裕一、久志、鉄男が再会 / エール 第41回

2020年5月25日(月)第9週「東京恋物語」

あらすじ

早稲田大学の応援歌『紺碧の空』の作曲を通して作曲家としての自信を取り戻すことができた裕一は、鉄男を福島から呼び寄せました。裕一は久志も呼び出し、小学校時代の同級生の三人は久しぶりに再会しました。

三人が集まったところで裕一は久志と鉄男に提案しました。自分が作曲して久志が歌う。その歌の詞を鉄男に書いてほしいと。しかし久志は新聞社を辞めるつもりはありませんでした。そして裕一の提案を断りました。

そんな中、裕一は廿日市から地方小唄の作曲をしないかとチャンスをもらいました。その日の夜、裕一は木枯にカフェーに誘われました。そしてカフェーに新しく入店した女給・希穂子と出会いました。

一方、音が通っている音楽学校では記念講演の審査員として双浦環が招かれることになりました。ほどなくして主役を決めるための二次審査が開始。最終選考には、音と千鶴子の二人が残るものの、音は環から最終選考で選ばれるのは難しいと言われるのでした。

<<前回40回 | 次回42回>>

第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

復習レビュー:コメントへの返信 by 朝蔵

福島三羽ガラスが売れていく為のチャンスを掴む順番(魁光さん:41回)
裕一くん、大将、プリンス。数年ぶりの三者の再会場面。本当にそのような順番で会話が進んでましたね。

辛抱強く見守ってくれる廿日市さん(魁光さん:41回)
なんだかんだ言って廿日市さんはしっかりと裕一くんを励ましてくれます。理想の上司ではないですが、普通の良い上司ですね。

「すぐ調子に乗るところ。あの人にそっくりなんだから」(魁光さん:41回)
まささんの息子へのこのツッコミ。吹きました。(笑)

吟ちゃん役の松井玲奈さんは『劇場版・仮面ライダービルド』に敵役(知らんけどさん:41回)
ヒロインでなく敵役ですか!いかにも吟ちゃんらしいです。

朝ドラには珍しく複数のエピソードを交互に同時進行させるという技を使ってます(還暦のたつおさん:41回)
加えて時間軸を逆転させるなどして感動を際出せる演出も巧みですね。時間軸を逆転;商業学校を卒業間際の裕一くんが指揮をする場面がその例です。

予習レビュー

今週のもともとのサブタイトルは「福島行進曲」でしたが「東京恋物語」というチャーミングなサブタイトルに変更されました。

新しくなった「東京恋物語」の恋の主人公は鉄男くんです。

というわけで今週の主人公は鉄男くん。そして鉄男くんの切ない恋物語が、音ちゃんの記念講演の歌声に影響を与える、というのが今週のざっくりとした流れです。

そんな一週間。早くも鉄男くんの上京。音ちゃんと双浦環の再会という、今週のメインのエピソードが描かれる準備が整いました。

ところで、もともとのサブタイトルである「福島行進曲」は、リアル裕一くんが作曲しリアル鉄男くんが作詞した実在する『福島行進曲』に由来するものと思われます。

リアル裕一くんは『福島行進曲』がデビュー曲ですが、ドラマの中の裕一くんもついにレコードデビューを果たすようです。

また、福島で新聞記者をしている鉄男くんも、少年時代の夢であった詩人になるという望みを手に入れます。

感想

「東京恋物語」を物語るのに必要な要素

今週のサブタイトルである「東京恋物語」を物語るのに必要な要素が今回の中ですべて揃いました。

まずは東京に呼び出された大将。

自信を取り戻したことが裕一くんが、浮かれた気分の中でほとんど思いつきのように鉄男くんを福島から東京までわざわざ呼び出しことが心配でした。

しかし大将が裕一くんの誘いに応じて東京に来たのには別の理由もあるのだとか。

今回の中では、大将の東京での別の用事については、大将は言葉を濁しました。言葉を濁すところにワケあり感がいっぱい。

そんなワケあり感がいっぱいの中、裕一くんは木枯くんに誘われてカフェーへ。

そして、カフェーの新入りの女給さん・希穂子ちゃんと出会いました。その希穂子ちゃんは、裕一くんの福島弁に反応。

福島弁に反応を示した希穂子ちゃんの態度にもワケあり感がいっぱい。

一方の音ちゃん。最終選考に進むことができたのものの、最終選考で選ばれることはないだろうと双浦環からキッパリと言い切られる。

最終選考に残ることは無理とまで言われた音ちゃんに足りないもの。それが、上に述べた2つのワケあり感によって補われる恋物語の週がはじまりました。

コメントへの返信 by 朝蔵

複雑な気持ちが小山田先生の中で混在(よるは去ったさん:40回)
小山田先生の複雑な気持ちが「もういい!」という言葉に凝縮されていた。そんな感想をブログ主は持ちました。

