おちょやん

シズが岡安の暖簾おろす / おちょやん 第83回

2021年3月31日(水)第17週「うちの守りたかった家庭劇」

あらすじ

昭和19年(1944)年2月。福助が出征する日を迎えました。みつえと一福、そして千代と一平に見送られながら福助は戦地へと旅立って行きました。福助が旅立った翌日。岡安が暖簾をおろす日を迎えました。

シズは、これまで岡安で働き続けたお茶子たちを呼び集めました。そして、お茶子たち一人ひとりに対して、これまで岡安を支え続けてくれたことへの感謝の気持ちを伝えました。その日、岡安は60年の歴史に幕を閉じました。

その一ヶ月後、道頓堀の劇場も次々と閉鎖されてしまいました。昭和20年(1945)年2月には大阪の上空に米軍機が飛来するようになりました。そんな中でも鶴亀家庭劇は開いている芝居小屋を見つけて芝居を続けていました。

そして、ついに百久利にも赤紙が届き、座員たちに別れを告げると戦地へと旅立って行きました。百久利が帰ってくる日まで稽古を続けよう。千代が気落ちする座員たちを励ます中、一平は家庭劇の解散を宣言するのでした。

<<前回82回 | 次回84回>>

第17週 | 第18週 | 第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

福助くんの出征に次いで岡安の閉店が決定。

福富が芝居茶屋から楽器店&喫茶店に転業した後も、芝居茶屋の暖簾を守り抜いてきた岡安も、時代の流れに飲まれることになりました。

戦局が悪化の一途をたどっていることが、暮らしの中に濃厚に反映されてきました。

岡安のお茶子たちは暇を出されるはずです。

困難な時代、お茶子たちの次の働き口はあるのでしょうか。

特にかめさんは年齢も年齢だけに、岡安をやめた後のことが心配です。

ところで、もし借金取りに追われたかつてのテルヲお父ちゃんが、千代ちゃんを身売りしようと道頓堀にやって来なければ、千代ちゃんはその後もずっとお茶子だったはず。

ということは、岡安の閉店を機に千代ちゃんも仕事を失っているところでした。

テルヲお父ちゃんの残念な行動を正当化するつもりはありませんが、人生とは不思議なものです。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

「ヨーイ ドン」(還暦のたつおさん)
情報提供ありがとうございます。

おっしゃる通り、「ヨーイ ドン」へのオマージュとしか思えません。

最後に残った「芝居茶屋」(よるは去ったさん)
地方劇場には今でも芝居茶屋が残っているところもあるらしいです。

それはさておき、芝居茶屋が賑わっていた道頓堀の風景をCGで再現したサイトがありました。

道頓堀五座の風景

ここまで長く続けられた(二代目魁光さん)
戦争さえなければもう少し長く続けられたかもしれませんね。

最後まで残ったものは利益を独り占めできますから。

百久利(二代目魁光さん)
百久利の顔を直視できない千さんが切なすぎました。

家庭劇解散やり切れません(還暦のたつおさん)
座員の皆さんの今後が心配です。

その心中を察すると(秋桜おばさん)
ごりょんさんの性格からしてお茶子たちは実の娘同然。

そんなお茶子たちとの別れ、つらすぎました。

牛の花子(オペラ座の怪人さん)
千代ちゃんのアドリブも見事でした。

当郎さんの方は千代ちゃんのことを知っていたのでしょうか?(丹善人さん)
一平くんは当郎さんがどれほどの人物なのかをよく知ってましたね。

Sponsored Link



感想

ごりょんさんの気持ち

岡安の暖簾を下ろすことになってしまった自分の力不足をお茶子たちに頭を下げて詫びるごりょんさん。

自分たちの力が不足していたのだと詫びるお茶子たち。

ここまでは十分に予想できる展開でした。

だから普通に泣いてました。(笑)

しかし、その直後のごりょんさんが意外すぎました。

力不足はお互い様。

そしてお茶子たちを追い出すように別れを告げる。

いつまでもお茶子の顔を見ていたら、別れられなくなる。

そんなごりょんさんの気持ちを思うと号泣です。

話変わって、三人のお茶子たちのうち二人が心配です。

このタイミングで道頓堀を離れるということは空襲を免れることができると期待していたのですが・・・

一人は大阪に残り、一人は東京へ。

引き続き岡安に残ることになったかめさんは無事でありますように。

スキップ

昭和19年から昭和20年に時代がスキップしました。

岡安が暖簾を下ろす日を迎えるところまでは事前にわかっていました。

早ければ百久利が出征するところまで描かれるかもしれないと予想していました。

しかし予想を上回るスピードでストーリーが展開し、一平くんが鶴亀家庭劇の解散するところまで話が進みました。

昭和20年3月が近づいて来ました。

<<前回82回 | 次回84回>>

第17週 | 第18週 | 第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 名乗る程のものではございません より:

