鉄男が作詞家目指し上京 / エール 第46回

2020年6月1日(月)第10週「響きあう夢」

あらすじ

裕一の初めてのレコード『福島行進曲』はまったく売れませんでした。そんな中、古山家に鉄男が福島からやってきました。鉄男は勤めていた福島の新聞社を退職。作詞家になることを目指して上京して来たのです。

一方、音楽学校の記念公演で音が主役に選ばれました。主役が決まったことで本格的な稽古が開始。稽古に励む音に対して、双浦環は厳しい言葉を投げかけました。最終選考には選ばれたが、まだまだ技術が足りない。足りない技術を死ぬ気で磨きぬけと。

そんな中、コロンブスレコードに自分を紹介してほしいと鉄男に頼まれ、裕一は鉄男を廿日市に紹介しました。しかし、まったく売れなかった『福島行進曲』の作詞家である鉄男に、廿日市は関心を示しませんでした。

その数日後、裕一は木枯から夕食に誘われました。木枯は、裕一にある人物を紹介するつもりでした。その夕食の席で、木枯は高梨一太郎という人物を裕一を紹介。高梨一太郎は、裕一に会えたことを喜ぶのでした。

<<前回45回 | 次回47回>>

第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

復習レビュー:コメントへの返信 by 朝蔵

『福島行進曲』歌詞はこの解釈かなあ?(知らんけどさん:46回)
解釈難しいですね。同じ行進曲では「恋し福ビル引き眉毛」よりも「恋の丸びるあの窓あたり」の方がイメージが湧きますが、これもやっぱりその場所をよく知っているかどうかも影響があるのかもしれません。

心洗われた千鶴子さんが今度は白い服を着て登場することを祈って(魁光さん:46回)
ニューヨーク留学中に自分の殻を破り帰国して欲しいですね。

新聞記者の経験が活きています(魁光さん:46回)
それまでの仕事の経験をさりげなくセリフの中に忍ばせる脚本。見事です。

そろそろキャストが発表されてもおかしくなさそう(魁光さん:『おかえりモネ』)
ヒロインの相手役はどのような人物になるのか。キャスティング以前に「相手役」の存在が今のところ見えませんね。

オリジナル作品なので見えないところだらけで楽しめそうです。

「エレジー」という今では当たり前のように使われるワードですが日本で初めて使用されたのはこの曲です(知らんけどさん:46回)
近江俊郎さんで記憶に残っているのはパブロンゴールドのテレビコマーシャルです。

裕一くんに作詞者紹介してくれたりと何かと関わってくれますね(知らんけどさん:46回)
木枯くんは一見するとクールなようでいて面倒見のいい実に熱い男です。

トランプはちょっとした遊び心と告白の意味も込めて、女性が男性にハートのエースを投げ渡したのかも(たいとうみほさん:46回)
いつものように鋭い洞察です。歌詞の中に出てくる「トランプ」が暗示していることが見えてきました。

男性ボーカル用に作られた「福島行進曲」(還暦のたつおさん:46回)
プリンスが歌うことを前提に書かれた曲なのに決まった歌手は女性?と違和感を感じていましたが、ちょうだいしたコメントですべてがスッキリしました。

1~2番は、志津さん=トミに誘惑されて夢中になったら振られた裕一君がモデル(たいとうみほさん:46回)
裕一くんの失恋の一部始終を大将は見ているはずですからね。裕一くんがのぼせ上がっている真っ只中に大将と裕一くんは再会しましたので。

「体が楽器。全身での呼吸が深い発声を生む」(たいとうみほさん:46回)
音ちゃんのこの言葉について、そこまで深く考えてはいませんでした。本当にさすがのご高察です。

