環と嗣人がパリで出会う / エール 第59回

2020年6月18日(木)第12週「環のパリの物語」

あらすじ

大正2年(1913年)春。双浦環は、スカラ座やオペラ座などの名門の劇場の舞台に立つオペラ歌手を目指してパリに留学。留学して2ヶ月経った頃、友人の家で開かれたホームパーティーで、環は画家を目指す青年・今村嗣人と出会いました。

その数日後、環はカフェで嗣人と偶然に再会しました。そして、意気投合した二人は夜遅くまでお互いの夢を語りました。二人はほどなくして恋に落ち、ともに夢を追いながらパリの時間を一緒に過ごすことになりました。

そんな中、嗣人がパリで念願の個展を開くチャンスが訪れました。一方で環も、友人の里子から思いがけない話を聞かされました。日本人が、世界的な舞台に立てるチャンスとなるオペラ『蝶々夫人』のオーディションが近いうちに開かれるというのです。

その夜、嗣人の個展開催が決まりました。それは嗣人がパリの画壇にデビューする大きなチャンスでした。一方の環は『蝶々夫人』のオーディションに挑むためイタリアへ。数日後、『蝶々夫人』の一次審査合格の通知が環のもとに届くのでした。

<<前回58回 | 次回60回>>

第12週 | 第13週 | 第14週 | 第15週

Sponsored Link

復習レビュー:コメントへの返信 by 朝蔵

夢を見ていたいんで自分に酔ってしまうんですよね(魁光さん:59回)
自分の見たいところだけ見て、見たくないところからは徹底して目を背けるタイプの人。芸術家として致命的なくらいにあまりにも普通すぎる人と言えるかもしれません。

パリの居住歴(?)と彼(?)の存在(魁光さん:59回)
パリに滞在していたのはオックスフォードの前後のことなのでしょうか?(笑)一度、恵さんの過去を時系列に沿って整理してみたいです。

久志と嗣人さんの違いは音楽に対して影で真摯に努力し続けて(魁光さん:59回)
下積み時代。プリンスは苦労しましたが、その下積み時代の艱難辛苦が後々になって効いてきそうですね。

恵さんの妄言を再現したスピンオフか漫画化(魁光さん:59回)
恵さんの妄想の半生をドラマ化したら、妄想の中の恵さんがさらに妄想を加速させ、妄想の無限ループがはじまりそうです。(笑)

このタイミングでの香取さん出演だと「おかえりモネ」出演もあり得る(魁光さん:『おかえりモネ』)
東京局の朝ドラ(北海道ロケがあった『なつぞら』を除く)は10月または11月あたりから撮影が開始されます。なので、「東京の人気気象予報士役」がそろそろ決まってもいい頃ですね。

『イヨマンテの夜』『君の名は』『モスラの歌』(知らんけどさん:59回)
楽曲名を見ただけで、ブログ主の生まれる前の時代が見えてくるようです。これらの時代をリアルタイムで経験された世代なら感無量でしょう。

どちらを取っても何かを失うことには変わりない(還暦のたつおさん:59回)
何かを得たければ何かを捨てねばならない。最近の朝ドラでそんなセリフがあったことを思い出しました。(しかしどの作品か思い出せません)

『まれ』です(知らんけどさん:59回)
ありがとうございます!シェフでしたね。思い出しました。

藤堂先生の、イギリス留学か音ちゃんとの結婚、どちらかを諦めなければならない(あさのあさみさん:59回)
藤堂先生が究極の選択を迫っていましたね。最近作どころか本作であったことを忘れてしまうとは・・・

予習レビュー

本編中スピンオフ第4回。もともとの今週のサブタイトル「あの世、パリ、神田」の、パリ編。今回の主人公は若い頃の環さんです。

裕一くんの作曲した『船頭可愛いや』が藤丸ちゃんの歌によりリリースされたもののまったく売れずに終わったときのこと。

『船頭可愛いや』の曲に感激した環さんは自分が歌いたいと言い出しました。

環さんが、自分が歌いたいと言い出した理由の一つは、環さんが『船頭可愛いや』に心から感激したから。

もう一つの理由は、すでに名前の売れている歌手である自分がこの歌を歌うことで『船頭可愛いや』を世の中の人に知ってもらえると考えたからです。

有名な自分が歌えばヒットすると考えたのは、環さん自身が駆け出しの頃に似たような経験をすることで世界的なオペラ歌手になれたからです。

その環さんの「駆け出しの頃に似たような経験」が描かれます。

環さんの「駆け出しの頃に似たような経験」がタテ糸なら、ヨコ糸は青年画家との恋です。

ところで音ちゃんが『椿姫』の主役の座を射止めた直後に妊娠が判明したときのこと。

子供が死んでも舞台に立つ覚悟があるかと、環さんは音ちゃんの覚悟を問いただしました。そのとき、環さんの悲しい過去が見え隠れしたような気がします。

環さんの悲しい過去も描かれるのでしょうか・・・

感想

環さんの朗報を聞かされた時の嗣人くんの目

ブログ主はフランス映画が大好きです。日本映画と並んで大好きです。

なので前作『スカーレット』ではヒロインの喜美子ちゃんがパリに行こうと誘われたとき、心待ちにしたものです。

喜美子ちゃんがパリ旅行をし、朝ドラの中でパリの場面を楽しめることを。

その願いは『スカーレット』ではかないませんでしたが、『エール』の短編スピンオフでかなえられました。

昨日の神田の古書店に続き、パリのカフェがしっかりと再現されていました。

そして、還暦のたつおさんにちょうだいしたコメント中の言葉を借りるなら前回がハリウッドの往年のコメディなら、今回は往年のフランス映画のテイストです。

さらに環さんと里子さんがカフェで向き合って会話する場面。真正面から撮影されたバストショットの連続は小津安二郎へのオマージュ?

ワクワクが止まらない回でした。

さて、、安隆さんが主演の短編とバンブー夫妻が主演の短編ではなかった愛憎入り乱れるドラマのフラグが立ちました。

嗣人くんは将来を期待される画家。一方の環さんは誰からも期待されていない留学生。

嗣人くん本人も将来を期待されているという自負がある。一方で環さんも、自分は極東から来た形見の狭い留学生くらいにしか思っていない。

その立場が逆転しかねない状況が発生。嗣人くんは環さんを口では祝福しながらも、その目はまったく別のことを物語っている。

環さんの朗報を聞かされた時の嗣人くんの表情が消え去ったような目。『スカーレット』でも同じものを見ました。

コメントへの返信 by 朝蔵

今日のストーリーのどれか1つでも抜けたりないものになってしまえば、これまでのこれからの裕一の成功があり得ないものになってしまう(魁光さん:58回)
保さんと恵さんの馴れ初めを描く短編で描かれたエピソードひとつひとつが持っている意味へのレビュー。興味深く拝見しました。

喫茶バンブーの保さんと恵さんのご夫婦は、裕一くん、そして今後の展開の中で描かれることが予想される福島三羽烏の活躍を支える存在として、さらに重要な役割を担うことになりそうですね。

なぜ井上順さんがキャスティングされたのか分かりました(名乗る程のものではございませんさん:58回)
井上順さんの存在そのものがザ・スパイダーズの代表曲『なんとなくなんとなく』が発しているメッセージだったわけですね。

最後の捨身の告白に出た保マスターの勇気は称賛に値します(魁光さん:58回)
女性を食事に誘うことすら上手にできなかった保さんが、もしかするとすでに誰かと婚約しているかもしれない女性にプロポーズしたわけですからね。

まさに「捨て身」だったと思います。

久志君の苦労話もドラマの中で語られるのですかね(よるは去ったさん:58回)
少なくともご両親の離婚。実母との別れ。継母とのギクシャクした関係。などなど。少年時代の心の古傷は描かれるみたいです。

リトル久志くんの過去が描かれ、しばし放送中断です。

私も「こころ」が好きで、10回以上、読んでいまふ。(オペラ座の怪人さん:58回)
ブログ主は夏目漱石の前期三部作のうちのひとつ『それから』が大好きで、繰り返し読んだことを思い出します。

『それから』の中でもひときわ鮮烈に覚えている主人公のセリフが「僕の存在にあなたは必要だ。どうしても必要だ」です。

裕一くんが音ちゃんにプロポーズする際の言葉が「僕の音楽にあなたは必要だ」だったので『それから』へのオマージュかな?と思ってました。

保さんと恵さんの出会いのきっかけも夏目漱石。なので、裕一くんのプロポーズの言葉はやっぱり夏目漱石が元歌なのかもしれません。

大ベテランの井上順さんをスピンオフの1回だけゲストで起用(魁光さん:58回)
スピンオフの1回だけ。しかも放送時間は15分。オープニングを除いたらもっと短くなる。そんな短編のゲストでありながらこれだけの大御所を起用。

志村けんさんと並ぶサプライズのキャスティングです。

あの難しい台詞を言わされた子役は大変だったでしょうね(丹善人さん:58回)
あの年頃の子供では滅多に使うことがない抽象的な言葉ばかり。それをよどみなくしゃべり切りましたね。

セリフを覚えるだけでも大変だろうに「この子、何者?」と思わせるようなオーラまで発散していて大したものです。

忖度なく本質を突いてくるガキ(チビ久志くん)、その生意気さが最高です(たいとうみほさん:58回)
リトル久志くんは無類の読書好きとの設定だったので、本で読んで覚えたことをそのまま保さんに伝えて説教していたのかなと思ってました。途中までは。

二人の大人が気づかなかった事実。知らなかった知識。恵さんの左手に光る指輪の存在。

そこにしっかりとリトル久志くんが気がついたとき、この子はただものではないと確信しました。

詰めが甘い気がするのは私だけだろうか?(boxster981さん:58回)
以前のように朝ドラが週に6回放送であれば、保さんと恵さんの馴れ初めの物語も2回に分けて放送でき、さらに充実した仕上がりになっていたかもしれないですね。

「竹取物語」に縁が深かったのは裕一君と音ちゃんだけではなかったわけですね(よるは去ったさん:58回)
『エール』の中の二組の夫婦が『竹取物語』の取り持つ縁によって結ばれたことが判明しましたね。

時間に制約があるせいか、裕一くんと音ちゃんは『竹取物語』にそれほどの反応を見せませんでしたが、『竹取物語』のご縁をもう一度どこかで描いてほしいです。

バンブー夫妻、かなりのインテリです!(あさのあさみさん:58回)
なんと言っても恵さんはオックスフォードに在籍していたほどの才女。しかも、国内の女学校に進学することすら珍しかったあの時代にです。

そして、そんな恵さんの心を射止めた保さんです。それなりに知的レベルは高いんでしょうね。

理想は浩二と梅が結婚(アーモンドさん:57回)
兄弟×姉妹。これはあり得ます。しかし、梅ちゃんは別の方を選ぶことになりそうです。

この辺の回は、放送休止(アーモンドさん:14週)
6月16日に撮影が再開されたそうです。撮影の休止期間が2ヶ月近かったので、ドラマの放送開始もそれくらい遅れるかもしれませんね。

7〜8月いっぱい休止で9月から再開といったところでしょうか。

先をみると、梅五郎になりそう(アーモンドさん:57回)
一度は裕一くんに弟子入りした五郎くん。その後、どんな展開が待ってるんでしょうね。

少しも早く放送再開されますように(偽君子さん:58回)
7月中の再開は難しいとしても8月中には再開してほしいですね。

バンブー夫妻は結婚して間もなく関東大震災で古本屋を廃業せざるえなくなり(名乗る程のものではございませんさん:58回)
そんなタイミングになるんですか!?悲しい話ですが、それだと保さんが古書店から喫茶店に転身したことの説明がつきますね。

今回は、昔のハリウッド映画のような粋なコメデイに仕上がっていました(還暦のたつおさん:58回)
素敵なたとえです。そして実際に、映像をモノクロームにしても、1940年代のようなフィルムの濃厚な色彩のカラーに加工しても似合いそうですね。

この人(仲里依紗さん)はどんな役が来てもしっかりこなします(還暦のたつおさん:58回)
バンブーのマスター夫人と独身だった頃も見事に演じ分けていましたね。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.nhk.jp/p/ts/7W6941X42Z/%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAbGovayIqoiycLABIA%253D%253D(アーモンドさん:57回)
情報提供ありがとうございます!

<<前回58回 | 次回60回>>

第12週 | 第13週 | 第14週 | 第15週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あさのあさみ より:

    何かを得たければ何かを捨てねばならない
    どの朝ドラでも誰かが言ってそうですが、最近では、
    藤堂先生の、イギリス留学か音ちゃんとの結婚、どちらかを諦めなければならない、というセリフだと思います

  2. 知らんけど より:

    ブログ主さんへの回答

    『まれ』です
    小日向文世さんのセリフで、「何も失くさないのははオレ、天才だから」という続きがあったと思います(うる覚え)

  3. 還暦のたつお より:

    孤独な成功者をめざすのか、あるいは成功はほどほどにして、パートナーとの幸せをつかむのか、なかなか難しい選択でした。どちらを取っても何かを失うことには変わりないのですから。

  4. 知らんけど より:

    発声練習飽きた、このセリフに共感!

