おちょやん

京都で一平が母親と再会 / おちょやん 第63回

2021年3月3日(水)第13週「一人やあらへん」

あらすじ

千代は一平を連れて京都に向かいました。一平がまだ幼い頃に夫と別れて家を出た一平の母・夕を捜すためです。そして、カフェーキネマの常連客の一人が夕と思われる女性が女将として働いている旅館を教えてくれました。

その翌日、千代と一平は嵐山にあるその旅館に足を運びました。そして一平は、・夕と再会することができました。しかし、夕の一平に対する態度はそっけないものでした。役者になった一平をバカにするような素振りも見せました。

父と同じように役者になったことを詫びる一平に夕は言いました。自分は天海に捨てられたわけではない。自分が男を作って、天海と一平を捨てたのだ。そして、一平の子育てを任せきりにされるのが不満だったのだと。

夕との会話の中で一平は思い出しました。夕と別れたとき、一平の見知らぬ男が夕を連れて去って行く姿を。夕の意外な話に千代は激怒。一方で、そのことを忘れていた一平は自分のことを笑い飛ばすのでした。

<<前回62回 | 次回64回>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週
第18週 | 第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

一平くんを説得するために千代ちゃんがとった行動。

それは一平くんをお母上と再会させることでした。

お母上は京都に住んでいるとの由。

この情報がどこからもたらされたのかは不明です。

一平くんが知っていたのか、あるいは他の人が知っていのか。

詳細は明らかにはなっていません。

しかし京都にしました、お母上が。

というわけで今回は京都が舞台。

カフェーキネマの懐かしい面々も登場するものと思われます。

そして一平くんはお母上と再会。

しかし、一平くんを激しく動揺させる「ある真実」をお母上の夕さんは一平くんに告げるのだそうです。

一体、何を告げるのでしょうか。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

約束(よるは去ったさん)
一平くんの心を傷つけまいとする天海さんの親心に応える約束だったみたいですね。

今日は空気が読めてなかった(二代目魁光さん)
親のことになると冷静さを失ってしまうんでしょうね。

千代ちゃん自身も親に恵まれていませんので。

若者は成熟した男性にはなれない(たいとうみほさん)
『ちりとてちん』を思い出さずにはいられない若者の成長譚でした。

しかし『ちりとてちん』よりはるかに高いハードル。

一平くんはどのように乗り越えるのでしょうか。

短い場面で強烈な存在感を示す女優さん(還暦のたつおさん)
出演場面はわずか10分前後。

その短い時間でこれだけ強烈な印象を残す女優さん。

すごい方です。

やっぱ、悲しいんでせうなあ(オペラ座の怪人さん)
お腹を痛めた子だから悲しいでしょうね。

でも、自分が捨てたんだから悲しい顔を見せるわけにはゆかなかったんでしょう。

それが夕さんなりの罪の償い方だったのだと思います。

心の中の葛藤が見えたことに安心(秋桜おばさん)
母と息子が和解できる日がやってきて欲しいです。

2022年AKの朝ドラ(二代目魁光さん)
事前に一部情報がリークしていましたが、その通りになりましたね。

2人に言い放った事は本心では無い(重信六三郎さん)
はい。本心ではないと信じたいです。

「なんや、あんたら」(ぱぽりんさん)
嵐山がそうなのかは知りませんが、区によってはこのレベルだそうです。

某区に転居し早々に逃げ出した友人が言ってました。

どの区かは内緒です。

今日の回は難しかった(tontonさん)
後になって今回のことが回収されてからでないと解釈仕切れない回でしたん。

伏線がいつにも増して多い作品(tonotonさん)
上のコメントへの返信にもつながりますが、伏線が回収されてやっと一つのエピソードが完結するドラマですね。

脚本は,羽原大介さん(文月さん)
ブログ主も『フラガール』が大好きで、そして『マッサン』も好きな作品の一つなので期待しています。

板谷由夏さんと杉咲花さんの間でビンタ(ふーさん)
その時は、先に手を出したのはどっちなんですか?(笑)

あえて嫌われる悪役を買って出る(きりあすさん)
そうであって欲しいです。というか、そんな気もします。

生き別れた母親との再会が感動にならなかった(丹善人さん)
朝ドラの中での祝福されない母との再会、これが初めてというわけではなかったんですね。

Sponsored Link



感想

夕さんの罪

今回の展開は事前に知っていました。

そんなブログ主ですらも、夕さんの自分の息子への態度に十分過ぎるほど驚かされました。

まして、こんな展開になることなどまったく知らずに視聴した方の驚きたるや、筆舌に尽くし難いほどだったかと思います。

千代ちゃんが夕さんに平手打ちを食らわせたことにも驚きました。

しかし、ここまでは想定内。

想定外だったのは、夕さんが千代ちゃんに反撃したことです。

夕さんのこの反撃を見て確信しました。

夕さんが天海さんと一平くんを捨てた、というのは決して口先だけの強がりではなく、本当のことなんだろうと。

しかし、一平くんが立ち去った後の夕さんの涙がかろうじて救いにもなりました。

夕さんの中に息子への愛情は残っているようです。

願わくば、夕さんの中に残っている息子への愛情が何かの形で回収されますように。

一方の一平くん。

次回あたりから、今度は亡き父・天海さんを恨んだことへの後悔で苦しむことになりそうですね。

天海さんが存命であれば、父と息子の和解の瞬間を見ることができたかもしれません。

しかし、それはもう望めないこと。

父と息子の間に確執を残し、しかも和解の機会すら奪ってしまった夕さん。

役者の夫との夫婦生活に不満があったとはいえ罪深い女性ですね。

2022年春スタート『ちむどんどん』

2022年春スタートの朝ドラが発表されました。

黒島結菜ちゃん主演『ちむどんどん』。

昨日、コメント欄で教えていただいたおかげで『あさイチ』で確認することができました。

ありがとうございます!

<<前回62回 | 次回64回>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週
第18週 | 第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 丹善人 より:

    女房を捨てたのではなく、実は逃げられていた。こんなかっこ悪い話、盟友である千さん以外には話もできないし、泣きつけないし。あくまでかっこいい生き方を選んで悪役になったという。
    それも苦肉の策。笑えない喜劇。

    一目で一平とわかったのは、遠目で天海にそっくりだったんでしょうね。
    しかし、生き別れた母親との再会が感動にならなかったのは、大昔の朝ドラ「繭子ひとり」を思い出させます。収録が終わった後の別番組で、どんな再会シーンだったか尋ねられても言葉を濁すしかなかった。探し求めていた母親にやっと会えたのに、棒立ちになるしかなかったという。
    父親が記憶喪失だった「ひよっこ」なら、それなりに理解もできようが。

    まあ、封印していた記憶の中でも、男と一緒に去って行ったのがあるので、母親が悪役の振りをしたのではないことは確かですが。

  2. きりあす より:

    カフェキネマで、千代ちゃんがお母さんの所在が分かって喜んでいる隣で、おかみのことを知っていた原一平さんの表情が、あまり晴れやかではないというか、さほど喜んでないような表情してたな、と録画観て、気が付きました。
    ドラマとしては、あえて嫌われる悪役を買って出るように、夕さんが悪態をついたのか、実際のところは分からないのですが、、いつか本音が分かるエピソードが描かれるかな。

  3. ふーさん より:

    「ハケン占いアタル」で板谷由夏さんと杉咲花さんの間でビンタがありましたが、もしかしたら今回のは延長戦? (笑)

  4. 文月 より:

    予想通り(?)2022年春の朝ドラヒロインは,黒島結菜さんだったわけです。
    脚本は,羽原大介さんということですが,黒島さんの朝ドラデビュー作「マッサン」の脚本も手掛けられていますから,久しぶりに二人の仕事が朝楽しめるかとおもいます。
    「フラガール」や「パッチギ」のような,しっかりした脚本を書かれる方なので,まれ(横浜舞台),愛と純(沖縄舞台)のようなとっ散らかった展開にならないことを期待しています。
    そういえば,沖縄出身の比嘉愛未さん主演の「 どんど晴れ」も横浜も舞台だったな・・など,いろいろ縁が結ばれる作品になりそうで楽しみです。

  5. boxster981 より:

    ブログ主様も奇妙なことをおっしゃる
    夕さんが罪深いなら初代天海の罪はどうなのでしょう?
    しかも父の女遊びの所業を知りつつ若い団員を孕ませ千代を捨てた一平(2代天海)の罪は?
    百歩譲ってたとえ芸の肥やしだとうそぶいても女性の視聴者はついていけません

    エールの時に何度もコメントしているように私はフィクションを評価する立場です
    ドラマが史実通りである必要は全くありません
    しかし史実を曲げるからにはそこに史実以上の感動が仕込まれていなければならないと思う
    フィクションにこそ作者の力量が問われると信じている

