鉄男「福島行進曲」作詞 / エール 第44回

2020年5月28日(木)第9週「東京恋物語」

あらすじ

記念公演の最終選考の日が迫る中、音がすでに結婚していることやカフェーで働いていることを知った千鶴子は、音は強欲だと非難しました。

続けて千鶴子は音に言いました。

全力を尽くして『椿姫』のプリマドンナ役を勝ち取ってみせると。

一方の音は、強欲とまで言われ深く落ち込んでしまいます。

同じ頃、鉄男が『福島行進曲』という詞を書き裕一に披露。その詞に感激した雄一は、自分がこの詞に曲をつけたいと申し出ました。

その一方で鉄男は再びカフェーに足を運び、希穂子に話をしたいと願い出るものの、希穂子は鉄男の言葉に耳を貸そうとはしないのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回43回 | 次回45回>>

第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

予習レビュー

今週の元々のサブタイトルだった「福島行進曲」。リアル裕一くんのレコードデビュー作にしてリアル裕一くんとリアル鉄男くんが初めて組んだ作品が登場します。

ドラマの中で裕一くんがレコードデビューできる日まであと少し。ここまで来るのにいろいろなことがありました。

裕一くんに希望の光が見えてきたその一方で、音ちゃんは千鶴子ちゃんから挑戦状を叩きつけられます。

千鶴子ちゃんは音ちゃんが結婚していることを知らなかったらしいです。

千鶴子ちゃんみたいなストイックな性格だと、きっと様々なことを犠牲にして自分のすべてを音楽に捧げているのでしょう。

だから、結婚もして音楽学校に通ってプリマドンナまで目指す音ちゃんは、千鶴子ちゃんからすれば欲しいものは何でも手に入れようとする強欲な人に見えるのかもしれません。

しかし決して強欲ではない音ちゃんにはこの言葉はあまりにも酷です。

一方の鉄男くん。切ない恋の物語が昨日に引き続き展開します。今週のサブタイトルにもなっている「東京恋物語」。

今週の最後である次回でどのように回収されるのでしょうか。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回43回 | 次回45回>>

第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名乗る程のものではございません より:

    配役発表されていましたね、『福島行進曲』を歌う歌手役は山田麗さん。山田麗さんに関してあまり存じなかったので調べてみました、『山田姉妹』という音大卒双子ソプラノデュオの妹・・・なんですと、二人揃って『ザ・ピーナッツ』として『モスラの唄』を歌うこれ以上の適役はいないのに!

  2. 偽君子 より:

    裕一くんにとっての大久保さんが廿日市さんなら、音さんにとっての大久保さんは千鶴子さんでしょうかね。「なつぞら」で言えば麻子さんあたりか。