おちょやん

寛治が満州から帰国する / おちょやん 第93回

2021年4月14日(水)第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」

あらすじ

解散したままの家庭劇の再編を大山が命じ、ついに一平と千代は新劇団「鶴亀新喜劇」を旗揚げすることになりました。

新劇団には新たな役者が加わることになりました。

万太郎が病に倒れたことで解散することになった万太郎一座の座員の二人、須賀廼家万歳と千兵衛です。

しかし、万太郎一座から新劇団に加わった万歳と千兵衛はやる気がまったくありません。

新劇団に前向きな姿勢を示さない元万太郎一座の座員たちへの不安を抱きながら千代と一平が帰宅。

千代と一平が帰宅すると、そこには満州から帰ってきた寛治の姿があるのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回92回 | 次回94回>>

第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

元家庭劇の座員が中心になって旗揚げされた新劇団「鶴亀新喜劇」に万太郎一座の座員たちが加わりました。

しかし、万太郎さんのYESマンとしてこれまで役者の道を歩んできたと思われる、元万太郎一座の役者たちは、新劇団で意欲を見せない。

劇団の旗揚げと同時のピンチがまたしても一平くんを悩ませます。

座長の妻として千代ちゃんも悩まされることになるのでしょう。

そんな苦悩する千代ちゃんと一平くんにとって嬉しい出来事が描かれます。

寛治くんが満州から帰国しました。

千代ちゃん、一平くん、寛治くんが涙の再会を果たします。

そして次回(実際のドラマではもしかすると今回?)、寛治くんの口からまさかの事実が語られます。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回92回 | 次回94回>>

第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す