予習レビュー

裕一くんが作曲した『紺碧の空』によって早稲田大学が早慶戦での連敗から脱した直後、裕一くんは鉄男くんを福島から東京に呼び出しました。

鉄男くんを東京に呼び出した目的は、鉄男くんを音楽の道に誘うことでした。

その時はまだ、新聞社を辞めて作詞家として音楽の世界に入ることはなかった鉄男くんでしたが、自作の詞がレコード化されたのを機についに作詞家の道に進むことを決意。

前週の悲恋の物語を経て、鉄男くんが上京。裕一くん、久志くんらとの福島出身の三人組による音楽活動が始まる環境が整いました。

ところで今週のサブタイトルは「ふたりの夢」から「響きあう夢」に変更されました。

「ふたりの夢」だと、裕一くんと音ちゃん二人だけの夢という印象がありますが、「響きあう夢」になったことで、夢の範囲が広がりました。

裕一くんと音ちゃんの二人の夢。そして裕一くん、鉄男くん、久志くんの三人の夢。

それぞれの夢が響き合い、新しい音楽が次々と生み出される物語のはじまりの週となるのでしょうか。

感想

何かが一気に動き始めた

何かが一気に動き始めた感でいっぱいの月曜日でした。

大将が新聞社を退職して上京。ついに作詞家の道の第一歩を踏み出す。とは言っても廿日市さんからは相手にされませんでしたが。

そして木枯くんはコロンブスレコードから帝国レコードに移籍。

移籍に乗るくらいなので処遇はこれまでよりもずっと良くなるのでしょう。そして、廿日市さんよりも優秀なディレクターがいれば、もっと飛躍できるはず。

音ちゃんも本格的な稽古がはじまりました。

双浦環から「死ぬ気で技術を磨け」と厳しい言葉を投げかけられたことで、これまで以上に稽古に励むことに。

そのせいか、今回は夫婦の会話はあいさつ程度でした。

そして裕一くん。今回の最後に木枯くんが紹介してくれた高梨一太郎との出会いによって、ようやく長いトンネルから抜け出られそう。

オープニング映像も新しくなり、今週からドラマは新たなフェーズに突入するのでしょうか。

コメントへの返信 by 朝蔵

福島行進曲についていろいろ書かれています(アーモンドさん:44回)
情報提供ありがとうございます。ヒットするしないにかかわらずデビュー曲というものには様々なエピソードが残されているのですね。

恐らくは「真実」でないでしょうし、鉄男君もわかっているのかも知れないけど(よるは去ったさん:45回)
大将自身が、希穂子ちゃんはたまに嘘を言うことも知っていると発言していたので、希穂子ちゃんの結婚が決まったと言う言葉だと察しているんでしょうね。

そして、希穂子ちゃんの嘘が自分の幸せを願っての嘘であることも大将はよくわかっているから、希穂子ちゃんにそれ以上のことを言わなかったんでしょうね。

大人の恋を見せてもらいました。

しかし、結婚が決まった、というのは、本当かしら?うそなんでしょうなあ?(オペラ座の怪人さん:45回)
ブログ主も嘘だと思います。希穂子ちゃんの言葉は。愛する大将の幸せを願っての嘘なのでしょう。泣かせてくれますね。

コロンブスレコードはいずれ後悔する(よるは去ったさん:45回)
いずれ廿日市さんが、久志くんに対してペコペコしながら「先生!先生!」という日が来るような気がしています。

鉄男くんと希穂子さんが「椿姫」の壁を乗り越える番(魁光さん:45回)
少なくとも大将は子供の頃から苦労して立派な新聞記者にまでなったのだから、きっと壁を乗り越えることができると信じています。

父の医療費として貰ったお金が手付かずであれば(魁光さん:45回)
受け取ってしまったとまでは言いましたが、使ったかどうかまでは言ってませんね。使ってないことを祈るばかりです。

最後の嘘は鉄男くんに重荷をかけたないためという最後の愛(名乗る程のものではございませんさん:45回)
大将が自分のことをキッパリと忘れて幸せをつかんでほしい。そんな気持ちから出た「最後の嘘」であったと思います。

嘘が嘘であることがわかり、二人が結ばれますように。

このシーンのBGM、前半は「福島行進曲」後半は音の椿姫の歌声でうまく盛り上げてましたね(アーモンドさん:44回)
ドラマの中で描かれた音楽をそのままドラマを盛り上げるためのBGMとして使うという、なかなか粋な演出でしたね。

