エール 第23週「恋のメロディ」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『エール』
2020年11月16日 〜 11月20日放送

あらすじ

ラジオドラマ『君の名は』の大ヒットのきっかけ

裕一と池田が新たな企画に取り掛かることになりました。その作品は池田が新たに手がけるラジオドラマで『君の名は』というタイトルの作品でした。

しかし制作はトラブル続きでした。主要な出演者二人が相次いで病気で入院。急きょ、登場人物の子供の話にしようとすると、今度はその子供がおたふく風邪でダウン。

やむを得ず、元気だった男優と女優がすれ違いを重ねる物語にすると「男女が出会わない恋愛ドラマ」として人気を集め、映画化されるほどの大ヒットを記録しました。

『イヨマンテの夜』

池田は続いてアイヌを題材にした『イヨマンテの夜』という単発ドラマを企画し、音楽を裕一が担当することになりました。

杣人(そまびと)の歌に着想を得た裕一の曲に対してコロンブスレコードの杉山は難色を示しました。裕一の悪い癖が再び出てきたとまで言い放ちました。

しかし歌手を担当した久志が方々でこの歌を歌い続けた甲斐もあり、『イヨマンテの夜』は空前の大ヒット曲となりました。

華、24歳

一方、看護婦として働く24歳になった華が、婚期を逃しはしないかと音は心配でした。吟に頼んで見合い相手を見つけてもらいもしました。

そんな中、華が勤める病院に霧島アキラという名のロカビリー歌手の青年がケガをして入院。華がアキラの担当になりました。

アキラは華のことを気に入りました。一方の華はアキラのことが苦手でした。さらにその頃の華は渉との失恋を引きずっていました。

華の運命の人

華は、過去を断ち切り自分を変えようと決意。男性との出会いを求めて行動する中で知り合った外科医から「リハビリテーション」のことを初めて聞かされました。

華が勤務している病院で「リハビリテーション」の実施を提案すると、アキラの退院に向けてのリハビリを任され、華とアキラは距離を縮めてゆきました。

そんなある日、華は御手洗に占ってもらいました。御手洗は華に告げました。華はすでに運命の人と出会っていると。

裕一がアキラの本気度を確かめる

アキラは自分の気持ちを華に告白し、華もまたアキラが運命の人だと自覚しました。そして華は、自分の気持ちを音にだけ打ち明けました。

そんな中、裕一が過労で倒れ、華が勤める病院に入院。偶然にもアキラと同室になり、華とアキラのことは裕一の耳にも入ることになりました。

退院後、正式に挨拶したいというアキラに裕一は言いました。アキラが本気なのかを確かめたい。だから、華のために作曲した曲を持参するようにと。

<<前週 第22週 | 次週 最終週/第24週>>

Sponsored Link

予習レビュー

『君の名は』

ラジオドラマ『君の名は』がついに登場です。

ラジオドラマ『君の名は』の放送期間は、昭和27年(1952年)4月10日から昭和29年(1954年)4月8日までの2年間。

毎週木曜日の8時半から9時まで30分間の放送でした。

ちなみに当時のラジオドラマは生放送であったため、劇中音楽を担当したリアル裕一くんは、毎回即興で演奏をしていたのだとか。

ドラマの中でも即興演奏の姿が再現されるのでしょうか。

また映画『君の名は』の公開は、ラジオドラマ版の放送がまだ行われていた昭和28年(1953)9月15日に第一部が公開。

昭和28年(1953)12月1日に第二部、昭和29年(1954)4月27日に第三部がそれぞれ公開。

第三部が公開された前日の昭和29年(1954)4月26日にはあの『七人の侍』が公開されていますが、この年の配給収入の第一位は『君の名は』第三部でした。

華ちゃんの恋バナ

予科練に入りその後戦死した弘哉くん。『栄冠は君に輝く』の週で登場する高校球児の竹中渉青年。

2回描かれる華ちゃんの淡い恋心を経て、ついに本格的な華ちゃんの恋バナが始まります。

華ちゃんの恋の相手はロカビリー歌手・アキラくん。

誰が演じるのかはまだ発表されていませんが、最終週直前のタイミングでもありサプライズキャストも期待できます。

ところで華ちゃんの恋に裕一パパは難色を示します。

難色を示す理由が、朝ドラでこれまで繰り返し描かれてきた娘を持つパパあるあるの、父親としての悲哀なのか。

それとも別の事情があるのでしょうか。

最終週近くになって始まる恋バナと、父と娘の葛藤のおはなし。回収は今週中か、それとも最終週に持ち越しとなるのでしょうか。

<<前週 第22週 | 次週 最終週/第24週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. boxster981 より:

    ロカリビー歌手・アキラくんの名前からは3年前に亡くなった平尾昌章さんを連想します。「日劇ウエスタンカーニバル」が1958年2月ですからモデルとしては年代的には合っているんではないでしょうか?調べてみるとGSは1960年代後半ですので五輪後になってしまいます。もちろん私は平尾さんが歌手の時代を知りませんがBTFのプレスリーを想像すれば近いでしょうか。配役はこの時期だと紅白歌合戦の出場者発表が関係してきそうな気がします。それにしても華ちゃん、看護というハードルの高い仕事に何の脈絡もなく就いたのでしょうか?どこかで伏線が張られるのでしょうね。弘哉くんのハーモニカが壊れた原因(戦死の理由)もまだ回収されていない(特攻かどうかすら分からない?弘哉くん=キリストを模す私としては特攻で十字架の意味になる)のに気が早い話ですはありますが、アキラくん(のモデル)=平尾昌章さん推しです!!!