おちょやん

おちょやん 第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『おちょやん』
2021年1月25日 〜 1月29日放送

あらすじ

テルヲが鶴亀撮影所にやって来る

昭和3年(1928年)。千代が中堅女優として活躍する一方で、千代を主役に映画を撮ると意気込む木暮は監督になれず助監督のままでした。

そんなある日、テルヲが撮影所にやってきました。千代がヨシヲと暮らすためにお金を貯めていることをテルヲは感づいていました。その金を目当てにしてやってきたのです。

千代はテルヲに言いました。主役を演じられる役者になることに今の自分は専念しているのだと。千代の言葉を聞いたテルヲは宣言。自分が千代を主役にしてやる!

新作映画の主演になるための試験

明くる日。撮影所にテルヲが乗り込んできました。そして千代を売り込むなどの騒ぎを起こして、テルヲは撮影現場を大混乱におとしいれました。

テルヲの騒ぎで落ち込む千代に木暮が言いました。新作映画の主演を試験で選ぶことが決まったらしいと。千代はその試験に挑むことにしました。

試験当日。試験中のトラブルも千代は機転をきかせて乗り切りました。しかし合格者は受験者からは出ず、父親のコネによって滝野川恵が主役を勝ち取りました。

テルヲが千代の有り金を奪い取る

ある日、弥生が撮影所を解雇されることになりました。千代は所長の片金に猛然と抗議するものの、千代は片金から実力のなさを指摘されてしまいました。

そんな中、ガラの悪い男たちが撮影所に来ていたことを千代は知らされました。その男たちはテルヲを追いかけている借金取りだという千代の直感は当たりました。

千代の不在中に、テルヲは千代の通帳と印鑑を奪い取りました。そんなテルヲに千代は有り金をすべて渡して言いました。二度と顔を見せないで欲しいと。

木暮が千代にプロポーズする

木暮は父親と約束していました。五年で映画監督にならなければ撮影所を辞めると。その五年が経過し木暮は退職を決意。一方の千代も女優業に嫌気がさしていました。

千代に恋心を抱き始めていた木暮は千代にプロポーズ。そんな中、一平が三年ぶりに撮影所へ。人の痛みを理解するために自分は芝居をしていると一平は千代に告げました。

一平の言葉に千代は心を動かされました。そしてプロポーズへの返事を小暮から求められた千代は応えました。自分は女優を続けたい、と。

木暮が去り、千代は舞台女優に

木暮のプロポーズを断った千代は、カフェーキネマで女給がビールの売り上げを競い合う
「ビール月間」で一等章を取っていました。

千代を主役に迎えるという約束を果たせなかった木暮が、千代のために飲めないビールを大量に飲み千代を一等章にしていたのです。そして木暮は撮影所を去って行きました。

その翌日。千代は大山と片金から異動を言い渡されました。道頓堀に新たに作られる喜劇の一座で、千代は舞台女優として迎えられることになったのです。

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

今週の展開

第36話 1月25日(月)
第37話 1月26日(火)
第38話 1月27日(水)
第39話 1月28日(木)
第40話 1月29日(金)

Sponsored Link


予習レビュー

残念なお父ちゃんが再登場

あの残念なお父ちゃんがまたしても登場します。

京都までやって来ます。

残念なお父ちゃんは今もなお借金取りから追われているみたいです。

それらしき男も京都までやって来ます。

残念なお父ちゃんは撮影所に乗り込み、千代ちゃんを猛烈に売り込みます。

千代ちゃんを主役に売り込むことで千代ちゃんが主役に抜擢されれば、ギャラをたんまりもらえる。

そのギャラの一部(または大部分?)をせしめようと残念なお父ちゃんは算段していたのででしょうか。

残念なお父ちゃんの残念すぎる行動

千代ちゃんの売り込みに失敗した残念なお父ちゃんが次に向かった先はカフェーキネマです。

千代ちゃんがカフェーキネマに戻ると、そこにはお父ちゃんの姿が。

しかもお父ちゃんの手には、千代ちゃんの通帳と印鑑が握りしめられている。

お父ちゃん、どうやって千代ちゃんの通帳と印鑑を見つけ出したのでしょうか。

それはさておき、残念なお父ちゃんと言えば思い出さずにはいられないのが『スカーレット』のヒロインのお父ちゃんです。

あのお父ちゃんも残念の極みでした。

しかし、娘の大切なものを勝手に持ち出すようなことまではしなかった。

また、お金に困っていたのも怠惰からではなく、事業がうまく行かないという不器用さが原因でした。

千代ちゃんのお父ちゃんに比べると『スカーレット』のお父ちゃんはまだまだマシに見えてしまいます。

木暮くんとのお別れ

木暮くんが京都を去ることになりました。

京都を去り際、木暮くんは千代ちゃんにプロポーズします。

しかし一平くんの登場によって、千代ちゃんは木暮くんからのプロポーズを断ります。

千代ちゃんの木暮くんへの恋バナが始まる直前にも、一平くんが再登場しました。

一平くんの再登場は、千代ちゃんと木暮くんの恋が実らないことを暗示しているようだと述べましたが、やっぱりそんな展開になりました。

千代ちゃんと木暮くんの別れは切ないです。

しかし、ここで切ない経験をしなければ、もしかすると千代ちゃんは大女優にはならない別の人生を歩んでいたのかもしれません。

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す