おちょやん

襲名公演の日程が決まる / おちょやん 第64回

2021年3月4日(木)第13週「一人やあらへん」

あらすじ

天海が夕を捨てたのではなく夕が天海と一平を捨てていた事実を、千之助も知っていました。そして千之助はそのことを固く口止めされていたのです。そんな中で自分自身と向き合うことになった一平は、二代目天海天海の襲名を受け入れました。

一平が二代目天海天海の襲名を受け入れたことで、一平の襲名披露公演の日程も決定。鶴亀家庭劇の座員たちは、一平の襲名披露に向けて稽古を開始しました。しかし、襲名を決意したものの、千代は一平のことが心配でした。

一平を案ずる千代の気持ちを聞かされたハナは、夕に逃げられた直後の天海の話を千代に聞かせました。夕に逃げられた天海は自暴自棄におちいり、役者をやめようと考えた時期があったのです。その話を聞かされた千代は一平のもとに駆けつけました。

千代が一平のもとに駆けつけた時、一平はこれまで書きためた台本を燃やしているところでした。一平は役者をやめるつもりでした。そんな一平に対して千代は、ハナから聞かされた天海の話を語り始めるのでした。

<<前回63回 | 次回65回>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週
第18週 | 第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

一平くんの謎の心の動きが描かれます。

夕さんから「ある真実」を聞かされた一平くんは、自分の過去と向き合う中で二代目の襲名を決意。

その一方で、夕さんから聞かされた「ある真実」をひきづる一平くんは、役者をやめてしまうのではないかと心配になるくらい思いつめるのだとか。

一方で襲名を決意し、一方で役者をやめそうな気配。

一平くんの心の中で、一体全体どのような葛藤が起こるのでしょうか。

それにしても、一平くんをここまで動揺させる夕さんの語った「ある真実」とは、どんな話なのでしょうか。

前週の千代ちゃんとヨシヲくんの再会はあまりにもエグい再会だったので、一平くんと夕さんの再会は、素直に喜べる再会でありますように。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

亡き父の姿勢が今の一平君をどう変えていく(よるは去ったさん)
父と息子の確執と、父を恨んだことへの後悔も解消されそうですね。

憎しみの対象を入れ替えた(二代目魁光さん)
そこに気づいたときが、一平くんがいい役者になるとき。

またはいい作家になるときなのかもしれませんね。

ハナさんから一平の事を託された千代ちゃん(還暦のたつおさん)
ハナさんが一平くんのことを千代ちゃんに託すのは今週の月曜日の回に次いでこれが二度目。

ハナさんは一平くんの千代ちゃんへの気持ちも察しているのでしょうか。

ふとそんなことを考えました。

僕のブログと板谷由夏さんのブログで相互リンク(丹善人さん)
素晴らしいですね!

女優として心から嬉しいレビューだったのでしょう。

あなたは神か!?(オペラ座の怪人さん)
本当に神だと思います。

お家さんいい仕事しはりますなぁ(秋桜おばさん)
本作の中でブログ主が一番好きなキャラクターはお家さんです。

大事な役どころ(底抜けに!さん)
早々に亡くなったのにいつまでも影響力を持ち続ける。

レアなキャラクターですね。

https://thetv.jp/news/detail/180166/(ふーさん)
ありがとうございます!

杉咲花ちゃん、連続で先に手を出してるんですね。(笑)

仕事にあぶれ地獄を見ながら這い上がってきた(名乗る程のものではございませんさん)
そんな経験があるんですか!?

