おちょやん

テルヲが千代の元に通う / おちょやん 第37回

2021年1月26日(火)第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」

あらすじ

千代を主演女優にしてやると宣言したテルヲは、鶴亀撮影所に顔を出すと千代を主役に起用してくれと所長の片金に交渉を始めました。さらに撮影現場を引っ掻きまわし、撮影が中断になるほど現場を大混乱におとし入れもしました。

テルヲが現場に迷惑をかけたことで千代は深く落ち込んでしまいました。そんな千代を励まそうと、小暮がある情報を千代に教えました。それは、これから撮影が開始される新作映画の主演を選ぶ試験が、近いうちに行われるというものでした。

そして迎えた主演女優を選ぶ試験の日。千代が試験に挑んでいるそのとき、社長の大山が湯呑みを床に落とすというハプニングが起きました。しかし千代は機転を利かせて、そのハプニングを巧みに芝居の中に取り込んでしまいました。

しかし、試験の結果は合格者なし。父親がお金を積んだ女優が主演の座を射止めました。そのことに一番激怒したのはテルヲでした。テルヲは大山に抗議。その抗議の言葉に、千代は心を動かされるのでした。

<<前回36回 | 次回38回>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週 | 第12週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

中堅女優としてのポジションを手に入れた千代ちゃんの元に再び姿を現した残念なお父ちゃんは、撮影現場を混乱におとし入れいました。

残念なお父ちゃんが千代ちゃんの前に姿を現した理由。

きっとお金が目的なのでしょう。

中堅女優になった千代ちゃんならお金を持っているはず。

そう考えたに違いありません。

自分が映画女優になって有名になればヨシヲくんが見つけてくれるかも知れない。

そう信じていた千代ちゃんを見つけたのは、とんでもない人でした。(苦笑)

そんな中で、千代ちゃんが主演の座をつかむチャンスがめぐってきました。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

「割引券」には笑いました(よるは去ったさん)
中身を確認するのを怠ったようですね。

千代への思いも本物(二代目魁光さん)
はい、本物だと思います。

亡き奥さんによく似ている、と言ったところがお父ちゃんの本気を示しています。

覚悟の不足が足りない(ぐうたんさん)
ご指摘ありがとうございます!

訂正しました。

寅田の熊次郎(二代目魁光さん)
そういえば、熊ちゃんはその後どうなったんでしょうね。

戦後編に再び出て来ることを期待したのですが・・・

Sponsored Link



感想

お父ちゃんの千代ちゃんに対する愛情

主役の選抜試験で千代ちゃんが不合格にされたことに激怒し、大山社長に対して猛然と抗議をするお父ちゃん。

千代ちゃんは日本一の女優になると言ったあの言葉は本心から出たものでしょう。

亡き奥さんとよく似てべっぴんさんだと言い、今でもその死を引きずっているらしい奥さんの面影を千代ちゃんに重ねたところに、お父ちゃんの本心が見え隠れします。

千代ちゃんもそれがわかったのでしょう。

おおきにと言ってました。

しかし、それまでの騒動があまりにもひどかった。

とりわけ、片金所長に金品を渡すくだり。

カフェーキネマの割引券だったから笑い話で終わったものの、お父ちゃんはあれを札束が入った封筒だと思って盗んだはず。

れっきとした盗みです。

堂々と窃盗まではたらいてしまう朝ドラヒロインのお父ちゃんというのは、朝ドラ史上初めてではないでしょうか。

というわけで、お父ちゃんの千代ちゃんに対する愛情は、それまでの騒動で相殺消去されてしまった『おちょやん』第37回でした。

<<前回36回 | 次回38回>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週 | 第12週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. ひるたま より:

    夕方16時台の朝ドラ再放送枠で、今日から『花子とアン』再放送が始まりました。(個人的には今回初めての視聴となります)
    現在放送中の『おちょやん』とつい比較しちゃいたくなるものでして…。f^^;
    主人公の生家が貧しい点は両作共通しているのですが、学校にお弁当を持って行けているはなちゃんの方が恵まれているかな?…と思ったら、2話の最後でまた学校に行けなくなってしまい、千代ちゃんと同様に。
    それでも、家族が子供に愛情を注いでいる点で安東家の方が竹井家よりは格段に恵まれているように個人的には感じました。

