おちょやん

おちょやん 第10週「」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『おちょやん』
2021年2月8日 〜 2月12日放送

あらすじ

トラブル続きの稽古

一平の書いた台本『母に捧ぐる記』は面白くないと千之助は却下。そして自作の『手違い噺』を上演することを決め、配役すらもすべて独断で決めてしまいました。

ほどなくして稽古が始まりました。千之助と一平以外は喜劇の経験がない役者ばかりが集まった稽古は、始まってすぐにトラブルが続出しました。

歌舞伎のように見栄を切った芝居をする者。セリフに節をつけて歌い出す者。また、活動写真出身の千代を見下すルリ子は、セリフの少しの間違いも許そうとはしませんでした。

鶴亀家庭劇の興行初日

鶴亀家庭劇の興行初日。大山が見守る中、特段のトラブルもなく芝居は進みました。しかし千之助だけ、客が笑っていないことに気がついていました。

千之助は途中から、台本にはない芝居を始めました。千之助の即興に観客は爆笑。千代も千之助の才能に感嘆しましたが、一平は千之助のやり方には否定的でした。

上演が終了。台本にはない芝居をした千之助に対して出演者たちが不満を述べました。しかし千之助は、台本がなければ芝居ができない役者が五流だと言い放ちました。

ルリ子の説得に当たる千代

千之助の言葉に激怒したルリ子が出て行ってしまいました。劇団をやめるつもりでいるルリ子を連れ戻すために、千代と一平はルリ子のもとに足を運びました。

ルリ子は女優をもやめるつもりでした。ルリ子はライバル女優とトラブルを起こした過去があり、どの劇団に行ってもうまくゆかず、これが最後の機会だと考えていたのです。

自分は決してルリ子を裏切るような真似をしないと千代はルリ子に言いました。千代の必死の説得によってルリ子の心は動きました。ルリ子は劇団に戻る決心をしました。

千鳥のアドバイス

ルリ子が劇団に戻ったのも束の間、千之助が再び他の役者たちを挑発。怒った千代たちは、千之助とお客を笑わせる勝負をすることになりました。

しかし千代たちがどれほど知恵を絞っても千之助には勝てません。そんな中、千代の芝居を観に来ていた千鳥が千代にアドバイスしました。

自分が向き合うのは千之助でなく自分が演じる役だ。千鳥のアドバイスによって千代たちは気付き、それぞれが自分の役と真剣に向き合い始めます。

笑いの勝負がつく

鶴亀家庭劇の千秋楽の日。その日も千之助は台本にはない芝居を繰り広げていました。しかしその日、千代たちは、千之助の芝居を自分たちに引き込むことに成功しました。

芝居後に観客たちから寄せられる投票用紙には、千代たちの芝居に満足したことが記されていました。それは千代たちが笑いの勝負で千之助に勝った瞬間でした。

千之助は負け惜しみを言いながらも、千代たちの芝居の勝利を認めました。そして、台本にはない勝手な芝居はもうやめると心に決めるのでした。

<<前週 第9週 | 次週 第11週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

今週の展開

第46話 2月8日(月)
第47話 2月9日(火)
第48話 2月10日(水)
第49話 2月11日(木)
第50話 2月12日(金)

Sponsored Link


予習レビュー

お芝居の世界をディープに描く週

古い時代の芝居の世界での天才タイプの役者・千之助さん。

新しい時代の芝居の世界での天才が開花中らしい一平くん。

二つの世代の芝居、二人の天才。

両者の葛藤が描かれます。

また、その葛藤の中で千代ちゃんが演技の本質に目覚めます。

前週に引き続いてお芝居の世界をディープに描く週になりそうです。

混沌とした劇団

一平くんが模索している新しい時代の芝居に集められた役者さんは、バックグラウンドも様々です。

旧時代の人たちが半ば強引に新しい時代の舞台に引っ張り出されたかのようです。

そんな混沌とした劇団の芝居もまたカオスの中にいます。

混沌としてまとまりのない劇団員。

混乱を極める芝居。

それらがきれいにまとまってゆく様がどのように描かれるのか。

この週は、ブログ主がとても楽しみにしている1週間です。

千鳥さんが早くも復活(嬉)

千鳥さんが戻って来ました!

ブログ主はいつか千鳥さんに戻って来てほしいと願っていましたが、その願いは予想よりもずっと早いタイミングで叶えられました。

そして、戻って来た千鳥さんが放った一言によって千代ちゃんは芝居の本質に気がつきます。

それによって、チーム千代ちゃんと千之助さんの笑いの対決はチーム千代ちゃんが勝利をおさめる。

それはまた、一平くんが模索する新しい時代の芝居が生まれた瞬間。

または受胎した瞬間かもしれません。

早くも復活した千鳥さんが大きな役割を担ってくれました。

<<前週 第9週 | 次週 第11週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す