おちょやん

千代が一平の家に向かう / おちょやん 第114回

2021年5月13日(木)第23週「今日もええ天気や」

あらすじ

千代は、意を決して一平と灯子が暮らす家に足を運びました。そして、鶴亀新喜劇の舞台への出演を引き受ける決意を固めました。そのことを告げられた岡福のシズ、宗介、そしてみつえは涙ながらに千代の決意を喜びました。

千代が『お父さんはお人好し』の読み合わせに戻ると、当郎が千代の舞台出演に異を唱えました。そんな中で長澤は『お父さんはお人好し』を舞台化しようと宣言。その後『お父さんはお人好し』は舞台化だけでなく映画化もされました。

鶴亀新喜劇の舞台の稽古が始まりました。千代は一平にセリフの追加を求めました。そのセリフは千代と一平は別れていなければどのような人生を送っているかという千代の気持ちを反映したものでした。

そして迎えた、千代が道頓堀の舞台に二年ぶりに立つ日。その日は岡安時代のお茶子仲間たち、そして『お父さんはお人好し』の関係者たちも千代の舞台を観るために道頓堀の劇場に駆けつけるのでした。

<<前回113回 | 次回最終回/115回>>

最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

前回の岡福での千代ちゃんと鶴亀新喜劇の面々の再会。

その時、千代ちゃんと一平くんが再会をはたすのかどうかは今のところ不明です。

しかし今回・・・

千代ちゃんは一平くんのもとに足を運びます。

寛治くんの言葉が千代ちゃんを動かす、そんな運びになるようですが寛治くんが千代ちゃんにどのような言葉をかけることになるのか。

そして再会を果たした千代ちゃんと一平くんはどのような言葉を交わすのか。

今回描かれるはずの千代ちゃんと一平くんとの再会で、千代ちゃんは過去の心の傷から完全に立ち直る模様。

今回の最後か次回、千代ちゃんは鶴亀新喜劇の舞台に上がってほしいという熊田さんの願いを受け入れるからです。

Sponsored Link



感想

今ある人生

舞台の稽古が始まり、千代ちゃんが一平くんにセリフの追加を提案しました。

千代:もし私たちが別れていなければどんな人生を送っていたか。

一平:そんなこと考えてもしゃあない。今ある人生を生きるだけだ。

二人の気持ちが反映されたセリフが追加された舞台が明日の最終回にはドラマの中で上演されるのでしょう。

本作『おちょやん』は、千代ちゃんと一平くんの最後の気持ちが作品全体を貫くテーマでもあったような気がします。

もしテルヲお父ちゃんを妻を亡くさなければ、もう少しはマシな人生を送り千代ちゃんも別の人生を送っていたはずです。

でも千代ちゃんは、今ある人生を懸命に送り、岡安という自分の居場所を見つけました。

その後、テルヲお父ちゃんは繰り返し千代ちゃんに迷惑をかけ続けましたが、そんなトラブル続きの人生を懸命に生きて、千代ちゃんは女優業として成功できました。

「もし、あの時○○さえなければ」と人は考えがちですが、そんなことを考えても全く意味はない。

目の前の人生に集中するだけだ。

そんな千代ちゃんの生き様がいよいよ明日、完結します。

追伸:もし千代ちゃんと一平くんが別れていなければ、今ごろ身寄りを失った春子ちゃんは気の毒なことになってますね。

<<前回113回 | 次回最終回/115回>>

最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. ひな より:

    舞台の幕が開き、登場した千代ちゃんに向けられた満場の大拍手。あの拍手の音に、リアルに千代ちゃんを応援し復帰を喜ぶ雰囲気を感じました。昨日の「あさイチ」の朝ドラ受けでのコメントみたいに、チケット取ってあの場で観たかったー!
    明日の大半はお芝居でしょうか。楽しみです。
    スピンオフで劇中劇ほんまにやってもらわれへんやろか。お家はんと直どん、丘の一本松、まっとん婆さん等、そしてお父さんはお人好し…どれも見たい!現実で上演予定だった「おあきと春団治」も再演あれば観てみたいです。

  2. ずんこ より:

    演目はやはり『お家はんと直どん』なのですね。
    過去にけりをつけて前に進むためには、演目はこの『お家はんと直どん』でなくてはなりませんでした。

    芝居は、キチンと幕を下ろして初めて次の芝居の幕が開きます。
    千代ちゃんの中では、まだ『お家はんと直どん』の幕がキチンと下せてなかった。
    このままでは、次の舞台の幕を開けることができません。
    今回最後まで演じ切ることで、初めて幕が下せ、次の芝居の幕を開けることが出来ます。

    千代ちゃんの、新しいステージの始まりですね。

    願わくは、千代ちゃんの意気込みが春ちゃんに伝わりますように。

  3. 秋桜おばさん より:

    千代ちゃんの強さ、いえ、強くいなければ生きて来られなかった人生、だけど千代ちゃんの周りにはこんなにもたくさんの家族が出来ました。
    山あり谷ありで、奈落の底のどん底まで落ちたけど、これからはみんなと笑顔で過ごせますね。
    熊田さん、ナイスアシストでした。

    みつえちゃんと店の前の縁台で食べたおせんべいの壺、懐かしく見ていたら今日は何とカメさんまで!
    私もカメさんと一緒に嬉し泣きしました。

  4. 丹善人 より:

    2回に渡っての最終回。生きている人たち総登場。一堂に会するのは初めて。
    岡安の面々。チビ千代ちゃんとも再会なんですけれどね、そこはそれ。
    いてほしい人が二人見当たりませんでした。千鳥さんとルリ子さん。どうしてるのやら。
    うるさく叫び続ける当郎さんの隣には、誰も座りたくないでしょうね。

    もし、あと2週分あったとしたら、どんな展開が予定されていたのだろうか。
    この先の順風満帆の人生にはドラマは成立しそうにないから、あったとしたら
    辛い生活だったかも。だったら、なくてもよかったのかもしれない。

  5. オペラ座の怪人 より:

    いよいよ明日で最終回かあ。
    今まで書いたことなかったので、
    今日、書きますと、

    熊田さん、今は社長さんなのかしら?
    すっごくいい味を出し続けていました。
    ありがとう。

    お寮さん(篠原さん)のだんなさん、
    ネプチューンの人だったと思うけど、
    (あと、まりなさんのだんなさんかな?)

    涙もろく、すっごくいい人で、
    こちらも、すっごくいい味出していました。
    ありがとう。

    そして、ブログ主の朝蔵様、
    本当に、ありがとうございます。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  6. 還暦のたつお より:

     岡福の皆さんもらい泣き。千代ちゃん第二の門出が始まります、行かんといてがはなむけの言葉、おかあちゃんを取り戻すんや、粋だなあ。古葉監督みたいに壁の影から稽古を覗く熊田さん。二人の台詞の変更は最後の共同作業?

  7. 二代目魁光 より:

    もし一緒になっていたとしたら…。

    この問答を聞いて、2人はこの傷と罪悪感を完全に乗り越えたんだなと。
    今、この人生を精一杯生きる。それがお互いの生きる道になっていました。

    これならもう大丈夫。
    客席には千代の「家族」たちが大勢暖かく見守ってくれているから。
    最後の舞台にいてくれていたのが栗子さんだけだったのを思うと感慨深いです。

    明日の最終回。ラストシーンはどうなるのでしょうか?期待大です。

    PS:「歳を取るとちょっとしたことが嬉しゅうてすぐ涙が党」が勢力を急拡大していますね(笑)
    当郎さんにかめさんも(笑)

  8. 底抜けに! より:

    裏切りのような手ひどいやり方で生木を裂くように千之助を追い出して、年月を経て再び同じ舞台に立ったことが須賀廼屋家兄弟劇の真の復活になったように、別れた千代ちゃんがもう一度家庭劇に立つことで、鶴亀家庭劇の真の復活になるという終わりなんですね@熊田さんが見届ける。

    万太郎さんのようにちゃんとした確信があったわけではなく、弱いダメな一平が、いつものようなことをして、生木を裂く別れが来たのだけど、気づいていなかったけど、その方が「おもろうなる」道筋になったということらしい。
    人間ってふしぎ。
    そして悲しい。
    最終回を見たとき、この二人は別れて別々に歩んだからこそ、いまの幸せと成功があるのだと確信できそうな気がする。
    少なくとも、養女を持ち、大阪のお母ちゃんになった千代ちゃんはそうなるのだろう。
    一平も、たぶんそうなのだろう。
    何と皮肉で、かなしく、また愛おしいことだろう。

    「一人じゃない、俺がいてる」「一人じゃあれへん、わてがいてる」って、本当に心からそう思って言い合える者同士だったのに、でも別れたからこそ掴めた明日があった。
    なるほど、「お前の苦しみはお前にしかわからない、俺の苦しみは俺にしかわからない、だから芝居を作る」なんだなあ。さすが、おちょやんという感動を、最終回で味わえるのだろうと今から楽しみです。

コメントを残す