おちょやん

一平が二代目の襲名拒否 / おちょやん 第62回

2021年3月2日(火)第13週「一人やあらへん」

あらすじ

鶴亀の大山社長が、二代目天海天海を襲名するよう一平に告げました。

しかし、一平は襲名を拒否しました。

一平は、愛する母を捨てた父のことを恨み続けていました。

なので、父の名前を継ぐことを受け入れられなかったのです。

ところが、一平の襲名拒否によって鶴亀家庭劇の存続が危ぶまれる事態になりました。

そのことを焦る千代は、ある方法で一平を説得することを思いつきます。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回61回 | 次回63回>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

一平くん週、二日目。

またしても一平くんの人生に大きなインパクトを与えそうな出来事が。

大山社長から二代目天海天海を襲名するように言われます。

大山社長から、襲名するだけの実力を認められたということなのでしょうが、一平くんは襲名を拒否。

お母上を泣かせた父のことを一平くんは許せない。

だから父の名前を継ぐことなど到底受け入れられることではないのでしょう。

初代天海天海の息子だからここまで来ることができた一平くんですが、父の名を襲名してしまった父を思い出さぬ日はない。

母を思い出さぬ日もない。

それは確かにつらそうです。

しかし一平くんが襲名を拒めば鶴亀家庭劇は解散もあり得る。

そんな中、千代ちゃんが立ち上がりました。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回61回 | 次回63回>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す