慶びごとつづきの和田家 /『ちりとてちん』143話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ちりとてちん』
初回放送:2008年3月20日(木)放送
再々放送:2014年3月27日(木)放送
第25週 第143話 「大草若の小さな家」

『ちりとてちん』第25週 第143回
「大草若の小さな家」あらすじ

草々と喜代美を結びつけるきっかけともなった落語『辻占茶屋』。その稽古を小草々がつけてもらうことになりました。小草々は高校時代に『辻占茶屋』を聞いて以来の草々のファンだったことを打ち明けました。

その頃、小浜ではA子の塗箸修行が始まっていました。すべての工程を一人で手がけることに驚くA子に対して正典は言いました。塗った者にしか奇麗な模様は出せないと。一方、糸子は正典を「何でも奇麗に光らす名人」と持ち上げました。

そんな中、正典が塗箸で『内閣総理大臣賞』を受賞。喜代美は父のお祝いに小浜まで駆けつけました。喜代美が実家に着くと正典は賞状を自慢げに見せてくれました。小梅は正太郎の仏前に朗報を歌で報告しました。

小次郎と奈津子も駆けつけて来ました。二人はその場で結婚を宣言。五木ひろしが200万円を返してくれたので、二人は結婚できることになったのです。家族全員の心から笑顔が弾ける幸福に糸子がうれし泣きを始めるのでした。

<<前回142回 | 次回144回>>

Sponsored Link

『ちりとてちん』第25週 第143回
「大草若の小さな家」感想

落語『辻占茶屋』を「師匠とおかみさんにとって特別」と語る小草々にとってもまた、『辻占茶屋』は草々との出会いのきっかけとなったようで、将来を占う話しで草々、若狭、そして小草々の三人が落語の大きな流れの一部になった不思議。

小浜。A子の塗箸修行で、分業による塗箸製作を見続けてきたであろうA子にとって、一人ですべての工程を手がけるというのは新鮮な驚きがあったのでしょう。正典が「塗ったもんしかわからない・・・」と説いた塗箸哲学、A子の心に響いたでしょうか。

小学校三年の遠足でA子が拾った「輝く石」。小学校の時のように光らなくなってしまったと語るA子、まだ自分が輝いていた頃の思い出にすがっているのでしょうか。今の自分は輝いていないとでも考えてるのでしょうか。

その話しを聞いて「切れかかった電球みたいに光ったり光らんかったり」と真剣に驚く糸子さんの反応には笑わせてもらいましたが、それに続くA子を励ます糸子さんの言葉は素敵でした。

「大丈夫や、卵の殻でも貝殻でも何でもきれい光らす名人のお父ちゃんがおるんやでえ、きっとまた輝くは」

この言葉が契機になったかどうかは定かではありませんが、この後、A子は例の石をハンマーで粉々に砕いてしまいました。輝いていた過去の自分の思い出にすがるのはやめ、今の自分を輝かそうとする決意でしょうか。

居酒屋・寝床の屋号の由来も明らかに。「しょうもない男に入れ子んでは捨てられ、安酒に溺れ身体を壊していた」咲さんを見るに見かねた熊五郎さん。いつしか咲さんを守りたい、そんな気持ちに。

「こいつの『寝床』になれる男になりたい、そう思ったら何でも出来た」雇われ料理人だった熊五郎さんが、意を決して独立を果たしたのは咲さんの『寝床』になりたいという一途な思い。その思いが屋号となり草若師匠復帰を実現した舞台に結実。

さて、正典さん、ついに若狭伝統塗箸で「内閣総理大臣賞」を受賞の快挙。時の内閣総理大臣名は「大泉孝次郎」となっていました。賞状に記された日付は「平成14年6月3日」リアル日本は小泉さんの頃ですね。

小次郎さんと奈津子さんもやっと結婚を宣言。五木ひろしが小浜市民会館のイベントでは歌を歌わずじまいだったことが気になっていたのですが、ギャラはしっかり返してくれていたんですね。さすがです。

<<前回142回 | 次回144回>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする