おちょやん

おちょやん 第7週「好きになれてよかった」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『おちょやん』
2021年1月18日 〜 1月22日放送

あらすじ

千代が再び失敗する

時代劇のエキストラの仕事で千代が再び大失敗をしでかしました。千代が所長のコネで入所したことが知れ渡り、嫉妬した弥生など大部屋の女優たちが嫌がらせをしたのです。

落ち込む千代を助監督の小暮が励ましました。いい演技をして見返してやればいい。あの女優も大山社長のコネで入ったことで妬まれたが実力で見返すことに成功したのだと。

その女優は高城百合子のことでした。千代は元気を取り戻すものの、その翌日から千代の出番はなくなってしまいました。

千代に嫌がらせをした弥生の、千代への恩返し

千代は女優たちの髪結いの見習いになりました。そんな中、弥生が急ぎで髪結いをして欲しいと駆け込んでくるものの誰も弥生の頼みを聞こうとはしません。

千代は自分に嫌がらせした弥生の髪結いを引き受け、それに恩義を感じた弥生は自分の役を千代に譲りました。しかし、恋する女性の役を千代はうまく演じることができません。

千代は恋心を教えて欲しいと真理に相談。真理は恋の真似事をしたらどうかとアドバイスしました。そのアドバイスで、千代が真っ先に思い出したのは木暮の存在でした。

木暮に恋をする千代

千代は木暮に「仮の恋人」になってもらい、一緒に活動写真を観に行くことになりました。しかし木暮の仕事が遅くなり、二人は活動写真をやめて洋食屋へ。

木暮は千代に言いました。仕事の後の千代との会話にいつも元気をもらえる。自分は千代に救われているのだと。

木暮の言葉に胸をときめかせた千代は、その日の夜、真理たちに打ち明けました。自分は木暮に恋をしてしまったようだと。

千代が代役を手に入れる

一平が鶴亀撮影所の脚本部にいることがわかりました。千之助が抜けてからの天海一座は人気を失って解散。一平は大山社長の命令で脚本の勉強をすることになったのです。

そんな中、百合子が芝居の相手役の男優と駆け落ちするという騒動が発生。呆然とする木暮の様子を見て千代は察しました。木暮の百合子への恋心。そして自分の失恋を。

百合子は映画の主役を降板。その騒動を機に、千代に代役がまわってきました。百合子が千代を売り込んだことで、千代はその代役の機会を手に入れることができたのです。

千代の演技が監督から絶賛される

映画の撮影が始まったものの、千代には夫に裏切られた女の哀感を演じることができませんでした。そんな中、木暮は失恋の痛手を千代に打ち明けました。

木暮の言葉で失恋の切なさを感じた千代は、次の日の撮影では演技が監督から大絶賛を受けます。そして、その作品は千代にとって名前がある役の初めての出演作となりました。

一方、鶴亀撮影所の脚本部に配属されていた一平は、千代の知らぬ間に撮影所から姿を消してしまうのでした。

<<前週 第6週 | 次週 第8週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

今週の展開

第31回 1月18日(月) 先輩女優からの嫌がらせ
第32回 1月19日(火) 千代が髪結いの見習いに
第33回 1月20日(水) 千代が木暮と恋人のフリ
第34回 1月21日(木) 千代と高城百合子が再会
第35回 1月22日(金) 失恋した千代の恋の演技

Sponsored Link


予習レビュー

今週はいかにも朝ドラらしい定番のエピソードが二つ登場します。

ヒロインの天敵

一つ目は「ヒロインの天敵」エピソード、意地悪な同性の先輩が登場します。

ヒロインの天敵は、先輩の女優さん。

しかし「女優さん」と言っても大部屋女優、端役での出演だけの余り売れていない女優さんです。

陽が当たらない存在なので、心がちょっとばかり屈折していることも考えられます。

そんな大部屋女優の一人、弥生さんがヒロインの天敵として千代ちゃんに嫌がらせを仕掛けて来ます。

嫌がらせの詳細は不明です。

そして、天敵に対しても優しい気持ちを忘れない、こちらもまた朝ドラヒロイン定番の描写が用意されています。

ヒロインの切ない初恋

朝ドラらしい定番のエピソードの二つ目はヒロインの切ない初恋です。

千代ちゃんは木暮くんに恋をします。

木暮くんの優しい言葉に、千代ちゃんは勘違いしてしまうのです。

しかし、木暮くんは他に恋心を抱いている女性がいました。

そして、木暮くんは失恋し、木暮くんの失恋を千代ちゃんが察したのは、千代ちゃん自身の失恋の瞬間でもあったという皮肉な展開。

また、木暮くんとの恋バナが始まるその瞬間に、その恋バナがすぐに終わることを暗示するかのように一平くんがまさかの登場。

朝ドラ定番中の定番のエピソードの連発。

とっても安心感があります。(笑)

恋の機敏

木暮くんとの恋のきっかけは、恋心が理解できず演技が冴えないことでした。

前作『エール』で『椿姫』のオーディションに挑む音ちゃんを思い出します。

音ちゃんはあの時すでに既婚者だったので、新たに恋をすることはありませんでしたが。

さて、木暮くんへの失恋によって、千代ちゃんはようやく恋の機敏を理解したようです。

そして、千代ちゃんが恋の機敏を理解したことが示される場面はかなり笑える場面になることが予想されますが、ここでは伏せておきます。

せっかくの笑いの場面なので。

<<前週 第6週 | 次週 第8週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す