おちょやん

千代が一平の家に向かう / おちょやん 第114回

2021年5月13日(木)第23週「今日もええ天気や」

あらすじ

鶴亀新喜劇の劇団員たちと千代は、久しぶりに心から笑い合える時間を過ごすことができました。

そして劇団員たちが岡福から帰った後も、寛治だけは千代のもとに残りました。

千代と向き合った寛治は、一平に関するある気持ちを千代に告げました。

千代と寛治が二人きりで語り合った翌日。

千代は、意を決して一平と灯子が暮らす家に足を運びました。

そして、鶴亀新喜劇の舞台への出演を引き受けることを宣言しました。

千代が鶴亀新喜劇の舞台への出演を決めたのは、喜劇を見たいという「娘の春子」の願いを叶えるためでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回113回 | 次回最終回/115回>>

最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

前回の岡福での千代ちゃんと鶴亀新喜劇の面々の再会。

その時、千代ちゃんと一平くんが再会をはたすのかどうかは今のところ不明です。

しかし今回・・・

千代ちゃんは一平くんのもとに足を運びます。

寛治くんの言葉が千代ちゃんを動かす、そんな運びになるようですが寛治くんが千代ちゃんにどのような言葉をかけることになるのか。

そして再会を果たした千代ちゃんと一平くんはどのような言葉を交わすのか。

今回描かれるはずの千代ちゃんと一平くんとの再会で、千代ちゃんは過去の心の傷から完全に立ち直る模様。

今回の最後か次回、千代ちゃんは鶴亀新喜劇の舞台に上がってほしいという熊田さんの願いを受け入れるからです。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回113回 | 次回最終回/115回>>

最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す