おちょやん

みつえと福助が駆け落ち / おちょやん 第54回

2021年2月18日(木)第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」

あらすじ

鶴亀家庭劇の『マットン婆さん』の公演初日の前日の夜。千代が岡安に帰ってくると、みつえが出かけようとしているところでした。その翌朝、岡安の面々に衝撃が走りました。みつえが書き置きを残して駆け落ちしてしまったのです。

そして迎えた鶴亀家庭劇の『マットン婆さん』の公演初日。千代や一平が案じた通り、千之助は封印したはずのアドリブを連発。台本にはないセリフを繰り出し、観客の笑いをとることに成功しました。

しかし、千之助のアドリブは一平が描きたかった「母親の愛情」が色濃く表現されていました。千之助のアドリブに心を動かされた千夜たちもアドリブで応じました。そして拍手喝采のうち公演初日の幕は閉じました。

千之助が書き換えた台本の出来栄えとアドリブの秀逸さに一平は舌を巻きました。そして千之助の真意を理解しました。一方の千代は劇場を飛び出すと、みつえがいるはずのところへ一目散に駆けつけるのでした。

<<前回53回 | 次回55回>>

第11週 | 第12週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

みつえちゃんと福助くんが家出をしてしまいました!

千代ちゃんだけは、二人の行き先(または、駆け落ちのための待ち合わせ場所?)を知らされていたようです。

しかし、二人が家出したその日は鶴亀家庭劇の公演初日。

千代ちゃんはみつえちゃんのもとに足を運ぶわけには行きません。

一方、鶴亀家庭劇の公演初日の舞台では、もうアドリブをしないと約束したはずの千之助さんがまたしてもやりたい放題。

しかし、今回の千之助さんのやりたい放題は、前回のやりたい放題とは意図が異なるのかもしれません。

前回のやりたい放題は自分のやりたいことを優先しただけでした。

しかし今回のやりたい放題は、作品をより良くするために一平くんを教え導いているような気がします。

千之助さんの意図がどのように描かれるのか。

その点が、若い二人の駆け落ちよりも興味津々な回です。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

無償の愛情が千之助君にはあるのでしょうか(よるは去ったさん)
少なくとも師匠としての弟子への愛情は見え始めましたね。

実の親の愛に飢えていた千代が蚊帳の外(二代目魁光さん)
みつえちゃんの駆け落ち騒動で千代ちゃんの気が散ってしまったのが惜しいですね。

シズさん、意外に甘い母親でした(還暦のたつおさん)
本当に意外でした。

千さん、さすがでふなあ。(オペラ座の怪人さん)
千之助さんの才能がやっと見えてきましたね。

ただのイケズじゃなかった(秋桜おばさん)
千之助さんの一平くんへの愛情に感激しました。

女性キャラを描くのは不得手(還暦のたつおさん)
半沢直樹の奥様は確かに微秒です。

千さんと一平の師弟(還暦のたつおさん)
今週のメインテーマをこの一点にフォーカスしたらもっとわかりやすかったかもしれません。

千之助さんと母親との関係(丹善人さん)
千之助さんの生い立ちが気になり始めています。

元の台本のテーマを生かすアドリブ(重信六三郎さん)
どういう心境の変化があったんでしょうね。

第13週以降のあらすじ(ひるたまさん)
先日の新キャストの発表で戦時下に入ることだけはわかりましたね。

Sponsored Link



感想

師匠

『おちょやん』放送開始前のキャスティングのアナウンスで一箇所だけ解せない点がありました。

千之助さんが千代ちゃんと一平くんの師匠とアナウンスされていたところです。

ドラマが始まってみると千之助さんは面倒臭いキャラクターではあっても、決して千代ちゃんと一平くんの師匠には見えない。

千之助さんも二人の師匠である自覚があるようには見えない。

物語の筋書きに変更が加えられたのかなと、ブログ主は考えていました。

しかし今回・・・

千之助さんが千代ちゃんと一平くんの師匠になった瞬間を見たような気がしました。

少なくとも一平くんの中では、千之助さんが師匠になったのではないか。

