おちょやん

主演女優選抜試験の結果 / おちょやん 第38回

2021年1月27日(水)第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」

あらすじ

カフェーキネマで定期的に開催される、女給たちがビールの売り上げを競う「ビール月間」が始まりました。カフェーキネマにもやって来たテルヲは、千代に一等を取るようけしかけました。そんな中、カフェーの前にはガラの悪い男たちが集まりました。

テルヲの借金取りが再びやってきたのかと身構える千代の前に姿を表したのは、小暮たち鶴亀撮影所で働く面々でした。酔って上機嫌になった小暮は、映画監督になるという自分の夢を千代に語りました。

その翌日、大部屋女優の弥生が解雇されました。そのことに激怒した千代は所長の片金に抗議。しかし、片金は千代の抗議に取り合わないどころか、女優としての覚悟が足りないと千代に詰め寄りました。

一方、テルヲが借金取りに見つかってしまいました。追い詰められたテルヲは千代の部屋に侵入。千代の貯金通帳とハンコを盗み出しました。そして、逃げ出そうとしたその時、帰ってきた千代と鉢合わせするのでした。

<<前回37回 | 次回39回>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週 | 第12週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

新作映画の主演女優を選抜する試験に千代ちゃんは挑んだものの結果は不合格。

というか合格者は一人も出ませんでした。

そして採用されたのは、お父上が鶴亀撮影所に金を積んだことで起用が決まった若手女優。

かたやお父上の裏金で主演の座をつかむ女優がいて、かたや金の無心に来た(らしい)父親に悩まされる千代ちゃんがいる。

見事な対比。

この対比で何を描こうとするのでしょうか。

中堅女優にはなれたものの主演の座をつかみ損ねた千代ちゃん。

その一方で、助監督のまま停滞している小暮くんが夢を語ります。

千代ちゃんが鶴亀撮影所に入ったときから今に至るまで助監督のままの小暮くん。

彼の夢な叶うのでしょうか。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

救いようがおまへんな(よるは去ったさん)
落ちるところまで落ちましたね。

競争社会の厳しさを目の当たり(二代目魁光さん)
片金さんの厳しさにも驚きました。

そして片金さんの仕事への姿勢を見直しました。

株を上げたかに見えましたが(二代目魁光さん)
落ちる要因を抱えたまま株を上げてもすぐにまた落ちるということですね。

正論(還暦のたつおさん)
カタキンさん、真面目に仕事をしている人だったんですね。

質屋に持ってた質草(たいとうみほさん)
自分のものでないことだけは確かですね。

京都に来てから最低でも3回盗みをはたらいたことになります。

すっぱりと縁を切るべき(秋桜おばさん)
改心するまでは、もうこれ以上出てきてほしくないですね。

改心するかどうか定かではありませんが・・・(汗)

結構、強いのね。(オペラ座の怪人さん)
片金さん、腕っぷしの強く仕事に対しても真面目。

なかなかの人物ですね。

朝ドラ史上最も同情の余地の無い登場人物(重信六三郎さん)
「最初で最後」であって欲しいです。

「#小暮沼」が発生(ひるたまさん)
京都は周囲が強烈な人たちばかりだけに沼が深いですね。

Sponsored Link



感想

朝ドラ史上最低最悪の父親確定

千代ちゃんの貯金通帳を盗み出すお父ちゃん。

このエピソードによって、朝ドラ史上最低最悪のヒロインの父親が確定です。

話が前後しますが、カフェーキネマに集まってくる「ガラの悪い男たち」は、お父ちゃんの借金取りであろうと予想していました。

しかし、その「ガラの悪い男たち」とは鶴亀撮影所の面々。

今はもうそんな状況ではないらしい?

前回に描かれた、お父ちゃんの娘思いへの意外な一面と合わせて、少〜しだけお父ちゃんのことを見直そうかと思っていた矢先にの「盗み」

少しだけ上げられた末に落とされました。

実は本気の職業人だった片金さん

どこまで本気で仕事をしているのかわからない片金さんは、実は本気の職業人でした。

「役者は孤独との壮絶な戦い」

片金さんの口からこんな厳しい言葉が出て来る日がやって来るとは想像もしていませんでした。

主演女優を選抜する試験で、主演のポジションが買収されていなくても千代ちゃんは合格などできなかったという片金さんの言葉はきっと本当のことなのでしょう。

一方で、小暮くんの脚本を評価する眼力もかなりのものかと思われます。

映画監督のジョージ本田は変な見た目ではありながら、仕事には真剣に向き合っている人でした。

片金さんも同じでした。

<<前回37回 | 次回39回>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週 | 第12週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. ひるたま より:

    ネットニュース等で度々見かけるのですが…昨年の「#八郎沼」に続いて今年は「#小暮沼」が発生しているとか。(番組公式のSNSサイトでも公認(?)されている様子です^^;)
    かくいう私も…その一人です。(;^_^A

    ひと癖以上ある登場人物のオンパレードの中に在って、小暮さんは良くも悪くも“常識人”かな~と、個人的には思っています。良く言えば常識人、悪く言えば平凡な人間…芸術方面に関する才能に関しては小暮さんは凡庸ですが(故に脚本を書いても採用されないのでしょう)、曲者ばかりが揃っている鶴亀撮影所でよく複数年頑張っているな~と思うのは私だけでしょうか。
    おそらく今週で小暮さんは表舞台から“退場”となる可能性大ですが、何らかの形での“再登場”も期待しちゃいます。(^^)

  2. 重信六三郎 より:

     スパロウリズムから扇風機と扇風機のデータを盗んで大企業に売り込もうとした『半分、青い』の津曲さんは、息子さんからの電話で自身の愚かさに気付いて思い止まりましたが…。

     テルヲさん、千代ちゃんの部屋を物色している時にサエさんの写真を見ても何も感じかったのですね…。

     嗚呼、情け無い…。

     朝ドラ史上最も同情の余地の無い登場人物ですね…。

  3. オペラ座の怪人 より:

    六角さん、
    結構、強いのね。

    お父さん、
    ほんと、いい加減にしておくれ。

    千代ちゃん、自分に何が欠けていたのか、
    気づいたんだね。
    明るくって、可愛いだけじゃ、駄目なんだね。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  4. 秋桜おばさん より:

    ここまでする父親なら、もうすっぱりと縁を切るべきです(怒)

  5. たいとうみほ より:

    無断で娘の部屋を家探しして金目の物を持ち出すのはこの当時でも立派な犯罪です。警察に突き出せ、網走で震えさせろ!と心底思ってしまいました。質屋に持ってた質草は何だったんでしょう、あれも千代ちゃんかキネマから失敬したもののはずです。

  6. 丹善人 より:

    ことわざ、間違って引用されているようですが、「情けは人のためならず」というのは、
    他人に情けをかけると、めぐり巡って自分にも良いこととして戻ってくるという肯定的な
    意味なんですけれどね。

  7. 還暦のたつお より:

    ガラの悪い人たち。借金取りかと思いきや撮影所の人たち。でもあの業界の人たちってひと昔前はいわゆる、今で言う反社の人たちと紙一重だったのですね。あっ、喧嘩始めた。弥生さんは、いい人だとわかった所でお別れです。でもカタキンさんの言うは厳しいけど正論です。

  8. 二代目魁光 より:

    株を上げたかに見えましたが、1日でやっぱり大暴落でしたね。
    所詮キングボンビーはキングボンビーです…。

    歴代朝ドラのダメ親父も子供の貯金に手を出すことだけは一切しなかった。
    しかし今回で絶対やってはいけない一線、タブーを破ってしまいました。

    朝ドラの歴代ダメ親父ナンバー1選手権、ぶっち切りの優勝です。

    しばらくは劇中に出ないかと思いますが、願わくばもう出ないで貰いたいものです。

  9. 二代目魁光 より:

    情けは人の為に成らずを突きつけられた回となりましたね。

    千代は弥生さんに同情したところ競争社会の厳しさを目の当たりにして、小暮くんは千代に肩入れした脚本を切り捨てられ、テルヲはこれまでの施しに報いず千代の貯金に手を出しました。

    正直者は馬鹿を見る。この言葉は好きではないですが、同意できる部分もあります。

    上手く立ち回らなければ、厳しい社会は生き残れない。
    この回が千代をどう成長させるかですね。

  10. よるは去った より:

    テルヲ「賭場ないけ・・・・・・・・?」

    こういうことが益々泥沼に自分を沈めていくことに気づけと、この人に言うだけ無駄なんかなあ。

    千代「何しているのかと聞いているやろ・・・・・・・・・。」

    娘の部屋を荒らして通帳まで持ち出そうとするとか救いようがおまへんな。

コメントを残す