木枯君は本当にいい人だ(オペラ座の怪人さん:40回)
木枯くん、何を考えているのかよくわからないところがありますが、裕一くんのことをしっかりと観察していたんですね。その観察眼が、人の心を癒す曲を創り出すんでしょうね。

小山田先生がここまで感情を出すのは今までで初めてでしたね(魁光さん:40回)
おっしゃるとおりですね。自分のポジションをおびやかす者になるかもしれない。そんな怖れを感じたのでしょうか。

早稲田の応援団員の皆さんは今後戦争で動員される可能性も(魁光さん:40回)
そんな悲しい展開の中で、応援団の愉快な面々の良き時代が回収されることは十分に考えられます。戦後の復興の中で裕一くんが田中くんたちと再会できますように。

ライバルというより良き同期の桜(よるは去ったさん:40回)
木枯くんが意外にも心優しい青年でしたね。裕一くんのことを心配していたなんて、グッときました。ブログ主の中で木枯くんの高感度が急上昇しました。

「力任せのバカ」的に描かれるのは『天才バカボン』の風評被害ですよね(名乗る程のものではございませんさん:39回)
引用させてもらった部分を読んで吹きました。ブログ主も『天才バカボン』の影響で、子供のころは早稲田大学はそういう大学だと思い込んでいました。

青春は、全て素晴らしい!(よしけんさん:40回)
すべての青春に対する応援歌のようなコメントをありがとうございます。何度も拝読し、その度に心が震えました。

大学職員さん、たんなる端役じゃなくて今後の裕一君と小山田先生の間に亀裂を引き起こすためのキーパーソン(たいとうみほさん:40回)
この推測はするどいですね。

リアル裕一くんの応援歌がリアル小山田先生の応援歌を飛び越えて昇格したというエピソードは史実です。

この史実をたくみに使いながら、裕一くんと小山田先生の対立をドラマとして盛り上げるための大学職員。

わずかしか登場しない役なのに、なぜあれほどの役者さんを?と疑問に感じていたので深く肯けるご高察でした。

小山田先生のカップの中には苦々しいブラックコーヒー(名乗る程のものではございませんさん:40回)
ブラックコーヒーは小山田先生が「負ける」ことの暗示、というわけですね。そこまで気がつきませんでした。

映像もしっかり残ってるんですね(丹善人さん:40回)
ブログ主は早慶戦の場面をどのように演出するのかがずっと気になっていました。巨大な野球場を満席にするエキストラを集められるわけもなく・・・

当時の映像を上手に取り込む『フォレスト・ガンプ』式によってうまいこと早慶戦の場面を再現しましたね。

肝胆相照らした団長が特攻機の藻屑となり、自分は足がままならぬ故徴兵されず、絶望に打ちひしがれる中で、団長と目指した甲子園を生きるよすがに(たいとうみほさん:40回)
残念ながら十分に考えられる展開予想ですね。

田中くんと彼が率いる応援団の面々はわずか一週間で強烈な印象を残しました。登場する場面がもっと多かった川俣銀行の面々以上の印象を残しました。後々になって、これは何らかの形で回収するためのもの。

そして、その「何らかの形」とは・・・?

「紺碧」の「碧」が誤字で「壁」(アーモンドさん:40回)
商業学校時代、音楽に夢中になるあまり留年までした裕一くんの学力がどれほどのものかがはっきりとわかってしまいましたね。(笑)

同窓会(アーモンドさん:40回)
大将と久志くんは小学校時代は接点がほとんどありませんでした。家庭の経済事情も正反対でした。そんな二人が大人になってつながるんですね。

慶應応援団の登場…「しょうへい!?」スペイン帰りの小梅さん的に驚きました(笑(tonkoさん:40回)
ブログ主も正平くんが大好きだったので彼と再会できて感激でした。恐竜に夢中になっていた家族思いの好青年の面影はまったくなくなってましたが(笑)

鉄男君登場です(つい しょうこさん:40回)
音楽の道をあきらめていた裕一くんを元の道へと導いたのが鉄男くんこと大将でした。そう考えると彼のポジションはドラマの中で極めて重要ですね。

