おちょやん

一座を去ってゆく千之助 / おちょやん 第95回

2021年4月16日(金)第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」

あらすじ

新劇団「鶴亀新喜劇」の旗揚げ公演の台本『お家はんと直どん』を千之助が書き上げました。

そして千之助はその主役に千代を指名しました。

突然、主役を託された千代は、どう演じたらいいのか迷いに迷いました。

一方、千代に主役を託した千之助は、その日以来、稽古場に姿を見せなくなっていました。

その頃、千之助はセリフを忘れることがよくありました。

そして忘れたセリフを即興で乗り越えることもできなくなっていたのです。

そして迎えた旗揚げ公演の初日。

『お家はんと直どん』が大成功をおさめる中、役者としての限界を感じていた千之助は、一座から去って行くのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回94回 | 次回96回>>

第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

今週は新時代の幕開けと同時に去りゆく者を描く週でもあると火曜日の予習レビューに書きましたが、今回は去りゆく者のドラマのクライマックスです。

千さんが劇団を去って行きます。

かねてより自分の役者としての限界を感じていた千さんは、自ら書いた台本の主役に千代ちゃんを指名。

これまでなら自分で書いた台本の主役は自分で演じるのが千さん流。

千代ちゃんに主役を託したのは異例中の異例です。

さて、千代ちゃんが主役の公演は大成功を収めました。

そして、その大成功を収めたことを見届けた千さんが劇団を去って行きます。

千代ちゃんは千さんを引き留めます。

しかし一平くんは千さんを引き留めようとはしません。

一平くんはわかっているようです。

自分が劇団のお荷物になりたくないという千さんの気持ちが。

男の悲哀がわかる一平くん、今回も男前です。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回94回 | 次回96回>>

第19週 | 第20週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す