鉄男の恋人だった希穂子 / エール 第43回

2020年5月27日(水)第9週「東京恋物語」

あらすじ

音楽学校の記念公演で上演する『椿姫』の主人公の気持ちを理解するためには男女の恋愛の機敏を学ぶ必要がある。そう考えた音は、一週間だけカフェーで女給として働き男女の人間模様を観察することにしました。

裕一は音がカフェーで働くことを認めるものの、音のことが心配でなりません。そんな中、古山家を訪れた鉄男に裕一は頭を下げて頼みました。カフェーに客として行って、そこで働く音の様子を見ていてほしいと。

裕一の頼みを聞き入れカた鉄男はカフェーに足を運び、音を指名しました。そして、女給の希穂子の姿を見た鉄男は言葉を失いました。希穂子はかつて鉄男の恋人だったのです。鉄男は希穂子を古山家に連れてきました。

希穂子は音に、鉄男との出会いを語って聞かせました。鉄男と希穂子は福島の料亭で出会い交際を始めました。しかし鉄男が勤める新聞社の社長が、自分の娘と鉄男の縁談を進めていることを知って、希穂子は身を引いていたのです。

<<前回42回 | 次回44回>>

第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

予習レビュー

一週間の折り返し地点で今週のサブタイトルである「東京恋物語」が始まりました。

恋物語の主人公は鉄男くん。そしてカフェーで偶然再会することになった鉄男くんのかつての恋人・希穂子ちゃんです。

今回か次回あたりに鉄男くんと希穂子ちゃんの過去が語られるものと思いますが、少しだけ予備知識をまとめておきます。

希穂子ちゃんはかつて福島のとある料亭で中居として働いていました。

その料亭に鉄男くんは仕事の関係で足を運ぶことが何度かあったのだとか。料亭で客と中居として出会った二人は恋に落ちました。

ところで鉄男くんは務めていた新聞社の社長さんのお気に入りです。

社長さんは自分の娘の婿に、お気に入りの社員である鉄男くんを迎え入れ、将来は新聞社を継がせるつもりでいました。

そのため、社長さんは希穂子ちゃんの「排除」しようと動き出す。

一方の希穂子ちゃんは、鉄男くんの将来のためにも自分が身を引く決意を固め、福島の料亭をやめて東京のカフェーへ。

そんな悲恋を経験した鉄男くんと希穂子ちゃんが再会するところから今週のお題である恋物語が始まります。

感想

大将と希穂子ちゃんの出会いと別れ

ついに、立て続けに上京する大将の行動の理由が、音ちゃんが女給として働き始めたカフェーで登場した新キャラ・希穂子ちゃんの存在とシンクロしました。

そして、大将と希穂子ちゃんが言葉を交わすきっかけになったのは、大将のキレイな魚の食べ方。

このエピソードによって、少年時代の大将が魚の行商を手伝わされていた過去も回収されました。

古山家に連れてこられた希穂子ちゃんは、大将との出会いから別れまでを音ちゃんに説明。

希穂子ちゃんに聞かされた大将との出会いと別れ。これが音ちゃんにとって『椿姫』の世界を理解する助けになるのでしょう。

一方で裕一くんも、大将から希穂子ちゃんとの出会いと別れを聞かされました。

相変わらず曲が採用されない裕一くん。音ちゃんと同様に、大将のエピソードによって人の心の機敏に触れた経験が、音楽に生かされますように。

コメントへの返信 by 朝蔵

環「どこまで役を理解している・・・・・?」(よるは去ったさん:42回)
役を理解しているどころではなく、音ちゃんは役への理解からほど遠いところにいることが判明してしまいましたね。

裕一くんの英国留学が決まった直後。裕一くんの将来のことを思って自ら身を引いた経験がある音ちゃんのことだから、もう少しヴィオレッタへの理解があっても良さそうなものなのにと思ってしまいました。

朝ドラ出演6回目の野間口徹さん(魁光さん:42回)
野間口徹さんは『とと姉ちゃん』では、三郎さん(花山伊佐次)と廿日市さん(赤羽根社長)という面倒臭い人物の間に立たされる困惑キャラの印象が強く残っています。