実際、第1回に登場した主要キャラは主人公夫婦を除くと大将だけでしたから。

「道を誤るの意味とは、道徳とか倫理に反するの意味ではなく、客に惚れるという、玄人の女として道を踏み外してしまったという意味じゃないか」(つい しょうこさん:9週)
塩野七生さんの「ラ・トラヴィアータ」=「道を誤った女」の解釈。興味深く拝見しました。いかにもイタリア人らしい道の誤り方ですね。

この回は、「エール」の中でも神回となりそう(還暦のたつおさん:40回)
『エール』はもともと1回当たりの情報量が多いですが、とりわけこの回は情報量も多く、それに加えて感情を揺さぶる場面でいっぱいでした。忘れられない回の一つになりそうです。

千鶴子に突っ込まれてもあっさり返す音が自信に満ちていますね(アーモンドさん:40回)
大事な練習があるタイミングで学校の授業を休んでも、練習以上のことを成し遂げることができた。そんな満足感が音ちゃんにはあるんでしょうね。

学校名が似ているのに、違う学校ですね(アーモンドさん:40回)
よく似た名前なのにまったく異なる学校。校名を覚えきれません。(苦笑)

立場が逆転(アーモンドさん:41回)
小学校時代は裕一くんが大将を激励。それが逆転して、川俣時代は大将が裕一くんが激励。またまた逆転して裕一くんが大将を激励。激励し合う友情。素敵な関係です。

早慶第二戦目で奇策ホームスチールを成功させた早稲田大の三原選手(名乗る程のものではございませんさん:40回)
『紺碧の空』が初披露された試合にまつわるそんなエピソードがあるんですか!?ドラマの中では描かれませんでしたが『紺碧の空』は奇跡を生み出していたのですね。

小山田に面会に行った時バックに流れた荘厳な交響曲が反逆の詩(史実では大地の反逆)なのでしょうか?(boxster981さん:40回)
この点、詳細は不明ですがクレジットにリアル裕一くんの名前はなかったのでオリジナルの楽曲かと思われます。ちなみに前作『スカーレット』では、リアルヒロインの作品がドラマの中に登場する際にはご本人の名前がクレジットされていました。

驚きの予告編は音の女給姿(boxster981さん:40回)
音ちゃんが女給姿として登場した上に、男を悩殺するような表情を浮かべていましたね。あれには驚きました。

「栄冠は君に輝く」に足を切断した人のエピソード(丹善人さん:40回)
応援団長の親友をわざわざ「足を切断した人」にしたのには、何か深いワケがあるような気がしています。

あえて週題を変えることで、今週は音中心の週になりますよと宣言(丹善人さん:41回)
変更後のサブタイトルにある「恋」は、鉄男くんの物語であることに加えて音ちゃんの物語でもありますね。「恋」を理解しようとする音ちゃんの物語。サブタイトルにはそんな意味も込められているのかもしれません。

「べっぴんさん」でのような毎回の史実解説が楽しみで、前から密かに拝見しておりました。今回も可能であれば史実解説をお願いしたいです(通りすがりのジローさん:40回)
はい。なんとか挑戦してみます。『べっぴんさん』のころとは状況が変わってしまって、今はギリギリの時間の中でこのブログを運営しております。

ホックをきちんと閉めなさい、の合図だったののでしょうか?(アーモンドさん:40回)
音ちゃんの意図はわかりませんが、音ちゃんの服装がいつもきちんとしていることは確かです。外出する際はいつもタイを締めていることにいつも感心しています。

<<前回40回 | 次回42回>>

第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 還暦のたつお より:

    音ちゃんも、裕一も歌と作曲は巧くても、表現すべきテーマを持っていなかった。だから中身のない外側だけの作品しか作れなかった。音ちゃんは環さんの指摘でその事にいち早く気付きますが、裕一は随分長いことかかってしまった。木枯君は、カフェーに出向き、女給さんと酔客との会話に聞き耳を立てて、その中からテーマとして使えそうな会話を耳に止めておいた。そこで裕一よりも早くヒットメーカーになれた。でもこの方法は、ユーミンが、深夜のファミレスに出向き、カップルや女子同士に会話に聞き耳を立てて、曲作りの参考にしたという逸話を思い出します。

  2. 魁光 より:

    まささん「すぐ調子に乗るところ。あの人にそっくりなんだから…」

    裕一「はじめましてぇ〜〜♡」

    うーん。やっぱり福島を離れたとはいえ、裕一を知り尽くした母親だなぁと(笑)

  3. 魁光 より:

    やっぱり廿日市さんは善人だ!間違いないです。
    ただちょっぴり素直じゃなく、ちょっぴり口が悪く、マーケティング能力が極めてないだけでそれを除けば至って善人だ!(一部致命的な欠点がありますが…笑)

    会社に恐らく利益の出ない「紺碧の空」でもしっかりと褒めて、社運を賭けた地方小唄プロジェクトに推薦する。

    小さい成功でも褒めて、モチベーションを上げるいい上司らしさが出てました。

    不良債権といいながら、辛抱強く見守ってくれる廿日市さんに早く裕一は恩返しを果たしてもらいたいですね!

