おちょやん

千代がヨシヲと再会する / おちょやん 第57回

2021年2月23日(火)第12週「たった一人の弟なんや」

あらすじ

鶴亀家庭劇の『若旦那のハイキング』の公演初日。主人公が恋人と心中することを決意する場面で、千代はヨシヲのことを思いながら迫真の演技を披露しました。その千代の熱演に引っ張られる形で一平は思わず千代に口づけしてしまいました。

そのとき、劇場を監視していた検閲官が芝居の即刻中止を言い渡しました。一座の面々に衝撃が走るものの、熊田の必死の謝罪によって翌日以降も公演を継続することが認められました。その日の夜、千代と一緒に道頓堀を歩く一平を若い男が殴りかかりました。

その若い男は、千代の弟・ヨシヲでした。それは、千代とヨシヲの13年ぶりの再会でした。千代はヨシヲを岡安に連れて帰りました。そして岡安の面々にヨシヲを紹介。岡安の面々は千代とヨシヲの再会を心から祝福しました。

そんな中、鶴亀家庭劇の公演が中止されました。社長の大山に、劇場に火を放つと脅迫電話が入ったのです。一方、ヨシヲから殴られたとき、一平はヨシヲの胸元の刺青を見逃しませんでした。そして、そのことが気になっていました。

<<前回56回 | 次回58回>>

第12週 | 第13週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

千代ちゃんがついにヨシヲくんとの再会を果たします。

しかし、再会するのは不穏な時代。

前回は、一平くんが書いた台本は検閲官によって書き換えられてしまいました。

今回は、再び検閲官によって今度は芝居そのものの即刻中止命令。

また、今回の最後か次回には、鶴亀家庭劇に脅迫電話が入り興行はすべて中止に。

不穏な時代の中で物騒な騒ぎも発生。

そんな時代を背景にしたヨシヲくんとの再会です。

そして、次回あたりからはヨシヲくんとの再会も素直には喜べない展開に。

朝ドラらしからぬ、かなりエグいストーリーが始まる予感でいっぱいの『おちょやん』第57回でした。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

そんなに衝撃(よるは去ったさん)
ほげたが達者な千代ちゃんも口をふさがれてしまうと、得意のアドリブで返すことができませんね。(笑)

ヨシヲは千代のことを思っており(二代目魁光さん)
お父ちゃんとは異なりヨシヲくんには救いが残されてますね。

全て裏目(名乗る程のものではございませんさん)
かめさん、いちいち地雷を踏みましたね。(笑)

弟だと分かるものかな(秋桜おばさん)
前回、ヨシヲくんとすれ違った際には千代ちゃんはそれが弟だと気がつかなかったようです。

美空ひばりさん(還暦のたつおさん)
そんな悲しいエピソードがひばりさんにもあるんですか!?

父親譲りの、借金体質(オペラ座の怪人さん)
お父ちゃんを反面教師にして成長していますように。

今週だけの登場(丹善人さん)
後半の主要キャストとしてアナウンスされているので、まだまだ登場場面が用意されているかもしれません。

感動の姉弟再会の話(重信六三郎さん)
感動の再会ながらも随所に暗いフラグが立ってましたね。

恨んで育つ(Anneさん)
姉やんは自分を捨てたという思い込みが勘違いであると気づく日が来て欲しいです。

Sponsored Link



感想

早くもブラックな展開がスタート

ヨシヲくんがダークサイドに転落していたことは事前の情報で知っていました。

そして、そのことに一平くんがいち早く気がつくことも知っていました。

しかし一平くんが何をきっかけにして、ヨシヲくんの素性に気がつくのかが謎のままでした。

かつてテルヲお父ちゃんが千代ちゃんの身売りを相談している現場を目撃したときのように、一平くんが悪い仲間と一緒にいる現場を目撃することになるのか。

そんな予想もしました。

しかし、テルヲお父ちゃんの時とは異なり、一平くんはすでに顔が割れています。

ヨシヲくんの密談現場に一平くんがいようものなら、ヨシヲくんは間違いなく警戒し、その場から立ち去るに違いない・・・

そんな謎が早くも解明しました。

一平くんはヨシヲくんの刺青に気がつきました。

さすが脚本家の観察眼。

一方で、ヨシヲくんの仲間たちが姿を表しました。

こんな急展開でブラックなストーリーになってしまうとは意外でした。

追伸:脅迫電話を受けたときの大山社長の反応、池井戸潤さん原作のドラマを思い出さずにはいられません。

<<前回56回 | 次回58回>>

第12週 | 第13週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. ひるたま より:

    続きです。
    「役者には向けへん人相やな」← 言い換えれば、ヨシヲくんは根本的には嘘がつけない人物なのかもしれない…という気も、個人的にはして来ました。

    既に他の皆様もコメントも触れられていますが、子供時代のヨシヲくんを演じた荒田陽向さんと成長したヨシヲ役の倉悠貴さん…今回も違和感ないキャスティングですねぇ…改めて唸らされました。(もっと言ってしまえば、姉の「千代」役の杉咲花さんにも何となく顔立ちが似ているような? 姉弟と言われても違和感が殆ど無い)

    演じられている倉悠貴さんは俳優デビュー2年目での朝ドラ出演(抜擢)とか。
    ヨシヲ役の俳優さんがなかなか発表されなかったので、『なつぞら』での「千遥」清原果耶さんの時と同様にサプライズが用意されているのかな?とも思っていました。(もっとも清原果耶さんの場合は多媒体にすっぱ抜かれた事でサプライズで無くなってしまった訳ですが…)

    なお先程番組公式HPで登場人物紹介を確認した所、ヨシヲ役に関してはまだ子役の荒田さんしか掲載されていませんね。写真撮影が追い付いていないのでしょうか(?_?)

  2. ひるたま より:

    率直に申し上げてしまうと…ヨシヲくんが登場した事で、私の中では鶴亀家庭劇の話が何処かに吹き飛んでしまったのが実情です(;^_^A。(『なつぞら』での大人千遥ちゃん登場場面を思い出しました)

    千代「え?…姉やん?…ヨシヲ…ヨシヲか!?…ほんまにヨシヲや。…今までどこで何してたんや?何でもっと早く会いに来いへんかったんや?…こない大きなって…」
    ハナ「なかなかの男前さんやけど、役者には向けへん人相やなぁ」
    シズ「千代の弟さんやったら、わてらにとっても家族同然だす。何でも遠慮のうな」

    千代ちゃんとシズさんはすっかり、ヨシヲくんの言う事を疑いもせず信じ切っていますね。
    その一方でお家さん=ハナさんは、ヨシヲくんから“何か”を感じ取った(嗅ぎつけた)かな、と見ながら個人的に感じました。歳の功もあるかもしれませんが、ハナさんはかなりの苦労人と見受けます。
    千代ちゃんとシズさんは、基本的に人を信じる人…つまり、受けるべき時にきちんと愛情を受けて育つ事が出来た⇒ 故に人を信じる事が出来るのでしょうね…きっと。千代ちゃんは実家族との縁は……だけれど、「岡安」で本当に人に恵まれたんだな~と私は再認識しました。周囲に恵まれて育った姉を見たヨシヲくんは何を感じたのかな。明日以降徐々に明かされて行くのでしょうけれども。

    今日の最後の方の場面で祠に手を合わせていたヨシヲくんを見ながら、「ようも姉やんを傷物にしてくれたな!」という彼のセリフが芝居でなく弟としての本心であって欲しいと個人的には願わずにいられませんでした。

  3. 名乗る程のものではございません より:

    先週は『うたこん』『SONGS』と秦基博さんがドラマ主題歌披露されていたけど、改めて聴くとホント良い曲ですね。特に二番の歌詞が心に響きます。

    『うたこん』ではトータス松本さんが『河内のオッサンの歌』披露されていたけど相変わらず良い声なされてますね、やしきたかじんさんや桑名正博さんが鬼籍に入られた現在、この方にはすえながく大阪を歌い継いで頂きたいと願いました。

  4. Anne より:

    ヨシヲはきっと、あの出来損ないのお父ちゃんから姉やんは家族を捨てて出ていったんやと聞いて育ったに違いないと勝手に想像してます…
    恨んで育つなんて、そのくらいしか想像できません(涙)

  5. 重信六三郎 より:

     もし、今日『おちょやん』を初めて観る人が居たとしたら、今日の話は感動の姉弟再会の話でしょうけど…。

     明日からの展開を思うと、ようやく念願叶って幸せそうな千代ちゃんが居た堪れない…。

     コイツは、鶴亀株式会社の関係者の事を調べていた犯罪組織が、千代ちゃんに生き分かれになった弟が居る事を知って、鶴亀関係者に近付く為に送り込んだヨシヲ君の名を騙る偽せ者…。

