おちょやん

おちょやん 第17週「うちの守りたかった家庭劇」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『おちょやん』
2021年3月29日 〜 4月2日放送

あらすじ

福助の出征と岡安の閉店

昭和19年(1944年)。日米開戦から3年が経過し戦局が悪化。えびす座の客の入りも往年の半分ほどに減る中、福助に赤紙が届きました。

福助は自分が出征した後のみつえと一福をよろしく頼むと、千代ち一平に頭を下げました。同じ頃、シズが芝居茶屋「岡安」を閉めることを決意しました。

シズが店を畳む準備をする中、千代が駆けつけて来ました。岡安の閉店を惜しむ千夜にしずは感謝の言葉を述べました。この岡安に来てくれてありがとうと。

福助の壮行会

福助の壮行会が開かれることになりました。集まった面々が盛り上がる中、千代とみつえは福助を人のいないえびす座に連れて行きました。

千代とみつえは、福助にトランペットを演奏させてあげたいと考えたのです。福助は思う存分、トランペットを吹き続けました。

昭和19年(1944年)2月。福助は出征し、その一方で岡安は60年以上続いた暖簾を下ろし芝居茶屋を閉めました。

空襲が始まる

昭和20年(1945年)2月。戦局の悪化は続き、えびす座と鶴亀座が閉鎖。そんな中、家庭劇の面々は開いている芝居小屋を見つけて芝居を続けていました。

家庭劇の面々が稽古をしているとき、空襲警報が鳴り響きました。千代たちが駆け込んだ防空壕で、見知らぬ男が千代に「花子」と呼びかけました。

その見知らぬ男と千代は即興で掛け合いを始め、それが防空壕の中の人々の笑いをとることに成功。その見知らぬ男とは、しゃべくり漫才で有名な花車当郎でした。

鶴亀家庭劇が解散

須賀廼家百久利に赤紙が届きました。家庭劇の面々が百久利を送り出す中で一平が鶴亀家庭劇の解散を宣言しました。

千代は鶴亀家庭劇の解散に反対しました。しかし解散を決定したのは一平ではなく、鶴亀の社長・大山でした。

一平は大山の決断を覆すことはできないと千代に反論。しかし千代は、芝居をあきらることができませんでした。

大阪大空襲

芝居をどうしても続けたい千代が稽古をしていると、他の座員たちも一人二人と集まって稽古を始めました。

そんな中、芝居小屋を探し回っていた一平が京都で一日だけ使える劇場を見つけ、そこでの公演が決定しました。

昭和20年(1945年)3月14日。京都公演を迎えたその日、大阪が空襲に見舞われ道頓堀も大きな被害を被るのでした。

<<前週 第16週 | 次週 第18週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

今週の展開

第81回 3月29日(月) 福助が千代と一平を訪問
第82回 3月30日(火) 福助の出征壮行会の当日
第83回 3月31日(水) シズが岡安の暖簾おろす
第84回 4月1日(木) 鶴亀家庭劇の解散が決定
第85回 4月2日(金) 千代が再び芝居を始める

予習レビュー

戦局が悪化した昭和19年

今週は時代がスキップします。

おそらく今週は昭和16年の日米開戦から始まるものと思われます。

しかし、昭和16年当時の登場人物たちの様子は描かれることなく、戦局が悪化した昭和19年にスキップ。

ついにドラマは暗く重たい時代に突入します。

以下、今週の大きな出来事を時系列で以下にまとめてみます。

福助の出征
岡安の閉店
百久利の出征
鶴亀家庭劇の解散
大阪大空襲

福助くんの出征

福富のあほボンだと思っていたら意外にも先見の明があった福助くん。

犬猿の仲の母親たちのハードルを乗り越え大好きなみつえちゃんと幸せに結婚することができた福助くんが出征することになりました。(涙)

しかも出征は戦局が極限まで悪化した昭和19年。

悪い予感しかしません。

この頃、すでにみつえちゃんと福助くんの間には子供が一人います。

名前は一福くん。

妻と子を残し戦地に旅立つ福助くん。

ついにこんな日が来てしまいました。

大阪大空襲

大阪大空襲で忘れられないのは朝ドラ『ごちそうさん』です。

このブログを始めるきっかけにもなった作品ということもあり、ブログ主はとても思い入れのある朝ドラです。

その『ごちそうさん』の中でも大阪大空襲が描かれました。

美しい船場の街並みが焼け野原と化す場面に胸を痛めました。

そんな場面をもう一度見ることになるようです。

追伸:ブログ主の祖父は東京大空襲の被害が最も甚大なところに住んでいました。

焼け跡の中で自宅の場所を特定できなかったほどの被害だったそうです。

そんな話をよく聞かされていたので、余計に胸が痛みます。

<<前週 第16週 | 次週 第18週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す