カムカムエヴリバディ

五十嵐出演の映画が完成 / カムカムエヴリバディ 第86回

2022年3月3日(木)第18週「1984−1992」

あらすじ

リメイク映画『妖怪七変化!隠れ里の決闘』が完成。映画館での上映が始まりました。ひなたは五十嵐と一緒に映画を観に行き、二人して興奮して帰ってきました。その頃から、ひなたと五十嵐は距離を縮めはじめていました。

それから7年の歳月が流れて平成4年(1992年)。弟の桃太郎が高校に入学しました。桃太郎が入学した高校は野球の名門校でした。一方のひなたは27歳。ひなたはその頃も、映画村の業務部に勤務していました。

時代は昭和から平成になり、時代劇が置かれた環境は大きく変わり、テレビ時代劇の制作本数は減少の一途をたどっていました。その頃、映画村の入場者数も減少し続け、ひなたは榊原から入場者数を増やすためのアイデアを求められていました。

一方、29歳になった五十嵐は、大部屋俳優のままでした。映画『妖怪七変化!隠れ里の決闘』の後は、役名やセリフのある役をもらえずにいました。それでも五十嵐は、時代劇にこだわり、現代劇の仕事を頑なに拒むのでした。

<<前回85回 | 次回87回>>

第18週 | 第19週
第20週以降の新着情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

今週、ひなちゃんと五十嵐くんは急速に距離を縮めて行きます。

安子編の中でも、るい編の中でも描かれた、夏祭りの縁日の描写も今週のどこかのタイミングで登場することが確定です。

そして、ひなちゃんと五十嵐くんの距離がなくなった頃でしょうか、リメイク映画『妖怪七変化!隠れ里の決闘』が完成。

ひなちゃんと五十嵐くんは早速、その映画を観に映画館へ。

そしてなんと、時間が8年スキップして、平成4年。

ひなちゃんは27歳です。

年齢から言っても、五十嵐くんとすでに結婚していることも考えられます。

世は平成になり、時代劇や映画村を取り巻く環境は激変とのことですが、そんな状況下でひなちゃんは映画村勤務を続けることができるのでしょうか。

実際、この年の流行語の一つは「就職氷河期」です。

その頃のひなちゃんの日常はどうなっているのか。

また、算太くんに次ぐ新たな伏線回収ストーリーが次週あたりから始まるのでしょうか。

Sponsored Link



感想

安子編でもるい編でも描かれた夏祭りの縁日。

その夏祭りの場面がついに登場し、五十嵐くんがひなちゃんに言いました。

「拙者について来てくれるか」

もしかしてこれはプロポーズ?と期待したのですが・・・

その7年後の、ひなちゃんと五十嵐くんの結婚生活の夢の場面を見て、二人は結婚から程遠いところにいることがすぐにわかりました。

ひなちゃんと五十嵐くんの間には微妙な気持ちのすれ違いがありそうです。

29歳の五十嵐くん

五十嵐くんは29歳。

30代を目前にした年齢でありながら、将来の展望が見えない。

役名とセリフがある役は、『妖怪七変化!隠れ里の決闘』が最初で最後。

その後も大部屋俳優のまま。

条映も『妖怪七変化!隠れ里の決闘』が最後のヒット時代劇となり、その後はテレビ時代劇の制作本数も減少の一途をたどる。

そんな状況で仕事も減り続けていることは間違いありません。

しかもストイックな五十嵐くんは、時代劇にこだわり続け、現代劇の仕事を取ろうとは決してしない。

かなり追い詰められています。

27歳のひなちゃん

そんな五十嵐くんの焦りを、ひなちゃんは十分に理解していないのかもしれません。

映画村の入場者数が減少し続けている現実を突きつけられるものの、7年前と同じ業務部に勤務し、五十嵐くんとは異なり収入は安定しているはず。

環境の変化を五十嵐くんほどには感じていないことが考えられます。

以下、ネタバレが含まれます。

次週の水曜日に、五十嵐くんがひなちゃんに別れを告げる場面が描かれます。

その後、二人がどうなるのかは今のところ不明です。

ただし・・・

次週の木曜日の回、五十嵐くんを演じる本郷奏多さんの名前がクレジットからはずれています。

本郷奏多の名前がクレジットに登場しているのは次週の水曜日まで。

その水曜日には、別れを告げられたひなちゃんがショックで寝込むほどに。

ひなちゃんと五十嵐くんの関係は終わってしまうのかもしれません。

<<前回85回 | 次回87回>>

第18週 | 第19週
第20週以降の新着情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 重信六三郎 より:

     『茶道家水無月なつめの事件簿』…。

     以前は、冒頭で殺されるだけの役だったすみれさんが主演に…。

     この時代には、“2時間ドラマの女王”等と呼ばれているのでしょうか…。

     すみれさん、この事から察するに、あの後も一恵ちゃんにお茶の稽古を付けてもらっていたようですね…。

     よくもまあ、教える方も教えられる方も途中で投げ出さかった事ですね…。

  2. 重信六三郎 より:

     五十嵐君、左近役のオーディションには落ちたけど、初めて役名の付いた役を貰ったと思っていたら…、

     今までと同じ斬られ役?

