おちょやん

一平が千之助の台本酷評 / おちょやん 第67回

2021年3月9日(火)第14週「兄弟喧嘩」

あらすじ

鶴亀家庭劇と万太郎一座が対決することになりました。そんな中で千之助は、万太郎にだけは負けたくないと敵対心をあらわにしました。しかし、千之助は万太郎を意識しすぎるあまり日に日に調子が狂ってきました。

千之助は万太郎一座の偵察をするよう小山田に指示。その一方で万太郎のことを一番よく知っているのは自分だと豪語する千之助は、座員たちの言葉に耳を貸そうとはしませんでした。そして次第に座員たちの結束は失われてゆきました。

そんな中、千之助が台本を書き上げました。しかし座員たちは誰もが千之助の台本に芳しい反応を示しませんでした。さらに一平は、千之助の台本を酷評。鶴亀家庭劇の名を汚すだけだとまで言い切りました。

一方、万太郎一座に偵察に入った小山田が座員たちが捕まってしまいました。小山田は万太郎一座の台本を盗み出そうとしたのです。そのことを聞かされた千代が、捕まった小山田のもとに駆けつけると、そこに万太郎が姿を表すのでした。

<<前回66回 | 次回68回>>

第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週 | 第19週
第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

今回あたりから千之助さんの苦悩が描かれます。

どの週だったか失念しましたが、千之助さんが万太郎さんに捨てられる過去が描かれました。

その時の描写は、天海天海さんとのコンビを組むきっかけがメイン。

千之助さんと万太郎さんの過去に何があったのかについては、それほど詳しくは描かれませんでした。

その千之助さんと万太郎さんの過去がついに描かれます。

ただし、今回のところは、まだ二人の男の過去にまでは踏み込まれない模様。

過去を引きずる千之助さんが苦悩し始める様が描かれます。

そして翌々回あたりから千之助さんの弱い一面がこれでもかというくらいに描かれるようです。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

万太郎さんへの対抗意識(よるは去ったさん)
かつて、打倒千之助さんに凝り固まって変な方向に行ってしまった千代ちゃんたちと似たような状況ですね。

千之助さんを千鳥さんにしばいてほしいです。(笑)

「根っからの世話焼き」な性格(二代目魁光さん)
この性格がまた、その後の「大阪のお母さん」につながるのかもしれません。

千さんの暴走(還暦のたつおさん)
千さんの暴走を止められる人が誰もいないのが痛いですね。

万太郎さんへの恨み(秋桜おばさん)
千さんの万太郎さんへの恨みは以前から描かれていましたが、ここまで根が深いものだとは思いませんでした。

百久利のスタンス(二代目魁光さん)
誰かの腰巾着になれるくらいなので、人の気持ちを察するのは上手なんでしょうね。

だからこそ今の状況はつらいだろうと思います。

襲名しても一平君(丹善人さん)
先代の存在が大き過ぎるので一平くんのままでちょうどいいかもですね。

もうちっと、協調的(オペラ座の怪人さん)
一時はずいぶん丸くなったんですがもとに戻ってしまいました。

こんな時にハナさんが居てくれたら(重信六三郎さん)
ハナさんぐらいですね。千さんをコントロールしようと思えばできるのは。

万太郎さんに見切られる原因(たいとうみほさん)
千さんと万太郎さんの過去。

スピンオフにして欲しいくらい興味津々です。

小山田さんって楽しい(底抜けに!さん)
小山田さん、見かけによらずミーハーですね。(笑)

前作の腹黒い小山田さんとは正反対の性格です。

Sponsored Link



感想

千之助さんの暴走

一平くんを受け入れたあたりからすっかり頼もしい存在になっていた千之助さんが、元の千之助さんに戻ってしまいました。

否。

元の千之助さんよりひどいことになっています。

千之助さんの他の役者たちへの暴言は、その役者たちへの叱咤激励と受け取れないこともなかった。

しかし今回の千之助さんの暴言、特に二人の女優へ暴言は存在そのものの否定です。

また、千之助さんが書いた台本への役者さんたちの反応にも驚きました。

一平くんが千之助さんの台本を酷評するのは事前に知っていました。

しかし、これまで一度たりとも千之助さんを否定するような言葉を口に出したことがなかった元天海一座の面々までもが千之助さんの台本に難色を示す。

暴走を始めた千之助さん、どこまで行ってしまうのでしょうか。

そして、千代ちゃんが万太郎さんと対峙することで、いよいよ次回、千之助さんと万太郎さんの過去が語られます。

万太郎さん本人の口から語られる過去。

今度こそ「誰かから聞いた噂話」でありません。(笑)

香里さん嫉妬

香里さんの嫉妬が誰にもわかるように描かれたことで、香里さんが一平くんのことを追いかけていた三年前の行動が回収されました。

香里さんの嫉妬は、ドラマの本筋とは関係ない嫉妬です。

しかし追いかけていた一平くんを取られてしまった上に、一平くんをとった千代ちゃんと一緒に芝居を続けられるものなのかと不自然さを感じていました。

これで納得です。

<<前回66回 | 次回68回>>

第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週 | 第19週
第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 底抜けに! より:

    万太郎一座の面々、そこに居るだけで笑っちゃいそうな面構えの方ばかりでしたね(役者の方、ごめんなさい)。あれに対抗できる居るだけで「おかしい人」は、確かに千さん除けば小山田さんだけかもー。
    また、小山田さんは、千鳥さんも好き、チャップリンも好き、千之助のファンでもあって、根っからお芝居好きなんでしょうね。そこも小山田さんって楽しいです。

    あの癖のある万太郎一座に勝つのに、天海一座は普通の人ばっかりのイメージ。ここから繰り出される「涙と笑いは紙一重」の天海の芝居はどうなるのか、兄弟げんかの行方以上に劇中劇の出来を楽しみにしています。

  2. たいとうみほ より:

    ちょっと穿った見方をしてみましたが。もしかしたら千之助さんの芸に、決定的に足りないものなり致命的な欠陥なりがあって、それが万太郎さんに見切られる原因となり、家庭劇立ち上げの舞台で大山社長の表情を曇らせ、今回一平君の目にもはっきりわかったのかもしれないと感じました。もちろん千之助さんには毛筋ほどの自覚もない。先代天海さんもそれをわかった上で千之助さんを受け入れ、いずれ自分の力でそこを克服できるようフォローしていくつもりだったけど、その前に亡くなってしまい、千之助さんが自省の末に役者として一皮むけるチャンスを失ってしまった、と。

  3. 重信六三郎 より:

     こんな時にハナさんが居てくれたら…。

     一平君の幼少期の家庭の事情を知っていたくらいだから、万太郎さんと千之助さんの経緯も何かしら知っていて、千之助さんの暴走を諫めてくれたかも…。

  4. オペラ座の怪人 より:

    千さんの、役者としての、
    才能というか、
    実力というか、は分かるんですけど、

    もうちっと、協調的であって欲しいですなあ。

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい
    PS
    本日3月9日は、ざっくぅのお誕生日です。
    (ざっくぅ、だから)

  5. 丹善人 より:

    一平君、襲名しても一平君のままなんですね。

  6. 二代目魁光 より:

    百久利のスタンスが3年で大きく変わってきましたね。

    加入当時は文字通り「千さんの腰巾着」。しかし今は「家庭劇の一員」にすっかり変わっていました。

    今では天海家の飲んだくれの輪に入り、みんなにすっかり馴染んでいましたし。

    千さんに付くときも一言しっかり断りを入れましたし、ヘラヘラした態度も改まっています。

    だからこそ一番この状況が辛いのは百久利ではないでしょうか。
    間違いなのは分かっていても繊細な千さんに付かないとどうなるか知っているはずですから…。

  7. 秋桜おばさん より:

    せっかく一つにまとまった家庭劇のに、あちこち小さな穴があいてきましたね。このゴタゴタが後の磐石に繋がってくれるといいんですけど。
    色んな場面で気配り見せてきた千之助さんなのに、万太郎さんへの恨みから視野が狭くなってるみたい。どうなることやら。ハラハラドキドキ…。

  8. 還暦のたつお より:

    ,必要のない者を容赦なく切り捨ててのし上がった万太郎。その万太郎に勝つには、鶴亀家庭劇らしさを前面に押し出すしかないのでは?でも千さんの暴走で、一座はバラバラさてどうする。小山田さんも見当外れの勇み足。

  9. 二代目魁光 より:

    千さん、案の定大暴走からの大迷走でした。

    これまでの裏テーマだった「過渡期」「変わっていく時代」を真っ向から否定し、巻き戻してしまうという力技。

    万太郎一座のことになると全く周りが見えず、我を失ってしまうのはなおタチが悪いですね。
    おかげで家庭劇は一平派、千之助派、女性二人に大分裂です…。

    そういえばルリ子さんの「媚びを売る」という千代評。
    ルリ子さんが千代を目の敵にしていた時といい方は違えど、言っていることは全く一緒。

    「根っからの世話焼き」な性格が戦後では災いしそうです…。

  10. boxster981 より:

    チャップリンの来日(1回目)は1932年5月14日、5・15事件の前日
    スパイを警戒する監視もついたが歌舞伎や大相撲を観戦したという
    道頓堀に立ち寄ったとしたら2回目(1936年)の方が創作としても辻褄が合う
    神戸に寄港した船内で淀川長治さんが面会している

    小山田が万太郎一座に忍び込んでひと騒動
    万・千の対立のいきさつは噂ばかりで次回以降に先延ばしに
    たぶん明日語られるはず…

  11. よるは去った より:

    千代「いっこに面白ない・・・・・・・・。」

    今回の千之助君の台本には万太郎さんへの対抗意識しかないのかも知れませんのね。

コメントを残す