おちょやん

一平が二代目の襲名拒否 / おちょやん 第62回

2021年3月2日(火)第13週「一人やあらへん」

あらすじ

鶴亀の大山社長が、二代目天海天海を襲名するよう一平に告げました。しかし、一平は襲名を拒否しました。一平は父のことを恨み続けていました。なので、父の名前で役者を続けることを受け入れられなかったのです。

しかし、一平の拒絶を大山も受け入れようとはしませんでした。そして、一平の襲名拒否によって鶴亀家庭劇の存続が危ぶまれる事態になりました。そのことを焦る千代は、一平の母親を見つけて一平を説得してもらうことを思いつきます。

千代は千之助にそのことを相談。千代の予想した通り、千之助は一平の母親・夕の居所を知っていました。千代は千之助に懇願。千之助は亡き天海から固く口止めされていた夕の居所をついに打ち明けました。

千代は一平を連れて京都に向かい、千之助に教えられた置屋に足を運びました。その置屋にはすでに夕はいませんでした。次に千代が向かったのはカフェーキネマでした。そして夕の捜査の協力を求めるのでした。

<<前回61回 | 次回63回>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週
第18週 | 第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

一平くん週、二日目。

またしても一平くんの人生に大きなインパクトを与えそうな出来事が。

大山社長から二代目天海天海を襲名するように言われます。

大山社長から、襲名するだけの実力を認められたということなのでしょうが、一平くんは襲名を拒否。

お母上を泣かせた父のことを一平くんは許せない。

だから父の名前を継ぐことなど到底受け入れられることではないのでしょう。

初代天海天海の息子だからここまで来ることができた一平くんですが、父の名を襲名してしまった父を思い出さぬ日はない。

母を思い出さぬ日もない。

それは確かにつらそうです。

しかし一平くんが襲名を拒めば鶴亀家庭劇は解散もあり得る。

そんな中、千代ちゃんが立ち上がりました。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

ええキャラ(よるは去ったさん)
監督、わかりやすいキャラですね。(笑)

明日から一気に急展開(二代目魁光さん)
月曜と火曜の回。

ここ数週間では珍しくスローなスタートでした。

明日から一気に来そうですね。

カフェーキネマで情報収集?(還暦のたつおさん)
カフェーキネマの顧客層は花街とかぶるのでいい目の付け所かもしれません。

お母さん探しをしようという千代ちゃんの発想(オペラ座の怪人さん)
みつえちゃんと福助くんの喧嘩は千代ちゃんの発想のネタのためだったことにびっくりしました。

一平のお母ちゃんからどんな話(秋桜おばさん)
かなりショッキングな話を聞かせてくれそうです。

京都の住人(丹善人さん)
撮影所の面々は面倒臭い人ばかりでしたが、カフェーキネマの人々は愛すべき人たちばかりでした。

三代目渋谷天外さん(文月さん)
安心しました。

でも年齢が年齢だけに心配ですね。

「母に捧ぐる記」(たいとうみほさん)
この台本を一平くんが仕上げたとき、千之助さんは言いました。

お前に母親の何がわかるというのか、と。

あの時の千之助さんの言葉が回収されるのかもしれません。

過去ログ(さんさんさんさん)
ありがとうございます。

何らかの形で復活できないかと種々調査中です。

しばらくお待ちください。

2022年春放送予定(通りすがりの大阪人さん)
来年の春の朝ドラのヒロイン(文月さん)
情報提供ありがとうございます!

NHK+でチェックします。

Sponsored Link



感想

黒と白が逆転

一平くんが自分自身の過去と向き合うストーリーが始まりました。

そのストーリーのスタート初日、一平くんのお母上の姿が映像の中に初めて登場。

一方、亡き父・天海さんのただれた姿が映像の中に登場するのはこれが初めてのはずです。

酒と女に溺れる父の姿。

そんな夫に愛想を尽かしたらしい一平くんのお母上が去って行く姿。

その二つのイメージが、これまで一平くんの脳裏に繰り返し浮かび続けていたのでしょうか。

ちょっとネタバレになりますが、酒と女に溺れる父の姿と去って行く母の姿に対する一平くんが抱いていた印象は今週のどこかで逆転します。

酒と女に溺れる父のブラックなイメージ。

去って行く母のホワイトなイメージ。

黒と白が逆転し、一平くんの人生が大きく動き始めるのは明日あたりからになりそうです。

<<前回61回 | 次回63回>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週
第18週 | 第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 文月 より:

    来年の春の朝ドラのヒロインを明日(3/3)の「あさイチ」で発表することが、今日(3/2)の「あさイチ」で発表されましたね。初の試みと言うことです。

    「あさイチ」のなかでは、近江アナのヒロインだけは否定されてましたが、、
    週刊誌通りのヒロインでしょうか。
    文春とポストセブンの記事からすると,ヒロイン黒島結菜、母仲間由紀恵、姉妹川口春奈&上白石萠歌ということのようですが。
    明日は、ヒロインの発表だけなんでしょうかね。
    いずれ、楽しみです。
    それにしても、もうこのタイミングで発表ですかね。

