鉄男の少年時代の思い出 / エール 第107回

2020年11月10日(火)第22週「ふるさとに響く歌」

あらすじ

母校の校歌を作った裕一と鉄男は福島にやって来ました。裕一は鉄男を連れて実家に足を運び、まさと浩二に久しぶりに再会しました。再会を心から喜び合う裕一たち家族の姿を鉄男は見守りました。

その日の夜、鉄男は裕一に語り始めました。それは小学生の頃に家族と夜逃げした後に鉄男の身に起こったことでした。鉄男一家は夜逃げした後に山奥で暮らしていました。そんな暮らしが続く中で鉄男の弟・典男は家出をし、そのまま行方不明になっていました。

そして鉄男の母は、鉄男にも家出して自分の人生を生きることをすすめました。鉄男は母の言葉にしたがい家を出て、藤堂に紹介された新聞社で働くことになりました。その後ずっと母と弟を守り切れなかったことを悔やみながら鉄男は生きてきたのです。

その翌日、校歌のお披露目会が開かれ、鉄男が講演を行いました。鉄男の講演を聞いた生徒の一人は帰宅すると両親にそのことを報告しました。その生徒の父親は、楽譜に印刷されていた「作詞 村野鉄男」の名前を見て言葉を失うのでした。

<<前回106回 | 次回108回>>

第22週 | 第23週 | 最終週/第24週

Sponsored Link

予習レビュー

かつて大将一家が夜逃げをした後のことが語られる日がやってきました。

裕一くんや大将が福島で小学生だった頃、ある日、忽然と姿を消した大将一家がその後どうなったかという話です。

夜逃げした大将一家に何があったのか、今の時点でわかっているのは以下の通りです。

大将一家は山奥で人目を忍んで生活をしていた。

そんな生活に耐えかねて大将の弟は家出をし、大将が方々を探し回っても弟の姿はついに見つけられなかった。

そして大将のお母さんが大将にも家出をすすめた。

お母さんの言葉にしたがった大将も家出をし、藤堂先生に紹介された新聞社の新聞配達からはじめて新聞記者になった。

その後、大将は一度も家族と会えていない。

以上が語られた上で、おそらく次回あたりに大将は弟との再会を果たします。

弟を演じるのは、なんと『ひよっこ』で三男くんを演じた泉澤祐希さんです。

Sponsored Link


コメントへの返信 by 朝蔵

まき子さん役(魁光さん)
はい。志田未来さんです。「原節子」という高望みは叶いましたね。

まささん!(千佳さん)
このタイミングでご存命なので浩二くんの結婚を祝うことができるかもしれませんね。

自分の子供の結婚式にまささんはまだ出てませんので、そのことが気の毒でした。

とと姉ちゃんぶりですね(笑)(魁光さん)
不良少女から一転、リンゴ園の純朴なお嬢さん。どんな仕上がりになるんでしょうね。

毒入り林檎ジャム(丹善人さん)
志田未来さんにはそんな恐ろしい「リンゴネタ」があったんですか!?(驚)

ワンショットの出演(文月さん)
『とと姉ちゃん』で志田未来さんさんが演じた「お竜」はインパクトの強いキャラだったので、出演場面がいくつもあったと勘違いしていたほどでした。志田未来さんの存在感、すごいものがありますね。

藤堂先生が待っていてくれたらな(さん)
藤堂先生の思い出が詰まった懐かしい母校。藤堂先生を思い出さずにはいられませんね。

「東京都世田谷区新屋町一丁目六一五」(ひるたまさん)
リアル裕一くん一家の戦後の住まいがどのあたりなのかは知らないのですが、ドラマの中に出てきた「世田谷区新屋町」に一番似ている地名は「世田谷区新町」です。

「世田谷区新町」の隣は「世田谷区桜新町」は、長谷川町子さんが暮らしていた街です。

実はブログ主も長年このあたりに住んでいました。(今は別の場所です)

「子供の時の自分に会えたら」(よるは去ったさん)
逆に、少年時代の大将の目の前に大人になった自分と会えたら。きっと励みになったかと思います。

理美容院というのもかなり高い頻度で出てくるようです(たいとうみほさん)
その昔『髪結いの亭主』なんていうフランス映画もありました。人が集まりしかも待ち時間も長い理美容院は、ドラマの舞台としては格好の場所ですね。

明男くんが鉄男くんと典男くんを繋ぐ重要な使者に!(魁光さん)
もし明男くんがお父ちゃんの言いつけを守って、店からではなく裏口から帰ってきたら。帰宅早々にお父ちゃんと会話をしていなかったら。

