ブギウギ

2023年度後後朝ドラ『ブギウギ』ネタバレ,あらすじ,感想

令和5年(2023年)後期スタートの朝ドラ(NHK連続テレビ小説)は、戦後「ブギの女王」として一世を風靡した笠置シヅ子さんの生涯をモチーフにしたストーリーです。

朝ドラ『ブギウギ』ネタバレ,あらすじ,感想|このページの目次

朝ドラ『ブギウギ』あらすじ
朝ドラ『ブギウギ』主人公の実在モデル・笠置シヅ子の生涯
朝ドラ『ブギウギ』キャスト
朝ドラ『ブギウギ』放送日

令和5年(2023年)朝ドラ『ブギウギ』あらすじ

『ブギウギ』の主人公・花田鈴子の実在モデルは笠置シヅ子さんです。

リアル「鈴子」の生涯はここをクリック!

歌劇団に入団する鈴子

大正時代の終わり頃、この物語の主人公・花田鈴子は、大阪の下町で銭湯を営む家に生まれました。

鈴子は幼い頃から歌って踊るのが大好きな少女でした。

そして、小学校を卒業後に、大阪の道頓堀に出来たばかりの歌劇団に入団。

必死の努力の甲斐もあり、鈴子は歌と踊りの才能が認められるようになる。

・リアル「鈴子」幼少期のリアルストーリーはここをクリック!

鈴子が上京する

昭和13年(1938年)鈴子は上京。

上京後に出会った人気作曲家の指導によって「スウィングの女王」と呼ばれるようになり、一躍スターの仲間入り。

人生が大きく変わる。

・リアル鈴子が上京した頃のリアルストーリーはここをクリック!

戦争の時代

戦争が勃発し鈴子が歌う歌は「敵性音楽」とされ、歌や踊りは制限されることに。

失意の鈴子に追い討ちをかけるように鈴子の弟が出征。

鈴子の母も病死します。

そんな中、鈴子はある青年と恋に落ち、婚約。

しかし、その青年の家族に結婚を猛反対される中で終戦を迎える。

・戦争の時代のリアルストーリーはここをクリック!

戦後

終戦間もなく、鈴子は青年との間に子供をもうけるものの、その青年は病気に。

そして臨月を迎えたころにその青年の訃報が届き、鈴子はその青年と結婚できないまま死別する。

その数日後、鈴子は失意の中で出産。

娘を育てながら舞台で歌っていた鈴子の『東京ブギウギ』が大ヒット。

鈴子の明るい歌声は戦後の傷ついた日本人を励まし、「ブギの女王」と呼ばれる大スターになる。

・終戦間もない頃のリアルストーリーはここをクリック!

朝ドラ『ブギウギ』実在モデル・笠置シヅ子の生涯

笠置シヅ子さんをモチーフにした『ブギウギ』の主人公・花田鈴子の生涯はここをクリック!

笠置シヅ子さんの幼少期

大正3年(1914)年、香川県大川郡相生村(現・東かがわ市)に生まれた笠置シヅ子さんは、生後間も無く父が死去。

母は母乳の出が悪いことがきっかけで貰い乳をしていた女性の養女となる。

昭和2年(1927年)、小学校卒業後に宝塚音楽歌劇学校を受験するものの不合格。

同年、松竹楽劇部生徒養成所を受験し合格。

三笠静子の芸名でデビュー。

・朝ドラ『ブギウギ』の主人公の誕生のドラマはここをクリック!

東京での活躍

昭和13年(1938年)帝国劇場の「松竹樂劇団」への参加がきっかけとなり、作曲家・服部良一と出会う。

服部と組んでジャズ歌手として注目を集める。

・朝ドラ『ブギウギ』の主人公が上京した頃のドラマはここをクリック!

戦争の時代

昭和14年(1939年)、戦時下で「敵性音楽」を歌っていることを理由に、劇場への出演が禁じられる。

昭和16年(1941年)「松竹樂劇団」は解散。

その後「笠置シズ子とその楽団」を結成、慰問活動を開始する。

昭和18年(1943年)6月、吉本興業の創業者・吉本せいの子で当時大学生だった吉本穎右と知り合い交際に発展。

しかし、吉本せいは穎右を吉本興業の後継者とするつもりであったことから、穎右と笠木シヅ子の結婚を認めなかった。

・朝ドラ『ブギウギ』の主人公の戦争の時代のエピソードはここをクリック!

戦後

終戦から2年経過した昭和22年(1947年)5月、幼少時より病弱だった穎右は病没。

穎右が亡くなった数日後に女児を出産。

歌手活動からの引退を考えるものの、作曲家・服部良一などに背中を押されて歌手活動の続行を決意。

昭和22年(1947年)、日劇のショーで歌った服部良一作曲の『東京ブギウギ』が大ヒットし「ブギの女王」と呼ばれるようになる。

・朝ドラ『ブギウギ』の終戦間もないころのエピソードはここをクリック!

その後

昭和27年(1952年)から昭和31年(1956年)の間に『NHK紅白歌合戦』に4回出場。

昭和32年(1957年)ブギのブームが去り、歌手の廃業を宣言。

女優に転身して以降は、鼻歌を含めて歌を歌うことを一切やめた。

昭和60年(1985年)70歳で病没。

『ブギウギ』主要キャストとスタッフ一覧

[2022/10/17 更新][2022/06/24 投稿]

主人公とその家族

花田鈴子・・・・・趣里
大阪の下町で銭湯を営む家に生まれる。小学校を卒業後、道頓堀の歌劇団に入団。上京後に出会った作曲家の指導により「スウィングの女王」と呼ばれ人気を博す。

作り手の方々

脚本・・・・・・・・足立紳
音楽・・・・・・・・服部隆之

朝ドラ『ブギウギ』放送予定

2023年(令和5年)前期

▼総合
・月〜金 午前8:00〜8:15 / 午後0:45〜1:00

▼BSプレミアム
・月〜金 午前7:30〜7:45 / 午後11:30〜11:45

『ブギウギ』感想,あらすじ,放送日

以下、放送日が確定次第、記載します。

第1週「」
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話

POSTED COMMENT

  1. 名乗る程の者ではございません より:

    水谷豊さんと伊藤蘭さんの娘が朝ドラのヒロインと聞いても違和感ないのですが「傷だらけの天使」のアキラとキャンディーズのランちゃんの娘と置き換えたら時の流れを感じますね、ましてや「傷だらけの天使」の修ちゃん・所長・五郎さんの中の方々もキャンディーズのスーちゃんも既に鬼籍に入られていますからね

  2. 還暦のたつお より:

    ヒロインは、水谷豊さんの娘さん。趣里さんに決定したそうです。いろいろ批判を浴びそうなキャスティングですが、負けずに頑張ってほしいです。この人、演技力はなかなかあります。歌はどうかな母親(伊藤蘭さん)似だと良いですが。

  3. 名乗る程の者ではございません より:

    服部良一さん追悼ドラマでは研ナオコさんが笠置シヅ子さんを演じられていました
    声質が全く違うキャスティングですが、さすが研ナオコさんプロですね、自身の売りである低音の域から外れない程度に若干キーを上げて見事に「買い物ブギ」歌いきってましたね(最後の「あ~しんど」は全力で高音でしたが)
    因みに放送禁止ワードの箇所は片指を耳に入れる仕草することでワードを発することなく乗り切ってましたね

  4. よるは去った より:

    笠置シズ子さんの役は、ずいぶん以前NHK銀河テレビ小説で元タカラジェンヌの順みつきさんが演じてますね。朝ドラでは誰が演じるか楽しみ。

    • 文月 より:

      中納良恵(EGO-WRAPPIN’)や_もも(チャラン・ポ・ランタン)も、笠置シズ子役をやってますが、ここらへんが主題歌担当?
      笠置シズ子というと、ダミ声?ハスキーボイス?が魅力だったら、声は、伊藤沙莉あたりがいいでしょうが、オーディションで選ぶということなので、まず、オーディションを受けるかにかかっているかと。
      千葉育ちだけど、お兄さんの縁もあって、合格できたら、吉本全面バックアップで関西弁のフォローするのかな?

  5. 名乗る程の者ではございません より:

    もう一つだけコメントさせてください

    笠置シヅ子さんの生涯を大きく支えた人ってふたりいると思うんだ
    ひとりは昭和の大作曲家の服部良一さん、笠置さんの曲以外では「青い山脈」「別れのブルース」「一杯のコーヒーから」「蘇州夜曲」を作られた国民栄誉賞作曲家
    もうひとりは押し掛け弟子であり後にマネージャー兼家政婦としてサポートした生駒芙美子さん、笠置さん関連のドラマでは藤吉久美子さんが、舞台では中澤裕子さんが演じています

    ヒロインを演じるのは誰でもいいということはコメントしましたが(全く似ていない方が演じても抵抗なく個人的には見れますので)、逆にこの二人を誰が演じるのかには関心があります

  6. 名乗る程の者ではございません より:

    「ちむどんどん」で赤い鳥の「翼をください」は流れても「竹田の子守唄」が流されないのと同様に、こちらのドラマでも「東京ブギウギ」は流れても「買い物ブギ」は流されないのかなあ?
    あくまでも個人感ですが「翼をください」と「竹田の子守唄」は知名度として結構差があるから別に良いんですがね

    言葉狩り
    確かに「買い物ブギ」には身障者に対する差別ワードが歌詞にあり(商品名もでてくる)放送禁止曲扱いされてましたが、だからといって曲全部をなかった扱いにするのは違うと思うんだ
    民放が放送自粛した三輪明宏さんの「ヨイトマケの歌」を自粛しなかった公共放送の判断に期待します

    「買い物ブギ」って長期視点でみたら昨年度大ヒットした「うっせえわ」の始祖的な曲だと思うんだ、あくまでも個人感

  7. 名乗る程の者ではございません より:

    これは見てえ~!「エール」以来かな、タイトル見てそう思ったのは

    「わろてんか」にて存在がなかったものにされた笠置シズ子さん、「エール」にて存在がなかったものにされた服部良一さんが中心となるドラマ

    ヒロインは誰でもいい、あまり興味はないけど存在感とダンスがそれなりに上手い女優さんであれば(あの独特の歌声は難しいだろうし)
    ただ、二人ぜひとも出演してもらいたい方はいます
    ひとりは鶴瓶師匠、師匠が若い頃に「わて笠置シズ子の隠し子でんねん」をネタにしていたのを見ていましたので、身内の誰かの役で
    もうひとりは中森明菜さん、若い頃にコンサートで笠置さんの代表曲「東京ブギウギ」や笠置さんが出演した映画主題歌「銀座カンカン娘」をよく歌われていましたので
    まだ隠居するには早すぎるぜ明菜ちゃん、吉本ていさん役で「冷たい月」で見せた悪役振りを発揮してほしい

コメントを残す