     否、役名が付いたくらいだからきっと、斬られるまでに見せ場はあったのでしょう…。

     そして、オーディションで左近役を射止めたのが、青木崇高さん!?

     本作の脚本家先生と『ちりとてちん』繋がりですかね…。

     ならば、同じ繋がりで桂吉弥さんと加藤虎之介さんも出演して欲しい…。

  3. 名乗る程の者ではございません より:

    小夜ちゃん一途の桃太郎くん
    年齢差なんて気にしなくていいさ
    「がんばれ元気」主人公の堀口元気だって13歳年上の芦川先生を想い続け、最後には因縁のある最強王者・関拳児と世界タイトルだけでなく半ば芦川先生も賭けて闘ったぞ
    がんばれ桃太郎!

    1992年夏の甲子園といえばゴジラ松井の夏
    物議をかもした五打席連続敬遠
    当の本人は恨み言も怒りも述べずに後年「ありがたい、伝説になれたあ(笑)」と誰も傷つけないコメントしていましたね
    頭が良くて人格者のゴジラ、そりゃ日本だけでなく米国でも愛される選手になるのは当然ですよね

  4. 還暦のたつお より:

    こちらはリアルな、話ですが、東映先代の岡田会長(元俳優の岡田裕介氏)昨年,亡くなられてから、映画村と京都撮影所を閉鎖して、ドラマ、映画製作は、東京撮影所で一本化するとうい噂が流れています。東映はテレビ朝日の大株主なので、京都で「科捜研の女」や「遺留捜査」などのドラマを制作してしのいでいたのですが、京都撮影所の閉鎖に伴いこれらのドラマも終了するとのことでした本当かなあ?

  5. 丹善人 より:

    アバンタイトルガ長かったので、結婚して8年後かと思いきや、タイトルでまだ
    大月ひなたのままだったので、長すぎる春になったようで、弟も高校生になり、
    9年前とまったく同じ状況での記念写真。小夜子が先生になったのは知っているけれど、
    一恵はどうしたのでしょうか。まあ明日にはわかるでしょうが。

    時代劇にこだわり続ける五十嵐。そのままでは「いたのか、五十嵐!」などと
    言われかねないぞ。しかし、オーディションとまったく同じセリフ。そこまで
    伏線を入れていたのか。虚無さんがどうなったのか、気になるところですが、
    思わぬ所での青木崇高さんの登場。ここに住み着いている一部ファンの
    熱狂的コメントが聞かれそうです。

  6. 秋桜おばさん より:

    五十嵐くんが逃した左近役、選ばれたのもキャリアはあまり変わらない役者だと言ってましたが、青木崇高さんと来ましたかー、そりゃ迫力違うわ。
    時代が一気にワープしたにしては、ひなたちゃんと五十嵐くんの仲は進展なし。大月家にも出入りしてしっかり根付いているのにちょっと不思議。ま、昭和の時代に比べて平成になれば女性の27歳独身もあんまりせっつかれることもないんでしょうけど…。
    サンタおじちゃんも行方くらましたまま。安子ちゃんの安否を調べるにしても時間かかり過ぎだぞー。

  7. オペラ座の怪人 より:

    文ちゃん!
    ひなた!
    恋が実って、
    良かったね~

    大河ドラマにも出演、
    良かったね~
    と思ったら、

    ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ

    文四郎はその後、
    役名も台詞(せりふ)もなしか~
    猛烈に悪い予感がしてきたのお~

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  8. 還暦のたつお より:

    よび方が文ちゃんになっている。タイトルに文ちゃんの名前が、しかも二枚看板。恒例の夏祭りやはり風鈴。時代劇口調のプロポーズ「今度は斬るなよ。」頓智効いてる。甘い新婚生活の朝食、やはり夢か妄想。あれっ映画の悪役、木曽義仲じゃない青木さん。えっこれだけの為、「ちりとてちん」繋がりか。重大な使命を帯びたひなたさん。社会人としても成長したね。どこか二人の間に隙間風が、二十代後半、将来真剣にならざるおえない。結婚はお預け。

  9. H.Sakigake4th より:

    まさかの青木崇高さんが藤本作品に最降臨!
    ちりとてちんを思い出します。
    役名があるので再登場も期待されます!

    呼び方が「文ちゃん」に変わりましたね(笑)

    時代は1992年にワープ。
    私、H.Sakigake4thも誕生してからの物語。
    楽しみでなりません!
    時代は廃れてしまった映画村。
    大部屋のままの文ちゃん。
    どうやってこの閉塞感を脱却できるか?

    ひなたと文ちゃんの奮闘が描かれます!

還暦のたつお へ返信する コメントをキャンセル