ごちそうさん 56話 ハモニカ?、和枝と安西

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2013年12月3日(火)放送
第10週 第56話 「祭りのハーモニー」

『ごちそうさん』第10週 第56回「祭りのハーモニー」あらすじ

ある朝のこと、これまで見た事のないほどの上機嫌な様子で思い出し笑いまでする和枝に、家族はみな気味悪い思いをします。一方、前の晩に泥酔して帰って来た静が口にした「ハモニカ」という言葉が何を意味するのかめ以子は気になっていました。

早速、静に直接「ハモニカ」の意味を尋ねるも 、二日酔いで頭が痛いとはぐらかされてしまいました。しかし、市場で「ハモニカ」という名の肉料理があることを聞かされため以子は早速作ってみますが、それを見た静は不機嫌になってしまいます。

その頃、悠太郎は、街中で偶然に和枝が逢い引きしている現場に遭遇。和枝から安西という名の男を紹介され、心の底から驚きます。悠太郎は帰宅すると、このことをどうしたものかとめ以子と希子に相談するも、人生経験の浅い三人に良い知恵は浮かんできません。

静の機嫌がなおった頃に和枝の逢い引きのことを告げようと悠太郎、め以子、希子の三人は決めました。そして翌朝。酸いも甘いも知り尽くした静は、和枝の浮かれた様子を観察して、わずか一分間ですべてを見抜いてしまうのでした。

<<前回55話 | 次回57話>>

『ごちそうさん』第10週 第56回 再放送レビュー

2016年12月6日(火)放送

和枝姉さんの上機嫌な思い出し笑いにかぶるカラスの鳴き声。不吉さをあおるかのような挿入曲。そして希子ちゃんの豆鉄砲を食らった鳩のような顔。

しかも、その笑顔を指摘されて自分はいつも笑顔を絶やさないと平然と言ってのける和枝姉さんの強い心臓。

和枝姉さんをこれでもかというくらいいじり倒す明るい悪意に満ちた演出に、朝から笑いすぎるほど笑わせてもらいました。

そしてそんな和枝姉さんの変化に右往左往する若い三人と、若い三人が口に出すのをはばかっていたことを真っ正面から言ってのけるお静さんとの対比もまた面白い。

人間模様の描写が今回も秀逸な『ごちそうさん』第56回でした。

『ごちそうさん』第10週 第56回 「祭りのハーモニー」ネット上の感想まとめ

和枝姉さんの激烈ないけずの数々は今日のためにあったのかと納得の第56話。悪ノリともいえる今回の和枝姉さんの演出にネット上は騒然となっていました。

「和枝の演出が酷い」「画面が! 画面にソフトフォーカスが!」「ギャグドラマと化している」「やっぱり喜劇」「あまちゃんより面白いかも」「演出ノリノリ過ぎ」

今回は、和枝姉さんのキラキラ演出と、その直前の人生経験の足りない者ばかり三人で思案にくれる場面が可愛いというこの二点にコメントが集中。

人生経験不足トリオの可愛さらしさを、皆さん様々な言葉で表現していました。いくつか引用させてもらいます。

「三人でむぐむぐハモニカを食べてる図」
「3人でピッタリくっついてかわいいな」
「西門三人組の可愛らしさ半端ない」
「和むわぁ、この3人が並ぶのいいわぁ」
「思案三兄妹」
「(・o・)(・o・)(・o・)」

話しが前後しますが、和枝姉さんの微笑みにカラスの不吉な鳴き声、このあり得ない演出に『ごちそうさん』直後の有働アナが放った一言が強烈でしたね。

「幸せそうな笑顔が周囲に与える恐怖感」

<<前回55話 | 次回57話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ア※ラッキー より:

    良子さんと朝蔵さんへ

    心苦しいのですが、主題歌のタイトルは、「雨のち晴レルヤ」です。なんか、朝ドラの主題歌って、この頃、物語とリンクしているような気がします。では、これから、YOU TUBEで「雨のち晴レルヤ」聞こうかしら・・・ね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ご指摘ありがとうございます。訂正しておきました。
      ところで、本放送時に僕はこの主題歌のサビの部分、すなわちタイトルを歌う部分を「金持ち晴レルヤ」とばかり思い込んでいました(笑)

  2. ※※ 良子 より:

    此のドラマの テーマソング ゆずさんの 雨のち晴レルヤでしたか、

    偶然それとも必然 此の歌詞好きです。  必然かな?って

    思う事多いですね。

     

    • hublog より:

      コメントありがとうございます!
      物語が進むにつれて、何故この歌詞を持った歌が主題歌になったのかがおぼろげながら分かってきたような気がします。

  3. ※※ 良子 より:

    毎日欠かさず見て居ます。今回の 朝ドラ すごく良いです。
    時代背景も、関係して居ますが、興味と ハラハラ そして 配役の
    選び方、東京と大阪の食べ物の違いと風習、考え方の違い、面白いです。
    新人?かな 東出さんと杏さんの 出会いから夫婦に成ってのこれから
    が、楽しみです。此のお二人の 出演が マッチして居たんだと思います。今までの、朝ドラに無い、魅力を感じて居ます。 

     

    • hublog より:

      コメントありがとうございます!
      ヒロインの杏さんはオーディションなしで主役に抜擢されたとの由、東出さんも大正時代の空気を守り、平成らしさを感じさせないところが素晴らしいですね。