったい誰なのでしょうね。

    何かを捨てるときには、痛みが伴います。
    でもその痛みを乗り越えた時、新しい世界が広がる。
    身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ。

  15. アーモンド より:

    以前裕一が勤めていた銀行は、上司も先輩も良い人たちばかりでしたが、コロンブスレコードは、なんと厳しい職場でしょうか。廿日市も小山田も今の時代だと、パワハラですよね。でもその厳しい試練を乗り越えてこそ、良い将来が開けるんですね。

  16. ふーさん より:

    小山田先生は初登場の際に「果たして本物がまがいものか」って言っているので、試金石として赤レーベルに入れたんじゃないですかね。交響曲を志向していても、大衆音楽も作れる才能なのか、たまたま入選しただけなのか。見極めようとしているとかじゃないでしょうか。赤レーベルの試練も乗り越えられないなら偽物の才能でしかなかったと。

  17. アーモンド より:

    小山田と裕一が居るところで、誰かが「古山だ!(小山田)」とか叫んだら、どちらも振り向くでしょうね。

  18. 丹善人 より:

    小山田先生の思惑が見え隠れします。
    西洋音楽をやっていた者が流行歌など作れるはずがない。
    自分の牙城を脅かしそうな人材を畑違いの場所に放り込んで
    今の間に潰してしまおうと。他所の会社に行かれたら
    そこで才能を開花させてしまうので、自分の会社で
    飼い殺ししようという。
    それは裕一の才能を間違いなく認めているからこその
    脅威なんでしょう。

    大先生とあがめていた人物が、実はクズだったという話は
    よくあることらしい。後年、古関裕而は山田耕筰を嫌って
    いたらしいですが。

    来週は早稲田の応援歌の話で一週間やるようです。
    東京六大学野球に興味もなく、早稲田の応援歌も
    聞いたことが無い関西人には退屈な週になるかも。
    まあ、音ちゃんの話もありますが。

  19. ちーぼー より:

    裕一くんを診ていたお医者さんが、『ひよっこ』澄子の転職先の社長さん(石鹸工場)でした、よね?
    夕方の『ひよっこ』を大変楽しく見ています。『ひよっこ』の1.5~2話分を『エール』では1話にまとめているような感じで、どんどん進んでしまって残念な気持ちがします。実家のお店のその後もこれから出てくるでしょうが、サッと終わってしまうのかな。

  20. よしけん より:

    体格の良い学生服の集団。
    詰襟の学生服は、軍服を模した作られた物。
    古山裕一・音夫婦は、もしかして、突然押しかけたのは軍人の集団かと勘違いして、驚いたのでは?

    しかも、本日5月15日は、五・一五事件〔1932(昭和7)年5月15日〕が起こった日。
    古山邸に次々に上がり込んで来た学生たちは、海軍の青年将校の突入を連想させました。
    本日の放送の最後に、早稲田大学の応援部と名乗ったけれど、まだ心臓の動悸は収まらない。

    この日の放送は、偶然? それともわざと?

    来週はいよいよ、母校の『紺碧の空』の誕生。
    大好きな母校ので大好きな応援歌なので、物凄く楽しみです!

    朝蔵さま、
    去年の『なつぞら』以来、久々の書き込みです。
    また、よろしくお願いします。
    (元)早稲田健児です。

  21. オペラ座の怪人 より:

    志村けんさん演じる小山田先生ってのは
    気さくなわけでもなく、
    おごり高ぶっているわけでもなく、
    ほんと、何を考えているのかしら?

    裕一も、専属作曲家になってから1年以上、
    鳴かず飛ばずだったのかしら?

    史実をウィキペディアで調べたくなるけど、
    我慢、我慢。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    芸大のマドンナは、1次試験、通過したのかしら?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    芸大のヒーローが早稲田の応援団を派遣したのかしら?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    さっぱり分からない金曜日でした。

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    まあ、強いて言えば、喫茶店主の野間口さん夫婦は良い人たちだ。

    おしまい

  22. よるは去った より:

    久志「あいつも袋小路に・・・・・・・。」

    隆「古山先生はおりんしゃっとでしょうか・・・・・?」

     彼らの足音は裕一君の迷っている袋小路にを蹴破る音・・・・・に聞こえたような気がしました。

  23. 魁光 より:

    やはり千鶴子さんは味方でした。
    レミゼコンビが音ちゃんを助けてくれましたね(笑)

  24. 魁光 より:

    裕一くん、完全にドツボに嵌ってしまいました。
    根詰め過ぎて方向性が完全に変になって遂にダウンしてしまいましたね。
    来週からは一気にスポ根週になりそうですね(笑)

  25. よるは去った より:

    耕三「赤レーベルではどんな曲を出したのかね・・・・・・・?」
     作曲家として西洋のクラシックの枠だけでの考えを乗り越えよというアドバイスでしょうけどね。