    史実を確認するのは作者の意図や力量を探るためである
    史実で実母は確かに裕福な家庭に嫁いでいるらしい
    しかしそれは初代に離縁されて実家に戻った後のこと
    それを大きく変えているのだからドラマの制作サイドの意図があるのが当然
    その意図はドラマの表現にどんなプラスの効用があるのかが大事だと思う

    そもそも当時の時代背景で子守にうんざりして浮気して出ていくという設定が不自然だ
    それに夕さんの息子への愛情は今日の中でも随所にあふれている

    再会で一目でわかったこと自体、少なくとも気にかけていて舞台も1度は見てると伺える
    だから「役者になったんかいな、あほやな」も嘘で、既に知っていたと解釈すべき
    眼の演技をみていると「私が家をでたんや」と言う時、覚悟して嘘をつく眼をしている
    だから夕さんが千代ちゃんに反撃したのもブログ主様とは解釈が異なる
    そもそも千代ちゃんが無礼だとは思うが悪役になったのにも気付かず手を出す千代に反応した
    今日については二代目魁光さんの意見に全面的に賛同します

    悲哀もあるし、一平の喜劇としてみればなかなかの傑作でした

  6. tonton より:

    久しぶりにコメントします。今日の回は難しかった。
    ここを見てると朝蔵さんを始めとした様々な解釈が皆さんから出てますが、
    オンエア後Twitterに夕役の板谷由香さんが役どころの説明したインタがアップされました。

    今日ほど視聴者にも胸を苦しくさせ、切ない気持ちにさせる回は無かったです。が、
    これは20週の伏線へと

    「連れ合いか?」と問う夕に、千代の「ただの役者仲間だす。」の回答
    なのに、激怒して夕の頬をビンタする

  7. ぱぽりん より:

    本日の、残念!!
    「なんや、あんたら」

    一平たちが客の風情でなくとも、
    「どないかされましたんか?」
    とか、柔らかく声をかけるものなのではないか。
    あれでは料亭でなく、どこかの<組>を訪ねたみたいだし、客商売として失格、とたん、うまく回っている店とは思えなくなってしまいました。
    実は残念な母であったことの振りとしても、脚本、演出として安直すぎるのではないかと。

    さて、あさいちで、カムカム・・の次の作品についての発表。
    <ちむどんどん>
    ヒロインが黒島さん。
    で、おおっ、と思ったのが、ヒロインが横浜は鶴見に出てきて暮らすという設定。

    15年ほど前になりますが、鶴見の某所で仕事の打ち合わせ。
    打ち合わせが終わると
    「ちょっと見て行きませんか」
    との一言に何かと思ったら、路地を2本ほど抜けた先が<沖縄>!!!
    しかもお祭り当日で、いやー、ビックリしたのでした。
    あの一画がドラマに登場するのかと思うとワクワクです。

  8. 還暦のたつお より:

    天海さんが、クズと言ったのは撤回します。

  9. 重信六三郎 より:

     やっと探し当てた一平君の母親があんな人だったとは…。

     必死の思いで会いに行った実母が新しい家族と一緒に居るのを見た、『エール』の少年時代のプリンスを思い出しました…。

     もう母親の心の中には自分は居ない…、という事を思い知らされたという…。

     けど夕さん、一平君と千代ちゃんが帰った後で泣き崩れた事からして、2人に言い放った事は本心では無いようですが…。

  10. 二代目魁光 より:

    2022年AKの朝ドラ「ちむどんどん」発表されましたね。

    黒島結菜さんがヒロイン。完全に予想通りのド本命キャスティング。

    想定外だったのが語りがジョン・カビラさん。
    朝ドラがサッカー中継みたいにならないことを祈ります(笑)

    ストーリーは「沖縄の食」。なかなかディープな題材に興味津々です!
    沖縄文化に深く切り込みそうな作品なので主題歌はBEGINさんにやって頂きたいですね。

  11. 秋桜おばさん より:

    そうでしたか。
    一平を捨てたのはお母ちゃんでしたか。
    それを一平に伝えないように話すお父ちゃんと千之助さん、口では悪態ついても愛情に溢れたことだったんでしょうね。
    冷たく突き放すお母ちゃんも、心の中の葛藤が見えたことに安心しました。
    朝から泣きじゃくる千代ちゃんに泣かされました。

  12. オペラ座の怪人 より:

    感動的な母子の対面、かと思ったら、
    悲劇的な母子の対面、でした。

    お母様、
    憎まれ口をたたいたり、
    お金を投げつけたり、
    でも、泣いたり。

    本当はどうなんだ!?
    やっぱ、悲しいんでせうなあ。

    (>___<。)

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  13. boxster981 より:

    板谷由夏さんはテレビより映画で活躍している女優さん。デビュー作でヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞している。有働さんの前にNEWS ZEROのキャスターを10年以上勤めたのでそちらの方が知られているかもしれない。

  14. 還暦のたつお より:

    冒頭、千さんの独白が、天海一家の置かれていたただならぬ状況を物語っています。リアル千代ちゃんも夕さんと同じように、旅館の女将になりますね、何か因縁めいています。板谷由夏さん。「アウトレイジ」でたけし演じる大友の妻を演じた時もそうだったけど短い場面で強烈な存在感を示す女優さんです。この回のどんでん返しには彼女の存在は不可欠でした。長谷川伸の「瞼の母」を思い出します。あまりの事に一平は笑うしかありません。「どうかお幸せに」一平、最大限の皮肉でした。

  15. たいとうみほ より:

    見事にエディプスコンプレックスの構造になっていましたね。母への思慕が父の否定と一体化している。襲名という形で、父同様の成熟した男性になれるか否かの試練が与えられる。いつまでも母性を求め父性を拒んでいては、若者は成熟した男性にはなれない。薄っぺらな優しさや無責任な享楽だけでなく、何事をしても起こる責任や結果の重さをすべて、自分の物として受け入れる。それができる人間に成長できるか。「もう大丈夫」という千之助さんの言葉がツボでした。今の一平君なら、真相を知って受け入れられるだけの、大人の男性になれる、今がその時なのだと。

  16. 二代目魁光 より:

    夕さんは一平くんと天海師匠を守る為に全ての罪を被り、自らが悪役になりましたね…。

    心にない言葉を情け容赦なく言う役割、本当に辛かったでしょう…。
    天海師匠との軋轢を解くために親としてできる最後の餞別でした。

    一平くんもそりゃ「傑作」だったでしょう。
    全てを思い出し、10年以上悩んできたことが1日で全て覆ったわけですから…。

    そして千代よ。今回ばかりは…。
    役者やってるんだったら、少し考えたら夕さんの真意は分かるはずだろうに…。
    昨日はGJでしたが、今日は空気が読めてなかったですね…。

  17. boxster981 より:

    カフェキネマ探偵団の活躍は完全なご都合主義
    なつかしい面々との再会は嬉しいが作品の品格を一気に下げる気がする
    こんなことなら劇中劇をうまく使う方がこの作品らしかった
    一平作の「母に捧ぐる記」をスルーしてしまったのが作品の深みを失わせたと思うが如何?

    なぜ一平を座長にしたのか不思議だったが襲名を強要するためだったか
    しかし売り出したいなら襲名させてから座長にするべきだろう!
    常識的に不自然極まりない展開で表現したいのは何?父の芸への思い?

    実母をブラックにして父を持ち上げるという解釈は如何なものか?
    配役をみても制作側にそこまでの意図は考えにくい
    実母は一平を忘れてはいないことからも推測できる
    ただ役者として大成して欲しいから会社の手も周り身を引かされたのが史実である
    自分が男をつくってあんたら捨てたというのはおそらく噓が混じっている
    手切れ金にも涙にもにじみ出るものがある
    千代の「私があんたら捨てたんや」と重なる複雑な思いがあるはず
    それを生かせない千代の挙動はこれまた浅はかな演出だと思う

    • 地方都市住民Y.M. より:

      あなたの話の筋に対する見立ては、あなた個人のものとしては否定する何も私は持にませんが、他人に断定的に吹聴したり製作陣を下げる発言をするほど、一般的でも本筋的でもないと思います。多分ここに集まる多数の人にとってそうでしょう。
      なので、個人的感想の文調ならまだしも上から目線で断定的に話したいなら、個人的な空間でお友達とされることを望みます。

      • 名乗る程のものではございません より:

        同意です、まだTwitterでアンチタグ作りそこでコメントされている方々がマシだと感じますね。あと長文コメントはブログ主さんにストップウオッチを握らせるだけですので大人としての気遣いをし自粛すべきかと思いますね。

  18. よるは去った より:

    千之助「すまん・・・・・約束破ってもうたわ・・・・・・・・・。」
     
     どれだけ長いこと胸に抱えていたのかな。

コメントを残す