ごちそうさん 94話 柿の葉寿司

連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2014年1月23日(木)放送
第16週 第94話 「汁の棲み家(ついのすみか)」

『ごちそうさん』第16週 第94回「汁の棲み家」
 あらすじ、ネタバレ

希子の祝言当日を迎えました。和枝は亡き母の名代として妹たち全員を連れて西門家に姿を現します。和枝たちが到着したことで希子の「計画」が実行に移されました。希子には、自分の祝言を使ってあることをたくらんでいたのです。

一同が集まったところに希子と川久保が挨拶に出ると、これから兄と姉の祝言を挙げると宣言。騙し討ちと逆上する和枝に希子は少しも動ぜず、姉たちの非難も一蹴し、希子は毅然として自分の決意を告げました。

希子の「計画」をその日になって初めて知ったのはめ以子も同じでした。口々に苦情を言う姉たちを必死に説得する希子の、め以子や和枝を思う真心を耳にし、め以子は感極まって号泣してしまうのでした。

集まった一同に頭を下げられついに和枝も希子の「計画」を受け入れることにしました。婚礼衣装に身を包んだ悠太郎とめ以子は改めて一同に挨拶。東京からめ以子の家族も駆けつけ、式は厳かに執り行われるのでした。

<<前回93話 | 次回95話>>

『ごちそうさん』第16週 第94回 再放送レビュー

2017年1月19日(木)放送

和枝姉さんなど嫁に出た姉妹も集まったことで西門家の全員が顔を揃える。正蔵さんとお静さんも揃い、め以子の子供たちも三人とも揃っている。

しかも東京からは卯野家の面々も集まってくる。

綺麗な衣装。贅沢な料理。人だけでなくすべてが豊か。

本放送の時はまったく気がつきませんでしたが『ごちそうさん』全体の中で、今回と次回は幸福の絶頂期と言っても言い過ぎではない重要な回であることを理解しました。

め以子の願いが結実した瞬間、物語全体の中で最も重要な回かも知れません。

そして、この幸福が次週以降からは少しづつ失われ始めます。

『ごちそうさん』第16週 第94回 「汁の棲み家」
 感想

希子ちゃんの「成長」なんていう陳腐な言葉では表現しきれない活躍に、息をするのも忘れるくらい圧倒されっぱなしだった第94話。

西門から嫁いで行った姉たち、東京のめ以子の家族、そして何と言っても和枝姉さんまで集めてしまうなんて。

和枝姉さんが激怒するのも、姉たちが和枝姉さんに追随してうるさく言ってくるのも全て計算ずくでの行動だったのでしょう。

和枝姉さんの逆上にもまったくひるむことなく「話し聞いて!」と一喝。まさかの反撃に腰が抜けるかと思いました。

姉たちからやり方がずるいと非難されても「何と言われたってかまいません」ときっぱり。いつからこんな「男前」に・・・。

「うちは、お姉ちゃんに育ててもろて、ちい姉ちゃんに人生をもろた。二人とも大好きだから、ちい姉ちゃんをお姉ちゃんに認めてもらいたい、その姿をお父ちゃんに見せたい」

この一心で、なりふり構わず大嘘つきまくって走り回った希子ちゃん。兄夫婦が留保していた(というか諦めていた)祝言を催し、西門家の最終問題、父・正蔵と嫁いで出た姉たちの再会を実現。希子ちゃんの手腕に脱帽です。

「ちい姉ちゃんが来てうちにもええとこあるよって教えてくれた」頃から、手練手管で目的を達成するまでの希子ちゃんのスピンオフストーリーを是非観たいものです。

和枝姉さんも、め以子に対して突っ張る必要が最早なくなり、め以子の祝言では他の家族たちと一緒に拍手してるのが何より嬉しい第94話でした。

<<前回93話 | 次回95話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たいとうみほ より:

    あの場に居合わせた和枝姉さん以外のお姉さんたち
    本当は必ずしも和枝姉さんの意見を
    支持してはいないいけど
    和枝姉さんの目の前では同調せざるを得ない
    そんな感じだったのかな?と思えました。
    かつてのおどおどしていた希子ちゃんのように。
    こちらのお姉さんたちも和枝姉さんに
    本心を押さえつけられて心を閉ざしていたのでしょうか。

    先週かもしれませんが希子ちゃんが川久保さんに対して
    「野球やってはったんですか」とかいうセリフがありましたね。
    この時点で、後半の物語の重要なモチーフである
    「野球」が登場していたのか、と
    なかなか嬉しくなりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 和枝姉さんの目の前では同調せざるを得ない

      そんなところかも知れません。すでにそれぞれの婚家の者。今さら和枝姉さんの顔を立てる必要があるのかというのが本音。でもそれを口に出せない。心の中では希子ちゃんの反論に快哉を叫んでいたかもです。