おちょやん

五女役演じる祥子の家出 / おちょやん 第109回

2021年5月6日(木)第22週「うちの大切な家族だす」

あらすじ

ある日、ラジオドラマ『お父さんはお人好し』で五女を演じている祥子が家出をして、千代のもとに駆け込んで来ました。千代は祥子を家に上げると、祥子が家出をした理由に耳を傾けました。

祥子はラジオドラマの仕事に没頭するあまり学校の成績が下がり気味でした。そして、そのことを両親から咎められた祥子は、役者をやめるように言われていたのです。役者をやめたくないという気持ちを祥子は千代に訴えました。

その日の夜、栗子のはからいで祥子は栗子の家に泊めてもらうことになりました。夜遅くなり、眠れぬ祥子に千代は言いました。自分の家と家族に勝る存在はない。明日には家に帰り両親に自分の気持ちを打ち明けるようにと。

翌日、祥子は両親に頼み込み『お父さんはお人好し』の放送が終わるまで出演を続けることが許されました。そんな中、放送を4日後に控え、台本は120ページのうち20ページしか完成していません。出演者たちはその事態に動揺を隠せません。

<<前回108回 | 次回110回>>

第22週 | 最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

ラジオドラマ『お父さんはお人好し』で五女を演じる祥子ちゃんがピンチです。

祥子ちゃんを演じるのは藤川心優(ふじかわみゆ)ちゃんという16歳の女優さん。

役者の仕事のせいで学校の成績が落ちてしまい両親からは役者をやめろと命じられてしまうのだとか。

追い詰められた祥子ちゃんは家出をして千代ちゃんのもとへ。

家出をしてきた千代ちゃんが祥子ちゃんに対してどのようなアドバイスを行うのかは、今のところ不明です。

しかし、ラジオドラマ『お父さんはお人好し』の出演を通して「肝っ玉母ちゃん」になった千代ちゃんが「お母ちゃん」として祥子ちゃんを導くのでしょうか。

また、最終回が近いタイミングでの本題から脇道にそれるこの小さなエピソードは、作劇上どのような役割を持っているのか。

気になるエピソードがクライマックス近くで挿入されました。

Sponsored Link



感想

千代ちゃんが道頓堀の舞台に復活する理由

今回のレビューはネタバレ満載です。(憶測も含む)

次週、千代ちゃんは道頓堀に足を運びます。そして、熊田さんの頼みを聞き入れ道頓堀の舞台に上がる決断を下します。

それは千代ちゃんが心の故郷の道頓堀を取り戻す瞬間。

つらい思い出でになってしまったお芝居と道頓堀の両方を取り戻す、傷ついた心が再生される瞬間です。

さて、千代ちゃんが最終的に道頓堀の舞台に立つと決める動機が見えてきません。

この千代ちゃんの動機に春子ちゃんが深く関わってくるような気がしています。

次週、千代ちゃんが道頓堀に足を運ぶと決めるのは、どうやら春子ちゃんに背中を押されることが理由のです。

そして春子ちゃんは、千代ちゃんが出演する新喜劇を見たがるのだとか。

ところで次週、春子ちゃんは千代ちゃんの「娘」としてアナウンスされています。

今回の最後の場面の栗ちゃんの言葉を受けて、千代ちゃんは春子ちゃんを娘として受け入れることになるのかもしれません。

そして、娘の心からの願いのために、道頓堀に向き合う。

最終回までのそんな筋書きが見えはじめた『おちょやん』第109回でした。

追伸:コメントの返信ができない状態が続いています。申し訳ありません。

<<前回108回 | 次回110回>>

第22週 | 最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す