おちょやん

2年ぶりの舞台 / おちょやん 最終回/第115回

2021年5月14日(金)第23週「今日もええ天気や」

あらすじ

鶴亀新喜劇の舞台に1日だけ上がってほしい。

道頓堀の舞台に千代に立ってもらいたいという熊田の願いを千代は引き受け、鶴亀新喜劇の舞台に立つ覚悟を決めました。

千代が引き受けた舞台の演目は『お家はんと直どん』。

それは千代が鶴亀新喜劇で最後に演じた舞台にして、一平との最後の共演作です。

因縁の作品に再び出演することになった千代は、その日から稽古に励みました。

そして千代は、鶴亀新喜劇の舞台に立つ本番当日を迎えるのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回114回 | 次回『おかえりモネ』>>

最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

ついに最終回。

千代ちゃんが熊田さんからの頼みである鶴亀新喜劇の舞台への出演依頼を引き受けました。

前回、千代ちゃんと一平くんは再会。

その再会によって千代ちゃんは「完全に」立ち直るのでしょうか。

というか完全に立ち直っていなければ引き受けられないような役を千代ちゃんは引き受けました。

鶴亀新喜劇の1日限定の舞台で、千代ちゃんが演じるのは因縁の作品『お家はんと直どん』です。

『お家はんと直どん』の最後の舞台で、千代ちゃんは一平くんと元恋人の二人を演じ、そして離縁しました。

よりによって元夫婦になってしまった二人が元恋人を演じます。

演じながら千代ちゃんの心の中には大きな葛藤が生じることが予想されます。

その葛藤を乗り越えた千代ちゃんが、最後に晴れやかな笑顔で「今日もええ天気や」と口にする最終回を期待せずにはいられません。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回114回 | 次回『おかえりモネ』>>

最終週/第23週
おちょやん|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す