おちょやん

千代が髪結いの見習いに / おちょやん 第32回

2021年1月19日(火)第7週「好きになれてよかった」

あらすじ

失敗続きで落ち込んでいるところを小暮に励まされた千代でしたが、先輩女優たちの嫌がらせはその後も続きました。先輩女優が千代についての根も葉もない噂を流したのです。そのことで、ついに千代の女優としての仕事はなくなってしまいました。

その日の役者の出番が告知される「出役表」から自分の名前が消えた千代は、自ら女優たちの髪結いを担当する美粧部に入り、髪結いの見習いを始めました。そんな中、千代への嫌がらせを続けてきた弥生が美粧部に飛び込んできました。

撮影まで時間がないので先に髪結いをしてほしい。弥生は美粧部の面々に頼み込むものの、誰も弥生の頼みを聞こうとはしませんでした。しかし弥生に助け舟が現れました。千代です。千代は弥生の髪結いを引き受けたのです。

その翌日、弥生は自分の出番を千代に譲りました。千代の役は恋人と一緒に歩く役でした。しかし恋愛の経験のない千代は恋する女を演じることはできません。そこで千代は、助監督の小暮に恋人の代わりになってほしいと懇願するのでした。

<<前回31回 | 次回33回>>

第7週> | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

千代ちゃんが早くも役者の仕事を干されてしまいました。

役者の仕事とは言っても通行人の役です。

そんな仕事すらも千代ちゃんは失ってしまいました。

そして千代ちゃんが配属されたのは女優の髪結いを担当する部署です。

何事も経験と、腐ることなく髪結いの見習いとして気持ちを切り替えて仕事に挑む千代ちゃんは今日も明るく元気です。

そんな中、千代ちゃんが仕事を干されるきっかけを作った天敵の弥生さんが窮地に。

天敵の窮地を救ったのは千代ちゃんでした。

そして天敵の恩返しによって、千代ちゃんに再び役者の仕事がまわってくるというのが今回のストーリー。

そして、天敵から譲られた仕事がきっかけとなって次なる展開が始まります。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

多分千鳥さんは千代がこうなることが分かって(二代目魁光さん)
他の人だったら大部屋の先輩女優たちの嫌がらせでつぶされる。

千鳥さんはそんなことも想定していたのかもしれません。

向こうには懐かしい顔(よるは去ったさん)
絶妙のタイミングでの再登場でした。

前作の音ちゃんがカフェーに行く(二代目魁光さん)
音ちゃんが男女の機敏を学んだところで働いているのに、そこで千代ちゃんは男女の機敏を学んでいない。

不思議ですね。

千代ちゃんにとってカフェーの客は面倒な男くらいの認識なのかもしれません。

Sponsored Link



感想

久しぶりのまともな人

髪結いを担当する美粧部のボス格の仕事に厳しい女性。

助監督の小暮くんを除いたら鶴亀撮影所で初めて見る筋の通った人物かも知れません。

張り切り過ぎる千代ちゃんに最初だけは驚きを隠せなかったものの、あの女性は大きな声で返事をして仕事をテキパキこなす千代ちゃんみたいなタイプが好きなのでしょう。

また、弥生さんが助けを求めて駆け込んできた時も、弥生さんを助けようとする千代ちゃんの心意気に理解を示してくれてさすがです。

そして、ようやく千代ちゃんが仕事をもらうことができ、千代ちゃんが髪結いを頼んだ時の嬉しそうな顔が素敵でした。

久しぶりの「まともな人」にホッとできる回でした。

恋人のフリ

恋人のフリをお願いするつもりが緊張のあまり「フリ」が抜けてしまい「恋人になってください」と言ってしまった千代ちゃん。

普通の展開ならこの言い間違いが恋バナに発展するところ。

しかし、言い間違いによる「告白」の一部始終を目撃していた人物は、よりによって将来の相手役の一平くん。

恋バナに展開どころか、波乱の展開の予感しかしません。

溝口健二?

村川監督が百合子さんに対して繰り返す「違うな〜」のダメ出し。

これはもしかして溝口健二監督をモデルにしてるのでしょうか。

サイレント時代から活躍し妥協を許さないことで知られた溝口監督は役者へのダメ出しは静かな口調で「違います」を繰り返すのみ。

あとは役者に考えさせた、という記録を何かで読んだことがあります。

<<前回31回 | 次回33回>>

第7週> | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 二代目魁光 より:

    朝ドラ恒例「ヒロイン、恋の機敏を勉強しよう」シリーズ。

    前作の音ちゃんがカフェーに行く、今作は小暮くんに偽彼氏になってもらうという大胆すぎる実践が目立ちますね(笑)

    あれ?千代のカフェーの方はあまり参考にならなかったんでしょうか?(笑)
    東京よりもより濃い人間模様が見られるかと思ってましたが…。

    そして、ことあるごとに偶然顔を出す一平くん。見ちゃいけないものを見てしまったという動揺を隠しきれない表情。
    エンカウント率は一時期の浩二並み。いやそれ以上ですね(笑)

  2. よるは去った より:

    千代「うちの恋人役になってくれはらへんやろか・・・・・・・?」 

    「俺ならエエで。」と言ってしまうとこでした。

     そして

    千代「ほお・・・・・?」

     向こうには懐かしい顔が・・・・・・・・!

  3. 二代目魁光 より:

    多分千鳥さんは千代がこうなることが分かって鶴亀撮影所に送りこんだんでしょうね。

    純粋すぎる性格で曲者たちとの衝突で壁にぶち当たることも優しさとガッツでそれも乗り越えられることも。

    素直じゃない千鳥さんの辛口エールでしたね!
    千代の味方を作る能力の成せる技ですね。

コメントを残す