  2. たいとうみほ より:

    千之助さんは一平君の両親が別れるに至った真相をご存知なんですね。そして多分、以前一平君の描いた脚本「母に捧ぐる記」が、一平君の一方的な思い込みを書き連ねてあっただけで実際のお母さんの心情には何1つ寄り添っていないと思った。それは天晴さんが読んだ時にすんなりお母さんを思い越したことからも、表面的には古くからの団員にも気づかれなかった事。恐らく千之助さんだけに知らされた事。こんな話を息子が演じたら却ってお母さんが苦しむと思ったかもしれません。だから強引に話を書き換えずにいられなかった、と見ました。

  3. 文月 より:

    名跡継承が話題の今週,
    そういえば,三代目渋谷天外さん,1月17日にコロナ感染がかくにんされていましたが,先般(2月19日),退院できたようですね。(松竹新喜劇HPより)
    1ヶ月がかりの入院生活,回復できたのうれしいところですが,年齢もあり,体力の回復もこれからでしょうし,爆笑問題・田中のように関連性が疑われる病の発症も心配ですし,体を大切に,また元気な姿を見せてもらいたいものです。

  4. 丹善人 より:

    京都の住人が再登場するとホッとした気分になるのは、「エール」で銀行員達が
    再登場する場面を彷彿させる。岡安が家族になりきっているのに対して、
    カフェは気の置けない仲間の集まりだからか。

  5. 秋桜おばさん より:

    大好きなお母ちゃんをないがしろにするお父ちゃん、千代と重なる部分があるのかもしれませんね。
    でも、夫婦のことは夫婦にしかわからないもの。
    あのテルヲ父ちゃんだって、どこかしらいい所がなければお母ちゃんもそばにはいなかったはずですもんね。
    一平のお母ちゃんからどんな話が聞けるのでしょうか。

  6. オペラ座の怪人 より:

    予習をしない私、今日の展開4つにビックリ。
    その1、お母さん探しをしようという千代ちゃんの発想にビックリ。
    その2、千さんが折れて、お母さんの居場所(付近)を
    千代ちゃんにおしえるっていう(協調的な)展開にビックリ。
    その3、京都にいるって、いやあ、懐かしい展開にビックリ。
    その4、京都であっさりとは見つからないという展開にビックリ。

    あと、女遊びも芸の肥やし、っていうフレーズがあったけど、
    それを聞いて思い出したのが、
    「将棋は芸事ではなく、頭脳ゲーム。」
    「お酒を飲むとか、将棋以外の話をするとかは将棋に役立ちません。」
    というお考えもあって、芸の肥やし的な発想を否定しておられます。
    羽生9段が言っております。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  7. 還暦のたつお より:

    先代の天海さんも,テルヲほどではないけど、なかなかのクズですな。それに比べたらみつえちゃんの所の夫婦喧嘩など可愛いものです。千代ちゃんは、一平の心の支えになろうとしてますね。でも感謝しつつ素直に受け入れられない一平。何故かカフェーキネマで情報収集?マスターの安請け合い、果たしてどうなる。

  8. 二代目魁光 より:

    一平くんの深いトラウマとして刻まれた離婚劇。

    こんなもの見せられたら、天海なんて襲名したくないと思うのは当然です。
    そんな嫌々な襲名は鶴亀の誰にとってもプラスにはなり得ません。

    京都行きの目的を知り、たじろぐ一平くん。
    パンドラの箱を開けるかのような感じでしたね。
    そこを開けないと先に進めないのも分かっているはず。
    明日から一気に急展開しそうです。

  9. よるは去った より:

    一平「深みあるわ・・・・・・・・。」
    千代「煮つまっているだけや・・・・・・・。」
    潔「わかるか・・・・・・?店の力貸したるわ・・・・・・・。」

    宮元監督・・・・・・・あんたほんまにええキャラでんな。
    西村和彦君は朝ドラは「ぴあの」以来ですよね。

  10. boxster981 より:

    一平は女好きの父天海が母親を追い出したと思い込んでいた
    ドラマではそんな父親のことを許せず天海の襲名を拒むことになっている
    しかし史実ではリアル天海を売り出したいリアル大山社長が手を回し別れさせたという

    実母は3か月のリアル一平を手放して実家へと戻り鳥取で結婚した
    だから実母は京都にはいない
    一平と母のエピソードは完全なフィクションということになる

    史実では義母が実母ではないと伝えられたのが6歳前後と伝えられている
    一平の記憶に母の出ていく(追い出される?)姿を記憶に残すために都合よく変えられた
    京都に出向くのも本来はありえないし実母は身請けされる境遇にもなっていない

    思えば大山鶴蔵という男、かなりのブラックである
    鶴亀とリアル北村笑店の抗争(史実)にしても芸人を引き抜いたのは鶴亀の方
    構図としても弱小の北村笑店(吉本)を大企業がいじめたように映った

    一平に対する対応も後見人を気取りながらかなり独裁的である
    ドンの強引さに千代や家庭劇の団員たちが翻弄されるのが展開とみた

コメントを残す