椿姫のストーリーは鉄男くんと希穂子さんのこの週の行く末を暗示(魁光さん:42回)
今週中は『椿姫』を元歌にしたような展開になりそうですが、いつの日か『椿姫』とはまったく異なるエンディングを迎えてほしいものですね。

音「裕一さん・・・・・・この間またカフェーに行ったでしょ・・・・・だからお願い・・・・・・。」(よるは去ったさん:42回)
裕一くんが断れない理由を持ってくるあたり、さすがの交渉力だなと思いました。あの廿日市さんを攻略するだけのことはあります。(笑)

先週裕一が乗り越えた全く同じ壁を今度は音ちゃんが乗り越える番(魁光さん:42回)
音ちゃんも行き詰まってしまいましたが、音ちゃんと裕一くんの異なるところは、音ちゃんは久志くんや恵さんのアドバイスを素直に受け入れたことです。

裕一くんは、バンブーのマスターの保さんや音ちゃんからアドバイスをもらっても、聞く耳を持ちませんでしたからね。

技術的には問題が少しもない音ちゃんが一皮むけることは、先週の裕一君が一皮むけるのと呼応しますね。(丹善人さん:42回)
裕一くんが自分の殻を破った前週。音ちゃんがこれから殻を破るらしい今週。これら2つの週はセットになっているのかもしれませんね。

角砂糖を放り込む(全部で6個も)音がドレミの音階(よるは去ったさん:42回)
芸が細かい演出でしたね。細部までいちいちこだわり抜く朝ドラの作り手の方々のお仕事。心から尊敬します。

明るく軽い場面と、緊迫した重苦しい場面が両極端で、それが頻繁に切り替わる(偽君子さん:42回)
おっしゃる通り感情の振れ幅が大きいですね。

ブログ主にとって、もっとも感情の振れ幅が大きかったのは、商業学校の卒業を控えた裕一くんが音楽をあきらめる悲劇。その直後の、川俣銀行との面々とのまるでコントみたいなやりとり。このギャップでした。

二階堂ふみさんは、凄い女優ですね。ヒロインなのに、あそこまでの演技をするとは!(よしけんさん:42回)
上に引用させていただいたコメントを拝見して思い出したこと。『なつぞら』のヒロインを演じた広瀬すずちゃんも、本来はコメディも出来てコメディも似合う女優さんです。

でも『なつぞら』の中では、コメディに振り切る場面がほぼ皆無。残念に思ったことを思い出しました。

野間口さんと仲さんが、また、思いっきり、くだらなく演じていて、そのくだらなさが素晴らしかった。(オペラ座の怪人さん:42回)
恵さんが、オックスフォード在籍というまさかの過去に続いて、今度は旅芸人みたいなことをしていた過去を口にしましたね。

どこまで本当なんだかわからない恵さん。恵さんの過去が判明するたびにいちいち動揺する保さん。

野間口さんと仲さんの「くだらなさ」の名演でした(笑)

音の友人役の方(おたかちゃん:41回)
音の友人。役名は「今村和子」。演じた金沢美穂さんのことを調べてみたんですが、すでに数多くの仕事をしている確かなキャリアを持った女優さんなんですね。

「モスラの歌」は上白石姉妹しかないかなと思ってました(文月さん:42回)
ザ・ピーナッツのドラマの中での再現。上白石姉妹ならバッチリですね!この役は誰がいいのかずっと考え続けていましたが、上白石姉妹は思い浮かびませんでした。

映画『舞妓はレディ』はブログ主も観ました。ミュージカル仕立ての作品を経験しているので、もう言うことないですね。

彼女も越えられることで一皮むけるのでしょうか(丹善人さん:42回)
彼女のこの先の展開がまだまだ見えません。重要な役どころなので、もっと人生のドラマがあってもいいのではないかと思うのですが・・・

上白石姉妹は,第7回シンデレラオーディションのGP&審査員特別賞(文月さん:42回)
受賞歴で、歴代の『モスラの歌』の歌い手たちと共通するところがあるので、その点でも上白石姉妹が『モスラの歌』を歌うのはピッタリですね。