  4. 魁光 より:

    一刻も早く上京するように勧めた向こう見ずの裕一。
    乗っかったと思いきやバンブー夫妻の意見であっという間に自分を翻すよく言えば柔軟な久志。
    タイミングを見てと慎重姿勢を崩さない堅実な鉄男君。

    1回目はただ3人の性格がよく出た場面だなぁと思っただけでしたが、皮肉にも福島三羽ガラスが売れていく為のチャンスを掴む順番にもなってなっていたんですね…。

    三者三様のサクセスストーリーが再開後どうなっていくんでしょうか?

  5. 知らんけど より:

    先日、偽君子さんが季節感に関するコメントなされているのを拝見致しました
    実はこの早慶戦が行われていたのは6月、春の早慶戦です、「早稲田 三原 ホームスチール」等という組み合わせでググれば分かります
    となれば、早稲田応援団長が卒業前最後の早慶戦という設定が辻褄が合わなくなります、早慶戦は秋にも開催されますしこの時代には大学は3月卒業と既になっています
    別にこの件でこのドラマを叩く気はございません、日頃アンチタグで感情的に悪口コメント連投されている方々にとって格好のネタをスルーしたのかなとは思いますがね

  6. おたかちゃん より:

    音の友人役の方って、話題になった「あなたの番です」で、おかしな日本語を話す中国人留学生を演じてた金沢美穂さんでしたね。ほかのコメントで名前を見るまで気が付きませんでした。あの時はクセがありすぎるキャラクターだったので全く違いますね。これから活躍する場面があるのでしょうか?楽しみです。

  7. アーモンド より:

    古関氏の名曲の紹介です
    http://www.i-fukushima.jp/tokushu/archive/2015/23163/#j

  8. アーモンド より:

    裕一は、福島から鉄男をバンブーに呼びだし、指パッチンの合図で久志がかっこつけて入ってくる。
    後日、鉄男が作詞を完成させて、福島3羽烏、イケメン三人組が組んで、福島行進曲をリリースするが、肝いりがなぜ売れなかったのか?最初からうまくいかないものですね。

  9. 還暦のたつお より:

    敢えて毎日書く必要はないけど、やっぱり気になるポイント書いちゃいます。
    1、舞い上がる裕一をクールダウンさせ、鉄男君を思いやる喫茶バンブー保、恵夫妻の見事な対応。
    2、しっかり皮肉を付け加える事を忘れない廿日市の掌返し。
    3、何かというと裕一をカフェに連れていく夜のスナフキン木枯君
           次はちゃんとした事を書こう。 おげんさんを見ながら。

  10. つい しょうこ より:

    双浦環さん、常に洋装かと思っていたら、着物もお召しになるんですね。
    半襟からして赤と黒の市松模様ですよ。並の容姿では着こなせない、凄いコーディネート!

  11. 偽君子 より:

    環さん、なんか鈴鹿ひろ美さんを彷彿させるものが。

  12. よしけん より:

    またしても、『紺碧の空』が出てきて、感激しました。
    でも、これで母校への偏愛は心にしまって、これからは純粋にドラマを楽しませていただきます。

    ただ、これだけは言わせてください。

    早稲田の応援団長の悲しい運命など、今後のストーリー展開を鋭く予想された、
    たいとうみほさん、さすがです。

    雨中での学徒出陣の壮行会の映像、早稲田の学帽(角帽)を被った学生の姿、何度見ても涙が出ます。
    同じ大学に学んだのに、生まれるのが数十年違っただけで…。
    自分もあの中で行進していたかもと思うと、人ごととは思えません。
    あの映像を見るたびに、あの学生の方々が無事に帰国されて、
    戦後の生活を送っていて欲しい、と思います。
    『ラストゲーム 最後の早慶戦』という映画は、辛くて観に行けませんでした。

    私の父はじめ親戚の人は幸い、怪我一つせずに戦地から無事に復員してきましたが、近所に住んでいた方には、夫が戦死された方や、帰って来られたけれど、不自由な身体になっていた方が、実際におられました。