まるで千之助さんそのものですね。

ナレーションはジョン・カビラさん(名乗る程のものではございませんさん)
はい。本当に適役だと思います。

Sponsored Link



感想

劇薬

襲名を拒む一平くんに千さんは劇薬を飲ませたようです。

その劇薬は効きすぎました。

一方、夕さんとの再会が一平くんにとって劇薬になりかねないことをハナさんもよ〜く知っていました。

ただし、ハナさんは解毒剤となるカードも持っていたようです。

ハナさんが切ったカードが明らかになるのは次回に持ち越されました。

ハナさんが切ったカードとは、役者になることをやめるつもりだった故・天海さんが復活するきっかけとなったエピソード。

それを聞かされた一平くんはどのような反応を示すことになるのか。

『ちりとてちん』で、草若師匠が高座に復活するきっかけとなった落語会の回のような神回になりますように。

ハナさんの存在

ハナさんの、ドラマの中でのキーパーソンとしての役割を振り返ってみました。

一度はシズさんから追い出された千代ちゃんが岡安で働き続けることができたのはハナさんが乞食軍団を使って捜索したおかげ。

千代ちゃんの役者の資質をいち早く見抜いたのもハナさん。

シズさんと菊さんが犬猿の仲になるというネガティブな原因を作ってしまったのものハナさんですが、両家の対立を収めたのもまたハナさん。

その時のハナさんの影の働きでみつえちゃんと福助くんは祝福されながら結婚することができました。

そして夕さんに逃げられた天海さんを支え続けたのもまたハナさん。

ハナさんの存在、地味ながら実に大きいなと気づいた次第です。

<<前回63回 | 次回65回>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週
第18週 | 第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 名乗る程のものではございません より:

    『ちむどんどん』、ナレーションはジョン・カビラさんですね。沖縄出身でナレーションも生業になされているエエ声の形ですから適役かなと。
    あと、これで朝ドラに出演歴あり兄弟となりますね、川平慈英さんと共に。
    因みに、小ネタですが「い~んです!」を最初に使ったのはジョン・カビラさんで川平慈英さんはそれを使い出して広めたということです。

  2. 名乗る程のものではございません より:

    千之助さん役星田英則さんが自身のブログで千之助視点でよくこのドラマを語られていますがプロ意識が高い内容で非常に面白いです。
    吉本天然素材解散後にナインティナイン以外仕事にあぶれ地獄を見ながら這い上がってきた星田さんならではの視点かと思いますね。

  3. boxster981 より:

    夕さんの平手打ちは猫騙しのようですね
    千代ちゃん猫の化身だけに面食らっただろう
    いつも本気モードで演技する杉咲さんも勝手が違ったと思います
    でも痛そうに演技を続けるあたりさすがです
    すっかりだまされました

  4. ふーさん より:

    ↓これです。「杉咲花が板谷由夏に強烈ビンタ!」
    https://thetv.jp/news/detail/180166/

  5. 底抜けに! より:

    わーい、小草若ちゃんだーと期待していたらすぐに亡くなってしまって、がっくりしたのでしたが、こんなにこのエピソードを引きずっていくとは。うーん、大事な役どころですね。

    今日のお家さんの回想の映し方から見て、嫁に出て行かれて自暴自棄、役者を辞めようと思った天海さんの心を変えたのは一平くんの存在なんでしょうね。たとえば、母を恋しく思って顔に化粧したら、それがすごい面白くて。悲しみのなかに笑いがある、芝居があるって思った、とか。
    母上が出て行ったのも、役者バカの天海に付き合いきれないと思って、でも良いのかもしれないと今は思っています。そのときはそう思った、でもそれが間違いだったって今はわかっている、みたいな。千さんが知っていた夕さんの居場所が置屋だったから、出て行ったあと天海さんは探しに行ったんでしょうかね。それで男に騙されて?置屋にいるのに気づく。でも、夕さんは天海さんに救ってもらうのを拒む。すまないから。やはり役者続けてほしいから。一平に会わす顔がないから。

    千さんは、おまえに母親の無償の愛の何がわかるのかと言いました。その千さんが演じようとしたマットンばあさんはボケボケで、自分が何をどこでしゃべっているのかわからなくなってるくらい無能だけど、その無学なばあさんに唯一できる(と本人が思っている)のは、何でもする、どんなことでもする、迷惑かけられる方がうれしいというものでした。一方、夕さんは、少なくとも一度は我が子より自分の心を優先してしまった。でもやはりその夕さんにも、深い一平への思いがあるんだと思います。また、そもそもテルヲなんて自分の方ばっかりだし、逆にヨシヲの無償の、は、はた迷惑なものでもある。無償、難しい。