    そしてはなちゃんの父親:吉平さん(演:伊原剛志さん)。学校の先生にダメ出ししたり(しかもちょうどはなちゃんが授業を受けていた最中…^^;)、初対面の牧師さんにいきなり「娘に洗礼を受けさせて欲しい」とかなり無茶苦茶な要求(?)を突き付けたり、かなり目茶苦茶な父親ではありますが…それでも全ては娘に優れた教育を受けさせたいが故という事ですね。テルヲと比べると(比べてはいけない?^^;)、吉平さんは良き父親に映ります。
    …というか、今まで朝ドラに複数登場した“ダメ父親”達が全員良き父親に思えてなりません…。(全員といっても、私が見た僅かな範囲ですが…^^;)
    この先テルヲ以下の“ダメ父親”が朝ドラに登場する事があるのでしょうか…?(;^_^A

  2. たいとうみほ より:

    テルヲ父ちゃんの人物像を考えるうえでちょっと気になったのが「竹井千代」「鶴亀撮影所」という漢字が読めたのね、という事です。奉公したての千代ちゃんが「人形の家」の台本が読めなかった事を考えると、少なくともその程度の漢字がわかる程度の教育はあったという事に。「おしん」の両親や兄も読み書きができなかったので、本当の貧困であれば識字率は低いのが普通でしょう。むしろヨシヲ君の方が、千代ちゃんがいくら頑張っても字がわからないので、それが姉やんだとは気づかない事もありうるのでは?と危惧してしまいました。

  3. 丹善人 より:

    千代ちゃんが撮影所に潜り込もうとして、何度守衛ともめあいになったか。
    それに比べて、いくら大部屋女優の父親と自称(最初は自称のはず)しても
    よく入れた物だ。こんな明らかに、事実不審者を入らせてセキュリティーは
    どうなってるんだろ。
    社長と直談判とか、まずあり得ない。撮影所内自由にうろつき回って、
    金品関係紛失したり、誰かに危害加えたらどうするんだろうか。やりかねないから
    恐い。守衛さん即刻クビになるだろう。

    いくらドラマを面白くしようという意図があったとしても、ありえない設定で、
    不愉快で見ていられない。史実はどうだったんでしょうかね。

  4. オペラ座の怪人 より:

    キラキラネームが就職で苦労するのは、
    もちろん、本人に非はなくて、
    でも、キラキラネームを名付けるような親は、
    変わり者に決まっていて、

    そんな、変わり者の親を持つ子供を採用すると
    会社で、子供の配属やら異動やらで、何かあったら、
    親が面倒くさいことを言ってきそうだ、
    だから、キラキラネームの子は採用しない、のだそうで、

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    今日の千代ちゃん、最後、お父さんに、
    「おおきに」って言っていたけど、
    いやあ、あんな親じゃ、ダメでしょ。
    まあ、朝ドラだから、何とかなるんだろうけど。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    千代ちゃん、君は明るくって、可愛くって、最高だ!

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  5. 還暦のたつお より:

    やっぱり、テルヲは、みんなに迷惑をかけまくりですが、現れるたびに千代ちゃんの運命を転がします。珍しくテルヲはいい事を言いますが、やはり慣れないことすると、ひどい目に遭います。

  6. 秋桜おばさん より:

    トータスさんの演技力の高さではありますが、トータスさんが出てくるとハラハライライラしますねー(*`へ´*)
    千代ちゃんを思っての啖呵も、根底にお金欲しさがあると思うと心に響かないなぁ。
    それにしても、役者の身内ってことであんなに撮影所に自由に出入りしても大丈夫なんでしょうか。

  7. 二代目魁光 より:

    スポンサーの令嬢、滝野川さんが謎のオーディション合格。

    ん…。似たようなヤツを見たことがあるぞ…。
    しかも割と最近に…。

    あっ!寅田の熊次郎や!
    似たような鼻につく奴やったなぁ〜(笑)

    今も有名無実なオーディションは結構ありますが、今も昔も変わらないですね…。

  8. 二代目魁光 より:

    いちいち余計な行動ばかりすることに定評があるテルヲですが、売れる為にはなり振り構わないのは唯一評価できるところですね。本当に唯一ですよ(笑)

    大山社長に対して啖呵切った時の千代への思いも本物でしょう。
    誰よりも千代の良く知っていた。
    腐り切っても父親でしたね。

    千代の見る目も変わってきたように思いましたが、テルヲの原動力が「金」しかないのは残念の極みです。

  9. よるは去った より:

    平八「こんなことされたら困ります・・・・・・・・。」

    六郎「やっぱりなくなってるわ・・・・・・・・。」

    「割引券」には笑いました。

コメントを残す