増えていく角砂糖のカウント音が、「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ♪」(ひなさん:42回)
本作のテーマである音楽のネタをこんなところにまで突っ込んできて、ものすごいこだわり方ですね。

バンブーって、あんな舞台ありましたっけ?(さやさん:42回)
バンブーはなんでもありの店ですね。恵さんの過去がオックスフォードから旅芸人までなんでもありの人生だったように。

人前でなにかするような人というのは、それだけ期待される(偽君子さん:47回)
人から期待されることは、それが適度な期待であれば大いに励みになりますが、過度な期待はプレッシャーでしかないでしょうね。

まして全国民からの期待を背負うプレッシャーがどれほどのものなのか想像もつきません。

「ちょいちょい」の頃とは違い「スッチョイナ」という歌詞を受け入れている裕一くん(名乗る程のものではございませんさん:42回)
「スッチョイナ」という意味不明の言葉に対して「これなにっ?」という反応をまったく示さなかった祐一くん。成長しましたね。

バンブー夫妻も今後作中ドラマで活躍されるのでしょうか?(あさのあさみさん:42回)
ブログ主もバンブーのお二人にはいつまでも出てほしいです。楽しませてもらいたいです。椿姫劇場を見て、その気持ちがさらに強くなりました。

大将が新聞社からもらう月給で弟さんを中学or実業学校に行かせているのかもしれません(たいとうみほさん:42回)
大将の家庭環境のことまで想像が及びませんでした。いつもながらさすがの鑑賞眼と洞察力ですね!

少女時代は、かぐや姫の主役、女学生のときは、椿姫の主役の座をつかみましたね(アーモンドさん:42回)
亡くなったお父さんからは誰もが主役になれるわけではないと諭され、それを受け入れた音ちゃんでしたが、なんだかんだ言って主役に恵まれる星に生まれたみたいですね。

川俣銀行の鈴木さん(演:松尾諭さん)と結婚できた、ダンスホールの踊り子さんも、玉の輿とまではいかなくても、案外人生の大逆転だったりして(つい しょうこさん:42回)
裕一くんをだましたダンスホールの踊り子。裕一くんの小学校時代の同級生だった女の子も、もっと長い目で物事を考えもっとずる賢く計算すれば、銀行頭取夫人という玉の輿に乗れたはず。惜しいことをしましたね。

フランコ ゼフィレッリ と ソフィア コッポラが舞台演出したものを映画にしたもの(還暦のたつおさん:42回)
そんな『椿姫』があるんですか!?最近、ソフィアコッポラのお父上が娘の名前を付けて販売しているスパークリングを購入したところでした。

三郎パパは性格的に吉平パパに似ていなくもありませんが、立ち位置は全然違いますな(偽君子さん:回)
性格に加えて、『エール』の三郎パパも『花子とアン』の吉平パパも、自分の子供の才能を他の誰よりも信じているというところも共通していますね。

椿姫の内容も彷彿させますね(アーモンドさん:42回)
大将と希穂子の恋物語は史実をモチーフにしたものではなく『椿姫』をモチーフにしたものなんでしょうね。

バンブーの店主夫妻の椿姫の寸劇、久志の解説入り、笑わせてもらいました(アーモンドさん:42回)
『ちりとてちん』のドラマの中での落語の再現の数々を思い出しました。またオペラの劇中寸劇を見せてもらいたいです。もちろんバンブー夫妻によって。

<<前回42回 | 次回44回>>

第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがりでもないもの より:

    希穂子ちゃんと鉄男君、多分結婚するのではないでしょうか。
    鉄男君は新聞社をやめて東京に出てくるとすると、社長もあきらめるでしょうし。

  2. 還暦のたつお より:

     まず、ソフィア コッポラの椿姫ですが、コッポラの「マリーアントワネット」を見て感動したファションブランド バレンティノ の創業者 バレンティノ カラバー二 が コッポラのに椿姫のオペラ化を依頼。2016年に本公演が実現しました。舞台装置を、「ダークナイト」「プレステージ」など クリストファー ノーランの作品を担当したネイサン クロウリーが手掛けていました。日本ではこの舞台を撮影した映画が東京で二週間だけ限定上映されました。アマゾンプライムで以前は見れたようですが、現在は視聴不可になっています。何か視聴する方法をご存じの方がおられたらご教授頂けたら幸いです。
     あと、カフェのママ役の黒沢あすかさんですが、どっかで見た顔だと思ったら園子温監督の「ヒミズ」でヒロインの二階堂ふみを虐待する母親、同じく園子温監督の「冷たい熱帯魚」では、夫役のでんでんさんと組んで連続殺人を犯す極悪夫婦を演じていました。なので朝からこの人の顔を見ると背筋が寒くなります。

  3. 還暦のたつお より:

    すみません、魁光様、今唐突に思い出したのですが、記憶に間違えがなければ、「ゲゲゲの女房」でヒロイン実家の近所の魚屋のおじさんも春海さんだった気がします。間違えていたらごめんなさい。

  4. よるは去った より:

     次々回作で清原果耶ちゃんが演じるヒロインは「気象予報士」の道を行く女性なんですかね。
    「気象予報士」といえば以前の朝ドラ作品の「まんてん」のヒロイン(宮地真緒)は「気象予報士」から更に「宇宙飛行士」の道へ進んでしまう役でしたね。

  5. つい しょうこ より:

    ママ、あの世界を裏も表も知り尽くしているだろうけど、なぜ音ちゃんみたいな娘に、指名があるのか不思議でしょうがないんだろうなぁ。
    木枯君にいじられたり、荒れる大将をなだめたり、大忙しの裕一君に爆笑しました。

  6. 丹善人 より:

    全朝ドラファンの誰からも文句が出ない、来年春に清原果耶ちゃんの登場。
    これだけすべての人に待望されての出演というのはプレッシャーも
    ありそうながら、年齢的にもちょうどいいし、今やらないといつになるか。

    逆に次の杉崎花ちゃんがかすんでしまいそう。彼女に一つも責任はないのに。

  7. 1013 より:

    来年春のヒロイン、清原果耶さんに決まりましたね。
    楽しみな反面、『エール』も『おちょやん』も撮影が止まっている今、少々不安です。

    ・・・それにしても大将、泣き上戸でしたか(笑)

  8. あさのあさみ より:

    えっと、ここに書くのも変なのですが、
    次次期朝ドラのヒロインに清原果耶ちゃんが決まりましたね‼
    全(?)朝ドラファンの予想と期待通りです!
    「エール」が一時休止になるのは耐え難い(涙)のですが、
    次作も次々作も休止することなく、毎日朝ドラが見られる、当たり前の平和な日々が続くことを心より願っています。

  9. 魁光 より:

    来春の朝ドラが清原果耶さんヒロインで決まりましたね!
    いよいよ満を辞してという感じで今から楽しみです!
    ストーリー内容も目を通しましたが、清原さん演じる百音ちゃんに妹がいるとのことでした。
    演じるなら芦田愛菜さんしかいないと思ったのは私だけでしょうか。わ

  10. よるは去った より:

     希穂子ちゃん役の入山法子ちゃんは朝ドラの以前の作品の「ゲゲゲの女房」でヒロイン(松下奈緒)の舅(風間杜夫)に演劇関連で近づきになり、疑惑を招く某劇団の女優役でしたね。
     その女優のモデルは渡辺えりさんとか。

  11. 丹善人 より:

    裕一君の想像の中での、男を手玉に取る音ちゃん。
    いやいや、女優二階堂ふみさんのイメージはむしろ
    こちらなんだけど。

  12. 名乗る程のものではございません より:

    魁光さんへ、春海四方さんが3作連続東京制作朝ドラ出演していたのは存じませんでした。勉強になりました。因みに、大阪制作朝ドラでは宮嶋麻依さんが『カーネーション』『純と愛』『ごちそうさん』『マッサン』『あさが来た』と5作連続で出演されていましたね。あと、東京大阪を分けなければ田中要次さんが『梅ちゃん先生』『純と愛』『あまちゃん』の3作連続が最高だと思います。(間違えているようでしたら誰か訂正願います)