    このドラマのテーマ、笑うこと、演じることの意味なんでしょうが
    一平くんは、千代ちゃんには大事なことばを投げたくせに、自分ではリビドーだの何だのどうも理念上滑りな感じだった。そこが今回で一皮むけると良いなと思います。

    ああ、でもそれなのにこの二人、浮気だなんだがあるんですよね。本当にどうなるんだろう。(長文すんません)

  6. 秋桜おばさん より:

    2人が京都から帰って来たら食べさせようとしたのに岡安に寄らずに帰ってしまって残念。
    あの時お家さんと会っていれば、きっと一平も役者辞めようとは思わなかったのに。
    大事な局面で、お家さんいい仕事しはりますなぁ。

  7. オペラ座の怪人 より:

    お家さん、っていうんですか?
    篠原さんのお母様、
    あなたは神か!?と思いました。
    こんな風に思ったのは、
    なつぞらの松嶋菜々子さん以来。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    一平がごひいき筋を笑顔であいさつ回りしていて、
    やればできるじゃん!
    と思ったら、
    え!?
    最初で最後の舞台?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  8. 還暦のたつお より:

    ハナさん知っていたのか。夕さんの真意に関してはいろいろ意見が出ましたが、判断をくだすには、材料が少ない
    ようです。ハナさんから一平の事を託された千代ちゃん。自分の生き方を見失った一平を救えるか? 

  9. boxster981 より:

    また事情通の間では、特に地元関西の間では松竹が両親の仲を割いたとしる人も少なくない
    その意味でもドラマオリジナルの筋立てを補強する必要があったと想像できる

  10. 二代目魁光 より:

    一平くんよ…。そうじゃない…。

    気持ちが弱ってるのはわかるが、憎しみの対象を入れ替えただけじゃ何も解決しないぞ。

    自分の為に憎まれ役になった夕さんも天海師匠の気持ちを踏みにじることになってしまいます。

    両親はともに不器用ですが、一平くんをしっかり守ってくれていたのになぁ…。

    どこぞのテルヲとは大違いですよ(笑)

  11. boxster981 より:

    なぜ千之助とお家さんを証人に立ててまでドラマの筋立てを補強するのか?
    それだけ制作サイドがこの筋立ての不自然さを自認していることが伺える
    それだけ感動を見る側に与えてくれるのであれば言うことはないが…

    種明かしは明日に持ち越し

  12. よるは去った より:

    千代「天海さんは役者をやめはらへんかった。なんでかわかるか・・・・・・・・・。」

     亡き父の姿勢が今の一平君をどう変えていくのが明日の見所?

  13. boxster981 より:

    シナリオの上では一平の母が出て行ったことを千之助とお家さん(ハナ)が知っている
    史実ではリアル鶴亀の大山社長が初代を売り出すために二人を別れさせた

    一方演技の上では…?
    板谷由夏さんの役作りのツイートから推し測ると夕は心を鬼にして嫌われようとしたと思う
    天海(初代)に対する思いは色々あっても一平に対しての恨みなどあろうはずがない
    だから一平へのとても切なく苦しい愛を表現出来てたら…という感想になったと解釈する

    千代ちゃんの平手打ちはその解釈が難しい
    自分の境遇もかぶったろうし母親に襲名を説得してもらう思惑が外れたこともあろう
    いずれにせよ何かに感極まった、との演出だろうとは思う

    さて母の思いは一平に伝わったのだろうか
    一応二代目天海天海の襲名は決心したが表情は暗い
    一方で台本を燃やして役者を辞めるつもりでもいた
    父への憎しみが後退してモチベーションまで失いかけていた

    そんな一平に千代はけしかける
    お家さん(ハナ)に聞いた昔ののエピソードを伝えた

    千代の出番のために話を変えたことが伺える

コメントを残す