    ついに当郎さん登場ですね。
    当郎さんのモデル花菱アチャコさんですがエンタツアチャコとして「キミ」「ボク」と掛け合い期間実質4年間よりも浪花千栄子さんと「お母ちゃん」「お父さん」の掛け合いをなされていた期間の方が遥かに長いんですよね。
    しかも、この2人が当てたラジオというコンテンツは深夜放送にて若き日の仁鶴師匠に引き継がれ吉本興業を復活させていきます。
    また、アチャコさん弟子の岡八郎さんと「アチャコ先生を見本に芝居のスタイルを作りました」とリスペクトを隠さないエンタツさんの息子の花紀京さんが吉本新喜劇を作っていくんですね。
    すごい方なんですよ、アチャコさんは!

  2. 丹善人 より:

    後に名コンビとなる当郎さんの登場。打ち合わせも何もない中、軽妙なやりとりが
    できる相手に出会ったことが運命を変えていく。当郎さんの方は千代ちゃんのことを
    知っていたのでしょうか?本来なら接点のない吉本と松竹の出会いが、空襲という
    非常事態で起きるという奇跡。実際はどうだったのかは知らんけど。

  3. オペラ座の怪人 より:

    ご寮さんの、お別れの仕方、
    ちっと、どうかとは思いますが、
    あれは、あれで、良かったのかしらね?

    ひゃっくりも出征し、
    家庭劇も解散し、
    これから、どうなる、千代ちゃん?

    牛の花子(だったかな?)
    ヒキガエルの次郎(だったかな?)
    さすがです!

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  4. 秋桜おばさん より:

    目立たずいつもそこにいてくれてたお茶子さんの一人一人に、光を当ててお礼を言うごりょんさんに泣かされました。
    …にしても、最後の最後にごりょんさんのさばさばしたお別れ(笑)さすが芝居茶屋の女将さんです。
    でもその心中を察すると胸が痛いですね。

    現代も地震警報のサイレンが鳴ると身が縮む思いがしますが、殺されるという前提の空襲警報はどれだけ怖かったことでしょうね。
    防空壕の中で、ギスギスした空気を一掃したのは掛け合い漫才。早くみんなが揃って笑える時代になりますように。

  5. 還暦のたつお より:

     「カーネーション」でも描かれていたけど、戦況が悪化したこの頃になると町内を挙げての盛大な出征送別会や、万歳三唱は無くなっていたのですね。出征すると生還できる確率が低い事にみんな気付き始めたのかもしれません。
     シズさん。閉店の全責任を負って立派でした。ただシズさんの性格からして、三人の従業員に対してなんらかのケアをしたと思えるのですが、ここは描かれてなかったですね。アチャコさん登場、千代とのアドリブ漫才、見事でした。百久利さん出征。千さんのそっけない態度に深い悲しみが見えました。家庭劇解散やり切れません。

  6. 二代目魁光 より:

    後の仕事仲間、当郎師匠が初登場。
    ギスギスした世の中にはやっぱり笑いが必要。反射的に即興漫才を始めたのも根っからの仕事人だということがよくわかります。

    恐らく当郎師匠も千代が業界人だということも知ってあんなフリをしたんでしょうね。

    そして百久利…。
    最初の嫌味な腰巾着からすっかり笑顔の似合う好青年になったのに…。今度は好青年から人格者になる更なる成長を見届けたかったですね。

    今週は典型的な「皇国民」でしたが、千さんとの別れを見てやっぱり不安、弱気を隠す為のもので決して百久利の本心ではなかったようです。

  7. 二代目魁光 より:

    岡安の閉店。誰が悪いとかそういうわけではなく、むしろこのメンバーだからこそここまで長く続けられたと思ってます。

    芝居茶屋は時代遅れと言われてからさらに10年くらい経ってますからね。並の人間ならそこまで持たなかったでしょう。

    かめさんは岡安にいてくれるようで安心しました。そして戦後の岡安の復興の時にはみんながまた戻ってくれますように。

  8. よるは去った より:

    シズ「わての力不足だす・・・・・・・・・。」

    時代のせいなんだけど、最後に残った「芝居茶屋」はいつ頃まであったのですかねえ。

  9. 還暦のたつお より:

    書き忘れましたが、「ヨーイ ドン」での文童さんの役柄は、家業そっちのけでジャズに熱中する
    バンドマンでした。ここまで書くと「おちょやん」と「ヨーイ ドン」の間にはいろいろ類似点が見出せますが、これは「ヨーイ ドン」を制作した先輩たちにたいする、NHK大阪局スタッフのオマージュの意味があったのではないかと思います。

丹善人 へ返信する コメントをキャンセル