千之助さんも師匠として一平くんのあるべき姿を見せたのでないか。

そんな気がしました。

そんな重要な場面、みつえちゃんのことが心配な千代ちゃんの、千之助さんへの評価の変化が今ひとつ見えなかったところがちょっとばかり惜しい。

でも、舞台の上では、千之助さんのアドリブに対して千代ちゃんは明らかに目を見張っていました。

みつえちゃんの騒動が収まったら、千代ちゃんも千之助さんの才能に向き合うことはできるのでしょうか。

<<前回53回 | 次回55回>>

第11週 | 第12週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. ひるたま より:

    朝蔵さんも含め、既に皆様が指摘されていますが…
    ①千之助と一平の師弟関係
    ②みつえと福助(=岡田家と富川家)の恋愛に関するエピソード
    今週はこの2つの話が同時進行している…という認識で宜しいのでしょうか。

    『ちりとてちん』は、落語パートとドラマのストーリーが実に上手くリンクして話が展開していたのだな~と再認識した次第です。(演出etc.で『ちりとてちん』をかなり意識して作られているように思われる今作。今週は「子に向ける親の無償の愛」という事でリンクさせたかったのかもしれませんが、うー…ん?率直に申し上げてしまうと非常にわかりにくい。録画を複数回繰返して再生しましたが、今一つ入って来なかったものでして…私の理解力不足だけなのかもしれませんが(^^;)

  2. 還暦のたつお より:

    すみません。今日は取り留めのない事をだらだら書いてしまいました。見当はずれの事を書いていたらごめんなさい。でも最後に、ひとつ。千鳥と千代。千之助と一平。この二組の師弟関係は、かなり対比させて描いているのですが、今一つ作劇上しっくり来ていない気がする。何故だろう。

  3. boxster981 より:

    誤解の無いように申し添えますと千之助は一貫して愛情を持って接していたと思います
    芸に対する愛情と弟子に対する愛情とが両方強いので面倒くさい性格に見えただけ
    思い出せば千鳥師匠だって似たような性格ありますよね
    褒めて育てよという現代風とは一線を画すものではありますが理解できるところです

    因みに間に千代ちゃんを挟みましたが、ルリ子さんも立派に成長したと思います
    一平に任せていたら劇も劇団もどうなっていたか想像してみて下さい
    千之助はそれが予測出来ていたので敢えて悪者になり厳しく接したのだと思います
    まぁ半分天性のままに振舞ったのでしょうが
    いずれ一平(天海)とは袂を分かちますし…

  4. 重信六三郎 より:

     千之助さんの今回のアドリブ…、

     今までのような自分だけが笑いを取るアドリブではなく、元の台本のテーマを生かすアドリブでしたね…。

     それに気付いた一平君も大した物です…。

     いつか、千之助さんが一平君に言い放った、

    「私は喜劇役者です、あなたは何者ですか?」

    という言葉を思い出しました…。

     千之助さん、一平君を喜劇役者として認め始めた、という事でしょうか…。

  5. boxster981 より:

    みつえの駆落ちは余計というのは言い過ぎか!?
    少なくともサイドストーリー、本題は劇中劇の素晴らしさと千之助の愛情
    そしてそれを通じての一平の成長
    今日の一平は良かった
    初めて精神的に成長して視野を一回り広げた

    母の愛を本当の母子で描かない方が良く伝わる好例だ
    今までの一平はそこに意識が向いていなかった
    ようやく座長の器と二代目を名乗る下地が出来たような気がする

    (昨日までは失望の連続でとてもブログ主様のように一平を温かく見れなかった)
    (主人公は千代なのになぜそこまで一平を持ち上げるのか正直理解できなかった)

    一平はプラスの方向には何の役割も果たさず千代ちゃんの足ばかり引っ張ってきた
    本質的にお父ちゃんと同じ位置づけなのにみんな気付かないのだろうか?
    しかもお父ちゃんのような突き抜けた憎めなさがなく中途半端
    今後結婚して千代を裏切り捨てていく所までパーソナリティーを維持できるのだろうか?

