おちょやん

全国巡業する千代と一平 / おちょやん 第91回

2021年4月12日(月)第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」

あらすじ

昭和23年(1948年)。

終戦から3年が経過した頃、千代たち家庭劇の座員たちは全国をまわりながら地方公演を続けていました。

そんな中、鶴亀株式会社の熊田が座員たちの前に姿を表しました。

熊田は座員たちに大山からの伝言を伝えました。

芝居の街として復興が進んでいる道頓堀に戻り、そこで新しい劇団を旗揚げし日本一の劇団に育て上げろ。

それが大山からの伝言でした。

しかし、先日中に座員たちを見限った大山を許せないでいる一平は、熊田の口を通して伝えられた大山の指示に対して即答をしませんでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回90回 | 次回92回>>

第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

終戦を迎えた前週から三年の歳月がスキップ。

終戦直後から全国を回って地方巡業の旅を続けていた千代ちゃんや一平くんたち家庭劇の座員たちに転機が訪れます。

終戦から三年経ち、空襲に見舞われた道頓堀も芝居の街として復興が進んでいました。

道頓堀の復興を中心になって進めていたのはもちろん大山社長なのでしょう。

その大山社長が、道頓堀の復興の目処がついた判断したのでしょうか。

全国巡業の旅を続けている家庭劇のもとに熊田さんを派遣し、道頓堀に戻ってくるように指示を出しました。

この大山社長の指示に対して座員たちがどのような反応を示すのか詳細はまだわかりませんが、一平くんの反応だけは明らかになっています。

一平くんは、戦時中に大山社長が座員たちを見限って一方的に劇団の解散を通告したことを許してはいないようです。

なので、一平くんは大山社長の指示に素直に従おうとはしません。

しかし今週のサブタイトルは「その名も、鶴亀新喜劇や」。

鶴亀という名前がついている以上、大山社長の構想のもとに結成された新劇団であることは間違いありません。

一平くんは大山社長の指示と、何らかの形で折り合いをつけるのでしょう。

その折り合いの付け方が今週の見どころかなと思います。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回90回 | 次回92回>>

第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す