    私自身が期待しているのは古関さんが残した数々の赤レーベル名曲にまつわるストーリーです、発声練習や青レーベルで出すようなオペラ関連曲は2度目視聴で既にお腹いっぱいなんですよね
    戦中なら『愛國の花』『嗚呼神風特別攻撃隊』、戦後ならば『とんがり帽子』『高原列車は行く』『イヨマンテの夜』『君の名は』『モスラの歌』等々に時代に合わせ『同期の桜』『りんごの歌』『星の流れに』『東京ブギウギ』『青い山脈』『湯の町エレジー』『東京オリンピック音頭』等が何らかの形で絡むという展開
    取り上げると公式発表されている『露営の歌』『暁に祈る』『長崎の鐘』『栄冠は君に輝く』『オリンピックマーチ』だけではもったいないかと

    後半に期待しています

  5. 丹善人 より:

    恵さん、数多くの体験談から、実年齢は何歳なんだろうかと、
    そちらの方が気になってしまって、環さんの話などどうでもいい・・・
    は言い過ぎですが。
    正体は「奥様は魔女」だったりして。この夫婦で日本版できそうかも。

  6. 魁光 より:

    思っちゃったからしょうがないコーナー

    これまでの恵さんの妄言を再現したスピンオフか漫画化して見てみたいですね(笑)

    北海道の人気番組「水曜どうでしょう」の名物、大泉洋さんが繰り出す適当なホラ話が漫画化される事態にもなってしまったこともあります。

    しかし恵さんの妄言は大泉さんと違い、中身が濃すぎて時間やページが足りなくなってしまいそうです(笑)

  7. 魁光 より:

    そしてこの作品には嗣人さんに似た夢見心地でロマンチストでプライドが無駄に高い男がもう一人います。

    そう!久志です(笑)

    恐らく戦時歌謡をノリノリで歌い、終戦で全てを失ってしまって自暴自棄に陥ります。

    しかし久志と嗣人さんの違いは音楽に対して影で真摯に努力し続けて、歌手としてデビューするまで時間がかかったが夢を叶えたこと。支えてくれる多くの人たちの存在。そこは13週でしっかり描かれますね。

    恐らく久志は最終的に立ち直るとは思いますが、その部分がモノを言うでしょうね。

  8. 魁光 より:

    今日の回は恵さんらしさ全開でしたね!

    翻訳シーンから曲紹介、新たな真偽の分からない過去の体験談、マダム恵とまさにフル回転です(笑)

    そして今回明らかになったパリの居住歴(?)と彼(?)の存在。

    「えっ…⁉︎」と裏で戸惑い通しの保マスターの顔が容易に想像がつきますね(笑)

  9. 魁光 より:

    嗣人さんはロマンチストすぎる人ですね。
    こういう男は地雷の可能性大ですね。

    夢を見ていたいんで自分に酔ってしまうんですよね…。現実を見ていたくない。もし現実を見てしまうと認めたくない、誰かを妬む、自分を卑下する。

    1度の失敗で心が折れてしまった嗣人さんはそこから何とかもがいて成功する「タルトタタン」になることはできませんでしたね。

  10. 還暦のたつお より:

    嗣人さん。名前から何となく藤田嗣治さんを連想します。ちょうど、今回のお話の頃に藤田さんもパリに住んでいました。でも挫折して、筆を折ったり、帰国していたりしたら、藤田さんがモデルでは無いですね。環さんはどうなるか既にわかっているので、嗣人さんがどうなるのか、明日の回が気になります。

  11. 1013 より:

    タルトタタンでこれ思い出しました。
    https://hublog.net/23979.html
    嗣人君も食べてくれないかなぁ(*・ω・)

  12. アーモンド より:

    スカーレットと今再放送中のアシガールの黒島結菜と、おひさまとべっぴんさんの高良健吾が、歳の差熱愛とはビックリ。
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6362872

  13. たいとうみほ より:

    環先生が「船頭可愛や」がヒットするのに一役買おうと思ったのにはもっと深い理由があったのか?と感じました。音ちゃんの旦那がこのまま売れなければ、それが原因で2人が破局してしまうかもしれない。それがかつての自分の痛みを掘り起こすようで身につまされたから…なんて事を、考えたのかも。少なくとも、環先生とパリの彼が結婚できなかったのは間違いないのでしょう。

  14. たいとうみほ より:

    今日の物語を見ていたら、大昔の布施明さんのヒット曲「積木の部屋」を思い出しました。確か歌謡大賞だかレコード大賞だか取ったんでしたっけ。サビの「もしもどちらかもっと強い気持ちでいたら愛は続いていたのか」という詞に、冒頭の音ちゃんを見送る環先生の表情が重なって見えました。同じようなシチュエーションの歌には野口五郎さんの「甘い生活」やキャンディーズの「わな」もありますが、成熟した大人になる前の若い恋の苦さってのは、古今東西何らかの形で人が直面する課題・試練なんでしょう。

  15. boxster981 より:

