おちょやん

万太郎を訪問する千之助 / おちょやん 第92回

2021年4月13日(火)第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」

あらすじ

復興が進む道頓堀に鶴亀株式会社は「新えびす座」を完成させました。

そして大山は、新たに立ち上げた「鶴亀新喜劇」を新しい劇場に迎えるつもりでした。

大山が万太郎一座ではなく、元家庭劇の面々を呼び寄せようとしたのには訳がありました。

万太郎は喉頭がんで声を失っていたのです。

そんな中、万太郎一座が一日だけ「新えびす座」で公演を行うことが決まりました。

しかし、万太郎はすでに舞台に立てないほどに病気が進行していました。

そのことを知った千之助は、万太郎一座の稽古場に足を運び、万太郎を訪ねるのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回91回 | 次回93回>>

第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

千さんが再び万太郎さんと対面します。

さて、万太郎さんは病気です。喉頭がんで声を失っています。そんな状況下での千さんと万太郎さんの対面です。

今週のサブタイトルは「その名も、鶴亀新喜劇や」。

新しい劇団が旗揚げされ、戦後の復興の中で時代が先に進んでゆくストーリーですが、一方で去りゆく者も描かれるようです。

去りゆく者とは病気で舞台に立つことも難しくなった万太郎さん。

そして、その万太郎さんとの久しぶりの対面が描かれる千さんです。

今週は千さんもまた自分の役者としての限界を感じる場面があるようです。

舞台の上でセリフが飛ぶ。飛んだセリフを即興で補えなくなる。

そんな状態で、千さんは自ら自分の役者としての限界に気がつくのだそうです。

今週は戦後の前向きな時代の週のはずですが、去りゆく者のドラマに持ってゆかれそうな気がしてきました。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回91回 | 次回93回>>

第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す