「見込みがあるから叱られる」(たいとうみほさん:45回)
音ちゃんよりも見込みがあることが明らかな千鶴子ちゃんも叱られたかな?と、ふと思いました。

千鶴子ちゃんみたいなタイプは叱られたその瞬間に心が折れてしまいかねないので、環さんもそのあたりを理解して何も言わなかったということも考えられます。

千鶴子さんももしや音ちゃんに対抗心を燃やすあまり、練習のし過ぎで声が潰れたのかもしれませんね(たいとうみほさん:45回)
千鶴子ちゃんは練習すなわち技術の習得に熱を上げるあまり、もっとも肝心なヴィオレッタの気持ちをどこかに置き忘れてしまったのかなという気がしました。

社長の娘がすべてを捨てて追いかけてきたなら、また別の物語になるんでしょうが(丹善人さん:45回)
この「別の物語」の展開いいですね。スピンオフのネタとしてこれ以上望めないほどの題材です。

社長令嬢役の女優さんも一瞬の登場でありながら注目を集めたようなので、ぜひとも社長令嬢の別の物語を見たいものです。

マスター夫妻は顔は覚えていなくても、佐藤久志という名前に心当たりがあった(丹善人さん:45回)
マスター夫妻と少年時代の久志くんの思いがけない接点が描かれることで、この三人の関係がその後どのように回収されるかがブログ主はとても気になっています。

希穂子さんの件で気になるのが、OPの役名クレジットに名字がなかったことです(魁光さん:45回)
そこは気がつきませんでした。いつの日か「村野希穂子」としてドラマの中に戻ってきてほしいですね。

美男美女同士、いつかは……なんて期待しちゃダメなんですかね……?(さやさん:45回)
ブログ主も全力で期待しています。悲恋に涙した二人の再会とその後の幸福を。

入山法子さんの演技は竹久夢二の美人画ようだ(浦まんたさん:45回)
初コメントありがとうございます!

リアル裕一くんのレコードデビュー曲『福島行進曲』と同時に作曲された『福島夜曲』は竹久夢二の詞に曲をつけたとの由。

ドラマの中には『福島行進曲』しか出てきませんでしたが、希穂子ちゃんの存在が『福島夜曲』へのオマージュだったのかもしれません。

朝ドラでは列車を使った別れのシーンを描くのがホント上手い(名乗る程のものではございませんさん:45回)
『ごちそうさん』でもヒロインのめ以子が東京を旅立ち大阪に嫁ぐ場面で、駅を発つ汽車が上手に使われていましたね。

「何でこんなに進化してるの?」いう声が聞こえそうな千鶴子さんの表情(つい しょうこさん:45回)
千鶴子ちゃんにとってかなりショックは大きかったでしょうね。音ちゃんがいつの間にか進化した理由を千鶴子ちゃんがしっかりと理解しているといいのですが。

入山さんは木村多江さんに代わって,薄幸の美女枠を独占しそうです(還暦のたつおさん:45回)
「薄幸の美女」!

入山法子さんは本作『エール』の中で「薄幸の美女」というポジションで不動の地位を確立しましたね。

スピンオフもありかなと思わせる終わり方だ(boxster981さん:45回)
大将と希穂子ちゃんの悲恋の物語はできることなら本編中で回収されてほしいですが、スピンオフのネタとしても使うと一つの独立したドラマとして見応えのある作品に仕上がりそうですね。

一方千鶴子は完敗で顔も上げない(boxster981さん:45回)
音ちゃんが歌っている最中に完敗したことをさとったの、それだけ彼女に才能があるということでもありますね。

一見栄光への階段を昇っているように見えて実はゆっくり破滅へと向かっている(名乗る程のものではございませんさん:45回)
おそらく千鶴子ちゃんにとって初めてとなるはずの挫折体験が彼女のこれからの人生にどのような影響を及ぼすのか。ちょっと心配です。

今年流行語大賞は「エール」でしょうか(アーモンドさん:45回)
今年、もっとも求められることは「エール」でしょうから、流行語大賞に選ばれても決しておかしくはないですね。