    このドラマ週ごとに回ごと主要人物のキャラクターの振れが激しく戸惑いを感じる
    御寮さんにすら今週はアレっと思ってしまった
    安定しているのはお家さんくらいだ(お茶子出身の立身者ということで千代の良い手本)

    一平が情けなく一貫して千さんを応援してきたがこれからは公平に見れそうだ
    ブログ主様は私の千之助贔屓が気に食わないようではありますが…
    師匠という位置づけ(史実では家庭劇の座長)が腑に落ちて良かったです

  6. 丹善人 より:

    一平君も千代ちゃんも「母親の愛」に関しては観念的な物しか無い。上っ面な台本では
    表されない物、それを二人に伝えるのが今回の「マットン婆さん」。千代ちゃんはまだ
    女性陣の中で過ごしてきたけれど、一平君は家庭的な女性を知らないままに育ってきて、
    「お前に何がわかるんじゃい」と言われるくらい。そりゃお婆さん役を演じ続ける裏には
    それだけの勉強をしてきた千之助さんでないと見えない部分があるのでしょうね。
    ドラマでは出てこない裏設定として、千之助さんと母親との関係もあったりして。
    関係ないけれど、忌野清志郎の名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」の日本語歌詞には、
    彼を育ててくれた義理の母親への感謝と愛情がいっぱい盛り込まれているそうですが。

  7. 還暦のたつお より:

    追記ですが、今週のお話では、駆け落ちの話ではなくて、千さんと一平の師弟の葛藤とそれを超えた理解がメインテーマになってしまった気がします。

  8. 還暦のたつお より:

     脚本の八津さんは、男性キャラを描くのは得意でも、.女性キャラを描くのは不得手のような気がします。「半沢直樹」を見ていると特に。「半沢直樹」では女優さんが皆、優れていた上に登場シーンが少なかったのでその欠点は露呈しなかったのですが。江口のりこさんの議員役が良かったのは彼女の演技力の賜物です。

  9. 秋桜おばさん より:

    千之助さんはただのイケズじゃなかったんですね。
    今まで、アドリブでみんなを振り回していた頃には見えなかったですけど…。
    それにしても、立ち稽古の時のあのやる気ない姿と本番とのギャップ(笑)
    一平ちゃんが、千之助さんの気持ちに気づいて認めたことは嬉しいですね。

  10. オペラ座の怪人 より:

    千さん、さすがでふなあ。
    でも、もう少し、
    劇団のみんなと、協調的にやればいいのに。
    あと、千さんに、いつもくっついている、
    あの変な髪形の男子って、誰でしたっけ?

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  11. 還暦のたつお より:

    シズさん、意外に甘い母親でした。小さい時に甘やかされて、成長してから厳しくされると、ちょっと屈折します。
    ほっしゃんのお婆さん役、板に付いていました。当たり役だった寛美師匠や、博多淡海さんを思い出します。

  12. 二代目魁光 より:

    親の無償の愛を描いた今週。

    ここまで実の親の愛に飢えていた千代が蚊帳の外なのが非常に残念です。

    千代にも葛藤や違和感があるのは間違いないでしょうし、そこを掘り下げたら次回以降のフラグや綿密な内面描写にも繋がるはずなんですけどね…。

    何も無かったかのように違和感なく演技していることが違和感に感じてしまいます(笑)

    千之助兄さんの「お前に親の何がわかんねん!」は千代にも刺さるセリフのはずがスルーでしたし…。

    ぱぽりんさんやBoxster981さんの薄っぺらいという感想はやっぱりそういうところかなと思ってしまいますね…。

  13. よるは去った より:

    千之助「マットンはうれしゅうて・・・・・・・・。」

    一平君に本当の大物役者に早くなってほしいという無償の愛情が千之助君にはあるのでしょうか。

よるは去った へ返信する コメントをキャンセル