     本物のヨシヲ君は、姉やんの再会に思いを馳せながら、どこかで真っ当に生きている…。

     そうでも思わないと、とても…。

  6. boxster981 より:

    何故か違和感ばかりが残る強引な展開
    それだけ筋書きが練られていないのだと思う
    ひと月まえにもあった放火の原因が大山社長への報復にあることは歴史を知る人には明らか
    それがきちんと想像できる構造かといえば全く違う

    アドリブをあんなに嫌った一平の態度もおかしい
    事前の相談もなく必要のない賭けに出ている、百歩譲って…
    一脚本家なら中止のリスクを取るのも許されるとしても一座の命運を握る座長なら失格
    ましてや取り調べで啖呵を切るのは火に油を注ぐような愚かな行為
    千之助は千代ちゃんだけでなく「座員全員をこけにした」ともっと糾弾しても良い

    官憲が安易に許したのは初犯だからか?裏で社長が金を積んだからか?
    大山社長が、そのくらいええ宣伝になってええがな、と脳天気なのは警戒もしてないから?
    ひと月まえのボヤ騒ぎの標的が自分自身だと今回の電話でようやく気付いたことになる

    補足すればリアル大山社長がわろてんかの一座から芸人を引き抜きにかかったので事は起きた
    それに怒ったわろてんかの側がリアル鶴亀に乗り込んで抗議して手を引かせた逸話がある
    当時の演芸界は裏社会との繋がりもあり神戸方面のお兄さんたちも動いていたと想像される

  7. 丹善人 より:

    通常は成人したキャストに合わせて子役を選ぶのですが、今回は子役に合わせた
    成人役を選んだのではないかと。雰囲気似ている役者をさがしたものですね。
    もっとも、初期に発表されたキャスト一覧でも子役の名前はあっても、成人役が
    発表無かったのは、今週だけの登場からなのか。

    とりあえず、明日からの展開知らない人に対しては、好印象での登場と思わせて、
    本日終了間際にはどんでん返しの予感。いやいや、わかる人には、ボヤ騒ぎや
    脅迫電話に絡んでいることはお見通しですけれど。

  8. オペラ座の怪人 より:

    弟ちゃん登場。
    会えて良かったね、千代ちゃん。

    でも、弟ちゃんの映し方が、
    何か、不自然な感じがするんだけど、
    大丈夫かなあ。

    父親譲りの、借金体質、
    てなことがないことを、祈りまふ。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  9. 還暦のたつお より:

    今週は、また視聴者の方を不快にさせる展開になりそうです。ただ波乱万丈の生涯を歩んだ人物を描こうとするとこうゆう展開は描かざるおえないので、そこは大目に見てほしいのですが。今回のエピソード、状況は異なりますが、美空ひばりさんと、その弟さんの悲劇を連想してしまいます。あとヨシヲ役の倉悠貴君、今回の短時間での豹変ぶり。なかなかの演技力です。大阪出身なのも、このドラマではかなりのメリットです。

  10. 秋桜おばさん より:

    12、3年も会ってなくてすぐ弟だと分かるものかなとチラッと思いましたが…。
    でも、千代ちゃんの嬉しそうな顔、それと対比してなんか不穏な流れが(・_・)
    展開が待たれるようで、怖いようで。

  11. 名乗る程のものではございません より:

    かめさんの言うことやること全て裏目になり最後には大袈裟な反応、非常に面白かったですなあ。

  12. 二代目魁光 より:

    ヨシヲ「よくも姉やんを傷物にしてくれたな!」

    本当に姉を恨んでる人がそんなこと言って殴りかかりますかね?
    別に千代が何をしようが火を放って終わりだと思いますがねぇ…。

    千代に取り入り疑いを逸らす為ならそこまでですが、2人とも「テルヲはクズ」という共通認識を持っているので、ヨシヲは千代のことを思っており、真っ当な「悪」ではないように思います。

    彼の意思とは逆に操られているといった印象を受けましたね…。

  13. よるは去った より:

    千代「これに毒いれておくれやす・・・・・・・・。」

     そんなに衝撃だったか・・・・・・・・。

コメントを残す