喜代美は愛宕山聴き出産 /『ちりとてちん』最終回/151話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ちりとてちん』
初回放送:2008年3月29日(土)放送
再々放送:2014年4月5日(土)放送
第26週 最終回/151話 「笑う一門には福来る」

『ちりとてちん』第26週 最終回/151話
「笑う一門には福来る」あらすじ

2007年春。出産を間近に控えた喜代美はお産の準備のために小浜の実家にいました。陣痛が怖くてうろたえ続ける喜代美に、順子はしっかりしろと喝を入れ「どねしよう」は禁止だと言い渡しました。

その頃、小草若は四代目草若を襲名。鞍馬会長は「やっとまた草若に会えたな」と襲名を祝福しました。草原は大阪府から権威ある賞を授かり、草々は弟子入り志願者が後を絶たず、そして四草は見知らぬ子供を引き取って育てていました。

一方の小浜では、正平は恐竜博物館へ異動の後、ついに夢を叶えて留学。正典は職人の腕を磨きつつ若い職人に塗箸を教える日々。祖母の小梅はいつも好奇心旺盛。そして、糸子は変わることなく「お母ちゃん」でした。

そんな中、喜代美が塗箸工房で草若の落語テープを聞いていると草々がやって来ました。その時、ついに陣痛がはじまりました。産院の分娩室の扉の前で草々が大きな声で『愛宕山』を演じる中、元気な産声が響き渡るのでした。

<<前回150回 | 『ちりとてちん』>>

Sponsored Link

『ちりとてちん』第26週 最終回/151話
「笑う一門には福来る」感想

挿入曲一切なしのエンディング。

これまでクライマックスの演出はサウンドトラックでこれでもかというくらい盛り上げられて来られましたが、最終回では陣痛にはじまり、産声に至るまで挿入曲は一切なし。そこで起こっていることそのものがドラマだから装飾は不要ということなのでしょう。

この静かな静かなエンディングには賛否両論あるようですが、僕的には音楽やケレン味たっぷりの演出を一切排除したシンプルを極めた静けさを極めた終わり方に心奪われました。一昔前の質の高いミニシアター映画みたいな粋な終わらせ方だと思います。

というわけでB子ちゃんの物語はついに終わってしまいました。いつまでも終わってほしくなかった。この後に続く愉快な面々の人生にずうっと寄り添っていたかった。こんな気持ちになるのは初めての体験でした。

いつも誰かが大騒ぎしていた賑やかだった『ちりとてちん』でしたが、挿入曲もなく最後を締める台詞もなく静かに静かに終わりました。当ブログの『ちりとてちん』エントリーもそれにならって静かに静かに終わらせようと思いす。

全151話、長らくのおつきあい、ありがとうございました。

<<前回150回 | 『ちりとてちん』>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする