おちょやん

千代と新喜劇の面々再会 / おちょやん 第113回

2021年5月12日(水)第23週「今日もええ天気や」

あらすじ

千代の2年ぶりの道頓堀の訪問を、岡福の人々や鶴亀新喜劇の劇団員たちは心から喜びました。集まった面々たちの宴のあと、寛治は千代に言いました。一平の新作は傑作だ。一平は灯子、子供、鶴亀、そして千代のために新作を書き上げたのだと。

一方、千代には気がかりなことがありました。春子は看護婦になる夢を持っていました。しかし勉強が苦手な春子は、自分には看護婦になることは無理だ。無理なことを目指しても意味がないと夢をあきらめていたのです。

道頓堀の面々と再会した翌日、千代は春子を岡福に預けるとあるところに足を運びました。千代が足を運んだ先は一平の家でした。千代の来訪を迎えた一平と灯子は、二人して千代に頭を下げました。

千代は一平と灯子に告げました。二人に会うのが怖かった。二人に会ったら、再び芝居をできなくなってしまうのではないかと。しかし二人と顔を合わせてもう大丈夫だとわかった。鶴亀の芝居への出演を引き受けさせてもらうと。

<<前回112回 | 次回114回>>

最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

前回は千代ちゃんと岡福の人々の再会。

そして今回は、千代ちゃんが道頓堀に戻ってきたことを聞きつけた鶴亀新喜劇の面々と千代ちゃんとの再会が描かれます。

鶴亀新喜劇の面々は一平くんに気をつかって、一平くんには内緒で千代ちゃんのいる岡福にやって来ます。

ただ、その時に何か想定外のことが起こるらしいのですが詳細は不明。

一平くんと千代ちゃんの鉢合わせがついに実現。

最終回直前のタイミングからしてそんなことが起こるのかもしれません。

一平くんとの離縁で深く傷つき、一時は人生も家族も失ったかに見えた千代ちゃんが、京都で人生と家族を取り戻しました。

一平くんという存在はもう取り戻すことはできません。

というか取り戻す気すら千代ちゃんにはないでしょう。

しかし、一平くんと向き合う時が、千代ちゃんの心の傷が完全に癒えるとき。

その瞬間までのプロセスが今週のお題なのでしょうか。

Sponsored Link



感想

2回分の時間

事前にアナウンスされていたストーリーより1回分早く、ストーリーが展開。

今回のうちに千代ちゃんは鶴亀新喜劇の舞台に(1日だけ)復帰する決意を固めました。

事前にアナウンスされていたストーリーでは鶴亀の舞台への復帰決意が次回。

そして最終回にあたる翌々回で千代ちゃんが鶴亀の舞台に立つ。

そんな流れでした。

そんなわけで1回分だけ時間のゆとりができました。

その時間のゆとりを使って、事前にアナウンスされていないエピソードが描かれるのか、ちょっと気になる展開になってきました。

仮に事前にアナウンスされていないエピソードが描かれるとしたらそれは次回になるのか。

それとも次回は千代ちゃんの鶴亀の舞台復帰が描かれ、最終回にサプライズが用意されているのか。

思えば『エール』も最終回はコンサートというサプライズが用意されていました。

しかしそのサプライズは事前にアナウンスされていました。

本作『おちょやん』の残すところ2回。

2回分の時間がどのように使われるのか。

最後の最後まで目が離せない展開になってきました。

<<前回112回 | 次回114回>>

最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. よるは去った より:

    当郎「お母ちゃん行かんといて・・・・・・・・。」

    やっぱりここまで役になりきってしまうんですな。

  2. あさのあさみ より:

    「テルヲの血をひく子を養女にしたんや」
    「その子にうちの舞台を見せたいんや」
    そっかー、春ちゃんにはもちろん、春ちゃんを通してテルヲにも見せたいんだな、と納得しました。結局、テルヲは急死して舞台見られませんでした。

    そして、栗子さんの娘の娘の春ちゃんと、灯子の生んだ息子を可愛がる千代ちゃんは、勝手にできた子供によって居場所を失った過去2つのトラウマを見事に乗り越えました。

    もう安心です。あとは明日と明後日の放送が楽しみです!

  3. 名乗る程のものではございません より:

    過失割合が10:0の場合にあんな態度で接せられたらまとまる話も拗れまくる気がするが、誠意というのは本当に大切だと感じたのは私だけなのか?

  4. 秋桜おばさん より:

    うん、うん…と、自分の気持ちを確かめるような千代ちゃん、腹を括ったんですね。
    一平への恨みつらみよりも、春子ちゃんへの親としての矜恃が上回ったってことでしょうか。

    灯子は一平の子どもを産んで一平と夫婦になったけど、ずっと千代ちゃんへの贖罪の気持ちは消えることはなかったし、一平が子どものために結婚したことはわかっているので、幸せ万々歳って人生ではないでしょうね。
    一平も殻を破って渾身の台本を書き上げたけれど、今日の2人の対決(?)を見ても、千代ちゃんの底力には適わないなー。

    橋の上の再会、幼い時みたいに一平が泣けばいいのにって思っちゃった(笑)

  5. オペラ座の怪人 より:

    千代ちゃん、一平、再会、
    なんも、言えねえ、
    千代ちゃん、偉い!

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  6. 還暦のたつお より:

    寛治君いろんな意味で一平を追い越してしまったのにな。台本をよむ千代、芝居の出ることで過去を清算するつもりなのでしょうね、一平とも、役者として、人間としてけじめをつけるためにも。一平もどこかしら破滅型文士の雰囲気を漂わせています。

  7. たいとうみほ より:

    男女間の愛憎の部分を取り去れば、千之助さんと万太郎さんの関係に若干似ているような気もしてきました。共に舞台を作った同士が、何らかの事情で一緒にやっては行けなくなり袂を分かつ。互いに、相手の事は心に留め活躍を願いつつも、傷つけ合った部分に正面から向き合えず目を背ける。時間を経てそれを直視できるようになった時に、フィールド外からのサポートという形での共演が実現する。家族も、仕事の同士も、四六時中一緒に生きる以外のやり方もある。そんな物語を千代ちゃんは生きてきたように思います。

  8. 二代目魁光 より:

    誰もが無理なことを成し遂げることで春ちゃんにチャレンジする勇気を与える。
    千代はすっかり母親の顔になっていました。
    そして喜劇人として、自分自身の壁をぶち破る覚悟も固めましたね。

    ただやれやれと言うだけでなく、しっかり手本を見せる。
    説得力のありすぎる頼もしい母親です!

    残る2話。
    千代は心の故郷の道頓堀を完全に取り戻すことができるのでしょうか?

  9. よるは去った より:

    寛治「喜劇人として一平さんを・・・・・・・・・。」

     リアルでは確かにそうでしたけど「借金」も並大抵ではなかったようですな。

  10. 名乗る程のものではございません より:

    ワイも千代ちゃんに会いに行くで!

    という気持ちになり道頓堀にある岡福モデルの店に行ってしまい、そこで緊急事態宣言下営業自粛中であることを見て一気に令和の現在に戻された人って少なくなかったのでは?

コメントを残す