    せめて、ドラマの世界の中だけでも、早稲田の応援部の方々や、その他の登場人物が、無事に戦後を迎えられたことを願っています。

  13. よるは去った より:

     環「最終選考に勝つのは難しいでしょうね・・・・・・。」
     これはひょっとしたら二次選考に出た全員に言いたかった言葉ではなかったかと私的には思えてなりません。

     環「歌っている時に何を考えていましたか・・・・・?」の問いに対して「役の性根」について触れている人は誰もいなかったですからね。

     「椿姫(ヴィオレッタ)」に一番近い答えは
    千鶴子「観客に喜んでもらえるようにと・・・・・・。」だったかも知れない。
     ヴィオレッタはまさしく「相手を喜ばせる」仕事の女性なわけだし。
    音「歌って楽しいな・・・・・・。」ぐらいのレベルでは「まだまだ・・・・・・。」なのかもしれませんね。

     「あの場面のヴィオレッタはどんな心情だったか考えているのですか・・・・・・?」
    と双浦環先生としては言いたいのでしょうか。

     音ちゃん、学芸会で「竹取物語」で皆を感動させた時の事を思い出せっと勝手な私的な「エール」を送りたいですね。

  14. 名乗る程のものではございません より:

    今週はカフェのシーンが多くなるみたいですね。カフェのママを演じるのは黒沢あすかさん、映画『火火』で『スカーレット』リアル喜美子さんの弟子役として闘病中の母子を無償の愛で支えています。特にICUにて闘病中のリアル武志くんの為にできることはと独りで長髪をバッサリ切り坊主頭で母子と対面するシーンは印象に残りました。

  15. 丹善人 より:

    どうでもいいことなのですが、木枯君が歌を口ずさむとき、
    時々音が外れるのが気になるところ。役柄として歌手ではなく
    いち作曲家と言うことでいいのかもしれませんが。
    本職としての野田さんとしてはどうなんだろう。

    それに比べて音楽学校でのオーディション。本物の歌手を
    そろえたんでしょうね。

  16. 丹善人 より:

    匂わせ感満載の月曜日。
    先のあらすじを知らなかったら、あの新入り女給さんが
    どういうようにからむのかとか、双浦さんの言葉の
    意味とか、週題がどういうことなのかとか、謎だらけ。
    一つだけわかるのは、裕一君の未来が見えてきたこと
    だけかも。

  17. 魁光 より:

    お客さんに喜んで貰えるようにと答えた千鶴子さんと歌って楽しいと答えた音ちゃん。
    先週裕一の音楽観でぶつかった壁と全く一緒ですね。
    言葉は悪いですが、音楽を商業として捉えるか自己満足で捉えるか?この問題は完全にはまだ終わっていなかったようです。

  18. 魁光 より:

    成果を上げると途端に媚び出す廿日市さん。
    これ程分かりやすい人間はいないですね(笑)
    ですがこれは現代の成果主義の企業にも通じるところもあって共感しながら見ていました。

  19. オペラ座の怪人 より:

    今日、最初の方の、
    出演者の名前を見て、
    初めて気が付きましたが、
    音の学友の1人が金沢美穂ちゃんですなあ

    金沢美穂ちゃんは、昔の映画「容疑者Xの献身」で
    キーパーソンの美里ちゃん役でした。
    今、画面で見ても、どれだか、誰だか、
    ちっと、分かりまへんが。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    さて、今日の最後、環さんの、
    「最終選考で勝つのは難しいでしょうね」
    客観的事実を言ったのみなのか?
    それとも、音に対する激励なのか?

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    おしまい

  20. 丹善人 より:

    今週の週題が「福島行進曲」から「東京ラブストーリー」に替わったとか。
    基本的に裕一中心の話と音中心の話を交替でやっていくようなので、
    「福島行進曲」では2週続けて裕一主体の話になりそうなので、
    あえて週題を変えることで、今週は音中心の週になりますよと
    宣言したのかも知れない。

  21. アーモンド より:

    裕一は、福島で鉄男に熱く説得され、上京を決めましたが、立場が逆転して、今度は君の番だよ、と久志と共に鉄男を熱く説得するんですね。

  22. アーモンド より:

    裕一、鉄男、久志、久し振りの同窓会気分ですね。

  23. アーモンド より:

    その他、東京恋物語というタイトルの歌が多数あるようです。しつこくてすみません。

  24. アーモンド より:

    「東京恋物語」、トレンディドラマか映画のタイトルみたいですね。または、デュエットソングにもいいかも。