おちょやん

おちょやん 第21週「竹井千代と申します」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『おちょやん』
2021年4月26日 〜 4月30日放送

あらすじ

花車当郎が自分の妻役に千代を指名

一平の浮気に深く傷ついた千代が道頓堀を去ってから一年。一平が新しい生活を始めるその一方で千代は行方知らずになっていました。

そんな中、NHK大阪放送局がラジオドラマ『お父さんはお人好し』に出演が決まった花車当郎は、自分の妻役に千代を指名します。

出演依頼を拒む千代

ラジオドラマのスタッフの尽力によって千代が京都で暮らしていることが判明。早速、スタッフが千代への出演依頼のために京都に足を運びます。

しかし、『お父さんはお人好し』への出演を依頼された千代の返事は意外なものでした。千代は出演を拒んだのです。

千代が京都で暮らしている理由

そのころの千代は、千代のことをよく知るある女性の家に身を寄せていました。行くあてのない千代に、その女性が声をかけたのです。

千代はすでに俳優業をやめ、京都の知人の女性宅に住まわせてもらいながら、俳優業とは関係のない仕事をしていました。

花車当郎が千代を訪問

ある日、漫才師の花車当郎が千代のもとにやってきました。花車当郎はラジオドラマでの千代との共演をあきらめてはいませんでした。

花車当郎は千代に直談判しました。しかし千代は、花車当郎の頼みに首をタテに振ろうとはしません。

脚本家の長澤の必死の懇願に千代は・・・

花車当郎が千代を訪ねて来たその翌日には脚本家の長澤も千代を訪問し、ラジオドラマへの出演を懇願しました。

長澤は花車当郎の妻役を演じるのは千代しかいないと確信していました。長澤の必死の懇願に千代は・・・

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

今週の展開

第101回 4月26日(月) 千代が鶴亀を去って一年
第102回 4月27日(火) 出演依頼を受けない千代
第103回 4月28日(水) 千代が京都で暮らす理由
第104回 4月29日(木) 当郎の直接の頼みも拒む
第105回 4月30日(金) 脚本家の長澤が懇願する

予習レビュー

傷心の千代ちゃん

『おちょやん』は今週を含めて残すところ3週。

最終回が見えてくるこのタイミングで一平くんの浮気が発覚し、傷心の千代ちゃんは女優をやめて京都へ。

千代ちゃんには女優に戻る気持ちは皆無のようです。

しかし、世間が千代ちゃんを必要としているようです。

防空壕で偶然に会った花車当郎さんが千代ちゃんのことを覚えていました。

覚えていただけでなく、いつかきっと一緒に仕事をしたいとすら考えていたようです。

千代ちゃんの女優として転機が近づいてきました。

女優としての転機

しかし、千代ちゃんには女優に戻る気などありません。

しゃべくり漫才の大御所から直談判されても、再び女優として活動する気持ちなどさらさらないようです。

そんなことからも、一平くんの浮気に千代ちゃんがどれほど深く傷次いたのかがよくわかります。

残りわずか3週のタイミングでの千代ちゃんの女優としての転機。

千代ちゃんのストーリーはどこまで続いて最終回を迎えるのでしょうか。

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す