    今回気になって吉田照幸さんのことを調べました。新進の作家さんだと思ったら何と番組制作局のディレクターさん、しかもかなり偉い立場の方なんですね、失礼しました。でもプロデューサーを蹴ってディレクターに拘っている位だから才能は確かなもので、サラリーマンNEO、あまちゃん、となりのシムラなどを手掛けているんですね。ユーモアを忘れないこのドラマの持ち味はきっとこの人の持ち味だと確信しました。であれば尚更「古本屋の恋」にはこの人の作品の持つペーソスが足りない気がします。やはり時間が足りなかったですか。でも例えば外国人の彼を映して「これが日本の武士道か」と言わせながら少し悲しげな眼をさせれば表現できたかも。
    さて昨日語り残したこと、子役の山口太幹くん、あれだけの長いセリフ回しと大人顔負けの演技がおしんの小林綾子さんと重なって見えました。きっと立派な俳優になるんでしょうね。

  16. 丹善人 より:

    同じ芸術家と言っても音楽と絵画では見ている方向が違うから、
    最終的には理解し合えない部分ができるのでしょう。

    音と裕一は作曲家と歌手と違っていても、同じ音楽をやっているから、
    音は裕一のすごさを一目でわかったし、裕一は音に対して、
    いつか僕が舞台に立たせてあげる、と言うことが出来た。
    その違いは大きいでしょう。

  17. 丹善人 より:

    今回はフランス絵画を見ているかのような画像でしたね。

    日本で活躍している外国人タレントを起用しているのを見ると、
    「のだめカンタービレ」のフランス留学編を思い出したり。
    外国人タレントやハーフタレントいっぱいでした。

  18. よるは去った より:

    里子「このお菓子って・・・・・・『失敗』から生まれたの・・・・・・。」
    環「『失敗』も無駄ではないってことか・・・・・・・?」

     この考えの結果、環先生は「成功」をモノにできたわけですね。

  19. 魁光 より:

    今回は野外シーンが一切なく、全てが室内シーンでしたね。まるで舞台のミュージカルを見ているかのようでした。それが意図している演出だったのかもしれません。

    環先生が冒頭に音ちゃんに見せた複雑な表情。
    「私もこういう風になれたらよかったのに…」と言ったかのようでした。

    嗣人さんは気にしていない素振りでしたが、自身の作品を中途半端と言われたことが思いっきり応えたように見えます。

    環先生に成長して認められたい、お近づきになって下積みしている者同士、一緒に幸せを掴み取りたいと思っていたはずです。

    結局は環先生に先を越されてしまいました。

    しかも話の節々にあったアジア人への差別、偏見が激しかった時代。オーディションの一次審査が通るだけでも当時ではとんでもない偉業でしょう。

    最後の嗣人さんの表情が急に曇りました。自分を認められたい人が先に行ってしまうことで、作品が中途半端であることを認めざるを得ないというやり切れない気持ちだったのかもしれません。

    梅ちゃんの件もそうでしたが、このエピソードでもスカーレットを思い出す展開になりましたね。

  20. オペラ座の怪人 より:

    「僕もうれしいよ」と言って、
    柴咲コウさんとハグしていた青年の、
    顔、笑っていなかったですよね。
    どういうこっちゃ?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    女友達(里子さん?外交官の娘?)も
    何を考えているんだか?

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    おしまい

  21. よるは去った より:

    環「中途半端とも・・・・・・・。」
    嗣人「アハハ・・・・・・・同感だ・・・・・・・。」

    嗣人君が抱えている葛藤なのかな・・・・?
    とすら思いました。

  22. 名乗る程のものではございません より:

    あの店員さん、ピーター・フランクルという名前だったんだ。失礼ながら「よく見るんだけど名前が出てこない」という相島さんや野間口さんと同じカテゴリーなんですよね、あくまでも個人的にですが。

    なんだか神崎愛さんの『洗濯船』という曲を彷彿させるような展開ですね、久々に聴いてみようかな。

  23. アーモンド より:

    今日と明日は、双浦環、柴咲コウがヒロインですね。画家と夫婦みたいに同棲するんですね。音と裕一を彷彿させる。
    蝶々夫人のオーディションを受ける環。
    音の椿姫のオーディションに似た心境。
    失格になりかけたが、誰かが救ってくれたんですね。

  24. 魁光 より:

    オープニングクレジットの文字フォントがいつもと違って細字のゴシック体でしたね。
    朝ドラでは異例の演出です!重厚で落ちつきのある物語の雰囲気にしっかり合わせたようです。
    今作ではOPに様々な一工夫を加えているのがよくわかります!