<<前回45回 | 次回47回>>

第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たいとうみほ より:

    音ちゃんが「体が楽器。全身での呼吸が深い発声を生む」このセリフは、裕一君に聞かせる事に意味があった訳ですね。千鶴子さんでも環先生でもプリンスでも、音楽学校関係者でもなく。だからこそ、裕一君が音ちゃんに降板を勧める時の言葉「作曲家として言う」が生きてきます。声の痛切さを呼びます。何より、裕一君自らの目で、家で寸暇を惜しんで頑張ってトレーニングする姿を見ているからこそ、ギリギリまで、あんなに頑張っていたのにこんな事に、という無念の思い、そして、いつか必ずこの時の悲しみを取り返して見せるから、という、強い決意を、より強める事になるのでしょう。音ちゃんも、自分の身に何か起こる事は裕一君を悲しませることだとはっきり思い知る。環先生や演出家に「声の出ない妊婦なんて」と言われたって、そこまでの思いは生まれないでしょう。

  2. たいとうみほ より:

    先ほどの私の「福島行進曲」解釈に補足です。1~2番は、志津さん=トミに誘惑されて夢中になったら振られた裕一君がモデルかもそれません。本人は気が付かないけど。そして3番は希穂子さんに振られ無様に吠えた大将自身がモデル。2人の失恋話をミックスしたものだったりして、と思いました。

  3. 還暦のたつお より:

    もともと、男性ボーカル用に作られた「福島行進曲」。女性歌手が歌うので、キー、その他の関係で、当然、編曲します。そうすると、その過程で原曲の良さが消されてしまった可能性があります。なので、この曲をヒットさせたかったら,歌詞そのままに、最初から女性ボーカル用に曲をはなから書き直すか、
    廿日市や会社上層部に必死に頼んで山藤君に歌ってもらうしかないでしょう。

  4. たいとうみほ より:

    トランプというと、パリでの嗣人さんみたいなカードゲームにも使いますし、それから占いの道具でもありますね。それこそ時折CMソングとしてリバイバルするキャンディーズのあれです。トランプはちょっとした遊び心と告白の意味も込めて、女性が男性にハートのエースを投げ渡したのかも、なんて場面を考えました。一方オペラでもトランプが重要アイテムになってるのが「カルメン」裕一君がいたハーモニカ倶楽部のオハコです。ただこっちはキャンディーズなんてほのぼのしたもんじゃない、何度占ってもジョーカーばかり出てきて、その暗示かヒロインに自業自得の悲劇が待っています。そういう訳なんで、希穂子さんの様なけなげな女性でなくカルメンの様な妖艶で気ままな女が、ホセの様な生真面目な男を遊び感覚で誘って、男が本気出したらさようなら、という、大将の創作の為せる世界(実際にこの後成人小説で生活費稼ぐ訳なので)と解釈すれば、ああなるほどなとは思いました。3番で男が降られて去っていくのが(実際に歌詞を書いた時点では大将は飲んで暴れてた訳で)原因は全然違うけどやはり恋人に去られた大将の心情をもとにしてる、って事になるでしょう。

  5. 知らんけど より:

    木枯さんと鉄男くん、後の『湯の町エレジー』コンビ、因みに「エレジー」という今では当たり前のように使われるワードですが日本で初めて使用されたのはこの曲です(多分・・・)
    歌うのは近江俊郎さん、後に人気番組『オールスター家族対抗歌合戦』で共に審査員として長年裕一さんと隣同士で座られる方です

  6. 魁光 より:

    鉄男くん「親父さんのことも聞かせてくださいよ」

    さすが鉄男くん。
    巧みな言葉のキャッチボールで当面の食い扶持を繋ぎましたね。
    人の話を引き出す為に、まず相手の心を開かせる技術。新聞記者の経験が活きています。

    木枯さんと鉄男くんの友好的な出会い。1948年の大ヒット曲「湯の町エレジー」のフラグかもしれませんね。

  7. 魁光 より:

    1周目の時に千鶴子さんの服だけ黒いことをコメントしましたが、登場人物の心の中を表現したものじゃないかと推測しています。

    心に穢れのない、純真な音ちゃん達は白い服。
    コンプレックスなど様々な感情を抱えて汲々としている千鶴子さんの心は真っ黒だということを暗示しているのかと。

    心洗われた千鶴子さんが今度は白い服を着て登場することを祈って。

  8. 知らんけど より:

    『福島行進曲』歌詞はこの解釈かなあ?