大将と典男くんの再会はなかったでしょうね。

鉄男の母親が鉄男にかけた言葉、あれも一種の愛情なのかなあ?(還暦のたつおさん)
愛情だと信じています。大将も愛情だと信じていると思います。そして同じ愛情を典男くんにもかけたのかもしれません。

女給の希穂子ちゃん(よるは去ったさん)
ブログ主も身悶えするほどに希穂子ちゃんのことが気になっています。人生の暗黒時代に区切りをつけることができた大将の目の前に再び姿をあらわしてほしいです。

鉄男くんだけ浮いた話がなく独身のまま終わってしまうのかという違和感(魁光さん)
希穂子ちゃんが再登場するという情報もありますよ!

床屋のご主人が弟か!?(オペラ座の怪人さん)
床屋のご主人。「古今和歌集」という言葉と「村野鉄男」という名前に激しく反応してましたね。

エール放送もあとわずかで、寂しくなります(のん兵衛さん:106回)
ブログ主も寂しいです。特に本作は前半を2度も見てしまって登場人物たちへの感情移入も並大抵のものではないので、寂しさがより強くなっています。

校長先生GJ(丹善人さん)
校長先生のミーハーな性格が、大将の人生を救いましたね。

(文月さん:106回)
朝ドラに登場した「カツレツ」をこのブログの中で調べてみました。

『カーネーション』戦時中の場面で、ヒロインが出征する夫のためにカツレツを料理。
『ごちそうさん』戦前の場面で、ヒロインの夫の恩師がカツサンドをお土産に持参。
『マッサン』戦前の場面で、流産したヒロインを元気づけようと鴨居の大将がカツレツを持って持参。

校歌が新しく作られる(おたかちゃん)
ブログ主の出身中学は新設校で入学時にはまだ校歌がありませんでした。2年生になった時に校歌がやっとできたのですが、生徒にも父兄にも校歌の作者のアナウンスの通知はありませんでした。そんなものかと思います。

入山法子さん(魁光さん)
詳細はまだ何もわからないんです。

鉄男、典男が無事に成長しそれなりに幸せでいる(ぱぽりんさん)
お互いが幸せになっていることを、兄弟二人とも奇跡のように受け止めるでしょうね。

日村さん(名乗る程のものではございませんさん)
『君の名は』がらみの出演になりそうですね。

生涯同じ所にお住まい(ひるたまさん)
主人公夫婦がドラマの中でずっと同じ場所で暮らしてますが、リアルを再現していたわけですね。

代田だと、隣町に招き猫発祥の地と言われている有名なお寺があります。

鉄男の言葉(ぷんさん)
お久しぶりです!

今週は大将の週ということもあり、大将の言葉が胸に響きます。

方言のマスターも比較的スムーズ(ひるたまさん)
泉澤祐希さんが何かのインタビューで「方言のセリフはやっぱりいい」みたいな発言をされてました。

『ひよっこ』の経験が生きているようです。

「家族を養わなければいけない」(たいとうみほさん)
この台詞は聞き逃してました。何を意味してるんでしょうね。


Sponsored Link

感想

大将のお母さん

名前を失念しましたがある著名な方の子供時代の話を、大将のお母さんのとった選択を見て重出しました。

その著名な方は、幼少の頃にある時期から母親から罵倒され続け、母親の部屋にすら入れてもらえなかったとか。

母親を恨み続けて育ったその方は、大人になってから、母親の行動の真意を知ることに。

その方の母親は結核を患っていました。だから、愛する我が子に絶対に感染させたくなかった。結核から我が子を守りたかった。

そのため、我が子を罵倒して近寄らせないようにしたのだとか。

大将もお母さんが大将に対して厳しい言葉を放ちました。

お前がいなくなれば食い扶持が減る。お前には家族がいないのだから、自分の道を歩き、二度とこの家に帰ってくるな。

大将のお母さん、上に述べた某著名人のお母上と似たような気持ちだったのではないか。

そして、もしかすると典男くんの家出を促したのもお母さんだったのではないか。そんな気がしてきました。

幼い典男くんが家出するというのは考えにくいので。

大将の本質

大将の講演に泣かされました。

ケンカばかりしていたが、本当は休み時間に古今和歌集を読むのが何よりの楽しみだった。

大将の少年時代、悪童と呼ばれた少年が古今和歌集を読んでいる姿に違和感しか感じませんでしたが、今ならわかります。

古今和歌集をこよなく愛する大将の姿が本当の姿で、大将自身は悪童と呼ばれていたことに違和感を感じていたに違いないと。

大将は悪童よりも古今和歌集がよく似合う少年だったことを知っていたのが藤堂先生。

そして、そんな大将の本質を深く理解していた人物がもう一人いたようです。

床屋さんのご主人です。

校歌を作った作詞家は、小学生時代にケンカが強かったと息子から聞かされても、床屋さんのご主人は反応を示しませんでした。

しかし、古今和歌集という言葉を息子の口から聞かされた瞬間、顔色が変わりました。

ついに明日、大将は失われた家族の絆を取り戻すことができそうです。

<<前回106回 | 次回108回>>

第22週 | 第23週 | 最終週/第24週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    たいとうみほ様のコメントを拝読して。
    人が集まり交流する《溜まり場》といえば、個人的にはもう一つ「銭湯」が頭に浮かびました。
    古くは時代劇『遠山の金さん』に登場する「桜湯」。そしてTBSで放送された名作『時間ですよ』は銭湯「梅の湯」が舞台。

    もっとも、裸姿が多く登場する銭湯は朝ドラでは出しにくいでしょうけれどね…。f^^;

  2. 文月 より:

    参考までに
    「君の名は」の回は,11月16日のようですが,ちょうど,その前日には,ミニ番組で「君の名は」が取り上げられます。(ミニ番組なので,地域によって差し替えられるかもしれませんが,,)
    エール 古関裕而の応援歌「君の名は」
    11月15日(日) 午前11:15~午前11:20(5分)

  3. たいとうみほ より:

    声高のアンチの方々みたいに「あの展開矛盾してるぞ」とは極力考えたくなく、「どう解釈すればそれがありうるか」を考えたいのですが。裕一君が大将に上京を勧めた際に確か「家族を養わなければいけない」と言ってました。私は「大将の稼ぎで弟さんを進学させている」と思っていたのですが今日の展開でそれはなくなりました。その後両親とも離れた大将が「家族を養う」必要に迫られていたのか。お父さんに見つからないようお母さんに内緒の仕送りでもしていたか(野口英世氏にもその手の話があります)お金を貯めて家を建ててお母さんを引き取ろうと思っていたのでしょうか。「家族を救いたい」との一念が強かったらありうるかも。希穂子さんとの結婚を考えていたとしたらちょっと微妙ではありますが。蛇足ながら、新聞社社長への婿入りの件、夜逃げ一家離散のくだりを社長に話していたらさすがに縁談は流れて、希穂子さんと結婚する事もできたんじゃないかと…それともその位は社長も知ってたかな。

  4. ひるたま より:

    「裏から入れって言ってっぺ! お客さん来てんだぞ」
    方言のアクセントも相まって、どうも典男さんが「三男」くんに見えちゃって…。f^^;
    泉澤祐希さん、前回は茨城弁そして今回は福島弁を話す役柄という事で『ひよっこ』での経験が生きて、今回は方言のマスターも比較的スムーズだったのでは?(^^)

    厳密に言えば、茨城弁と福島弁の違いはある筈でしょうし、もっと言えば福島県内でも浜通り(『ひよっこ』澄子の出身地いわき市が含まれる)・中通り(今作の舞台はここがメイン)・会津地方(最近逝去された、“ズーズー弁”で有名だった元政治家の渡部恒三氏が会津若松市出身です)と、それぞれ気候も風土も、当然言葉も異なります。

    ところで「典男」役が泉澤さんと知った時、個人的に最初は驚きましたが、よく見ると兄:鉄男役の中村蒼さんと泉澤さん、兄弟といわれてもさほど違和感がないですね…改めて、NHK(朝ドラ)のキャスティングは本当に絶妙だな~と感じ入っています。実年齢も、中村さん(1991年生まれ) > 泉澤さん(1993年生まれ) である事を(恥ずかしながら)今回初めて知りました。芸歴の長さから泉澤さんの方が年上かな?と勝手に思っていました…(^^;)。
    最速で明日、2人兄弟の同一場面でのツーショット(再会)が見られる可能性大…待ち遠しいです。(^^)

  5. ぷん より:

    ご無沙汰しています

    今日の鉄男の言葉 しみました。
    そして、校長先生はじめ、大人の方々の表情
    あの頃に生きた現実を分かっての表情
    名前が出なくても素晴らしい演技
    それがやっぱりNHK朝ドラだなぁと

  6. ひるたま より:

    朝蔵さんこんばんは。そしてありがとうございます。個人的には自分が生まれ育った場所そして住んだ経験のある場所以外に関しては疎いものでして…。f^^;

    あれから私自身もざっくり検索してみた所、古関さん一家が住まわれていたのは「世田谷区代田」だったようです。以前名前が挙がった三軒茶屋そして新町もさほど遠くない場所に位置するようですね。
    奥様である金子さんが通われた「帝国音楽学校」(残念ながら現在は存在していませんが…)が近くにあるという事で別の場所から引越して来て、以来生涯同じ所にお住まいだったとか。
    さらに駆け足で調べた所、「木枯さん」のモデル:古賀政男さんや「池田二郎」のモデル:菊田一夫さん、そして作曲家:𠮷田正さんも同じ世田谷区内の、代田から遠くない場所に住んでおられたとか。

    個人的には世田谷区に住んでいた文化人といえば、作家の北杜夫さん、その北さん宅のお隣に住んでいたという宮脇俊三さんが思い浮かびました。
    お二方以外にも文化人・著名人が多数現在も住んでいる(であろう)世田谷区、現在は(高級)住宅街の印象が強いですが、戦後間もない時期は畑が多く自然豊かな場所だった…と、何かで見聞した記憶があります。

  7. 名乗る程のものではございません より:

    えっ、日村さん本編に出るの?
    月曜日だったら『君の名は』の回だから古川ロッパのモデル役で出演かな?
    なんにせよ同一朝ドラに日村さんと片桐仁さんが出演というのは嬉しい限り、バナナマンとラーメンズのビジュアル担当だった頃のふたりを知っている私としては。
    OGの松井玲奈さんが評価を上げ公式お兄ちゃんの日村さんも朝ドラ出演。
    生駒、白石、西野・・・さあ乃木坂卒業生たち、ふたりに続けという個人的願望。

  8. ぱぽりん より:

    離れ離れになった後、運よく善意の人に巡り合ったとしても、どうやってその後の人生を歩むことが出来たのか、今の時代には理解不能、ですよね。

    戦前までは(昭和30年代までありえたという話も)日本でも非定住生活を送る人々がいたようで、徴兵の為に戸籍制度がかなり強引に推し進められたということらしく、だとすれば鉄男や典男が出所を隠したまま見ず知らずの人の下、育てられ教育を受けることが出来たのも当時のこととして解らないでもないところとなります。

    それまでいた人が消える、
    それまでいなかった人が当たり前にいる。
    具体的に書くことははばかられるので割愛しますが、今日の失踪や犯罪とは違う恐ろしい世界が日常の隣にあった時代、鉄男、典男が無事に成長しそれなりに幸せでいる事だけで涙がこぼれます。

  9. 魁光 より:

    えっ?入山法子さん再登場なんですか⁉︎
    詳細を教えて下さったら嬉しいです!

    ちなみに番組表では来週月曜の放送に朝ドラおじさんの日村さんがクレジットされています!

    ついに本編登場でしょうか?

  10. おたかちゃん より:

    違和感を感じてしまったのですが、校歌が新しく作られるというのに、作者が誰かも、お披露目会に招くことも、当日まで父兄に知らされないわけがないですよね。「生き別れた家族との再会」は、大きな感動を呼ぶ場面ではありますが。それに家族がバラバラになった状況にも納得できません。小学生の子供が自分の意思で実の親から逃げ出す?金に困って身売り(おしん的な)された方がまだわかるような気がします。そして、「幼い我が子をあてもなく放り出したひどい両親」との関係も決着できずに終わってしまうのでしょうか。

  11. 丹善人 より:

    BSでの朝ドラ後の「こころ旅」で静岡に行ったとき、廃校となった小学校を
    訪れて、ここが「エール」の撮影に使われたとお手紙にあった学校と、
    学校前の川と橋が映されて、ちょっとムフフと。

    大将の講演よかったです。まだまだ戦後の貧しい時代が当たり前で、
    夜逃げという言葉も生きていた時代。子どもたちにも伝わったでしょう。
    で、この講演がなかったら、物語が続かなかったこともあって、校長先生GJ。

  12. オペラ座の怪人 より:

    私の親は、教育と芸術に全く理解がなくて、
    「そんなもの、金がもったいない」
    やれやれ。
    だから、あんたたちは、私に嫌われるんだ!

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    ところで、床屋のご主人が弟か!?

    鉄男、めぐり合えるのか!?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  13. 魁光 より:

    最初下巻のノベライズを読んだ時に鉄男くんだけ浮いた話がなく独身のまま終わってしまうのかという違和感がありました。

    昨日、いきなり降って湧いたかのように杉山さんとのお話が出てきました。

    裕一、久志、梅ちゃん、吟ちゃんと今週は浩二の結婚の物語、最後に華ちゃんもというのに鉄男くんは最後まで実らないことは少し不公平があると考えて制作陣がねじ込んできたのかなと考えます。

    もしかしたら、金曜日のラストにしれっと鉄男くんと杉山さんの結婚が差し込まれるサプライズがあるかもしれませんね(笑)

  14. よるは去った より:

    コロンブスレコードの杉山あかねちゃんは鉄男君ねの事が別の意味で気になっているのはなんとなくわかりますが、同時に昔、黙って自分から身を引くように去っていった女給の希穂子ちゃんもその後どうなったか気になりますねえ。

  15. 還暦のたつお より:

    校長先生は、おかやまはじめさんでした。目立たないけどどんな役にも違和感なく入り込む隠れた名優さんです。
    まささんの、浩二にかけたプレッシャー。さりげないけど、ちょっとシャレになりません。
    鉄男の母親が鉄男にかけた言葉、あれも一種の愛情なのかなあ?
    鉄男の甥もあの小学校に通っていたのか。これも偶然というより縁なんだろうな。
    鉄男の演説、最高でした。

  16. 魁光 より:

    6話の裕一「しがみつけば道は開くって。大将、詩人になれるよ!」
    6話の鉄男くん「馬鹿言うな」

    あれから約30年…
    鉄男くん「大丈夫だ。おめえなかなか悪くない人生送れっぞって」

    あの6話のエピソードが母校の後輩に対して、こんな素敵な形で回収されるとは…。

    このセリフはノベライズでは書いていなかったので、恐らく中村さんのアドリブか後で台本に付け加えたのかもしれませんが、私の中ではこのセリフが今日一番響きましたね。

    そして明男くんが鉄男くんと典男くんを繋ぐ重要な使者に!
    もし鉄男くんのスピーチのことを伝えていなかったら末恐ろしいことになっていたことでしょうね…。

  17. たいとうみほ より:

    朝ドラにはたまり場たる飲食店は必ずと言っていい位登場しますが、理美容院というのもかなり高い頻度で出てくるようです。江戸時代に「浮世床」という言葉もあったように、マンツーマンでで長時間拘束され待ち時間もある調髪はまた、人が集まり交流する場でもありました。今の完全予約制の美容院とはぜんぜん雰囲気が違うでしょう。コロナ騒ぎがもたらした「新しい生活様式」というのは、朝ドラの世界とは対極であって、まったく相容れないというのを感じます。

  18. 柏倉章宏 より:

    校門で「古山~❗️、村野~❗️」と藤堂先生が待っていてくれたらな~。と思うと。

  19. 文月 より:

    志田未来さんは、「とと姉ちゃん」の時もそうですが、ワンショットの出演なんですよね。
    「朝顔」や「美食探偵」でもそうですが、場面の空気に溶け込んだ、気が付けばそこにいる演技が好きです。
    結婚してからの穏やかさも好きで、今度、朝ドラでじっくり演技を見せていただけると、、

  20. 丹善人 より:

    志田未来さんは「美食探偵」に引き続きりんご農家役ですか。
    「美食探偵」では毒入り林檎ジャムで浮気に走った彼氏を殺害して
    しまいましたが。浩二君に浮気の心配はなさそうですが。

  21. 名乗る程のものではございません より:

    泉澤祐希さんは朝ドラ『マッサン』で主人公の甥(後に後継者として養子)を演じてましたね。
    それ以上に印象に残っているのはドラマ『少年寅次郎』で若い頃のおいちゃんを演じていたことですね。
    このドラマ、内容も良かったのですが配役が絶妙でしたね。
    少年の寅次郎や幼少のさくらだけでなく、若い頃のおいちゃんもおばちゃんも御前様も映画『男はつらいよ』で見慣れた姿になること以外感じられない配役でした。

  22. 魁光 より:

    えっ?まき子さんは志田未来さんなんですか!
    とと姉ちゃんぶりですね(笑)

    福島弁を話す志田さんは想像できないんですが、優秀な制作陣ですから絶妙な感じに仕上がるでしょう!

    最近は伊藤沙莉さん、福田麻由子さん、そして志田さんの「女王の教室三羽ガラス」(私はそう呼んでます笑)の朝ドラ出演が続いて嬉しい限りです!

  23. 千佳 より:

    まささん!戦中にはかなり具合を悪くされていたので心配でしたが、ご存命であって良かったです。

  24. 魁光 より:

    追加コメント失礼します。
    畠山りんご園の一人娘、まき子さん役はもう分かってますかね…?