  13. 名乗る程のものではございません より:

    今週の展開を見てからリアル鉄男さん作詞『湯之町エレジー』を聴けば一層赴きが深くなります。鉄男くんにも希穂子さんにも幸あれ。因みに、この曲の作曲ならびにギター演奏はリアル木枯さん。二人は後に力道山映画主題歌『怒涛の男』(唄・美空ひばり)でもタッグを組んでいます。映像では見つけられませんでしたが、この曲が流れるシーンは梶原一騎原作マンガ『男の星座』に描かれています。

  14. 文月 より:

    希穂子役の入山法子さん、代表作は『きみはペット』のリメイク版。
    モモ(志尊淳)と同居するラブコメコミックの実写版でした。
    そのときの主人公・すみれは、恋愛に不器用で繊細な性格のクールビューティーで仕事の出来るキャリアウーマンでした。
    今回も恋に不器用な設定。東京でも鉄男の再度のプロポーズを断るんでしょうか。

    PS:『きみはペッと』初実写化は、小雪主演で、松潤、石原さとみ、鈴木紗理奈などが出ていたもの。

  15. 丹善人 より:

    愛する人のため、愛するが故に何も言わずに身を退く。
    音ちゃんにはとうてい理解できない現実に生きる人を
    身近に見ることで知る、貴重な体験ですね。
    この体験があったからこそ、子育てのために自分の目標を
    いったん置く決心につながるのでしょうか。

    希穂子さん、見るからに控えめそうな印象の人で、
    だからこそ鉄男君が追いかけたくなる。
    これがあの裕一君をいじめていた女性だったら。
    まあ鉄男君が追いかけることはなかったでしょうが。

  16. たいとうみほ より:

    「椿姫」にはオペラ版より前に原作小説があって、実は登場人物の名前も違ったりします。原作の中で、アルマン(オペラ版のアルフレード)の父がマルグリッド(オペラ版のヴィオレッタ)にこんな事を言っています。私はあなたの性根を疑ってはいないが、息子が娼婦に入れ上げているからと言ってあの子の妹の縁談に支障が出ている、世間とはそういうものだ、と。それが、マルグリッドが身を引く決め手になります。一度世間の標準に外れた人物を許すほど世間は甘くはない。そう思い知った事が、希穂子さんが身を引こうとした最大の理由かもしれません。大将にはせめて、そんな世間の偏見を吹き飛ばすほどの男気を見せて欲しいものです。

  17. 魁光 より:

    昨日出演していた春海四方さんは何気に東京局制作の朝ドラの常連ですね!
    半分、青いのクラゲ先生→なつぞらの千遥の義父→エールのカフェーの常連客。
    3年連続はなかなかないですよね!

  18. 魁光 より:

    音ちゃんの女給が「半分、青い」の岐阜犬状態に…。
    あの横柄なお客は現代だったら即刻出禁になりますよね。
    キレた音ちゃんも悪いけど、先に手を出したのはあのお客さんですから…。

  19. よるは去った より:

    正人「彼女なかなかやるね・・・・・・・。」
    裕一「やる・・・・・・・?」
    正人「男を喜ばせるコツを知っている・・・・・。」
    裕一「喜ばせる・・・・・・?」

    この辺のやり取り見てて笑えました。五合

  20. オペラ座の怪人 より:

    今日もまたまた、良く分からない回でした、
    でも、
    バンブーがとっても良いお店ということは、
    良く分かりました。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい

  21. よるは去った より:

    鉄男「あ~俺が馬鹿だった・・・・・・・・。」

    鉄男君がここまで荒れたことなんてあったかな。

    言っているセリフは昨日の回の裕一君とほぼ同じだけど。

  22. 海ブドウ(植田久美子)、 より:

    プライドばかり高くててたれな主人公、鼻につくのはよく解ります。今のところ、私の嫌いなタイプな祐一さん。どこで変身してくれるのでしょう。楽しみにしています