    今夜は引き眉の化粧している愛しい彼女と福ビルでデート、早く着きすぎたのでカジノみたいな所でトランプして時間潰ししているけど気持ちはうわの空、あぁ早く逢いてえよ~♪

    確かに横浜の歌詞と比べたら趣はあるのでしょうが一聴しただけでは分かりにくいかな、私の頭が悪いだけかもしれませんが
    『暁に祈る』は解釈不要でかつ心に響く歌詞なんですがね

  9. アーモンド より:

    木枯が裕一に高橋という作詞家を紹介した場所は、屋台でもバンブーでもなく、音がつい最近までバイトし、鉄男の恋物語の舞台の一つとなったカフェでしたね。一番いい接待をした木枯。これが裕一の大作曲家への第一歩となるんですね。

  10. アーモンド より:

    屋台で三人飲んでいたとき、木枯の帝国レコード(テイチク?)移籍話。廿日市の元で働くよりはいいかも。裕一はうらやましがっていましたね。木枯は、売れたから廿日市の元から離れられた。廿日市も慰留出来なかったのかな?よく移籍を許しましたね。
    これからはコロンブスと帝国で、それぞれエースとして競うんですね。

  11. アーモンド より:

    鉄男は上京早々行きつけになった屋台のおやじと仲良くなりましたね。屋台のおやじが鉄男に聞いてほしい話が、気になりますね。

  12. ちゃーちゃん より:

    昨夜ふと高校時代の事を思い出しました。
    高二の時だったと思いますが我が校は早稲田大学の応援団に応援指導をしてもらいました。
    壇上の早稲田大学応援団。
    応援は応援団だけで無くスタンドの人間も一体となって応援するので指導してもらった訳ですが高校野球大好きだった私はコンバットマーチ等など教えてもらってワクワクでした。あの数々の応援曲の中に「紺碧の空」があったのかもしれません。
    今考えると贅沢な時間でした。
    野球部のユニホームカラーが早稲田大学と同じ色だったから指導に来てくれたというのは本当かどうか分かりません(笑)
    お陰か県内ベスト16  我が校にしては快挙でした。
    応援する気持ちは伝わると思います。
    あぁ、なんでこのタイミング! なんで早稲田大学応援団歌の週に思い出さなかったんだろう。

  13. 還暦のたつお より:

     木枯君、電撃移籍
     想像するに、売れるようになってからも、廿日市とそりが合わないままだったのかも、木枯君、頭いいから廿日市の言うこと聞くふりして、自分の書きたい曲をかいたり、自分の気に入らない曲を書く代わりにバーターで、自分の好きな曲を書いたりしていたんだろうけど。それも限界にきたんだろうな。帝国レコード(テイチクレコード?)の出した条件は、木枯君の曲なら絶対売れるとふんで、木枯君に自由に曲作りをさせる事のような気がする。当然、ギャランティもアップしたんだろうけど。木枯君にとっては、そんなこと二の次だったと思う。ところで、この移籍はスムースに事が進んだのだろうか?もしそうだとすれば、帝国側からコロンブスに相当の額の移籍保証金が支払われた可能性のあるな。随分、生臭い話になっちゃうけど。
     

  14. 1013 より:

    腹式呼吸の練習用の重石が本2冊とは羨ましい。
    私放送部で同じ事やりましたが、重石は部室にあるスピーカー(大人一人分くらい)でした。
    ・・・まあスピーカーは自分で乗せるのは不可能ですし、裕一くんに頼んだらバランス崩してお腹の上に落としそうですが(笑)

  15. つい しょうこ より:

    「高梨一太郎くんとの出会いが、裕一君のキャリアにどんな影響を及ぼすのか?」
    これは一応予習済みなので、今回それよりもっと気になったのは
    「おでん屋の親父さんは鉄男君に、どんな相談を持ちかけたのか?」
    でした。

  16. 名乗る程のものではございません より:

    一番売れた地方小唄って『東村山音頭』だと思うんだ。志村けんさんがバレリーナの服着て股間に白鳥着け「イッチョメイッチョメ、ワオ」と叫んだ時点で東村山は「どこにある町?」「結核療養所の町」から志村けんさんの生まれた町にイメージが変わり、後に近隣の所沢にプロ野球チームが来るきっかけになったと思うんですがね。

  17. 名乗る程のものではございません より:

    初めて会った鉄男くんと木枯さん、史実では続きがあります。戦後、『りんごの唄』のような元気を与える曲やアメリカの香り漂う服部良一笠置シズ子コンビの曲が流行歌となり、リアル木枯さんのメロディは時代遅れという風潮になります。しかし、ギターだけで演奏するある曲でリアル木枯さんが再評価されます、カラオケがなかった時代で酒場にて流しの方々にとってはありがたい曲だったことも後押しでした。『湯の町エレジー』、作詞したのはリアル鉄男さんです。

  18. かえで より:

    46話の最後に登場した高梨一太郎さん。この方のモデルが高橋掬太郎さんのようなのですが、なんと子供達が通学した中学校の校歌の作詞家の方でした!でも、どんな校歌だったか全く覚えていません。
    それぞれの卒業式で2回聞いただけですから(笑)

  19. boxster981 より:

    希穂子(入山法子さん)スピンオフ説取り上げていただきありがとうございます。
    当方も最初は本編で再登場が本筋と思った。演技が素晴らしかったし絵も良かった。何より裕一やテツより存在感があった。でも本編での再登場はブログ主さんが熱望されています。このままスルーしようかと思ったのですが週間のサブタイトルを変えた程の演技力と存在感は惜しい。どうせ本編は回数が減って要素の追加は厳しいだろうと予想して別枠でのスピンオフなら可能性はあるかもと取り上げてみました。ご本人のツイッターのクランクアップらしき画像が本編では予定がないという決め手になりました。

    https://twitter.com/norikoiriyama/status/1266304212750659584?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Etweet

  20. 丹善人 より:

    今週妊娠判明とわかっているから、腹筋練習が気になって。
    翌朝お腹を押さえながらの登校は予兆かも。

    売れなかったら酷評されるって当たり前のことに腹を立てたら
    だめでしょう。詞が悪いから売れなかったと思われても仕方がない。
    悔しかったら売れてから見返してやれ。
    相手は手のひら返しは得意中の得意なんだから。

  21. オペラ座の怪人 より:

    福島での、約束された未来を捨てて、
    夢を追って、東京にやって来ちゃったてつお君、
    うまくいく、んだろうけど(史実だから)、
    一般論的には、夢を追って、
    挫折する人の方が多いんだろうなあ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    しかし、福島行進曲は売れなかったのか。
    残念。

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    おしまい

  22. 魁光 より:

    千鶴子さんがその場にいた面々の中で唯一黒い服でした。何だか今後悪いことが起こる暗示のようで。
    そして環さんのベストを尽くせなかった、音に押されたという指摘。
    それをきっかけに奮起してくれたらと思っていますが、何だか色々引っかかってしまいました。

  23. 魁光 より:

    う〜ん。裕一くんよ。
    鉄男くんを推薦するんだったらもう少し名を上げてからにしないと…。
    現状売れてない作曲家の推薦をコロンブスレコードに受け入れることは限りなく厳しいでしょう。
    廿日市さんは身の程知らずと思われてもおかしくないでしょうね。
    シビアですが実績と信頼が全ての世界ですから。

  24. よるは去った より:

    環「荒削りだけど人の心を揺さぶる『何か』・・・・・・。」

     千鶴子ちゃんも、その「何か」を自分なりに伝えたかっだけど十分に伝えられなかったってところなんですかね。